人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

タグ:空気読めない ( 4 ) タグの人気記事

接点を作っていく、という、次なる過程

  中学の第一回目のテストを終えてみると、げんちゃんのステージが完全にかわっていることに気付きます。何かができるようになった、とかではなくて、げんちゃんが、げんちゃん自身の課題を、少し見つめられるようになっています。(逃げずに見つめている、ということではなくて、彼の中に、捜せばある。そのくらいのきざしです。)

たぶん、テストの結果はずたぼろだと思います。持ち帰った数学のプリントを見たら、小学校の復習問題が、ほぼ1枚出ていました。計算している書き込みを見て、あぜんとしました。
180個の50%は何個?

そういう問題があって、なんと、げんちゃんは
180+50=230

とやっていました。春休みは、相当攻略したはずだったのに・・・頭がくらくらします。さらに、-4分の1の逆数は、という問題に対して、4,と書いてあります。この単純な数字でさえ、前についている-は見ていないようです。

もちろん、裏の問題は、まったく取り組めてないようで、何も書き込んでいません。ここだけ見ても、10点あるのかしら・・・そんな感じです。

さらに、驚くことに、先生のノートの書き込みには、

「がんばっていました。でも、名前が書き込めなかったようです。また、解答用紙のどこに書くのかがわからず、これからの課題です。」

と記入してあります。一瞬、よろけました!  笑
・・・漫才のネタに使ってもらいたいくらいの、見事なオチ!

「げんちゃん、回答欄がわからなかったの?」

そう問いかけました。
「あ~。うん。よくわからないから、適当に書いた。」

OH!
ここだ。ここなんだよ! こいつの、本質! げんちゃんは、決して回答欄が、まったくわからない子ではありません。たぶん、横から、
「よく見てご覧。しっかり見たらわかるから。」

と、誰かが声かけしてくれれば、多少時間はかかっても、少しは、見つけ出すことができると思います。

しかし、あ、わからない。→ 適当に書け!

この命令しか、脳に対して出さないのです。パーセントの問題も、あとから、おしゃべりのついでにやってみたら、
「あ~そういうこと~・・・」
と言いました。過去何度もやったけど。
つまり、ちょっと考えて取り出そうとしたら、間違ったとしても、もう少し違った形になっていたはずです。でも、やはり、さっぱりわかっていませんが・・・

でも、彼は、考えないのです。意識を飛ばした3日目は、中でも、最もその傾向が強かったはずです。

教室の扉の前で、鍵と20分間格闘していたのと同じ理論です。

それでも、彼を今回教えていて、頭が良くなったな~と思いました。処理スピードは、今からという感じですが、やがては、早くなることも感じます。

でも、そういう問題をさしおいて、最もみにくく、しつこく横たわっている問題があります。・・・それは、とにかく、「考えない」・・・ということです。
もう何度も、書いてきましたが、考えればわかる。でも、絶対に考えない・・・この恐るべき障害は、すべての前に立ちはだかったているのです。


しかし、希望はあります。今回、テスト期間を通してみて、げんちゃんは、エネルギーを出して、自分で自分に負荷をかけていけば、自分で考えようと一歩踏み出せることもわかってきました。

それは、げんちゃんの中に、たくさんのレゴパーツが転がっているような物です。今まで底上げした、色んな能力や、色んな経験、考え方が、レゴパーツとして、ばらばらに、散在しています。でも、彼は、そのパーツを、つなげようとしません。一つのパーツで行き詰まったら、向かう先は同じ。

”めんどうくさい。わからない。だから、適当にでっちあげる。”

潔いほどシンプル!
互いのパーツは、接点がそれぞれにあり、うまく組み合わされれば、すばらしい作品になっていくのに、彼は、絶対にパーツを集めて、はたと、見つめることをさけるのです。

昔は、パーツさえなかったのですから、状況は同じように見えても全然違います。今は彼の中にたくさんのパーツがあり、彼は、ちょっとその一部を手にとって、どのパーツと結びつけるか考えるだけでいいのです。

それさえすれば、パーツは、やがて、パーツではなくなる・・・

パーツがあふれていけば、次には必ずつながっていく。私はそのあふれている状態を感じました。今までやってきたことがあふれてきたから、今度は、それが満ちて、つながっていく。
そのかすかな兆しを感じたのです。
(算数は、残念ながらまだまだあふれませんが・・・)

テストを終えて、次の戦略・・・・息つく暇もない。 笑


by glow-gen | 2018-06-16 16:46 | 定期試験 | Comments(11)

4年生の夏休み以降の伸び。ゴールデンエイジ??

 
a0184225_12591948.jpg

 上半身を鍛えてきました。それとともに、逆上がりの基礎ができてきて、10月の快挙!ほぼ、逆上がりが普通にできるようになりました。昔、あと一歩までいったような気がしたのだけど、だめでした。逆上がりをするためには、上半身ができなければだめなんですね~。腕もいります。押し車を地道にやりました。3ヶ月かかりました~。


 秋が深まるごとに、げんちゃんは賢くなってるようです。(あ、まだ一般のレベルからすると、はるかに下ですが・・)それを、垣間見るエピソードに、最近はことかきません。
 野球のことをしたためてみます。確か3月くらいからか、私は、げんちゃんの体で、まだ上下の統合がされてないことを感じて、バトミントンを始めてみました。バトミントンは、過去にも取り組もうとしたことがありましたが、まだその時期ではないと、断念したことがあります。
 公園で少しずつ取り組み始めました。バトミントンのモーションは体の上下の動きを洗練するにはとても良いと思われました。
 最初はひどいものでしたが、だんだんこなれていきました。
 そして、しばらくして、私は、ボール投げに移りました。ドッジボールを買ってきて、投げあいます。1~2年のころの、げんちゃんのボール投げは、まるで砲丸投げでした。腕をしならせられないから、肩から、どてっとボールが地面に落ちるような格好です。
でも、まあ、そこまでひどくはなくなっています。

そして、そこまで来て、たまたまご縁があって、ゆる~い野球クラブに入りました。

 まず、おもしろかったのは、ユニフォームが届いた日のことです。ラフなサッカーと違い、ズボンの硬いボタンに、はめにくいベルト。げんちゃんが、それを身に着けるのに、格闘したことは言うまでもありません。
 練習では、ルールはわからず。とにかく、グローブをつけて、玉を捕る、投げる、げんちゃんがやることはひたすらそれだけでした。球威もないし、ぜんぜん捕れないし、目をそむけたくなるような有様ですが、ゆる~いクラブでは、そういうお子さんはたくさんいるので、のんびり見ることができました。

考えてみれば、上半身玉投げにおいては、まさに、人生初デビューと言ってもいい状態。参加できているだけで、ばんばんざいでしょう。
イニングが変る時も、よくわかりません。
「げんちゃん、守りに入って~。」と下級生に促されて、グラウンドに出て行くだけ、もし玉をとっても、どこに投げるのか、なんて、わかりもしない。バットを持っても、当たらないどころか、へんてこりんなフォームです。

 まあ、こういう出だしです。でも、本人が、楽しい!と言って、とっとと家を飛び出していくのだから、げんちゃんというのは、鈍感力にすぐれているのかもしれませんね。

 下手なのは仕方ないとしても、やっぱり、気になるのは、自分がプレーしてない時は、バッターボックスを見ない、という行動パターンです。これは、いつも一貫している、彼らの欠落のような特徴ですね~。


そんなこんなを続けながら、半年は過ぎました。
 
さて、先日野球を見に行きました。たまに、家で、キャッチボールを練習してるのも功を奏して(下手な私とやってます。 ママは筋肉痛起こしながら 笑)、げんちゃんは、別人のようにうまくなりました。
へたくそでも、それらしいフォームで投げ、バット振ってます。捕るのは下手ですが、運動が得意でない普通の初心者の子といった感じです。

 見ると、その日げんちゃんは、三塁を守っておりました。大丈夫かな~・・・と思ったら、案の定、遠くに飛んでいった玉を、ベースを限りなく離れて取りにいっています。三塁の役割を、ぜんぜんわかってないようですね。(苦笑)ランナーは、三塁ベースを突っ切ってホームイン。まあ、ホームランみたいに、飛んでいった玉だったので、失態にはならなかったですが、げんちゃんの行動様式が透けて見えてくるので情けない・・・

 塁にもどってきたげんちゃんは、今度は、ベースの砂を、足ではらい始めました。はー・・・(ため息)また一人の世界に入っとるわい。

が、次の瞬間、バッターボックスに友達が立ったとたん、げんちゃんは、切り替えました。バッターボックスを向き、きりっとグローブを構えました。
お~~~・・・

  ささいなことです。ほんのささいなことなんですよね~。でも、これが、この子たちにできないのです。おわかりでしょう!


 BBA(ブレインジムの兄弟みたいなもの)をしていうなら、これぞまさにフォーカシングです。自分が、どこに照準を合わせて、何をしなければならないか、理解して動く。これですね。
このあたりは、体の上下の統合ができないとできてこないそうです。やっと、そこまで来たのでしょうか。

 それから、家で、しばらくぶりに、オセロをしました。やっぱり賢くなっている!。先を読みます。(もちろん、前より、ということですよ。)私は、局面でヒントを出してやりますが、それにしても、私もゲームを楽しめるようになりました。げんちゃんの頭がなんだか質的に変化しだしていることのきざしです。いっきに、何でもできるようになった~。ハッピーハッピーというわけにはいきませんが、私も、げんちゃんにかかわっている先生方も、家族も、みんな、げんちゃんに対して、ずいぶん、楽になっていると感じています。

 3年は、伸び悩み、4年生では伸びる。これって、上嶋恵先生の言葉らしいですが、やっぱり、そうなんでしょうか?だったら、どんどん行ってくれ~。
ちなみに、上下の統合が出来てきて、やっと、左右の統合。つまり、私たちがよだれが出そうなくらい、子供に望んでいる、前頭葉的思考の段階に入ってくるそうです。
ミラクルおこれ~。と願うばかりです。

幼稚園児の発達障害児に手を焼いているお母さん。げんちゃんの過去と今では、別人です。がんばって取り組みましょう!いけますとも!

 

by glow-gen | 2015-11-11 13:02 | 発達障害改善の段階 | Comments(28)

げんちゃんの最近の日々 ホームスクール

  げんちゃんは、あいかわらず、毎日、色んなスケジュールの中で、元気にがんばっています。げんママは、あっというまに、おわってしまう、週一日のホームスクールでは、やりたいことのわずかなことしかできなくて、消化不良です。あっというまに、一週間が過ぎてしまいます。2年の時までは、ホームスクールの翌日は、昼から早引きさせて、ホームスクールの続きをしていましたが、3年になったら、げんママのスケジュールもうまく調整できず、一ヶ月に1回くらいしか、二日続けてのホームスクールはできなくなりました。

 さらに、そんな中で、酸素カプセルも利用するようになって、時間との戦いになっています。
げんママは、仕事以外は、すべて、げんちゃんに使ってるような生活が当たり前になってます。

 それにしても、げんちゃんは、勉強にしても何にしても、前よりずっとできるようにはなってるけど、普通の子に比べ、一つ一つにすさまじく時間がかかります。七田のプリントは、現在、1年生の算数を終え、2年の前半から、半ばに入ろうとしてます。(裏表、200枚以上あります。順調に、一つ一つ進んでますが、他の子との差は、開かないようにするのが精一杯で、おいつくとこまでは、いかないです。

 夏休みに、20までの計算を、マス計算で、大量にやって、なんとか、できるかな~。不完全だけど・・・というとこまで行きました。9月になったら、今度は、16たす5とか、もうちょっと、それよりも、先を行った計算をしました。最初は、悲惨でしたが、そこそこできるようになってます。筆算は、何も考えず、上と下をたすだけなので、意味がわかってなくても、けっこうできます。
 今は、それが、進んで、筆算に持ち込めば、3~4桁くらいは、そこそこ正解してくるようになりました。

 こういう歩みも、げんママにとってみれば、遅遅としていやになってしまうけど、2年の1学期の内容を、3年の夏に、なんとか、まあまあできるようになったことを考えたら、それからこっちは、とんとん拍子に進んでる、と言えるのかもしれません。教えてる方は、一個進むごとに、つっかかり、あたふたして、一つ一つ入力していく作業になってるので、ちっとも進まない感触がしますけどね。
 まあ、とにかく、自分から、理解して、すすす~っとクリアしていくわけではないです。すべて、手入力・・・といった感じ。

 国語でも、漢字でも、作文でも、ほんとに、お~、自力でたまには、すいすい行ってくれ~、と思いますが、ご想像がつくように、摩擦係数の高い、荷車をひいてるような感じです。
ただ、昔は、引いても、進まない荷車といった感じだったので、少しずつでも、ちゃんと進む感触は、進歩なんですけど・・・勉強時間が、勉強時間になってるしね。一応・・

家庭教師してくださる学研の先生は、
「そのうち、つながって、すらすら~っと理解できるんでしょうね。」
なんて、まぼろしの ”げんちゃんスパーク” の話をしてくださいますが、いつ来るんだろうね。そういう夢のような世界は・・・と思います。

 654-210=444 という筆算をして、確かめ算は、何と何をたす?なんてことも、理解するのにも、エネルギーがいるようです。足し算は、引き算のうらがえし・・・こんなの、やってたら、誰でも、すぐに気付くことなのに、彼は、入れてやらなくてはならないようです。

あ~、馬鹿すぎる! と私が言ったからとて、せめないで、というかんじ。なんて、忍耐強いんだ、と、自分をほめてあげなきゃ、やってられないよ!
げんちゃんも、こんなこと、すらっと理解できず、なんと気の毒なことよ。・・・・ 

 でも、考えてみれば、ゆっくりでも、教えながらでも、ちゃんと前には進んでいってるんだから、げんちゃんは、ずいぶん頭がよくなったのだと思います。

げんママの常識というものを、ちょっとすみにおいてやれば、もっと忍耐強く、おしえられるのかもしれないです。
「普通は、自分で、勝手にわかっちゃうものでしょうにね~。」という私の発想です。

漢字も、書けども書けども出てきません。かろうじて、けっこう読めますが、なぜか書けませんね。もちろん、やったほど、書けなくても、やってるので、少しは書けます。まあ、すべて、やったぶんほどの効果が出ない、ということでしょうね。
 それでも、前より、書くのは早くなったし、きれいにもなりました。書く、ということ自体には、エネルギーロスがなくなってきてます。


 学習は、こんな感じです。そう、やった事に対しての、効果という点では、ロスが大きいけど、本人が取り組むさいの、エネルギーロスは、減りました。自分がやろうとしたら、そのエネルギーのかなりの量が、やることにもっていけるというか・・・

 それ以外に、空気読めない、マイペース行動、これも、あいかわらず、普通にあります。
 先日、妖怪ウオッチの映画を、いとこのお姉ちゃんと見に行きました。彼は、前列で、
「この映画は、踊っていいんだ~・・」
初めから終わりまで、周囲を無視して、一人で、入りまくって、うるさくしてたそうです。あの大流行の、ダンスを、みんなで踊っていいんだよ、というテレビのインフォメーションを勝手に、解釈したらしく、
 おおまじめに、一人、テンションアゲアゲで、見ていたらしいです。もちろん、本人、お行儀悪いとか、まわりがうるさがるだろう、などとは、まったく考えず、素直に悪びれもせず、この映画は、そうやって見ていいんだ~、とね。 終わって私が注意しても、ぼく何でおこられるの?ときょとんとしてました。(あへ!))

 なんか、この、ピントのはずれたげんちゃんに、力が抜けます。
「ほんとあほだよね~。」

と、夫とため息混じりに言ってしまいます。夫も
「あほや~。あほすぎる~。」

とがっくり肩を落とします。ちょっと反抗期入ったお姉の、きびきびした受け答えが、さらに、ママとパパのため息をさそいます。

「ほんと、どうやったら、治るんだろうね~。」と、パパにはき出します。


それでも、やっぱり、げんちゃんは、進化していってます。とにかく、止まっていなければ、進んでいきます。仕事が終わると、またげんちゃんに合対するのを、待ちこがれ、現場にあたると、あほや~、と、切れかかり・・・

あけてもくれても、その繰り返し。でも、楽しいんだよね~。やっぱり、やめられないな。

by glow-gen | 2014-12-25 19:41 | ホームスクール | Comments(16)

セルから組織へ・・・コーディネートする力

   先日、普通クラスの面談がありました。げんママは、最近のげんちゃんの伸びに、満足感を感じていたのですが、先生の話を聞いて、またまた、やらなくちゃね~と思いました。

 先生は、とても、親切で、笑顔をたやさない、かなり、ポイントの高い先生です。
 彼女が話すのは、げんちゃんが、普通クラスで、とても良い感じに、みんなのサポートを受けている・・・ということでした。
「まわりの子も、げんちゃんは、こういう子なんだ。って、普通に認めて受け入れてるようです。幾人かの子が、うまくリードしてあげたり、横で、ちょっと言葉をそえてあげたり、学習や、共同作業の時も、げんちゃんが、うまくできるように、手助けしてあげてます。だから、げんちゃんも、あまり、大きなトラブルなく、教室での生活をすごしてますよ。」
と言われました。

 げんママは、お礼を言いましたが、なるほど・・・げんちゃんは、やっぱり、サポートの対象なんだ、と思いました。すごく伸びてて、そこそこやってます。というのとは違ってました。

 よく考えてみれば、T先生は、3年で初めて、げんちゃんを見るわけで、げんちゃんが、幼稚園の時、、1年の時どうだったかなんて、知るわけではありません。少々げんちゃんが伸びてても、時系列で、彼を、分析できるわけではないんですよね。だから、目の前のげんちゃんは、単純に、支援から来る、支援を要する、子どもさんなわけです。
 
いかに、普通クラスで、ストレスなく過ごし、うまく、彼が、生活できるように、サポートしてあげるか、ということが、先生の課題なのだと思います。それを、上手に遂行して下さって、クラスも、とても良い感じにまとめていらして、その結果、げんちゃんの、優雅な学校での日々があるのだと思います。感謝なことです。

 でも、げんママは、この面談で、次にげんちゃんが必要な学校生活での課題が見えてきました。げんママは、早速、今までのげんちゃんの伸びとと、家庭での取り組みを、手短に話し、先生にお願いしました。

「先生、げんちゃんは、一つ一つの能力の、つまり、細胞の一つ一つは、まあまあできてきたんです。これからは、その一つ一つをどうアレンジして使っていくか、ということの、コーディネート力を伸ばすのが課題です。
 たとえば、プリントにしても、能力に見合ったものなら、100パーセントではないけど、指示すれば、指導者が席をたっても、言われたとこまで、やれるようになってきました。
 でも、自分は、今日、これをやらなきゃいけない・・・とか、自分でアレンジして、何かを段取りつけて取り組んでいく、ということは、まだまだ高峰の花です。

 これからは、そういう、生きた能力にをつけることが課題なのです。
 だから、先生にはお願いなんですが、普通クラスで、たまには、支援員の先生が、手を出さず、自分で気づかせて、ただ見守る中で、課題に取り組ませる、ということを、あえてやってほしいのです。

 テストも、普通クラスで、たまにはやらせる。花丸と、丸しか、今はもらってないけど、(自分でできたら花丸、やりかえや、教えてもらったとこは丸、にしてもらってます。×は、もらわないです。)げんちゃんが、少しは取り組める内容なら、ハンデなしで、取り組ませる。たぶん、それをやると、課題がまったく進んでない・・・という悲惨な時間も出てくるとは思いますが、それは、もう気にしないで下さい。
 内容をしっかりやらせる時と、自分でアレンジしてチャレンジする時・・・これらをはっきり分けて、取り組んでいこうと思うので、バックアップしていきます。
 普通クラスでは、主に、自分で気づいて、何をするのかアレンジする、というのを学ぶ。それを、主体にやっていただきたいのです。それは、普通クラスで、一番学べるものだと思っています。
 
 以前は、まだ、そういう学びが、時期尚早のステージもありました。その時は、ひたすら、取り出して、一つ一つの能力をアップすることに専念してました。でも、今、やっとその時期が来たと思っています。
 もちろん、その場の状況で、そうしない方が良いこともあると思いますし、まわりに迷惑がかかるようなこともあるので、すべては、先生の判断でやっていただきたいのですが、そういう課題を意識してもらいたいのです。

 もしかしたら、先生の目から見て、私の判断は、まだ早い、と思われるかもしれません。場合によっては、そうしない方が良い時もあるかもしれません。それも、すべて含めて、そういう視点で見て、コーディネートしていただけませんか?」

 このような、お話を先生にさせていただきました。

 先生は、なるほど、という顔をされて、げんちゃんの現状について、理解されたように見えました。

 そのあと、夏休みに入って行われた、サッカーの合宿の様子を、サッカーの先生にお聞きしました。げんちゃんは、前日、ちゃんと、お着替えや、あとの汚れ物の始末の仕方、荷造りなど、しっかり教えたにもかかわらず、下着は、前日の同じものを着て、荷造りは、ぐちゃぐちゃ。行って、そのまま帰ってきたようなありさまで、合宿からもどりました。

 先生のお話は、
 「前の日の練習着を着ようとしたので、僕が、注意して、新しいのを着るようにし向けました。それから、一つのことに入ると、周りが見えなくなるので、他のチームについて行こうとしたりしてましたね。」

ということでした。やはり、そうです。げんちゃんの、一つ一つの能力を考えると、もうちょっとできてもいいんじゃない、と思うのですが、だめです。
 本人が、そういう意識をまったく持ってない、ということもあるし、ワンウェイで、一つの道のみ掘り下げる脳の使い癖もあります。
 これからは、全体を見て、局所も見る。全体、時間軸、大きな大きな広がりの中で思考していく。そういうことが必要です。彼らにとって、もっとも苦手とするところです。

 だけど、一つ一つのセルができてきているのだから、絶対できない訳ではないでしょう。脳のシナプスは、シンプルな一つ一つが構築されて、ここからさらに、互いの関係性を作って行くわけだと思います。今の延長上に、必ず、良い感じのげんちゃんが待っています。

 でも、トレーニングの内容は、かなり、高度になっていくし、家庭で取り組むことだけは足りないことも出てきそうですね。多くの人の中にどんどんさらして、自分で色んなことをやらせることも必要です。ここからが、ある意味、本当に大変になっていくのかもしれませんね。

 まったく、常に、常に、課題が生まれてきます。教育とは、まことに、地道で、範囲は多岐にわたり、忍耐と愛情が必要ですね・・・やれやれ

by glow-gen | 2014-08-02 17:52 | まわりを読む | Comments(15)



中学2年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク

げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
支援学校のひさしくん
注意欠陥
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
職業体験、周りの企業やお..
by みかんまま at 08:22
私もげんちゃんママさんと..
by robo_223 at 07:52
とんままさん ほんと、..
by glow-gen at 18:13
普通の子のお母さん方に子..
by とんまま at 10:45
こんにちは。 げんまま..
by とんまま at 10:41
ゆうママさん 学校のプ..
by glow-gen at 07:55
ロボママさん お返事あ..
by glow-gen at 23:26
前回のコメントのお返事あ..
by ゆうママ at 20:32
お忙しい中、返信をありが..
by robo_223 at 08:20
ロボママさん 私は、げ..
by glow-gen at 21:18
しかし、げんちゃんママさ..
by robo_223 at 23:15
私も「母親を無視して改善..
by robo_223 at 22:35
とんままさん コメント..
by glow-gen at 13:59
何が何でも心を使おうとし..
by とんまま at 05:35
kさん >療育をすると..
by glow-gen at 13:23
ゆうママさん プリント..
by glow-gen at 08:23
ロボママさん そうです..
by glow-gen at 08:07
とんままさん  ほんと..
by glow-gen at 08:00
昨日は穏やかな書き方をし..
by ゆうママ at 13:24
同じく、私が離れたらダメ..
by ゆうママ at 12:25
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧