人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

タグ:集団生活 ( 1 ) タグの人気記事

発達障害児はなぜ理解が悪いのか?ゆうゆうさんのコメント

 前回のブログで、げんママは、げんちゃんが、色んなことが伸びたといっても、その一つ一つから、さらに、次の展開にすっと上昇していかないジレンマをしたためました。
 世に言う秀才は、一を言って10を知る。そういう子供に教えるのは、立て板に水のごとく、ストレスフリーです。

 しかし、げんちゃんに教えるのは、上り坂の手押し車みたいに、一から1十まで、おしあげないといけないような感じなのです。

 ゆうゆうさんが、私のもんもんとする気持ちに、コメントを書いてくださいました。前回のブログといっしょに読んでくださると、なんか、ちょっとげんちゃんたち側の目線で考えることができます。

 それに、ちょうど、昨日から、図書館で見つけた、七田真先生の「右脳の神秘」 という本を読み始めたこともあって、ゆうゆうさんのコメントから考え出すことがずいぶん前向きになりました。げんちゃんに対して、期待する気持ちが再びアップしてきてます。この本は、鈴木先生の原点のような考えがよく説明されていると思います。左脳人間に対しての右脳教育・・・という観点で書かれてますが、右脳を理解する上で、かなり助けになりますよ。初版は10年以上前ですが、十分読むに値しますよ。

では、ゆうゆうさん記

お疲れ様です。げんママさんのお気持ちはわかりますが、げんちゃんは良く頑張っていると思います。世の中左脳の人が多いからそちらが常識になっていますが、右脳の人が増えて右脳の考え方の方が常識になったとしたらすごく大変だと思います。だって身体に組み込まれてますものね。十進法とか。今さら三進法になってもついつい今までの常識が出てくると思います。右脳の私達は社会化するために自分の中の常識になっている前提を一つ一つ壊して全く違うものを組み直していかないといけません。時間かかるし、辛い作業です。

私は未だにクロスクロール苦手だし、息子とのキャッチボールもできません。ピアノ弾くのは指がつるし、ボールが自分に近づいてくると隕石が迫ってくるような恐怖感です。でもげんちゃんは頑張りました。すごいですよ~。坂道で疲れたなぁと思っていた時、黙って手を引く優しさだってあります。(ゴールデンウィークにげんちゃんは、ゆうゆうさんと公園の山道をお散歩しました。げんママ)Eちゃんへの対応は自分だって動き回りたいの我慢してるのに…という怒りからかもしれません。それもあまり誉められたことではありませんが。一つ一つこういう時はこうするものだと覚えていくしかない部分もあります。

親にしてみればやきもきするし、焦れったいですけれど。左脳の方がツルツルした鉄球なら凹凸がある私達は金平糖かもしれません。でも金平糖だって丸いですよ?えっと、算数を諦めなさいとか言いたいわけではないです。ただどうしても時間はかかるし、凹凸は出やすいし、社会性を身につけるには毎回覚えていく地道な作業がいります。金平糖は鉄球にはなれませんが、凹凸を削って近づくことはできます。

右脳の人は点をつないで一本の線を作っています。立体的ではありませんがカラフルな線です。直線的な線ではなく数珠つなぎなので、自由自在に曲げれます。いきなりパッと点が離れて変わった形の立体を作るかもしれません。長くなったら竜巻みたいな渦になるかもしれません。でもそれも立体といえます。
 どちらも違っていて素晴らしいです。
 
 右脳の私達は基本的に飲み込みが悪いです。舌先で何度も丹念になぞるようにして物事を受け入れていき、そしてその過程で疑問にぶつかります。ぶつかったら納得するまで探求せずにいられません。

そして、その探求の中で小さな綻びに気づき、自分でも思いもかけぬ答えにたどり着いたりするのです。
 どうして飲み込みが悪いのか。私もずいぶん悩んだのですが、身体に組み込まれたものが違うので、左脳の人のように響かないからだと感じています。
 学業や集団生活での対応は形状にあたるので、これは変えられます。
 はじめのうち、2つの物事を同時に考えることが苦手です。頭がこんがらがる感じがします。
 なので、算数も簡単な一桁算をどうにかクリアしても、同じ一桁算でも繰り上がりがあるともうわからなくなります。

10の桁と1の桁を同時に考えないといけないからです。
 二桁計算になるともっと更に混乱します。なので、一桁ずつ考えて処理できるひっ算が一番わかりやすかったりするのです。
 数の概念がなかなか身につかないので数字とかを想像するのも難しいです。なので、暗算がすらすらできるようになるのも時間がかかります。
 右脳の世界が数学の子はこの限りではありませんが。
 これ、実は対人関係にも関わっています。一対一の付き合いは気にしないといけない対象が一人なので、安心して心も解れ余裕を持って行動できます。


細かな心配りもできるので、親友といえる存在を獲得することができます。
 集団になると気にしないといけない対象が増えます。2つのことを同時に考えることが難しいのに、もっとたくさんのことを同時に考えないといけない…かなりピリピリした状況になると思います。
 この状態にEちゃんの行動が入ると、「これ以上ややこしくしないで」と怒ってしまうのかもしれません。
 これは具体的に言い聞かせた方が良いと思います。
「Eちゃんに優しくしなさい」という言い方だとわからないと思います。

「Eちゃんが授業中に席を立ったら、どうしたの?と優しく聞いてあげましょう」と具体的に言わないと最初は行動に移せないです。
 毎回長々と偉そうに書いてごめんなさい。
えっと、体操とかにも焦点を当てて強化するのはすごく良い感じです。

げんママ記
私のコメントをさしはさむのも必要ないと思いますが、もともと右脳で生きている赤ちゃんが、左脳にかたよっていく過程で、右脳を忘れないように、と右脳教育をすることよりも、左脳ができてこない右脳の子供たちに左脳を教育する方がずいぶん大変なことなんですね。
 
 そして右脳のわが子たちでも、右脳の話を読んでいくと、まだまだその能力も、うまく発揮できてないようで
す。そうすると、やっぱり、すべてにおいて、能力開発は、つらいものになりやすいんでしょうかね。げんちゃんが、そんなに努力して今を獲得しているなんて、たしかにそうなんだけど、そのレベルは、ママたちがかんがえている以上ですね。

 ゆうゆうさんありがとうございました。また、珠玉のアドバイスよろしくお願いします。それにしても、たとえが、いつもすごいです。金平糖か~!

by glow-gen | 2013-05-26 03:43 | ゆうゆうさんの手記 | Comments(11)



中学2年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク

げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
とんままさん げんちゃ..
by glow-gen at 12:37
とんままさん わ~・・..
by glow-gen at 12:33
中学生ともなると、競技も..
by とんまま at 10:18
ご無沙汰しております。 ..
by とんまま at 10:02
ロボママさん お仕事お..
by glow-gen at 11:11
リレーについては、rob..
by robo_223 at 07:40
みかんママさん そうな..
by glow-gen at 16:28
それと、バトンですが、私..
by みかんママ at 16:10
うちの息子もゆうすけくん..
by みかんママ at 15:41
ゆうママさん  発達の..
by glow-gen at 23:58
最初に記事を読んだ時、支..
by ゆうママ at 07:02
みかんママさん そうで..
by glow-gen at 22:58
げんちゃんへの対応、息子..
by みかんママ at 19:27
ロボママさん ロボママ..
by glow-gen at 18:37
表面を取り繕うという方向..
by robo_223 at 08:24
Mさん 私立の中学受験..
by glow-gen at 00:58
ゆうママさん 同じとこ..
by glow-gen at 17:34
ロボママさん つきぬけ..
by glow-gen at 16:36
Oさん 暖かいお言葉あ..
by glow-gen at 14:03
げんちゃん、いい感じです..
by ゆうママ at 10:36
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧