人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

タグ:指先の発達 ( 3 ) タグの人気記事

げんちゃんのピアノレッスン

 げんちゃんが5歳になって数ヶ月して、発達障害と宣告されました。それまでは、ただ他の子よりおそいだけ、と、のんびりしていたげんママです。何しろ、同級生が一人しかいない、小さな無認可園にいたので、他の子と比べることもしませんでした。
 おかげで、げんちゃんは、のびのび暮らせたのかもしれませんけどね。

 ショックを受けて、落ち込んで、そのあとは、情報を集めました。そんな時、ある人が、

「脳科学の先生の講演会に行ったんだけど、それによると、脳を鍛えるのは、ピアノと体操がいいらしいよ。東大に行ってる子たちの多くは、子どもの頃ピアノと体操をやってるんだって・・・」


 この話が、きっかけになって、げんママは、とりあえず、近くのピアノの先生にげんちゃんを入門させました。

 今考えれば、げんちゃんは、まったく、指先の機能が発達しておらず、はさみも持てないような状態でした。5歳にしてやっと、エジソン箸をもてるかな?という感じでした。
 視線は定まらず、うろうろ、体もローリングしてふらふら。三輪車にも乗れない、まるで、2歳児のようでした。ただ、おしゃべりをする子だったので、(今考えれば、一方通行)園の先生が言うほど、異常と思えなかったのです。

 そんなげんちゃんに、その頃ピアノを習わせたのは、今にしては、”はいはい”しか出来ない子に、三輪車を教えるようなものだったと思います。
だから、彼はピアノの前に座るはずもなく、手元を見て鍵盤を打つはずもなく、ただひたすら、先生のクラスの破壊者になっていました。

 そういうステージがどれほど続いたでしょうか。先生は、とても良い方で、げんちゃんに無理強いすることもなく、ただ、げんちゃんの好きなようにさせながら、音符遊びや、鍵盤カード遊びなどをしてくれました。その頃は、
「もっとしっかり叱るとこは叱って、教えて下さればいいのにな~・・」
と思っていたのですが、げんちゃんに、ピアノアレルギーを植え付けることなく、早すぎたピアノレッスンを通過させていただいたんだ、今となっては感謝しています。

 さて、通う都合があわなくて、ちょうど良い方に出会ったので、新しいY先生に3月から、かわりました。3月から毎週1時間レッスンをお願いしました。Y先生は、集中が難しい発達障害の子を1時間預かると請け負ったものの、持つかな~・・と心配していたみたいです。
 
 当のげんちゃんは、ピアノレッスンの崩壊児童として、1年過ごしていました。しかし、今年になって、ピアノの前に座るようになりました。(普通の子のようにはいきませんけど。)
 げんちゃんは、一応、ピアノレッスンを受けるようになったのです。

「そう、問題ないじゃないですか。もっと、できないと思ってましたよ。」

と言ってくださいました。(ま、リップサービスもあると思うけど)そして、いっちょ前に、楽譜を前にひくようになりました。まだ、スタートを切ったばかり、ドレミ・・の組み合わせだけ、せいぜい8小節くらいの単純な曲ですが、左手も始めました。

 彼女のすごいところは、ピアノだけではなく、ボール遊びで指先を鍛えたり、お絵かきで、指先を動かすことを準備したり、様々なことを、短いタームで入れていくのです。ピアノ以外のプログラムで、げんちゃんが飽きないようにしているようです。
 げんちゃんとの会話は、ユニークで面白いと笑います。

ちょっと練習をふやそうとすると、
「あ、もうけっこう、けっこう。遠慮します。」

なんて言うらしいし、「あと何回で5回? あたったら、練習減らしてあげるよ・・・」
 と言うと、必死で足し算を考えるらしいです。


まるで、カツオくんだね。 

 現在のげんちゃんの目標や、今のテーマなども話します。仕事で毎日のようにお会いするので、(彼女は病院関係のアルバイトもしています。)げんママのトレーニング状況とシンクロさせていただいたりして、本当にラッキーなのです。

 ブレインジムのセミナーにも参加されたので、もう、発達育児には、ツーと言えばカーという感じでもあります。

彼女が言うには、レッスンの子供たちにブレインジムを応用すると、目に見える効果があるようです。

げんちゃんは、たぶん、Y先生だから、本当に、1時間色々できるんでしょうね。

 げんちゃん、もうすぐ両手でひけるかもしれません。もし、そんなことがおこったら、う~すごいことだよね~。
やっぱり進化しているよ。だって、去年の1月は、鍵盤を押すことすらできなかったのですもんね。

 しかし、このことをとっても、
 「指先ができてない子に、親が教えるとなると、最悪の事態になります。」
と、ピグマリオンの伊藤先生の「2歳児のさんすう」に書いてあったことが、どういうことか、納得がいってます。指先より先に体軸の完成です。

 今やっと、教える、ところに来たピアノなんでしょうね。しかし、良い指導者・・・探しなさい。さらば与えられん・・・ということなのでしょうか。ありがたや~・・・です。

比べるのは、過去のげんちゃん。あせらずやっていこう。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
by glow-gen | 2012-06-07 22:55 | ピアノレッスン | Comments(33)

げんちゃんの反発・・・進化の過程

  げんちゃんは、最近悪い子スイッチがよく入ります。
学校からの報告では、遊具の使い方で友達にしかられたそうです。なんと、げんちゃんは、それにおこって相手をたたいてしまったそうです。
 家では、パパが、ちょっとからかっただけで、パパを5回も本気でたたきました。
宿題をさせようとすると、すさまじい抵抗にあいます。

 「うるさい。」「絶対しない!」
いろんなトレーニングに反抗します。 抑肝散も、まったく効き目なしのような状態です。

 ママは、その様子をずっと観察してました。ときに、ぱちんと、愛のむちをふるったり、力づくでいうことを聞かせようとしたりしたこともありました。
効果は、あまりぱっとしません。とうとう、ママは、
「げんちゃんが、そんなに言うことを聞かないんなら、ママはいらないんだね。出て行く。」と言って、白昼、家出のふりをしたこともあります。

 げんちゃんは、さすがに泣きました。でも、その時だけで効果を感じませんでした。


 ある時、抵抗しているげんちゃんを見て、ママは、はっと気づきました。

 ”げんちゃんは、今発酵してるんだ。・・・”

げんちゃんは、日曜日、ママの提案はすべて拒否して、ゴルフに行きたい。とだだをこねました。ゴルフは、ずっと昔、ママが打ちっぱなしにいっしょに連れて行ったことがありました。(そのころは、障害にも気づかず、近くの打ちっぱなしに、たまに行っていました。ま、コースに出ることはほとんどないけど。)げんちゃんは、覚えていたのでしょう。なぜ、今ゴルフ?

 げんちゃんを、連れて行って打たせました。ひどいものです。子供用のアイアンを、まるで、1歳の子ががらがらでも持つようにだらしなく持って、手当たり次第、見えるものをつっつくような動作です。でも、やりたいことをさせてみよう、と思ってほっておきました。少し、フォームをなおしてみましたが、あんまりぱっとしません。何度か、ヘルプしました。げんちゃんは、けっこう飽きずにやってます。
 しかし、帰る頃に、げんちゃんは、小さな子が初めてアイアンを握れば、こんな感じだよね、というとこまで来ました。赤ちゃんから、子供のフォームに近くなったとでも言えばいいでしょうか・・・

 げんちゃんのテーマは、腕、手、指先です。

 げんちゃんは、自分で、そこを伸ばしているかのようでした。

 ママは、もう、いやがるのを無理やり教えたり、苦行のように、色々させるのは、しばらくやめよう、と思いました。げんちゃんは、自分で、今必要なことを自分で開拓していってる・・・直感に近いものでしたが、確信したのです。今までやってきたことが、今発酵中なんだわ!

 そして、昨日。宿題やらない・・・とだだをこねました。
 ママは、もう叱りませんでした。げんちゃんにとって、そこまで、ひどいストレスになる課題ではありません。だから、やってほしいですが・・・ママは言います。

「げんちゃん、宿題しなくてもいいよ。 でもね、学校というところはね、ルールってもんがあるのよ。
宿題していかなきゃ、学校には行ってはいけないの。
それに、友達をたたいたりするのも、ルール違反なの。げんちゃんが、宿題しなかったり、友達をたたいたりするのは、ルール違反だから、ルールを守れるようになったら、また、学校に行くとしようね。」

実際、自分勝手は、ルールの外ですることだ、ということをげんちゃんに、たんたんと知らせました。

「でも、もし、学校に行きたかったら、宿題をしてしまわなければならないの。どっちを選んでもいいよ。」

ママはやさしく言いました。ママは、学校を翌日休ませて、げんちゃんの好きなプログラムをやればいいと思いましたが、げんちゃんは、学校が大好きです。その日は結局、残りをやりました。

 
 さて、よくよく考えれば、げんちゃんはすごくがんばっていました。かなり無理もしてました。

  思い起こせば、1年前、げんちゃんは、積み木やブロックに食いつくことはありませんでした。不思議で悲しかったです。しかし今、3~4歳の子がそうするように、ブロックが楽しくてしかたないようです。
 去年の3月。ナズナの葉を少しむしって、がらがらを作らせようとしましたが、どこをどう持って、どう引っ張ればよいかまったくわからず混乱しただけでした。

 しかし昨日、げんちゃんは、7~8ミリのビーズをテグスに通して、ママにブレスレットをプレゼントしてくれました。(結んではないけど)

げんちゃんは、確実に前に進んでいます。
 算数は、拒否しますが、玉入れゲームや、ありとあらゆるゲームやお遊びを与えると、その中で時々数えています。手で数を探っているかのようです。

 やっと今、げんちゃんは、算数のベースになる手先の能力を鍛え、ブロック遊びに夢中になってきたのです。

 絵も描きたくなってます。10円だまを描いて、下にジグザグを描きます。

「10円だまの下にバネがついて、ぴょんぴょん飛んでる。」

と言いました。楽しい発想です。下手ですが、1年前は、絵そのものを描かなかったし、描けなかった。


 ママは、しばらく、げんちゃんの好きなようにさせてみることにしました。学校は、宿題と引き換えに、たまには休んでもいいでしょう。
げんちゃんは、ただパニックになっているのではなく、全身で、そのことをママに訴えていたのでしょう。
オーケー。大丈夫。ここはしばらく待っててあげる。
香ばしいげんちゃんに発酵してくるまで・・・。
 

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
by glow-gen | 2012-06-06 00:39 | トレーニングの効果 | Comments(10)

お姑さんのイエローカード

  げんちゃんの大きな進歩。指先がよく使えるようになったこと。

 げんちゃんの、指は、けっこう太いのに、力のない不器用なしだれ柳の葉っぱみたいでした。ボタンもいまいちはめにくそうだし、鉛筆だってうまく持てません。折り紙もひも結びも、トライしようにも、見るからに無理でした。

 いつの頃からでしょうか、げんちゃんの指はしっかり物をとらえるようになりました。鉄棒だってわたり棒だって、のぼり棒だって、つかんで遊ぶことに取り組むようになりました。上り棒は、上から降りるだけ、とか、わたり棒は、つかんで一瞬ぶら下がるだけ、とか、かなり制限されてますが。鉛筆を持つ手もしっかりしてきて、筆圧も前よりりりしくなったのです。

 まあ、算数地獄はいまだ続いていますが、それをちょっと横において、この辺で、げんちゃんの指の進歩を喜ばなくてはなりません。

 げんちゃん、3ヶ月前、ピアノの練習をさせてみましたが、指が弱くてキーを打つ以前の問題が横たわっていました。おまけに、忍耐して、ピアノを習うなんて芸当はまったく不可能だったので、ピアノの練習、ということ自体、お笑いごとでした。

 ところが、先週。ピアノの前に座らせて、ひいてみるように言うと、ちょっとドの位置を私に確かめたあと、かなりたどたどしいけれど、ドレミファソファミレド、と右手でひいたのです。
 数ヶ月前とまったく違う、普通の初心者といった、力強い指さばき。ほう!やった!

 ピアノは指先を使います。これは、脳に良いと、かの沢口俊之先生もおっしゃっていらっしゃと聞いて・・・発達障害がわかって一番最初に、ピアノの先生にお願いにあがったママでした。しかし、習う、というところまでにはいきません。かれこれ11ヶ月目になるのに。

 明日は、久しぶりに、レッスンに付き添えます。少し楽しみです。普通の子はプラスマイナス0からはじまるのですが、げんちゃんは、マイナス20くらいのところから始まったと言えます。指も弱いし、先生の言うことは無視して、やりたい放題!
 そろそろ、ゼロ地点につけるかもしれません。(今までのピアノの先生の忍耐に心から感謝です。)

 発達障害とわかってから、だんだん、この子にどう向き合っていけばいいかわかってきて、そろそろこっちもかなりプロになってきましたが、算数地獄のことばかり考えていると、げんちゃんの得意な部分もおいてけぼりになります。ピアノもやりたいし、本のコンセプト読み(本の展開やおこったことの理由なんかを質問しながら読んで行く方法です。勝手に名づけました。)もしないといけないし、英語の絵本だって読みたい。あーん。お絵かきだって~・・・・・・

 まるで、常に周囲に目をやりながら戦う戦闘機のパイロットみたいです。

 今日は残念ながら、げんちゃんはママが帰るとすぐに寝てしまいました。ちょっとの間に質問した指の数は、ことごとく撃沈。君の頭は、本当にどうなってるのか。ブラックホールでもかかえているのか?
 

お姑さんから、ちょっと注意が飛びます。
「あんまり無理やりやっちゃだめだよ。最後には大嫌いになるからね。子供って、そんなに期待通りすっといかないもんだよ。」

「ふわ~い。了解どす。!」

トレーニングのためにげんちゃんを起こしかけてたママでしたが、儀母のイエローカードに断念しました。

たしかに、やりすぎはいけませんよね。わかっちゃいるんだけど、ママもちょっと算数地獄にはあせっているんですよね~。でも、ま、そういう心のときはぜんぜんうまくいかないのも、今までの経験でよく知っているんです。

 ブログ書いて、テレビでも見て頭冷やして寝ましょう。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-10-21 23:23 | トレーニングの効果 | Comments(6)



中学2年の息子。5歳で、発達障害発覚、改善に取り組むママの格闘と改善ノウハウの記録。
ピックアップ 


げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善<

子供の体験施設を探す
”asoview!"↓




  リンク
エジソンアインシュタイン協会
ブレインジム
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数

聖書と福音
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
意識のこと
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
時間
知能検査
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
高校選び
支援学校のひさしくん
注意欠陥
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
発達障害の原因を治す
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧