人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

タグ:改善策 ( 1 ) タグの人気記事

発達障害と改善と本質 その2

  頭蓋仙骨療法の先生は、軽くげんちゃんの頭を触りながら、
「側頭骨が動いてないですね。」
と言いました。ほう!
 私は、今まで考えてみたこともないことを言われてびっくりしました。何でも発達障害のかなりの子は、頭の耳やこめかみあたりを構成する、小皿ほどの大きさの骨が動かないというではありませんか。

 何しろ、頭の骨は、ぎざぎざの硬い骨の縫合でつながっています。手や足の関節のように、動くことを前提として作られたようには見えない硬くて緻密な縫合です。
 この縫合を介して、頭の骨が、真ん丸く脳みそを包んでいます。

 結局こういうことです。
脳とそれにつながる脊髄は、頭蓋骨と脊椎の、硬い骨の中に格納されていて、ふくらんだり、縮んだりしてます。体の60パーセントは水でできている、と言われる肉体です。脳の多くも水でできている以上、容積は変わって当然です。
 でも、それらは固い骨に包まれているので、他の臓器より、膨張収縮の度合いは、小さいのかもしれないけれど・・・


 それでは、脳、脊髄の可動性を許して、自由に脳、脊髄のシステムがうまく働くためには、何が必要か。
そうです。脳頭蓋の骨が、脳と脊髄が、まるで呼吸でもするかのような膨張収縮、あるいは伸縮、にそって、うまく動くことが必要なのです。



 一見がっちりとした脳の縫合部分は、見た目に動くようには思えなくても、そこがジョイントである意味があるわけです。わずかな、内部の変化に応じて、きしむように、微量ではあっても動いているのだと思います。

 しかし、もし、その骨が動きづらくて、癒着ぎみだったらどうでしょう。適度な間隔をあけずに、はまりこんでいたらどうでしょう。脳の自然な呼吸は止められ、あるいは、阻害されてしまうのではないでしょうか。

 さらに、骨自身も、動いているに違いありません。

 頭には、顎の骨というパーツも組み込まれていて、咬むという行為を介して、キロ単位あるいは、何十キロ単位の力もかかります。5キロもあると言われる頭そのものをささえるため、ボディーから色んな筋肉の支配を受けています。

 脳頭蓋の骨のジョイント部分で骨は動き、骨そのものもたわみ、あるいは膨張し、それらの膨大な力変化と体積の変化に対応していると考えられます。

 その神のわざとも思える調和を肉体が許したときにた時に、初めて、脳神経系の働きは、最強の力を発する。

 そう、まさに、発達障害の子どもたちは、この神業とも思えるこのシステムがうまく作動していないのではないか・・・・・


 私は、頭蓋仙骨療法の先生にそういう視点を与えられた時に、衝撃を受けました。
そして、その新しい視点は、日をおって、すとんと胸に落ちました。

 げんママが今まで、不思議に思っていたこと、彼らを見て経験的に知っていたことの多くが、頭蓋の切り口をもってすると、なんとすっきり納得できることか・・!
 
 以前から、げんママは、「高次脳機能障害」(交通外傷などで頭に衝撃を受けて、麻痺などがあまりないにもかかわらず、本人とは、別人になってしまう病気です。)の方の症状が、あまりに、発達障害の子どもたちに類似しているのを、興味深く思ってました。

 ブログに書く暇がなかったのですが、高次脳機能障害の方が書いている本を読んで、視覚の異常パターンや、感情の抑制ができない顛末や、言葉がうまくあやつれないこと、etc・・・・・、本当に発達障害とかぶってびっくりしたのです。

 てんかんが出るようになった方もいました。

彼らの、多くは、CTやMR検査では、異常が見つからなかったりする人も多いようです。


 私は、本当にふに落ちました。脳が外傷を受けておこる、高次脳機能障害は、まさに、骨がぐっとずれたりする可能性は高いわけです。微妙なずれ、はまりこみ・・・・など、いかにも、フレキシブルな骨同士の関係が、一瞬のうちに崩れ去る可能性があります。


 げんママは、絶対これだ!と思いました。

 それから、この夏休みの研究に没頭してしまったわけです。
あ、頭蓋仙骨療法をすぐに探さないで下さい。もちろん、脳の整体はすばらしいです。すぐに受けられる人は予約してもいいと思います。でも、自宅で改善する方法があります。

 そこを書いていきます。

続く

by glow-gen | 2013-09-06 20:04 | 頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法 | Comments(40)



中学2年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク

げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
チャレンジタッチ
未分類
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
絵画教室
定期試験
注意欠陥
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧