人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

タグ:計算ができない ( 3 ) タグの人気記事

高次脳機能障害と発達障害、計算ができない。

げんちゃんの算数は、安曇野で、少しましになったと言っても、計算ができないのは、あいかわらずです。ホームスクールも、算数で、どうしても、多大な時間を食うので、結局、やれやれ、今日も、ほとんど何もできなかったー。と感じる結果になってしまいます。
 概念的なものは、けっこう安曇野的なアプローチで入っても、計算練習となると、遅々として進まず、結果、同級生と比べると、問題をこなす量が、圧倒的に少ない結果になり、プリント学習はなかなか進みません。
 それから、時計もいまだに五里霧中。

 なんせ、やっと、10進法がなんとなくわかっても、60進法となると、また別物のようで、時間は、現在何時か、あと何分で何時かくらいの、きわめて簡単なことしかわからないようです。
3年の問題くらいでも、何時何分から何時間何分後はいつ?、くらいの問題は出てきますから、げんちゃんの時計能力は、1-2年の問題を解くので精いっぱいのしろものです。

 ヘキサゴン消しゴムを、5のかたまりにして、それを二つで10にして、75個くらいを並べてさせてみると、案外、時間がかかったりします。結局、加減は、ひっ算に持ち込んで、何とか解けても、私たちが持ってるような、数のボリューム感は、げんちゃんにはあんまりないようです。これを、ほかの子同様な感覚に持っていくには、相当な時間を要する気がして、うんざりしてしまいます。

 算数をしているときほど、げんちゃんが、がっつり障害児に見えるときはありません。馬鹿と言うな、と言われても、そりゃ無理だよと思ってしまいます。こっちの負のテンションは上がりまくります。


 先日、げんママは、げんちゃんのあほさに嫌気がさしたのと、引き続き、げんちゃんがさらに、負のスパイラルに入るのを、見かねてしまって、ある人に相談の電話をかけました。

 彼女は、発達障害とは何の関係もない、年配のご婦人です。あるきっかけでおつきあいするようになったのですが、とても、興味深いことを彼女から学びました。

 彼女と知り合ったのは、ある集まりでした。彼女は、少し足をひきづっておられて、脳こうそくを患って数年たつとおっしゃいました。
そして、自分は、高次脳機能障害です、ともおっしゃいました。

 私は、その言葉に、すごく反応してしまい、

「まあ、うちの子は、発達障害なんです。高次脳機能障害の方と、似た症状が多いんです。」

私はそう言うと、それを、皮切りに、親しくなりました。なんせ、高次脳機能障害というのは、一見ふつうに見えて、げんちゃんたちと同じように、注意欠陥があったり、感情の起伏が大きかったり、まあ、さまざまなところで、発達障害と似ているのです。


 彼女にほとんどSOSに近い電話をかけました。

「Iさん! げんちゃんには、ほとほと手をやいているの。どうして、こうなるのか、よくわからない! 教えてほしいの!」

げんママは、げんちゃんの計算が、どうしても、できない経緯をせつせつと訴えました。

Iさんは、静かに聞いていたかと思うと、すこぶる興味深いことをおっしゃるではありませんか。

「あのね、私も、脳こうそくのあと、ずっと、お買い物のときに、どうしても、どの金種をどれだけ出せば良いか、わからなかったの。しかたないので、買い物は、いつも、1000円を出して、おつりをもらっていました。主治医は、年も年だし、もう治りませんよ。と言うし、絶望的な気持ちになったよね。
 でも、私は、あきらめず、リハビリにはげみましたよー。

 そして、何年かしたらね。ある時から、まるで、電卓が答えをはじき出すみたいに、ぱっと答えが出るようになったの。今までの計算の流れとは、まったく違う感じよ。途中の経過がなくてぱっと出てくるの。
 だから、げんちゃんも、大丈夫。きっとある時から、電卓みたいになりますよ!」

「!!!」

 私は、以前、自閉症を克服した方が、同じようなことを言っておられたのを思い出し、また、幾人かの書き込みに、発達障害の子供さんが、思春期くらいから、いきなり、瞬間記憶をもったり、途中式なしに、答えがぱっと出てくるというようなお話があったのを思い出しました。
 おー・・・まさに右脳的脳の使い方と言うべきでしょうか。

 そういうことがある、ということは、なんとなく、情報として知っていたけれど、目の前に、左脳右脳、二つの世界をしっかり知っている立派な大人から、同じような事実をつきつけられると、うなるしかありませんでした。

 あらためて、過去の自閉症を克服したYさんの動画を再生してみました。うーーーん。すごい!

 目の前にいるげんちゃんが、そういう風になるとは、どんなに言われても信じることができないけれど、そういう素晴らしき右脳の世界はあるんですね。

 げんちゃんが、パニックになると、すべてが、真っ白になって、できていたことも、いや、それどころか、できないなどと、感じたこともないことさえ、ぶっとんでしまって、まるで、廃人のような理解度に落ちてしまう、ということも、彼女は説明してくださいました。

「よくわかるわ!私たちは、ほんとに、平安の中でしか何もできないのよ。たとえば、家族に、物忘れを非難されたりしたら、もう、すべて思い出せなくなったり、できることもできなくなって、万事休すになるのよ。
 でも、逆に、平安で落ち着いた中にいると、なんでもできる。そういうものなの。」

私は、忍耐に忍耐を重ねて、にこやかに、ホームスクールをするようにがんばっているんだけど、こっちだって、限界というものがある。そういうときに、げんちゃんと二人、もう修羅場になっているんだけど、その復旧方法ってあるの?

 私は聞いてみました。
「やっぱり、へりくだることね。たとえば、
ごめんね。私、きつく言ってしまったけど、げんちゃんも、がんばっているんだよね。さあ、気を取り直してやりましょう・・・」

そんな風にリセットするのが良いそうです。

そうすると、また心が、柔らかくなっていくのだそうです。


 まあ、ねえ・・・これ以上どこをどうがまんするって言うねん!

って感じもありますが、げんちゃんが、パニックをおこしても、何にもメリットないからね。心はひくひくしながらも、テクニックだけでも、やさしーくへりくだる・・・
こういうテクニックを使うのもしかたないのかもしれないですね。

げんちゃんが、ブレークしなければ、こっちがストレスで死にそうですが・・・やれやれ。

平安で落ち着いた世界は、100マス計算なんかより、算数の可能性をのばすのかもしれないですねー・・・
しかし、右脳の世界は、不思議なものがありそうです。左脳で考える理解の方法のみではないのかもですね。





 
by glow-gen | 2015-06-17 21:19 | 算数の学習障害 | Comments(7)

文字と計算。小学校は普通クラスで大丈夫??

 小学校の入学式が近づいてきました。げんちゃんは、あいかわらず、すさまじい学習障害をかかえています。
まず、彼は、字を書くのがかなり困難です。書けないわけではありませんが、そもそも、絵が描けない彼は、字の特徴をとらえて、真似することがかなり苦手なのです。
 そして、運筆も、まだおそまつです。鉛筆を持つ3本の指は、折り曲げて鉛筆を持つことが難しく、変なフォームです。
 点線をたどって書く練習も、筆跡はがたがた、脱線だらけ。筆圧も弱いです。

 4歳の子でも、もっとましな子はいるんじゃないか、と思います。

 そのくせ、本だけは比較的すらすら読みます。げんちゃんの脳は、ところどころが、まだらな機能、といった感じです。入力はできても出力できないのかもしれません。

  そして、算数地獄。

 げんちゃんは、100まで数えられるのですが、6たす1のような、簡単な1の段でも、
「う~ん。何かなー・・9?」

 みたいなことを言います。ママは切れそう。
 毎日とはいかないけど、何度も10だまそろばんをやったり、あらゆることをやっているのに、げんちゃんができるのは、4つくらい足し算のみ。

 さすがの楽観主義のママも、ちょっと落ち込みます。
小学校に上がれば、毎日、げんちゃんは普通の子と席をならべて、ひたすら、げんちゃんの頭が、かなり普通よりおんぼろだ、って無理やり親子で自覚させられる日々になるんじゃないかな。

 やれやれ。普通の学級にいれば、さすがに、ママも、”常識”というものに洗脳されそうです。
「げんちゃんは、ダメな子。だって、他の子がさっさとできる計算も、書き取りもこんなにできない。どうしよう!」

 という考えを自分に刷り込みそうです。

 あー。小学校に行かせたくないなー。

げんちゃんの学習がはかばかしくないので、ママはちょっとブルーになってます。ほんと、小学校に行かせたくないです。彼は、今までどおり、幼稚園のような環境に入れて、学習はママのホームスクールやプロの技で学ばせてたいです。
 現実には無理ですけどね。

 幼稚園の良かったところは、机でお勉強をするのが目的の集まりではなかったので、げんちゃんは、そこまで落ちこぼれのレッテルをはられることもありませんでした。

 ほんと、あと1カ月、もう少し能力を開発したいげんママ。でも、現実は、ため息。という状態です。

人と比べるのは時々にしたいのですが、小学校が目前になってきたので、ややあせりが出ています。げんちゃんが、追い付けなかったら、げんちゃんは、ただ、教育のひずみの中で、行き場を失う、ということもありえます。

 なんかね。仕事なんかやってる段じゃない、って気になります。仕事を半分にして、げんちゃんにかかりっきりになりたいなー。もう人にまかせておけないという気になってるんですが、現実はままならず。そのストレスの矛先が、げんちゃんに向いてしまった昨夜のトレーニングでした。

 「どうして、こんなのができないの?ママ意味わからん!」
と強い口調でげんちゃんをせめました。やれやれ。 

 字を書くことを練習する前に、三角を、毎日100回、正しい持ち方で描く。という尾倉先生のレッスンがなんで良いのか、なんとなくわかります。

 字を書くことの前に、頭で出力して、指を自由自在にあやつる、ということが大切なのです。
字を書くことに、トレーナーのママも意識が集中してしまって、たくさん書けないからではないでしょうか。三角自体にも意味があると思いますが、とにかく、たくさん運筆をすることが、どうも字に先行して、大切なんではないか、と思っています。

 ママの英語勉強も、昔、簡単な文章を大量に読め。と指導されたことがあります。それに相通じるような気がします。

 とはいっても、早く文字をすらすら書けるようになってほしいものです。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
by glow-gen | 2012-03-09 15:22 | Comments(17)

療育での知能テスト

 げんちゃん、ついに6歳の誕生日を迎えました。数字がほとんどよくわかっていないげんちゃんは、自分の誕生日もいまいよくわからないようですが、月日は、残酷にもどんどん過ぎていきます。
 そろそろ、小学校に向けて準備しなければならなくなりました。
 療育センターで、知能検査を受けているげんちゃんです。なかなか、1度ではできないので、3回にわけて、2回目が終わりました。

 げんちゃん、100均で買った、5歳ドリルは、そこそこやってのけたので、期待していましたが、結果はやれやれです。
 おうちでは微妙にヒント出していたんでしょう。まったく、げんちゃんひとりでやると、え、何でそんなのわかんないの?ってため息が出ます。

 とくにひどいのは、算数。どうも、5以上の数は、頭に入らないようです。足の指は?って聞かれると、「4本!」なんて答えます。

 おうちでも、指を、ぽんと6本出して、はいいくつ? とスピード学習してますが、なかなか6、とは答えられない。しかたないので、何度もインプット。ぽんと、一瞬指を出して、「1と5で6!」とママがスピーディーに声をあげる。そういうことを、けっこうこの数ヶ月繰り返しているんですが、一向に正解率は低いまま。

 これって、脳のその部分に障害があるんでしょうかねー。どうして、わかんないんだろう?と、こっちのほうが頭をかかえます。

 ま、普通の友達とのコミュニケーションは、そこそこ、おいついてきたので、普通学級に入れてもらって、特殊クラスでサポートを受ける、という小学校生活になりそうなげんちゃんです。

 でも、英語の絵本は、毎日読んでやってますが、いやがりません。絵本には、たとえば、lonely,
だとか、sadlly,だとか、いろんな単語が出てきます。そのニュアンスを、一部覚えてジェスチャーをします。ひらがなだけでなく、カタカナも、少し読めるようになりました。国語力は、すぐれている、というわけにはいきませんが、算数より、普通に近いようです。(でも、暗唱はむつかしいみたいだけど・・) 算数がよくわかんなくても、幸せになれないとは限りません。

 ちょっと癒し系げんちゃんは、ユニークなボーイになって、世界中の人とコミュニケーションをしていきます。
げんちゃんにしかできない役割があるでしょう。そのために、国語と英語はしっかり教えていこう、嫌いな算数ばかり、詰め込むのも、ま、自分におきかえると苦痛かもしれません。

 特別学級もどういう子がいるのかな?きっとユニーク集団だろうから、げんちゃんどうするかな?
小学校は不安だけど、ちょっと楽しみなままです。新しいことが始まると、いつもわくわくするへんなママなのでした。

 ママが教えるホームスクールも、いろいろ工夫してみたいな、と思います。英語の絵本を10冊くらいとりそろえて、毎日少しずつ、何度も読んでいますがこれは、実に楽しいです。私の英語力もあがっています。アマゾンで500円ちょっとくらいで、絵本はいくらでもそろいます。へー、こんな言い回しするんだ~、なんて、絵本の時間は、ママが楽しむ時間にもなってます。みなさんおすすめです。人がみんなやることで、負けちゃうんだったら、人がやらないことやるのがいいんじゃないかな~。げんちゃん3年後は、英単語500以上をめざそうかな。あじさいを見て、「ハイドレージャー!」なんて言う、おもしろいげんちゃんです。


ブログランキング参加中。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-07-15 08:58 | Comments(0)



中学2年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク

げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧