人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

タグ:治療法 ( 3 ) タグの人気記事

発達障害 これだけは、やっておきたいげんママ流ホームケア

   げんちゃんの学校には、今では、3つの支援クラスがあります。1つは、肢体不自由のあるお子さんが入っているクラスです。
 そして、げんちゃんのいる情緒がメインのクラス。 知的障害のクラス。

 情緒と知的は、入ってる子にめちゃくちゃ違いを感じませんが、情緒の方がIQ検査がいいのかな~。
・・げんちゃんも入る時に、検査受けて、60から85に上がってたから、情緒に入れられたのでしょうか。でも、げんちゃんも、がっつり、知的障害あったと思います。~

そのうち、肢体不自由クラスは、昨年卒業生を送り出したあと、6年生の車いすの男の子が一人います。この子は、重度の障害があり、体が思うように動かせません。首も、しっかり立てることができず、普段は車いすに固定されています。彼は、よくしゃべるのですが、口の周りの筋肉が良く発達していないためか、何と言っているのかどうしても聞き取れません。

 この子は、支援学校をすすめられたのですが、お母さんの考えで、普通の小学校に入られたそうです。

 何年も、同じ先生がつきっきりで指導しています。去年のお楽しみ会で、フラッシュカードの字がわかるようになった、と言って、みんなで拍手をしました。

 たぶん、トイレのお世話からいるお子さんなので、本人の不自由さ、ご家族の大変さ、並大抵の物ではないと思います。

 このT君のことを考えると、少し、胸が痛む思いがします。もしかしたら、支援学校だったら、もっと専門的な訓練ができていたのでは? なんて思う時があります。それに、今ではたった一人ぼっちのクラスで、普通クラスで過ごすことはとても少なく、支援学校だったら、もっと友達交流も今よりできていたのではないか、と思ってしまいます。 なんとか、会話が成立するようにならないものか・・・場合によっては、文字盤でもいいのでは・・

 ある時、おかあさんと話したときに、、
「家族や、担任の先生には、ある程度聞き取れるから・・」
という答えで会話が終わりました。
その子どもさんのこと、ほんの一面しかわからない私が、色々言えないですが、あの子の、一生懸命訴えてるときの目がなんだか、忘れられません。言葉は出てるのに、聞き取れないのが気の毒ですね。体が、だらんとしている彼は、微細運動である、しゃべる筋肉まで、機能が到達していない感じがします。

しゃべる、ということは、大きな筋肉の成熟があって、初めて獲得訓練に入れるものだと思うからです。

 先日、支援クラスのT君の担任と話す機会がありました。先生は、こんなことを言われていました。

「だいぶん、のびたな~と思った時に、けいれんがおきたんですよ。そしたら、せっかくついた能力がまたもとのもくあみになっていました。なかなか難しいです。」

私は、ちょっとショックを受けてしまいました。けいれんとは何なんでしょうね。脳細胞を破壊するのでしょうか・・・


 やはり、脳そのものを改善させなければ、ただ訓練訓練ではなかなか、うまくいかないのは確かです。それについては、私もずいぶん考えるところがあります。

 げんちゃんは、2年の夏休みくらいから、頭蓋仙骨療法を受け始めました。40時間を目標に受けて下さい。と、こども整体の近藤先生に言われて、とにかく受け続けました。頭の骨が動きにくくて、脳のトラブルになっているそうです。ソフトな力を頭に加えて、骨が動くようにしていただきました。

 そのあたりから、げんちゃんは、机の前に落ち着いて座れるようになってきました。劇的に治った、みたいなことは、げんちゃんにはありません。いつでも、あれ、そういえば、あるお困りごとが前ほど困ってない。多少上がってる。そんな感じです。

 しかし、1年生から続いているチック症状はまったく治りませんでした。チックがおこると、まるで、軽いてんかんのように体の動きが止まり、意識も一瞬なくなります。本人は、今チックで自分の動きがフリーズしたことを認識してないようです。
 フリーズ状態は10秒以内で終わるので、あれ、なんでじっとしてるのかな?と、ながめているうちに、すぐに、動き出すような感じです。

 頭蓋仙骨療法は、脳そのものを改善するのにとても効果がありました。でも、脳の骨の動きが悪いというのは、あくまでも、1つの原因で、発達障害のすべてではないのかもしれません。(もし、詳細に知りたい方は、以前の、頭蓋仙骨療法でまとめた記事を参考にしてください。)

 チックにしても、てんかんにしても、脳の機能のどこかに、変調があるのでしょうね・・・ただ、MRIのような脳の検査で、あきらかな異常が認められる時は少ないようです。


 頭の骨が動きは、ほぼ正常になったよ、と、今では、先生に言われるようになりました。考えてみれば、その2年近くの間に、げんちゃんは、ずいぶん伸びていました。果たして、どこまでが頭蓋仙骨療法のおかげかわかりませんが、少なくとも、頭蓋を始める前、私は、げんちゃんの学習時の多動のような症状に、困り果てていました。今では、調子が良いときは、3時間くらいは、普通に勉強する子どもになっています。
 それ以降も、1ヶ月に1~2度、先生に診てもらっています。

先生は、手を頭にあてているだけでもいいんだよ。とおっしゃって、頭のツボ刺激を指でされています。これは、先生が、勉強する中で、手応えがあって、昨年くらいから取り入れているようです。

 私は、どこが悪いつぼかわかりませんから、とにかく、頭をさわること、両手ではさんで気を送るようなつもりで、頭のケアをしています。以前は、マッサージ的に指を動かして皮膚をゆるめていたのですが、(動画をアップしてます。)
 こういうマッサージではなくても、充分効果がある感触があるので、時間があるときは、マッサージ的施術。無いときは、ただ、手で頭の色んな場所を、両方からはさんでしばらくじっとしている。そういうことを続けています。

とりあえず、げんちゃんに続けている、ホームケアを紹介します。 

  1、頭に両手をおく。(両手ではさんで、手当てします。)
  2、背骨をマッサージする(仙骨から首まで) 
  3、頭の中心の骨をゆるめるために、大きな口をあける体操を、毎日たくさんする。

 (時間のある時は、手足のマッサージもします。)

T君にも毎日だれかがしてあげてくれないかな~と、思います。

by glow-gen | 2015-12-02 11:16 | 頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法 | Comments(5)

高圧酸素療法が発達障害に与える効果

a0184225_20104069.jpg

ピアノの発表会が無事に終わりました。3曲、ちょっと間違ったりしたけれど、立派に弾きました。視線の持っていきかた、体の動き、ステージのげんちゃんを見て、発達障害を疑う人はまずいないでしょう。
 ま、普通の3年生の男の子でした。1年の終わりの、最初の発表会は、軽いパニックをおこし、尿漏れしてずぼんをはきかえたりしたけれど、今回は、パニックはなしでした。
 「あ~、緊張した!」
自分のステージが終わって、そう言いながら座席にもどったけれど、さりとて、緊張しているように見えないほど、ステージではたんたんとしてました。人並みに、普通の緊張感を味わい、自分の出番が終わると、かなり長かったその後のプログラムを、じっと座って聴いていたのも、なんか、成長したなと思いました。

 最後の3曲目は、ほとんど、2ヶ月もかけずに仕上げてしまったし、(まあ、簡単なんだけどね。)げんちゃんは、やっぱり、ぐんと伸びてる感があります。

 ピアノがうまくなったのと並行して、字もうまくなってます。

 実は、げんちゃんは、10月から今まで、高圧酸素療法というのを週に2回受けています。
 一回一時間で、かれこれ、14時間くらい受けたでしょうか・・・・げんママは、明らかに、この、高圧で酸素を脳に送り込む治療法が、効いていると感じてます。
この子たちのトラブルは、脳の酸素不足もあるのかな、と、感じてる人は多いです。とにかく、大量に酸素を消費する脳に、いかに、効率よく酸素を送り込むか、・・・サプリを使ってみたり、運動させてみたり、あらゆることを考えました。

 ある日、げんママ、げんちゃんに勉強を教えてて、なんか、うんざりしてきて、
やれやれ、コンピューターそのものを良くしないと、ソフトだけ開発してても、らちが空かんな~・・・と思いました。そして、ほとんど反射的に、近くにできた酸素カプセルに申し込んでしまいました。

a0184225_2072687.jpg

げんちゃんは、ママにしごかれる、ホームスクールから逃げ出せるからか、ここに来るのをお気に入りにしていて、好きな科学漫画を手にして、TLPをかけながら入ってます。実は、げんママも入ってみましたが、耳があまりに痛くて、つらかったです。げんちゃんは、どうも平気みたいです。

 高圧酸素療法というのは、いわゆる酸素の濃度を、単に上げて吸うとかいうものではなくて、高圧で血液に酸素をたくさん溶かして、末梢におくる治療法です。以前、野球選手が、けがの治りを早くするために、自宅に、酸素カプセルを買っただの、ハンカチ王子が入って、けがが早くなおっただの、スポーツ界で、ちょっと話題になったことがあります。

 酸素というのは、吸った空気から血液のヘモグロビンと結びついて、各細胞に送られます。ヘモグロビンと結びついているので、この酸素のユニットは毛細血管を通るには、やや大きめです。そのために、脳の小さな血管のすみずみに送られていくには、やや不利なのです。
 ところが、酸素をやや濃いめにした空気に、高い圧力をかけてやると、酸素はヘモグロビンとは結びつかず、直接血液に溶けます。炭酸が、水に溶けて炭酸水になるような感じかしら・・・。この溶けた酸素は、ヘモグロビンに関係なく、直接細い血管の先まで運ばれていくというわけです。

 まあ、簡単に書くとこんなことでしょうか。

 なんせ、この酸素カプセルは、民間の酸素カプセルサロンみたいなところから、整骨院、小さな診療所、穴場的に、おいてあります。しかも、でっかい機械が、大きな病院とかにも入っていて、れっきとした治療として色んな病気に使われているのです。

 げんちゃんは、近くの診療所が、ほとんどサービスで提供して下さっているとこを見つけて始めました。(一回1080円なんて、申し訳なさ過ぎますが・・・)

 ここんとこの伸びは、この酸素カプセルによるところが大きいのでは・・・と、すごく手応えを感じてます。
何しろ、げんちゃんは、あの算数地獄が、かなりましになってきてるのです。

もちろん、今まで、あれこれ、やるだけやってるから、どれが効いてるかなんて、断言できないのだけど、脳に大量に酸素を送ることができているのは、悪いわけはないよな~・・・と思います。

この治療法は、たぶん、どの子にもできるものではないかもしれません。

なんせ、高圧のカプセルの中に入るので、耳が相当痛いし、狭い空間で1時間近く過ごすので、閉所恐怖症の子はだめだと思います。

げんちゃんは、なんというか、わりに、打たれ強く、病院での治療的なものは、どれもへっちゃらなので、いけたんだけど・・・。
選択肢にこういう治療もありかなと思います。なんせ、この高圧酸素療法は、脳梗塞のような、脳の病気にも、効果があるとされて、ちゃんとした治療として、大きな病院でも、やってます。

まだまだ、色んなだめだめは、たくさんありますが、げんちゃんは、この秋、相当頭が良くなった感触があります。

頭蓋仙骨療法も、突破口になったけど、次なるハードの改善として、げんちゃんは、これが、確実に効いてるような気がします。







 
by glow-gen | 2014-12-08 20:20 | 高圧酸素療法 | Comments(26)

もと自閉症だったゆうゆうさんのマッサージに対するコメント

 う~、なんか、とっても忙しいげんママ・・・1週間たつと、ものすごいスピードで、色んなことに変化がおこって、げんちゃんも、私の気づきも、まったく別の感じになってる。・・・でも、文章にするのがおいつかないです~。
 
 とりあえず、子供の頃自閉症で、今は、30代の素敵なママになってるゆうゆうさんに、げんママが、前回、ブログでアップした頭蓋マッサージをためしました。
 
 そして、 ゆうゆうさんは、今では、ほとんど、体のトラブルがなくなってしまったそうです。彼女のことばを借りると、このマッサージが効果をあげたのは70パーセント。あとは、神様のわざだそうです。
 
 どちらにしても、今まで、自閉症のなごりが、色濃く全身に残って、彼女は、今までの30余年の時を、すいぶん生きにくい状態で過ごしていたことに、げんママはマッサージ通して驚いたわけなんですが。


 ゆうゆうさが、マッサージを始めた初期の頃のコメントです


 偏光レンズ試しました。遠近がついて、光の文字が消えました。なので、このトラブルを抱える方には良いアイテムだと思います。(げんママ、見え方を研究してたので、偏光レンズをゆうゆうさんにためしてもらいました。今は、偏光レンズは、色がつきすぎてるので、ブルーライトカットのレンズくらいがこの子たちには、有効だと思ってます。このあたり、また書くつもりです。げんママ。)
 にじみやゆがみの方への効果はちょっと疑問が残ります。げんママさんのこの間のマッサージはかなり利きました。まだ視覚の正常状態が保てています。ありがとうございます。

 先週していただいた後、うちに習いにきている小学2年生の男の子のお母さんに教え、彼女も一週間息子さんにやってみたそうなのですが、やっぱり手ごたえを感じています。昨日は学校のテストのやり直しをしたのですが、スピードと正解率に大きな改善が見られました。

 本人も見えやすくなったと言っているし、学習意欲の向上がめざましいです。苦手教科も進んでやりたがるし…視覚の問題は一生抱えていくもので対応策を練るしかないと思っていて、実際にそうして生きてきたのですが…解決できる日がくるとは…。これからの人達からこの問題を取り除いてやれるというのは大きいです。ありがとうございます。

 えっと、左脳の状態から右脳の状態にいくことは可能ですが、逆はなかなか上手くいかないです。梅雨とか夏場は調子が本当に悪くて、視覚は遠近が特にボロボロで、歩くのもキツい時がありますが、普通の状態に自分の意志だけで戻すことは困難です。ある程度改善した状態で集中することで自分で補正をかけることは可能です。3つ文字がぶれるのは自分で補正できないです。遠近はなくてもどうにか対応できます。ゆがみは一部分がゆがんでいるだけだから自分でゆがみがない所に調整できると聞いたことがあります。


 第一頚椎のマッサージは眉間の痛みが薄れてすっきりします。視覚もクリアになりました。眼窩のマッサージは視覚の遠近が見えやすくなって、視野が広がりました。肩胛骨のマッサージも頭痛が減るし、何より鉛筆やハサミが握りやすいです。顎の下や耳の下のマッサージは光と影の色が変わりました。喋ったり食べたりする時の顎の違和感が薄れたりもします。私の場合は一時間くらい効果が持続するみたいです。その後は長時間泳いだような倦怠感が襲ってきて、眠くなります。蒸しタオルを眼と眉間の上と首の後ろにあてると20分ですっきりしました。


 私は第一頚椎、肩胛骨、どちらも動かすと痛いので、蒸しタオルで温めることから始めました。視覚の変化は見られませんが、頭痛、肩こり、腰痛が緩和され、肋間神経痛の症状の長さが変わってきました。

 
 視覚のトラブルは、ゆがむ子もいて、昔教えた子は、チェック柄が苦手だそうです。1センチくらいの幅で書かれたチェック柄を見ると、吐きそうになると言っていました。ゆがむ場所の線が太く大きく見えるみたいでした。

 以上終わり

 さて、げんママ、頭のマッサージをして気づいたことがあります。耳は、側頭骨(そくとうこつ)のあたりの、がちがちの状況とリンクしてるということです。げんママが前回アップしたマッサージで、耳をさわると痛がっていやがる、というのはこういうことだと思い書いてみます。


 この子たちが、何かに熱中していると、呼んでもなかなか反応しないことに多かれ少なかれ頭をかかえてる親は多いと思いますが、これが、まさに、聴覚処理の悪さで、前回のふーみんさんのコメントをはじめ、幾人の方が書いて下さっています。さらに、げんちゃんもありますが、耳かきを極端にいやがる・・・・これも、耳の周りのこわばりをとると、少し改善する可能性があると思われます。

 げんちゃんは、最近、頭がゆるんでくるのと平行して、呼びかけに対する応答が良くなってます。

 ゆうゆうさんも、このことに関してコメントを書いて下さったので、貼り付けてみます。


Commented by ゆうゆう

 コンクリートの掘削音は私も大泣きでした。あと、バイクのエンジン音とか冷蔵庫の音もダメでした。耳かきはできたけれど、苦手でした。なんか耳の後ろあたりが痛くなっていました。治った今は痛くないので、痛い=トラブルのある所と考えて良いのではないかと思います。

ついでに、こういうことも


あー…確かに集中すると丸一日飲まず食わず眠らずで、勉強したり絵を描いたり論文まとめたりしていました。大学の卒論は100ページ以上書かないといけないのですが、研究とか資料集めとかには日にちがかかりましたが、まとめて書くのは一日でした。集中すると何も聞こえず感じずで、知らないうちに凄い馬鹿力が出てて、止めようと羽交い締めにする人を引きずった状態で論文書いたりです。…やっぱりおかしかったんですねぇ…皆もそういうふうに勉強したりしていると思っていました。えっと、あの時は思い切り右脳に振れてるので、答えがバンバン降りてくる感じで書くのが追いつかない感じでした。


とりあえず、うまく編集する時間がなくて・・・すみません。
げんちゃんの見え方について、また書きたいです。げんちゃんは、見え方良くなってます。それによって、また新しいステージになって、また新しい問題も出てきてますね~。やれやれ・・・・だけど、ゆうゆうさんの、あの集中力、げんちゃんにも、やがて出てくるのを信じてます。


追伸
ブログに初めておこしのかたへ
 なぜマッサージ、どんなマッサージというのは、前回からのシリーズ4回をお読み下さい
by glow-gen | 2013-10-04 16:39 | ゆうゆうさんの手記 | Comments(17)



中学2年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク

げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
とんままさん げんちゃ..
by glow-gen at 12:37
とんままさん わ~・・..
by glow-gen at 12:33
中学生ともなると、競技も..
by とんまま at 10:18
ご無沙汰しております。 ..
by とんまま at 10:02
ロボママさん お仕事お..
by glow-gen at 11:11
リレーについては、rob..
by robo_223 at 07:40
みかんママさん そうな..
by glow-gen at 16:28
それと、バトンですが、私..
by みかんママ at 16:10
うちの息子もゆうすけくん..
by みかんママ at 15:41
ゆうママさん  発達の..
by glow-gen at 23:58
最初に記事を読んだ時、支..
by ゆうママ at 07:02
みかんママさん そうで..
by glow-gen at 22:58
げんちゃんへの対応、息子..
by みかんママ at 19:27
ロボママさん ロボママ..
by glow-gen at 18:37
表面を取り繕うという方向..
by robo_223 at 08:24
Mさん 私立の中学受験..
by glow-gen at 00:58
ゆうママさん 同じとこ..
by glow-gen at 17:34
ロボママさん つきぬけ..
by glow-gen at 16:36
Oさん 暖かいお言葉あ..
by glow-gen at 14:03
げんちゃん、いい感じです..
by ゆうママ at 10:36
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧