人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

タグ:野球教室 ( 1 ) タグの人気記事

げんちゃんのカリキュラム変更。野球教室大好き

  算数セミナーのレポートをしている間、げんちゃんの周りもけっこう変化してます。まず、げんちゃんは、連休明けから、近くの野球スクールに入りました。
 1年の時に、入れたサッカーは、能力の3段階上だから無理だろうな、と当初は思いましたが、今では、何のことはなく、下手でも、嫌いじゃないようで、続けています。
 いつのまにか、彼の運度能力も、そこそこ落ちこぼれから脱していて、今年の運動会の徒競走の走りは、普通の4年生のフォームになってました。なんで、この走りで、上位がとれないのかな?と逆に思うくらいです。(後ろから2番目)(ダンスはからっきしリズム音痴でしたけどね)

 でも、週1~2回のスポーツでは、運動量や、身体能力アップは、まだまだです。随分落としているところがあるし、上半身の方にシフトしたトレーニングが必要だ、と思うようになりました。
 それに、2~3ヶ月前から、バトミントン→普通のドッジボールボール投げ、と練習をしてきたので、ボールコントロールもそこそこ出来るようになってきました。そこに現れたのが、今回の野球教室だったとうわけです。

 でも、げんちゃんは、拒否しました。
「もう、ぼくはサッカーだけでいいよ! これ以上習うのはいい!」

断固拒否の姿勢。でも、げんママはあきらめません。

「まあ、いいじゃん。サッカーだって、やだ~って言ってたのに、楽しかったでしょ。体験だけ行ってみたら~。いやだったら入らなくてもいいしさ。」

げんちゃんは、しぶしぶ体験に行きました。
野球教室の初心者クラスは、低学年も多く、大きな子でも、技術が、未熟なら、いつまでも、アドバンスクラスに進まなくても良いようです。なんか、のんびりして、先生も、よくほめてくださり、ボールも、固いスポンジボールを使います。

 初めて、参加したげんちゃんは、慣れないグローブをはめて、同級生のK君とキャッチボールをします。Kくんも、どっこいのピッチング。ボールを投げ合ってましたが、なんだか楽しそうです。ノックをキャッチする練習も一人ずつ・・・とにかく、どの子も、たくさんボールにさわっています。ルール知らなくても、なんだか、投げて、捕って、ほめられて、自分のペースで楽しんでいます。K君のお母さんに聞くと、そもそも、この教室は、そういうところのようです。他のクラブは無理でもここなら、いけそう。そんなゆるさがあります。

 さて、終わって、にこにこ顔のげんちゃんに
「どう?野球やってみる?」

とすかさず聞くと、
「そうだな~。ま、やってみようかな!」

とママの策に落ちました。(笑)

 そして、げんちゃんは、現金にも、新しいユニフォームとグローブが届くのを待ちこがれ、水曜の朝になると、
「今日は、野球だ。うれしいな~。」
とまで言ってます。たぶん、能力がないとボールにさわれないサッカー(試合中げんちゃんは、ほとんどさわれないです)に比べると、ここでは、自分がレギュラーになったような感じですよね。


 さて、野球教室では、げんちゃんは、まったく普通です。先生にも、今までの発達障害の経緯をお話してますが、
「今のところ、まったくそんな感じないですけどね。」
と言われました。私が見学してても、そう思います。たぶん、この教室を支配する空気も、練習のレベルもげんちゃんにあってるのだと思います。なんせ、サッカー少年がしのぎを削ってるクラブにあるような、びんびんの雰囲気は、まったくないです。運動音痴でも、やってけそうな、いい感じの雰囲気です。

 でも、よく考えたら、サッカーといい、野球といい、小学校に上がったときに、彼ができるイメージは、まったくもって生まれなかったわけで、やっぱり、げんちゃんの能力の進化は、めざましいのかもしれませんね。

 できないことも多い、と思うけど、やっぱり、できてきたことの多さは半端ないのかもしれない・・・

 げんちゃんが、最近ちょっと違ってきたな、と思うことのひとつに、目上の人に、敬語を使うことが多くなったことです。学研の先生も、少し驚いていたのだけど、野球教室でも、先生に、「~~ですか?」と聞いてたし。

 練習の終わりの挨拶も、しっかり、深々頭をさげて、きっちり止める。挨拶フォームは、私より、ちょっと上手じゃないの???

という感じ。

 いっきに、そうなったわけではないけれど、ソーシャルも、いつのまにか、伸びてるな。と認識したこの頃でした。

 それと並行する形で、私の方も、げんちゃんプログラムをかえました。プリントを少しずつこなすことに血道をあげていたのをやめて、安曇野的アプローチをふやし、目先の点数より、彼が、本当に理解できるようになっていくプログラムにシフトしました。今、現状では、同級生の進捗状態(しんちょく)状態より、遅れてしまったとしても、真の理解が及んでくれば、どこかでいっきに追いつく。なんだか、そういう気持ちになってきたのです。

 そして、彼の好きな読書にもっとプログラムをシフトすることにしました。実は、げんちゃんが本が好きと言っても、そう難しい本を読むのは苦手なげんちゃんでした。どこかで、私は、彼の能力より、難しめの本を与えようと躍起になっていました。4年生の子なら、もっとこういうのを読んでほしい・・・そういうおしつけがましさがむんむんでした。それに、他の学習がいっぱいいっぱいで、読書をする時間もあまりとってやれてなかったです。

 でも、それも、かえることにしました。彼が興味のありそうなジャンルで、絵の多い本。とにかく彼が食いつきそうなものであれば良い。”難しい物を少し”、より、”簡単な物を大量に。”の方が。読書力というのは上がっていくのです。(英語学習でも言えます)そうしていくうちに、自然と、少しずつ難しい物へとシフトしていくのです。そのことに、改めて、気付いたからです。

 『子どもが「読書」に夢中になる魔法の授業』ドナリン・ミラー・著  この本を読んで、ちょっと目からうろこだったの・・・

 国語の読解プリントをやめて、とにかく読書。げんちゃんは、とても、楽しそうです。読書記録をつけはじめました。ゼロ歳児の本まで借りてきました。フラッシュのかわりに、読みます。赤ちゃん絵本でさえ、その時、どう抑揚をつけて表現するか、私と競争したりして楽しめる事もわかりました。
 
 なんだか、げんちゃんは、ちょっと、最近生き生きしている気がします。安曇野プランがきっかけになって、げんママは、今、カリキュラムを大きく変更させてます。そろそろ、普通の子においつかせるのも大事だけど、この子の、才能教育に、目がいってます。


 たぶん、げんちゃんが、ほんとに、進化してきてることが、そもそもの原動力になってるのかもしれないです。

by glow-gen | 2015-06-08 13:07 | ホームスクール | Comments(18)



中学2年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク

げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧