人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

タグ:知育玩具 ( 2 ) タグの人気記事

うちのバカ息子

  医療関係の仲間と忘年会をしました。げんちゃんのことやりたいので、休みたくなっちゃうのですが、いつもお世話になってる仲間なので参加しました。たまに会う連中なので、それぞれ近況を報告し合います。

 げんママは、最近とり組んでいる、というかはまっている、げんちゃんプロジェクトの話をします。サプリ、フラッシュ、親の取り組み。右脳に働きかけるトレーニング。運動。・・・ママのノウハウをあれこれ熱っぽく語りました。

 「ほんとげんママは何でもはまるよね~。でも、なかなか子供のトラブルを認めたくない。と足ふみしている母親も多いので、げんママの取り組みは、まわりに教えてあげたいと思うね~。」

 と口々に言われました。ありがとう。

 それから、病院に来て、治療の前に恐怖心をおこしてパニックになっている子供の導入のしかた、というのを、みんなに披露しました。
 「まずね。待合室で、型はめ知育玩具をもってきて、はめさせるんだよ。ほらできるかな~、とか言いながらね。いきなり治療に入ってはだめ。こっちもやりにくいでしょう。パニックになっている子供は、泣きながらも、目の前にある型はめおもちゃにくいつくの。そして、やっていると、脳が、そっちにエネルギー使っちゃうのね。
 
 ただのおもちゃはだめだよ。脳に少し負荷をかけて、頭が必死で作業するものじゃないとね。・・恐怖をこえる回路を回しだすわけよ・・・それで、成功すると、治療するところに連れて行って、次は、フラッシュカードを6~7枚やるの。それも、けっこうなスピードでね。
そして、さ、何のカードがあったかな~、と言って、思いっきり作業記憶を働かせてもらいます。そのころになると、子供って、すっかり、治療や注射のことは忘れて、こっちの言うなりになってます。私にめちゃくちゃなついちゃう。」

 げんママ、げんちゃんのおかげで、普通の子供の治療導入がめちゃくちゃうまくなっています。普通の子をこっちの言うなりに、おりこうさんにさせる技術を習得してます。ま、いうなれば、げんちゃんのような、つかみの悪い子をうまくこなせば、普通の子なんてちょろいわけです。

 忘年会の仲間は、みんな、なるほどね~、とため息交じりに聞いていました。

「ほんと、この人、面白いよね。しっかり自分の仕事に生かして、もととってるもんねー・・」

仲の良い一人が言いました。
そうです。げんママは、げんちゃんプロジェクトが仕事に生かされております。

「うちのバカ息子で訓練されると、普通の子なんてちょろいんだよね~・・ははは」

 げんちゃんは、そのうち天才君になるでしょうと、あせらず信じてますが、九州では、自分の子は”バカ息子”なんです
みんなで大笑いしました。楽しい夜でした。

 さ、またがんばろう!



 


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-12-21 11:52 | ワーキングママ | Comments(14)

げんちゃんがほしいおもちゃ、ママが与えたいおもちゃ

 げんちゃんに、発達の異常がわかってから、ママは、げんちゃんと一緒の時は良く遊んであげるし、遊ぶときはいつでも、げんちゃんの脳の発達のことを意識しています。 できの良かったおねえちゃんの時は、まったくそんなことは考えたこともなく、本能のまま、気の向くまま。ママ遊んで、と愛ちゃんが寄ってきても、「だめだめ、ママは忙しいんだから!」なんて、平気でつれないことも言ってました。

 ははは(笑)、人生バリエーションが多彩なのはいいことかもしれませんね。この変わりよう。

 スーパーで、日曜日に、げんちゃんが欲しがったおもちゃは、がちゃぽんのおもちゃです。おもちゃのお金をいれて、レバーをまわすと、アンパンマンの小さな球が出てくるしかけ。

 そんなあ、お金を入れて、ただ出てくるだけなんて、単純な・・・ママは、だんぜんスピード感と視力を養うもぐらたたきゲームか、ピンボールゲームの方をおすすめです。

 でも、げんちゃんはちょっと異常な固執ぶり。同じような自販機おもちゃは、家にあったというのに・・・

 結局私がまけて、がちゃぽんが我が家にやってきました。

 げんちゃんわくわく、封ををあけるのも、はさみを持たせてみたら、けっこうなんとかあけて、安物おもちゃだったために、お金も、プラモデルのようにわくから切りとらねばならず、それも、なんとかできて、ちょっとびっくりしました。

 お金を入れるところは、安物おもちゃならでは、角度が難しいんです。うまく角度をとらえて、ちと堅目のレバーを回す。指の圧がいります。
 それに、中の球は22個、お金は6枚。数の概念がいまいちなげんちゃんに教えるのにわりと教材として良かったようです。

 なにしろ、はまって1時間以上真剣に遊んでいました。無理矢理私が与えた知育教材ならこうはいきません。こういうのが、山を伸ばすって、ことにも通じるかな・・・

 そこへ、すぐ介入するのは、ママのしつこさと言いますか、何というか・・・

「 玉はいくつだっけ、数えましょう。いちいち数えて中にもどさないとなくなってもわからないでしょう。さあ、数えて・・・い~ち、に~・・・・」

 げんちゃんはいやそうに、玉を数えます。でも、数の概念がいまいちのげんちゃん。一個かぞえてるのに、4ついっぺんに入れたり。
やれやれ、大丈夫かい・・・・

 げんちゃん、今日もフルに頭を使って疲れました。おやすみなさい。ばたんきゅーーーー。


ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-01-17 11:44 | おもちゃ | Comments(2)



中学2年の息子。5歳で、発達障害発覚、改善に取り組むママの格闘と改善ノウハウの記録。
ピックアップ 


げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善<

子供の体験施設を探す
”asoview!"↓




  リンク
エジソンアインシュタイン協会
ブレインジム
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数

聖書と福音
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
意識のこと
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
時間
知能検査
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
高校選び
支援学校のひさしくん
注意欠陥
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
発達障害の原因を治す
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧