人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

タグ:支援員 ( 1 ) タグの人気記事

ホームスクールについて

   夏休みに入ってしまいました。毎年、夏休みは、綿密に計画を立てます。といっても、ママの仕事を細切れに休み、そこでホームスクールをやって、私ができない時は、近くの先生のおうちで(もとは、学研の先生ですが、個人指導を、こちらが教材等用意して、やり方とかも、げんママのお願いするスタイルに、あわせていただいてます。)指導してもらいます。
 
 サッカー、野球、ピアノ、英語、体操・・・そういうのも入ってくるので、げんちゃんは、けっこう受験プレッシャーのない、受験生みたいなのかもしれないですね~。
何も知らない人に言うと、目をひそめて、
「何も、小学生のうちから、そんなにがりがりやらなくても~。」
と、言います。 まあ、おねえの場合は、私自身がそう考えていたから、しかたないですが、とにかく、早く脳の開発をすべきだ、と考える、今のげんママには、遠い世界の話のように感じます。

 最近おもしろいことがありました。以前、子供会の役員をしている時に知り合ったOさんから、何年ぶりかに電話をもらいました。用件は、げんちゃんとはまったく関係ない用事でした。そのあと、Oさんが

「私、学校に行ってるのよ~。」
なんだか、ちょっとトーンダウンした感じでおっしゃったので、もしかして、と思い、
「あれ、支援員さんしてるの?」
と私が言うと、
「あ、そうなんだけど・・・」(ちょっとためらったトーン)
とOさん。
「あら、もしかして、げんちゃん、見てくれてんの?」
と言うと、
「そうなんよ。げんちゃんを時々みさせていただいてます~。」
との返事。やっぱり、・・・

・・・そのことを言うのをためらったのは、なんでも、学校で守秘義務、守秘義務とうるさく言われるのと、げんちゃんの障害のことを、自分が知っている、ということを、私がどうとらえるか、ちょっと心配したからのようでした。(実際、それも変な話で、私は、支援員さんと打ち合わせさせてもらいたい、といつも思ってました。)

 もちろん、私はそんなことは気にしないので、

「え~、そうなの?? ありがたい! ありがたい! げんちゃんの学校の様子が知りたいの! 教えて!」
とくいついて、色々教えていただきました。

 まあ、神様は、色んなところで、色んな人を配して、私を助けて下さること! 感謝です。なんせ、二日ホームスクールをとったことで、それ以上仕事に穴をあけられない状況になり、学校見学ができず、学校の様子は、ぜんぜんわからない状態だったのです。

 支援員さんというのは、げんちゃんみたいな子を持って初めて知るのですが、ちゃんと教職を持ってないとできない文字通り、先生方を助けるために入ってる、アルバイトの先生です。(たぶん・・・正職員じゃないと思うんだけど。そこは知らないです。)
 おもに、遅れのある子のサポートに入ることが多いようです。実際、お友達の発達障害のお子さんのママも、若い時にとった教員免許を生かして、入っている人もたくさんいます。(追記・・教職なくても、大丈夫なとこもあるそうです。すみません。)

 Oさんに、
「ホームスクールって、誰がどんなことをしてるの?」
って聞かれました。げんちゃんが、定期的に欠席するので、毎週ローテーション作りで、真っ先にそこに目がいったのでしょうね。私が説明すると、ちょっとびっくりされました。
私が、やってるとは思わなかったそうです。

 ホームスクールは、やっぱり、興味深くよくたずねられます。アメリカなんかじゃ、ホームスクーラーはけっこう多く、ホームステーを経験した人に聞くと、現地で行ったプロテスタントのキリスト教会には、ホームスクーラーたちが集って、共同授業を受けるホールなんかがあったそうです。人々の認識も、ずいぶん違った物のようです。

 でも、日本では、まだまだかなり少数で、認知度も低いし、ホームスクーラーのための、施設、グッズ、人材、どれも、希薄です。

まあ、げんママも、完全ホームスクーラーではなく、学校を軸にしてるので、偉そうなことは言えませんが、それでも、かなり少数派なのかもしれないです。

今年は水と木やってますが、時々ある土曜授業なども、英語とピアノを優先するので、ことごとく休んでますね~・・・


最初は、学校を休むので、体育や、音楽、図工などの特別な授業が受けられなくなってしまう、と心配したのですが、学校に見学に言って、ほぼ素人と言っていいクラスの担任が、がんばって教えておられるのを見たら、まあ、プロのピアノ講師と、それぞれ、教えるのがプロのスポーツの先生が教える運動のお稽古ごとで、十分、カバーが出来るとふみました。それで、心配しなくなりました。

 図工も、あまりに能力のないげんちゃんは、1~2年の頃は、まったくついていけず、ひたすら支援員さんに手伝ってもらって、でっちあげるだけなので、これならば、家で彼の段階のトレーニングをしっかりやった方が能力アップにつながると思われました。


 実は、私の知り合いの、あるキリスト教の牧師家族も、別に不登校でも何でもないのに、子ども5人、ホームスクールで立派に育てています。牧師のパパに聞くと、ピアノを全員にしっかり教えたら、ある時、それを軸に、今度は、ギターをやりたいだの、歌をやりたいだの、自主的な希望が出てきて、広がっていったよ・・・と言ってましたっけ。
 まあ、そういう人が身近にいたので、ホームスクールに対する心配がまったくなかったのかもしれませんね。(ちなみに、そこの子どもは、現在、それぞれ看護学校に通ったり、けっこう良い大学行ったりったり、留学してたりしますから、すごいよね~。発達障害児は一人もいないのですが。)
 
 
 さらに、彼が言うには、そもそも、ホームスクールとは、宣教師が、宣教地で、子どもを家庭で指導したのが始まりなんだとか・・・・そういう素地があるので、アメリカでは、とても根付いているんでしょうかね。・・・・

げんちゃんの話しにもどりますが、

 1つのことをやるのに、とっても時間がかかるげんちゃんは、一日中、取り組んでも、なかなか、いっきにたくさんのことをこなせるわけではないですが、いわゆるプリント学習のようなものだけにかたよることなく、その時に必要と思われるプログラムを入れられるので、ホームスクールは、学校のカリキュラムの外堀かためのようなことができる、というメリットがあります。

 まあ、あまりにできなくて、私が切れて、げんちゃん泣く・・・みたいなことも、けっこう多かったですが、だいぶん、げんちゃんも、普通っぽいとこが出てきて、ホームスクールは、前より、それらしくなってきてます。

 私が、暗礁に乗り上げているような時は、お助け先生として、近くの学研の先生に、3時間肩代わりしてもらう、という逃げ場を作ってます。


たまに、二人で、暗礁に乗り上げることもないとはいえないですが、やはり、そこは他人。私より、なんとかしてくださいますよね~。

ホームスクールも、4年目に入ると、げんちゃんも私も、学校生活とそれがあるのが当たり前になっています。

あ、内容を書きたいと思ったのですが、イントロで終わってしまいました。次回に回します。








 
by glow-gen | 2015-07-17 19:55 | ホームスクール | Comments(14)



中学2年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク

げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
支援学校のひさしくん
注意欠陥
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
職業体験、周りの企業やお..
by みかんまま at 08:22
私もげんちゃんママさんと..
by robo_223 at 07:52
とんままさん ほんと、..
by glow-gen at 18:13
普通の子のお母さん方に子..
by とんまま at 10:45
こんにちは。 げんまま..
by とんまま at 10:41
ゆうママさん 学校のプ..
by glow-gen at 07:55
ロボママさん お返事あ..
by glow-gen at 23:26
前回のコメントのお返事あ..
by ゆうママ at 20:32
お忙しい中、返信をありが..
by robo_223 at 08:20
ロボママさん 私は、げ..
by glow-gen at 21:18
しかし、げんちゃんママさ..
by robo_223 at 23:15
私も「母親を無視して改善..
by robo_223 at 22:35
とんままさん コメント..
by glow-gen at 13:59
何が何でも心を使おうとし..
by とんまま at 05:35
kさん >療育をすると..
by glow-gen at 13:23
ゆうママさん プリント..
by glow-gen at 08:23
ロボママさん そうです..
by glow-gen at 08:07
とんままさん  ほんと..
by glow-gen at 08:00
昨日は穏やかな書き方をし..
by ゆうママ at 13:24
同じく、私が離れたらダメ..
by ゆうママ at 12:25
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧