人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

タグ:言葉の改善 ( 1 ) タグの人気記事

ゆうゆうさんの手記。言葉がない子が言葉をしゃべるきっかけ

  涙ものの、ゆうゆうさんの手記を送っていただきました。

 げんちゃんは、言葉は遅かったけど、出ていましたし、今でも、ぴんとはずれですがよくしゃべります。
だけど、もし、げんちゃんに言葉が出てないと仮定すると、発達育児は、さらにきつい物になると想像できます。言葉を心待ちにしてるママのために、ゆうゆうさんが言葉を手にするまでのことを書いています。是非読んでください。

ゆうゆうさん記
 
 私は無口な子供でした。奇声以外の声を出したきっかけは風船です。
これは息子にも実践して同じ結果を得ていますので、そちらをベースにして子供時代の私の心情も交えながら書きます。

(息子さんはもうすぐ3才になります。げんママ)
息子に持たせた風船に口をあて「あ~」と発音しました。
 風船が振動でブルブルと震えたのを見て、息子が興味を持って私を見ました。
 口をつけてマネをしようとしますが、声が出ていないのでヨダレが垂れるばかりでした。同じ結果を得れないことに不思議そうな顔をしています。

 30年前、きっと私も同じように不思議そうな顔をしていたのだと思います。
 喋るということは声帯と肺を使って空気に振動を与え、波をおこして震わせないといけません。それができていないことに今はじめて気がつき、どうしたら良いのか疑問を持ったのだと思います。

そこで今度は口を大きく開けて「あ~」と言いながらまた風船に口をつけました。
そしたらおもしろがって息子が「あ~」とマネをしました。
絶叫以外の「あ~」は初めてでちょっと感動しつつ「い~」と続けてみました。
ちょっとわからないみたいで続けませんでした。「い」を言う時は少し舌を浮かせないといけません。これが難しいのだと思います。「う~」これもわからなかったみたいでちょっとつまらなさそうでした。
口を横に開くのも難しいみたいだったので、「え」をとばして「あ~」の途中で「お~」にスライドさせました。これはわかったようで「あ」と「お」の組み合わせを使った彼の喃語がはじまりました。

 私の時もそうだったそうなので、「あ」「お」は言いやすい言葉なのかもしれません。
 さて、私の子供時代に戻ります。単語を増やしたのは英会話教室に行きはじめてからです。 日本語もろくに喋れませんでしたが、3才の時にアメリカ人の先生が講師を勤める英会話教室に入りました。
「日本人だから日本語が得意とは限らないでしょう?日本語がダメでも英語は話すかもしれないでしょう」という母の決定ではじまったのですが、これが良い結果をもたらしました。

(何度聞いてもユニークな素敵なお母さんですよね~。私ならできただろうか・・・日本語とばして英語なんて・・・) 

先生が私の舌を指でつかみ真上に立てて「L」と教えてくれました。
それからペンに私の舌を巻きつけ「R」と教えてくれました。
「th」の発音も先生が舌をつかんで引き出し「舌を軽く噛みなさい」と言って出来るようにしてくれました。
レッスンを受けているうちに私の舌は柔らかくなり、動かしやすくなりました。
「ラ行」が言いやすくなり、喋ることが楽しくなりました。

(英語げんちゃん行ってますが、舌をつかんで・・・とかされないみたいですが。良い先生にあたったものですね。げんママ)

 舌の感覚過敏もありましたので、舌をつかまれるのは気持ちが悪かったです。でも、英会話教室に行きだした時は何回か左脳に行った後だったので、我慢ができる範囲になっていました。
 えっと…実は右脳と思われるところで過ごしていると、ふっと違うところに移ることがありました。最初は短い時間で、だんだん回数が増え、少しずつ長くなっていく感じでした。たぶんあそこで右脳から左脳に移っていたのではないかと思います。左脳に行く度に薄く布をまとったみたいに感覚過敏が薄れていくのです。
 舌は根元から動かしてあげるとやわらかくなりやすいです。あまりに嫌がるようだったら顔全体をなでて、頬から下を念入りにもみほぐすのも効果的でした。
そういえば舌で思い出しましたが、給食が何であったか聞かれても答えられませんでした。
味というか舌触りというか…そういうもので食べ物を5種類くらいに自分で勝手に分類していました。なので、何を食べたか聞かれても味とか舌触りは思い出せても該当する食べ物が多くて答えられませんでした。
そのわりに誰が作ったかとか、自家製の野菜かどうかははっきり食べわけていました。

毎回ながら、ため息物です。言葉出てない子供さんのママ、やってみてください。成果出たらすばらしいです!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 
by glow-gen | 2013-05-11 16:35 | ゆうゆうさんの手記 | Comments(20)



中学2年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク

げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
支援学校のひさしくん
注意欠陥
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
前回のコメントのお返事あ..
by ゆうママ at 20:32
お忙しい中、返信をありが..
by robo_223 at 08:20
ロボママさん 私は、げ..
by glow-gen at 21:18
しかし、げんちゃんママさ..
by robo_223 at 23:15
私も「母親を無視して改善..
by robo_223 at 22:35
とんままさん コメント..
by glow-gen at 13:59
何が何でも心を使おうとし..
by とんまま at 05:35
kさん >療育をすると..
by glow-gen at 13:23
ゆうママさん プリント..
by glow-gen at 08:23
ロボママさん そうです..
by glow-gen at 08:07
とんままさん  ほんと..
by glow-gen at 08:00
昨日は穏やかな書き方をし..
by ゆうママ at 13:24
同じく、私が離れたらダメ..
by ゆうママ at 12:25
ブログにも書きました通り..
by robo_223 at 09:26
ちなみに
by とんまま at 08:00
おはようございます。 ..
by とんまま at 07:36
とんままさん そうです..
by glow-gen at 23:34
返信ありがとうございます..
by とんまま at 15:03
Kさん 集中力ですか~..
by glow-gen at 14:12
とんままさん それから..
by glow-gen at 11:44
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧