人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

タグ:指先の訓練 ( 2 ) タグの人気記事

算数の学習障害と指先

 
 夏休みの大きな目標は、算数を進化させることでした。なんせ、2学期に始まる二桁計算で、げんちゃんを、学校の授業からひとり孤立させたくありません。

 先日ブログに書いた、数えさせることをひたすらやるプリントを毎日手作りしています。形で、瞬時に数を判断することも訓練しています。それ以外にも色々取り組んでみています。とはいうものの、そうそう何時間も集中するわけもないので、日々、細切れに、少しずつ、という取り組みですけどね。

 さて、げんちゃんは、夏休みに来て、やっとある能力に目覚めたような気がします。

そして、その目覚めを感じながら、げんママは、あることに気づきました。

 それは、算数とは、指先を含め、ある身体能力がそなわった上にできてくる能力なのではないか。ということです。

 げんちゃんは、1学期、学校で取り組んだ一桁計算をするのに、他の子のように、指を出して計算することができませんでした。年長の頃は、指を出すことすら、まったく考えつきもしないと言った風情でしたから、それに比べれば、進歩はあったものの、指を使うことができないのです。だから、足し算も引き算も、わけわからない・・といった感じでした。

 しかしここへ来て、げんちゃんは、決定的にある能力が進化しました。
それは、指とカウントすることがリンクしだしたということです。

 脳から指へ指令を出して行う典型的な遊びは、じゃんけんです。げんちゃんは、じゃんけんができず、的確にできるようになったのは、年長さんも終わりに近づいた頃でした。とりあえず、じゃんけんのポーズをしてはいたのですが、何が何に勝つ。ということを、体に習得したのは、他の子に比べると相当遅かったのです。

 手拍子もできませんでした。年長さんの初めは、歌いながら手拍子を打つ・・・なんて、彼にとっては非常に高度な技だったのです。

 今、それらは、げんちゃんにとってそう難しいことではありません。

 以前からよくやっていた遊びで、「何文字?」というのがありました。言葉を言って、それが何文字かあてさせます。1年生の始め頃、げんちゃんは、5文字を過ぎると、なんだかけっこう怪しかったです。
 文字を発音しながら、指を折っていく作業が、どうもあやふやです。指とリズムがスムーズにいきません。

 しかし、夏休みになって、げんちゃんの指は、リズミカルに数に合わせて動くようになりました。

 「夏休みはたのしい。」
さて、何文字? げんちゃんは、指を折りながら数えます。正解です!

 「4たす3は7」10回言ってごらん。

10回指でカウントしながら唱える。こんな当たり前のことが、げんちゃんには、今まで難しかったのです。

 げんちゃんの様子を観察しながら思ったのは、算数の能力って、体の機能に下支えされるものではないか、ということです。

 私たちは、たとえば、心の中で物の数を数えるときでも、目でそのものを追って、体でリズムを取ります。なんだか、3つくらいの何かが、頭の中でいっしょに連動する感覚がありませんか。無意識ですが、1から10まで数字を唱える時と、詩の1節をそらんじる時。どうも、脳のシステムは違うような感覚がありませんか。

 きっちり数をカウントする、そのためには、脳の特別製のカウンターがいっしょに働かなくてはだめで、そのカウンターがうまく働いているかどうかは・・・指先の動き、つまり、指先への指令が、大事な鍵になっているのではないか。

 げんちゃんについてだけの研究ですが、げんママはそのことを発見しました。ピグマリオンの伊藤先生が、算数の能力と指先の関係を書かれていましたが、どうもこういうことじゃないのかな。と実践を通して感じるようになりました。

 げんちゃんは、カウントするリズムとともに、指を連動させられるようになってきました。すると、今までの闇の中にいたような算数が、少し明るみに出てきたような手応えが出てきました。

 ママは。色々取り組む中で、今あえて、手で足し算をさせる訓練をしています。これは、足し算をさせることよりも、むしろ指を頭の指令に合わせて動かす訓練の方が、中心です。

 そして、指先をもっとリズミカルに、カウンター化させるために、上半身の強化もいるんじゃないか・・・と思うようになりました。
 夏休みの運動プログラムに、頻繁に、公園のアスレチックジムを取り入れることにしました。


 算数のさまざまな入力と並行して、指先を自由自在にカウンター化する訓練。これは、ドリルにまさる早道なんじゃないか。夏休みのげんちゃんを見ながら感じています。

 まだまだ算数は大きな山ですが、征服する、一里塚が見えた気がしています。

 ただ指が動くだけではなく、指がカウンターのように、数えるリズムに合わせて自由自在に動くこと・・・・これは、算数の下にある秘めた基礎能力じゃないか、と思うのです。

 脳は、本当に不思議です。この場所は、算数を支配していて、ここは、言葉で・・・みたいな単純なものではなく、反射神経のような、たとえば、小脳だったりするあたりが、実は、前頭葉で行う知的活動の下に横たわっていたりするんだろうな~・・・

 そして、やっぱり、あらゆる運動プログラム抜きに、算数もなしなんだね・・・運動プログラムこそ、やっぱり、基礎中の基礎なんじゃないだろうか。と思う。

 算数は、研究するだけ研究してみたから、教材だけはたっぷりあります。その中から、げんちゃんにあったものをピックアップして与えてみています。今までは、どれも、うまくいかなかった感触でしたが、げんちゃんの基礎能力がついてきたら、ママの今までの研究が、ここから役に立ってくれるといいけどな~。

 担任の先生を驚かせたいな~。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
by glow-gen | 2012-08-07 20:20 | 算数の学習障害 | Comments(17)

学習障害のベースにある物

  げんちゃんは、まだまだ色んな問題をかかえています。
 でも、極端な感情の起伏は、本当に少なくなりました。日常において、げんちゃんの意識的な行動の上に、津波のように追いかぶさってきた、無意識の激しい感情は、げんちゃん個人をやっと解放してくれたように見えます。

 「字書くの、もう今日は終わり!」
と言うときのげんちゃんは、以前は、パニック状態だったかもしれません。しかし、今は、本当に疲れちゃってるのか、眠いのか、それなりに理由があるように感じます。

 ここまで、持って行くことができたのは、やはり、漢方とサプリのせいでしょう。

 サプリと学習の関係をうまく表現するとしたら、骨の病気を考えてみたらどうでしょう。骨折して、うまく治ってない人がいるとしましょう。もちろん、彼は、上手に歩けないし、他の人のように、うまくサッカーもできません。

 その彼が、ひたすらトレーニングだけをしたらどうでしょう。もちろんうまくいくはずはありません。苦しくて痛いばかり。まずは、うまく治っていない骨折の骨が、きちんとつながるように、カルシウムを補う必要があるかもしれません。あるいは、他の薬なり、ギブスなりがいるでしょう。しかし、そうは言っても、彼は、ベッドの上で、筋肉が弱らないように、出来る限りの筋トレをする必要があります。でも、そこそこ、骨が治ってきたら、リハビリのメニューをふやします。今までベッドの上にいたから、筋肉は、普通の人より弱っています。どんどんやり続けなければなりません。もし、素晴らしいトレーナーがいれば、どの筋肉も、効率的にリハビリできるでしょう。
 リハビリをある程度こなしていければ、今度は、サッカー選手だってターゲットに入れたトレーニングさえ夢ではなくなるかもしれません。

 げんママは、漢方やサプリとトレーニングをそういう関係でとらえています。筋肉はシナプスです。
  そして、、げんちゃんは、そろそろリハビリに、おもおきをおいた、筋トレに取り組まなければならない時期に来たと感じています。
 これは、トレーナーの知識とノウハウがものを言うということも感じています。

 少なくとも、学習塾でやっているような、根性学習では、らちがあかないことも直感します。

 げんちゃんの特徴である、絵が描けない、算数ができない、細かい指先の技が難しい。全体を見て、ディテールを考えるのが苦手、というような、様々な障害に対して、うまくアタックすることが急務です。

 これらのことは、ばらばらの能力に見えますが、げんママは、ある共通の問題に感じています。
 それは、空間の認識力、目の機能。そして、手と目の協調の能力。このあたりの、能力の低さが、色んな表面上の問題を起こしていると思います。

 ひたすら、小学校ドリル、というのではなく、ベースになる力を育てる必要があります。

 その方法論として、一つは、とにかく、手先の器用さを作っていくことです。げんちゃんは、字を書くとき、左手はさっぱりお留守になります。両手で、うまく協調するのができていません。そして、ブレインジムでも、とても大切だという親指の機能も悪いです。ここを、あらゆる方法でトレーニングします。字を書くのもいいですが、げんちゃんの大好きな迷路遊びを、とにかく、どんどん洪水のようにやらせます。洪水のようにやるには、食いつきのいいものでなくちゃいけません。迷路ドリルは、げんちゃんが、小さな頃から、興味を示すものの一つです。どんどん、迷路状に鉛筆を走らせます。
 折り紙もいいし、両手お絵かきもいいです。利き腕だけでは、だめです。

 そして、ドットを結んだお絵かき、ママが、方眼紙に。点を結んだ図形を描き、げんちゃんに、同じ物を描かせます。なかなか難航します。
気が乗っているときは、簡単なもののお絵かきもします。目の前に、おもちゃや、雑貨を持ってきて、まねして描かせます。目の運動と体の協調のための、ボール遊びや、追視遊び。これも大切です。

 目の前にあるものを、正確に見て、見た物の特徴を記憶し、器用に出力する。これができてくれば、げんちゃんの頭の中には、10玉そろばんもすみついてくれると思っています。



 さて、げんママ、今では、なんとなく、トレーニング法もわかってきました。
昔、発達障害がわかったときに、真っ先にピアノを習わせたのも、今考えると、本当はあまりベストではなかったと思います。体の、細かい動き、指先などは、体幹の軸ができてきてからじゃないと、発達してきません。ふらふら歩いていたげんちゃんは、あの頃、ピアノは早かったのです。
 ひたすらすべてに優先して、体の大軸なのです。


 算数が出来るための基礎は、計算練習ではなく、こういうトレーニングの中に隠されていると思います。早く、足し算にいきつきたいけど、こっちは、軽くやっています。今は、ベースになる力を充填してやる感じです。なんせ、今までベッドで動けなかったんだから、いきなりサッカーはないのです。


 そのようなことを考えて取り組んでいるのですが、先日ブレアさんに紹介された、「あきらめないで お母さん」という本は、げんママが考えていることを言葉にしてくれてました。それで、とても理解しやすかったです。簡単な本なので読んでみるといいかもです。

 読んだら、塾の先生に進呈しようかな、と思えます。塾の先生のやりかたは、私たちが今まで受けた学習法だけど、ちょっと違うんだよね~。潜在能力は普通の人でも、もっと引き出せるんだよね。きっと。

 

 


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
by glow-gen | 2012-05-15 13:46 | トレーニング法 | Comments(25)



中学2年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク

げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
支援学校のひさしくん
注意欠陥
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
職業体験、周りの企業やお..
by みかんまま at 08:22
私もげんちゃんママさんと..
by robo_223 at 07:52
とんままさん ほんと、..
by glow-gen at 18:13
普通の子のお母さん方に子..
by とんまま at 10:45
こんにちは。 げんまま..
by とんまま at 10:41
ゆうママさん 学校のプ..
by glow-gen at 07:55
ロボママさん お返事あ..
by glow-gen at 23:26
前回のコメントのお返事あ..
by ゆうママ at 20:32
お忙しい中、返信をありが..
by robo_223 at 08:20
ロボママさん 私は、げ..
by glow-gen at 21:18
しかし、げんちゃんママさ..
by robo_223 at 23:15
私も「母親を無視して改善..
by robo_223 at 22:35
とんままさん コメント..
by glow-gen at 13:59
何が何でも心を使おうとし..
by とんまま at 05:35
kさん >療育をすると..
by glow-gen at 13:23
ゆうママさん プリント..
by glow-gen at 08:23
ロボママさん そうです..
by glow-gen at 08:07
とんままさん  ほんと..
by glow-gen at 08:00
昨日は穏やかな書き方をし..
by ゆうママ at 13:24
同じく、私が離れたらダメ..
by ゆうママ at 12:25
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧