人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

タグ:普通の子 ( 1 ) タグの人気記事

サッカー教室、2ヶ月目の考察

  8月に、成り行きで入れたサッカー教室は、そろそろ2ヶ月になろうとしています。

 成り行きをうかがっているげんママでしたが、そろそろ考察を加える時期に来ました。
というのは、げんちゃんは、ここで、良い発見をした部分と、まったくだめだと失望する部分があり、このままの状態で続けることは、あまりよくないと感じ始めたのです。

 
 そもそも、げんちゃんは、1年から6年までの、優秀な選手もいたりするそのサッカー教室。その中に問題をおこさず、入って練習できるか、げんママは、とても心配でした。
 しかし、げんちゃんは、とりあえず、そこに入って、言われる個人練習を、それなりにやりました。
 これは、すばらしい事でした。サッカーのドリブルや、蹴りの練習は、サッカークラブに入るまでは、自宅でママがさせようとしても、パニックになるくらい、いやがっていたのに、今では楽しいと言って取り組んだりします。まあ、下手で、目を覆いたくなることもしばしばですが、とりあえず、言われたように、そこそこ練習してます。

 しかし、練習時間の多くを費やす、試合練習の時、げんちゃんは、ほとんど参加してません。
チームは、6年生までいるわけですから、マイボールにして、蹴るチャンスなんて、普通の1年生でもそうないと思いますが、げんちゃんの場合、試合の最中、一人、ボーっとよそ見をして、退屈そうにじっとしてます。ボールを目で追って、走ることはあんまりありません。
 1時間くらい、彼は、なんとなく、下を見たり、まったく逆をながめたりしながら、とぼとぼ歩いて時間をつぶしているような感じです。

 私でも、ドリブルさえできず、ボールに慣れてないのに、いきなり大きいお兄ちゃんと練習試合ばっかりさせられたら、絶対つまらないと思うのですが、かなりできる子も多いのか、そこの練習はそんな感じです。それに加えて、発達障害特有のこだわりで、自分がついていけないので、シャットアウもしているのでしょう。
習いはじめは、そこまでひどくはなかったです。
 もう一人の1年生は、能力が高く、大きい子からボールを奪って時々シュートしますが、げんちゃんにそれを求めても無理な話です。

 忍耐して、2ヶ月近く見てきましたが、練習試合中のその風景はほとんど変化がありません。せめて、ボールを目で追って、参加しようとでもしてくれたらいいのですが、毎回光る進歩は見られません。

 なんだか、げんママも、だんだん憂鬱になってきました。若くて、フレンドリーな先生で、こんなげんちゃんがいることを、さらっと受け入れてくれている様子はありがたいのだけど、げんちゃんの能力開発をねらっているげんママとしては、もっと基礎練習を彼につませてほしいのです。

 う~ん。
げんちゃんに、「おもしろいの?」と聞くと、「面白い」と言いました。でも、これも、やさしいげんちゃんのリップサービスなんじゃないか、という気がしてきます。

「いじめられたりしないの?」
と聞くと、
「大きいお兄ちゃんに、手をぎゅっとつかまれて痛かった。僕いやだった。」
と言いました。遠目で見てると、なんだか、不真面目で、やる気のないように見えるげんちゃんに、まわりの子が、ちょっとつらくあたったりしてても別段不思議ではありません。げんママでさえ、見ていて、いらつくんだもの。

 もう一人いる1年生のお母さんは、しっかり参加しているわが子を見て、楽しいそうです。は~・・・
やれやれ。そうそううまくいくとは思わなかったけど、なんだか、げんちゃんのだめさを、思い知らされるようで、いい気分ではありません。彼女と同じ土俵で子供を見物することは、残念ながらできません。

 これぞ、障害児の母が陥るブラックホールです。

 普通の世界での評価基準こそすべて・・・と思いこまされてしまいます。げんちゃんたちの入る隙のないような環境です。ここでは、げんちゃんは、ひたすら、劣ったへんな子。

 げんママ・・・ちょっとまずいな~・・と思いました。

 この感覚に支配されると、げんちゃんは、だめな子。せめて、普通の世界で笑われないように、普通の子に追いつかせなきゃ。せめて体裁だけでもつくろわなきゃ・・・こういう心理になります。

 あ、もうやめよう。げんちゃんには、試合練習の時間は、時間の無駄だわ・・・
げんちゃんに、「サッカーやめたい?」
と聞きました。でも、げんちゃんは、「いやだ。やりたい。」と言います。

 だけど、このスクールの時間のほとんどが、試合練習です。時間の無駄のような気がします。
 それで、げんママ、ちょっと考えて、ホームスクールの日にあたったサッカー教室は、時間の早い幼稚園児クラスに入れてみていただくように頼むことにします。(どんなのか見たことはないけど・・・)

 試合ばかりさせるのではなく、ドリブル、シュート、丁寧に基礎練習をつむとこからげんちゃんにはやらせたいな、と思います。サッカー自体は、絶対げんちゃんに良いのだし。

 帰ってから、眠たいげんちゃんを叱咤激励して、宿題をやらせて、寝せた後は、色々反省しました。

普通の子供たちの世界に入れて、そこでだけ評価すると、ともすると、軸足がぶれそうになります。
とにかくげんちゃんの能力開発にとって、何が有効で、何が有効でないか・・・有効でなければ、方向転換する。

ただそれだけのことなのですが、げんちゃんが浮くのを見せつけられると、余分な感情がついじゃまをします。

今度先生に頼んでみましょう。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
by glow-gen | 2012-10-02 23:53 | サッカー | Comments(14)



中学2年の息子。5歳で、発達障害発覚、改善に取り組むママの格闘と改善ノウハウの記録。
ピックアップ 


げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善<

子供の体験施設を探す
”asoview!"↓




  リンク
エジソンアインシュタイン協会
ブレインジム
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数

聖書と福音
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
意識のこと
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
時間
知能検査
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
高校選び
支援学校のひさしくん
注意欠陥
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
発達障害の原因を治す
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧