人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

タグ:自我 ( 2 ) タグの人気記事

”迷い”のステージから、ほんとの意識出現? 激動のステージなのかも

たぶん、先週末から、激動のステージを迎えているげんちゃんだと思います。

 一人で、学習したと思ったものの、何しろ、自己中心的、ピントずれ・・・のげんちゃんでした。週末に、S先生の指導が数日入りました。
もどってくるなり、げんちゃんは、ものすごく、生意気になっていて、なんか、すさまじくとげとげしい・・・

あら、先生が、また意識をいじったのね・・・K先生とびっくりしていました。とにかくS先生との合宿が終わると、かならず、げんちゃんに微妙な変化があるので、それが、良いものであろうと、悪いものであろうと、とにかく、次に進んだんだ、ということがわかります。

終わって、1週間くらいして、あら、ちょっと違うよね・・・ということも多いのですが、今回は、翌日から、なんか、こう暴力的なエネルギーを感じます。
私への感じの悪い態度も先週より磨きがかかってます。

「自分でやる!」
と言って、おばあちゃんとこで、また自主学習ノートを埋めてますが、(おばあちゃんとこだと、好き勝手できる)
”俺、一人でやってんだよ。俺の勝手にさせてくれよ!”
 そういうふてぶてしさが全面に出ています。もちろん、内容は、とりあえず、なんかやりゃいいでしょ・・・・そんな感じ。

朝も起きない。起きても、なんか、とげとげしく、そのくせ、時間に間に合うような行動もとれない・・・

そうすると、またS先生に、手厳しくやられる。

ちょっと前までは、私に、あまり無理に学習させないように、と言ったり、ここは、しかたない、流していて、とか、S先生は言っていたのに、まったく豹変したように、先生はげんちゃんに向かってます。

「げんちゃんの”コアな意識”を出したので、今までとは違います。自分をしっかり出しはじめて、わがままが、どかんと出てきている。今までは迷走している中で色んなわがままが出てきていたから、少し圧をゆるめないといけなかったけど、今は迷走が終わり、しっかり出てきたから、好き勝手にしたいというわがままなベクトルを、完全に切らないといけない・・・」

うまく表現できないけれど、先生はこんな風なことを言っていたような・・・とにかく、今までは、そこは、大目に見て、という部分まで、細部にわたって、かなり厳しくげんちゃんを指導しています。色んな演出の意味を聞くと、すべて、細かく計算されたもので、驚くばかり・・・・

今日は、げんちゃん、家に帰ってきて、ミニレゴをやり始めました。帰ったら、まず、学校の道具を開けて確認して、段取りを考える・・・と指導されていたのに、あいかわらず、時間も何も存在しない世界で、やりたかったレゴのことだけ考えている模様。それでも、前は、K先生のところに行く前に、レゴをしたがったら、少しさせて、気分をかえて行かせて、と言われていた時もあったので、私は、少しやらせました。

が、まずかったようです。
「今日は、K先生のところのはずだよ。なぜちゃんと時間通り行かないのか!」
レゴは、しっかり学習したあとだ、と、先生が来られて、すごい剣幕で叱られていました。ほう!ステージがかわっちゃってるんだ・・・私もびっくり。

私も、ここ数日、圧をかけるのか、ゆるめるのか、加減がよくわからなくて、先生と電話で密に連絡取り合って指導してもらってます。ありがたや~!
S先生が来られた瞬間、げんちゃんは、ぎろっと私を見て、
「お母さんが連絡したの?」
と言いました。お~・・・そんなとこつながったんだ。今までならありえない!でも、なんでも見抜かれてしまうS先生は、畏怖の対象らしく、ぐうの音も出ないげんちゃんです。

K先生のところに行っても、げんちゃんは、意識をふっとばしていました。あまりにひどいので、また大叱られ。

とにかく、今は、げんちゃんの”逃げる” というところを、徹底して、修正する段階なのだそうです。確かに、げんちゃんのこの”ずるい逃げ”に対しては、どこかで、徹底的に対処していなければ、今後とんでもないことになります。今回出てきた、どこか攻撃的な態度も、人に向けられたらとんでもないしね。いよいよ、徹底的に対峙するステージが来たんでしょうね~。

 なんかよくわからないけれど、家族一丸となって、少しの逃げ場も許さず、正しい行動を身に着けさせる。君の応援団一丸となりますよ~・・・

学校にも面談に行って、私が理解してる範囲のことですが、学校での演出ぶりもご協力願いました。

さてさて、かなりハードなステージになりそうですが、ここを登れば、また新しいげんちゃんが生まれると信じましょう。そうなったら、圧もどかんとゆるめるに違いありません。げんちゃんも、忍耐のしどころなんでしょうね~。今日は、先生の指示通り、意識調整のために、10分寝る前に、ドローンをしてふてぶてしく寝ました。
明日はどんな明日になることやら。私は、ただ嵐の中を前に足を進めるだけ・・・そんな感じです。

ガ~ンバ!


by glow-gen | 2019-01-24 01:30 | 意識のこと | Comments(15)

意識が出てきたら、今度は、感情との戦い。ささやかな出力

 昨日は、テストの結果にがっかりしましたが、
げんちゃんの出力は、ほんの少しだけ始まってきました。先週くらいから、そう感じている私です。


自分が何を感じているかも、捉えられず、会話しているようでも、対話にしかなっていない。どこか人格のない生物を飼っているようなところがあったげんちゃんが、最近、ぽつり、ぽつりと、自分の感じたことを言葉にするようになりました。

またこんなこともありました。先日久しぶりのホームスクールの日(仕事があるので、K先生の家でやっていただきました。)私が家に帰ると、テーブルに、数学のドリルが出してありました。

「あれ、何でドリルが出ているの?」
「うん、ぼく、帰ってきてやったから。」
「え? 一人で?」
「うん。だって数学た~のし~い~・! お母さんは数学どう?」
「え? まあまあ。・・・・(何じゃこの様子は?)」
「ぼく、数学大好き。楽しいもん!」
「何いってんの? あれだけいやがってたのに。なんでそうなっちゃったの?」
「知らない。」
るんるんしているげんちゃん。人生初の発言です。ちょっとびっくりです。

一次方程式のxの値を求めるのに、ちょっとはまったようで、ドリルを見ると、3問だけですが、自ら問題をといて、2問正解してました。簡単なプラスマイナスの足し算さえ、四苦八苦、夏休みは、数学をさせるのに恐怖感さえ感じていたげんちゃん。なにがおこったの? という感じです。出力までの長い長い道のり、ようやく、少しだけ出力してきたのでしょうか。

 とはいえ、簡単な買い物の計算も時計の計算もままならないげんちゃん。・・・ドミノが倒れるようなわけにはいかないようですが、それでもやはり、うれしいことです。

久しぶり、先週のK先生のホームスクールの様子は、まあまあといったところだったようです。まだまだ、来週のテストに照準を合わせる力は弱くて、先生におんぶにだっこだったようです。しかも、もらってきてるはずの小テストプリントなども抜け落ちていて、戦略をたてようにも、指定されているプリントがない、とかいう状況です。いったい、そういう段取り力はいつになったらつくのでしょうか。

あとちょっとしかない時間の中で、スケジュールとやる内容、優先順位を決めるのは私で、ホームスクールの学習内容を決定するのに、夜中までかかってしまいました。

K先生のところから、電話をかけてきたげんちゃん。、

「お母さん、夜中までかかって、ぼくのテスト準備してくれて、ありがとう。」
何でも、K先生が、ママの苦労を、あらゆる角度から話してくれたようです。

「いつも甘えまくって、私に横柄にふるまうげんちゃんの口から、めずらしく、感謝の言葉が出てきたから、電話させました。」
ということでした。


しかし、翌日は最悪で、やる気なし、横柄、投げやり、学習どころではなかったようです。担当してくれたK先生はあきれ果て、長いお話タイムをもったようです。

彼女曰く、
「感情だけがむき出しになって、本来のげんちゃんではない状態であることはわかっています。
だからといって、そこまでくずれるべきじゃないし、マイナスに向かうことを言うべきでもない・・・
たぶん、いっぱいいっぱいなのでしょうね。とはいえ、今のげんちゃんは、多少コントロールしていくべき時期に来ていると思います。だから、指導しました。」

げんちゃんときたら、

「学校は軽いけどK先生は重いんだよ~。」(学校では適度に抜いている。とくに普通クラスでは・・・・プリント類が、白紙だったりする理由がよくわかります。)
とか、
「別に高校なんかどこでもいいし・・」

とも言ったそうです。あげくの果てに、逃げ帰ろうとしたり・・・そのまま帰しても、何の意味もなさないので、K先生は、彼の様子を上げていきながら指導してくれたようです。

意識をぬいてしまった時でも、言っていいことと悪いことがある。
まわりがどれほど、自分に対して忍耐しているか。
人間としてやるべきことは何か。とるべき態度は何か。

こんこんとわからせたみたいです。

「それに、あなたは勘違いしてますよ。高校がどこでもいい? 
言っておきますけど、今の状態だったら、行く高校なんてありませんよ。障害のある子の学校になりますよ。何たわごと言ってるの?」

げんちゃんのプロジェクトメンバーは、きれいごとは言わないです。シビアな真実を受け取ることからしか、げんちゃんの未来は始まらないと思っています。


 でも、次の日、げんちゃんが、いっぱいいっぱいだったからくりがわかりました。支援の先生が、電話をくださいました。

地区の先生方の公開授業で、支援クラスで道徳をやったそうです。その時、げんちゃんは見事に、自分の考えを述べて、最後のまとめもすべて、自分の考えを出せたそうでした。彼女曰く、ほんとにすばらしかったです。ということでした。
お客さんで来られている他校の先生にも、べたぼめされたそうでした。

たぶん、その日の放課後の落ち方は、その疲れだったのようです。


まあ、どちらにしても、げんちゃんはゆれています。正しい方向性は見つめているものの、自分の自我、感情との激しい戦い。
「今が一番大変なんだ。」

というS先生の言葉は、真実なのでしょう。


by glow-gen | 2018-09-27 18:49 | 思春期 | Comments(8)



中学2年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク

げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
支援学校のひさしくん
注意欠陥
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
記事を読んでいると、やは..
by ゆうママ at 06:43
げんちゃんママさん ..
by growup_hana at 10:48
下げ止まるようになった、..
by robo_223 at 08:00
ここあさん 国語は、文..
by glow-gen at 14:31
Naoさん まだお子さ..
by glow-gen at 14:20
夏休みも終わってしまいま..
by ここあ at 12:52
わかります。。。 危険..
by nikon_leica at 23:11
Kさん ありがとうござ..
by glow-gen at 00:42
みかんママさん あ、そ..
by glow-gen at 17:41
みかんママさん この日..
by glow-gen at 17:36
ロボママさん 前のコメ..
by glow-gen at 17:19
ロボママさん コメント..
by glow-gen at 17:12
ロボママさん お返事あ..
by glow-gen at 16:40
それと、先日、病院に行っ..
by みかんママ at 15:46
以前、療育の先生から、発..
by みかんママ at 14:35
そして、こういった状況が..
by robo_223 at 08:16
確かにこれは早急に改善を..
by robo_223 at 08:10
私も線引きは大切だと思い..
by robo_223 at 13:45
ロボママさん ほんとに..
by glow-gen at 12:09
名無しさん 愛が通じて..
by glow-gen at 11:16
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧