人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

タグ:担任 ( 2 ) タグの人気記事

5年の始業式。支援の先生、普通クラスの先生

a0184225_1402666.jpg

絵を描くのが不可能だったげんちゃん、ついに描いた~って、感動の絵を残して4年が終わりました。
4年の伸びは、この絵に象徴されていると思った私です。工作は、まだ、出力してきませんが、とりあえず記念すべきスケッチ。なんで、入賞せんのかな~、と親ばかです。

5年生がスタートしました。始業式が終わったあと、支援クラスだけ、特別に、支援の先生、さらに、交流クラスの担任の顔合わせで学校に行きました。考えてみれば、発達障害がっつりだったげんちゃんが、入学するときは、そういうものはまったくなくって、いきなり普通クラスで、何の特別なこともされず、いきなり新学期がスタートしたので、めんくらいました。
 あれから、毎年のように、こういうことが改善されていって、去年は、支援クラスの先生だけと顔合わせ、今年は、両方の先生と事前に顔合わせ。
 話に聞くと、隣の地区がずいぶん、支援教育がいきとどいているとかで、そこから移ってこられる先生方のなせるわざだとか・・・
どちらにしても、ありがたい話です。

 げんちゃんの支援クラスは、去年までは肢体不自由のクラスもあったので、全部で3クラスあったのですが、車いすのT君が卒業したので、今年から2クラスです。一応情緒のクラスと、知的のクラスに分けられているようですが、私の見た感じでは、どっちもどっちです。

 げんちゃんの支援の担任は、やっぱりかわりました。
他校から転任してこられたM先生という40代くらいの先生でした。支援クラスを訪れると、先生方がラインナップされていて、ぱっと見た瞬間、私は目をうたがってしまいました。
「え~なんで、Jさんここにいるの~?」
そうです。私の旧知の友人がもう一つの支援クラスの担任になっているではありませんか。実は、彼女は、昨年この学校に赴任してこられて、私は、15年ぶりに彼女に再会したのです。クリスチャンでなかなか素敵な先生です。
やれやれ、げんちゃんは、ほんと、神様にいろいろと備えられているな~、とちょっとうれしくなりました。こういうシチュエーションがおこる確率はそうそう高くないです。そういえば、去年は、支援員さんが、子供会の役員をしたときに知り合っていたママだったしね~。

聖書的には、こういうのは、「主の山に備えあり」・なんて、言うんだよね~(脱線)

「げんちゃんの担任のM先生は、とってもベテランで良い先生ですよ~。」
とJさん。去年の男の先生と違って、女性特有の愛想の良さでさっそくこっちも、いろいろしゃべってしまいました。挨拶をかわしただけでしたが、クラス担任の方は、ちょっと体育会系に見える大柄な若い女性の先生。見かけだけ見ると、少し大味なかんじ。はてさてげんちゃんをしっかりみちいびいてもらえるのか、さっぱりわかりません。

 げんちゃんの支援クラスは、低学年4人に、4年の男の子と、5年のげんちゃんの6人です。

 まあ、しばらくは、様子見です・・・
先生に、算数以外はできるだけ普通クラスに入れてください。テストも、極力普通クラスで、同じように受けさせてください。今は、ちょっと能力的には、まだ普通クラスの下の下だけど、普通クラスの方が伸びる時期にきていると思われます。
 M先生にお願いして帰ってきました。

 学校から帰ってきたげんちゃんは、
「ぼく、去年のクラス(普通クラス)の先生より、5年の先生が好きだ。自分の年を聞かれたら、アジサイって答えるんだよ。おもしろくね~? 今度の先生」
と言っていました。なるほどね~。去年の先生も良い感じだと思ったけど、ユーモアや遊び心いっぱいのキャラが好きなんだね、君は・・・とにかく、好きになれる先生でよかったよかった・・・

そして、翌日と翌々日は、クラス行事のほかには、4年のまとめテストでした。国語と算数です。どうだったかな~と思ったら、連絡帳によると、支援クラスで受けたようです。

国語は書字能力もかくだんにあがったし、問題を解くベースができてきたからまあまあいくかな~と思ったら、

「問題の意味がわからないようでした。」
とコメが記されてました。まあ、確かにな~。去年は、テストなんて受けてないからね。実力テストみたいなやつは、回答がわかる以前に、問題をどう処理するか、その前の段階でアウトだったから・・・少しでも難解な問いがあれば、撃沈するのもしかたないのでしょう。
 でも、この春やすみ、自分だけで、どんどん文章題も解かせていったので、できてるとこもあると思ってますがどうなんだろう・・・

すぐに、できないところだけ書いてくる先生のコメントだったとしても、今年のげんママは、たぶん去年ほどいらつきませんね。
それは、たぶん、げんちゃんがかなり普通ぽくなってきて、普通の子に対するように評価されても、しごく当然にうけとめ、同時に、そういう評価こそ、今は必要だと感じているからです。
これから、どこのポイントを伸ばすべきか、細かく、どこまでキャッチアップできているのか、客観的な評価が必要な時にきたからだと思います。

先生は、コメントの最後に、
「よく、いろいろ話しかけてくれますよ。しっかりしてますね。」
と結んでくださいました。はっきり言って、今までで最も不安が少ない滑り出しです。やれやれ。げんちゃんも、やっと、そういう学年のスタートを切れるようになったんだね~。

 それと同時に、すっかり支援のママたちの中にあって、古参の顔になっていました。
 ホームスクールも、当たり前のように、先生方にひきつがれて、
「来週は 火水ですね~。」
と聞かれました。笑
これが年月というものぞ。年月とともにどんどん成長する。これこそまさに、普通の子供たちです。知的障害の子供たちは、何もしなければできないところも、ずっと同じ、普通の子とはどんどん差がひらいていきます。
 差が同じならば、立派なもんだよ、と依然言われたことがあります。
さあ、学習も何もかもむつかしく高度になっていく5年生。第4コーナーまわるころには、ぐ~んといっててほしいです

a0184225_1571378.jpg

やれやれ、今年の春合宿も、だいぶんこなれてきたこと・・・練習風景は、たぶん、とっても、どんくさいだろけど、不安は少ないな~。身長も先生の首のあたりまでのびてしまいました。
 
by glow-gen | 2016-04-10 01:46 | 特別支援学級 | Comments(4)

発達障害、新学期ライフ

   新生活二日目。
う~。げんママはちょっとくらくらしました。
ランドセルを開けて、先生とのやりとりノートを見てみたら、私のコメントのあとは白紙。しかも、入れていた提出物はそのま~んまかばんの中。
 子どもの連絡帳に、かろうじて、2行、味気ない連絡事項(名札のお金あずかりました。・・みたいなヤツ)が書いてあるだけです。

 え~。そりゃあないでしょう!
げんちゃんに聞くと、支援で国語だけ勉強したと言ったので、国語のノートなどあさってみると、漢字帳を1ページ書き込んでありました。

 普通クラスの方はといえば、先生の紹介が書いてあるプリントと、席順を書いたプリント一枚。先生は、他校から今年転勤してきた年配の先生のようです。(何で、転勤先生にあてるの? ・・・学校慣れるのにいっぱいいっぱいでしょうに・・・)

 席順も、一番後ろ。
「名前を覚えるまでは、しばらくこの席でがんばります。」
みたいに、自己紹介プリントにさらっと書いてあります。


 ほえ~・・・

 なんか、夜ちょっとナーバスになりました。考えてみれば、4月は、毎年こういう出だしばかり。毎4月なんかやってますよね~。

 今日は頭蓋仙骨に行って、ホームスクールの段取りにしていたので、お休みしてるんですが、そのことも、先生に伝わってるのか、ちょっと心配です。

 朝になって、連絡なんかとったことない6年生の支援のママに電話をかけました。彼女も曰く、

 「うちも、何にもないよ~。去年は、H先生が、色々書いて下さってたけどね~。まあ新学期始めだし、こんなものかな~、と思ってるんだけど、ずっとこれだと心配だよね。」

 やっぱりそうか~。

 しかたないので、去年の支援の担任、H先生に電話しました。

「先生すみませ~ん。朝っぱらから・・・
あの~、S先生から事務連絡のコメントだけで、何もないし、いつもの交換ノートも見て下さったのかよくわからないんですよね。リアクションないので。(努めてにこやかに・・)
 今日は、お休みするんですけど、それも、先生にご連絡してないから、どうか、と思って電話しちゃいました。
ほんとすみません。
 あと、なんというか~・・・提出物を、昨日から入れてるんですが、そのままランドセルに入ってるんですよ。なんか、困っちゃったな~と思って。」

「あらら、そうですか~。」

「いや、あの~。S先生は今年始めて支援もつから、最初だし、しかたないんですけど、さすがに、ああいう子だから、さっぱり、学校の様子がわかんないんでね。どうしたものかと。
 それと~。色々先生とコンタクトとって、タッグ組んでやらないと、子ども達伸びてかないんで、S先生にコンタクトとっていく前に、どんなキャラの先生か、ちょっと教えてもらっときたくて・・・(笑)

 たぶん、男の人って、すごく良い方でも、女性ほど、細々したこと苦手でしょう。うちの旦那もそうだから、よくわかる。はっはっは(笑)。もしかして、S先生も、そうかな、とか思ってるんですけど、どうです?ははは・・・
一応、S先生に色々お願いするのも、段取りつうか、先生がいやな思いせずに伝えたいのもあって、・・・キャラリサーチっつうか~。どうです?」


まあ、こんな感じで、先生にプレッシャーかからないように、別にクレームじゃないよ、と圧力かからない、言い回しを考えつつ、用件を伝えました。
 こういうのって、これまでの人生で培ってきた対人スキルの総動員って感じだね~・・

 しかも、さらりと、クラスメートのもう一人のママもちょっと困ってるというのも付け加えておきました。

「先生すいませんね~。ほんと、普通の子だったら、何があっても、別に、何てことないのにね~。やれやれですよ。ご迷惑かけますね~。」

 とかなんとか。やっぱり、先生も、親からの電話なんて、そううれしいものじゃないでしょうからねー・・・

 結局、電話口のH先生のお話は、
男の人は、云々という私のコメントのところで、ちょっとくすっと笑って、

「彼は初めてなのもあって、まだ行き届かないですね。すみませんね~。」とにこやかに返し、

「彼は、さっぱりして良い先生ですよ~。」

と含み無く言ってました。今年も、毎年のように、良い先生というなら、コミュニケーションを努力するごとに、色んなことは時間が解決するかもしれないですね。

さらに、げんママはお聞きします。

「普通クラスも、前のT先生は、4年生を受け持たなかったんですか?なんか、あれですね。学校の新学期のクラス分けとか、まったく支援の子には、配慮ない感じですね~。(笑)。全然ちがうところで、機械的に決められてる感じですね~。あれって、もっとなんとかなったらいいですよね~。」

 まあ、こんなこと言えるのも、この2年間の人間関係というか、なんというか・・・

言いにくいな~とか、考えながらも、結局、全部伝えてしまいました。(笑)

 ほんと、ある意味、教育ママゴンみたいな学校へのかかわりかたも、この子たちの場合いたしかたないです。お姉ちゃんだったら、
へ~、担任はずれ~?かわいそ!(べつに、4年がはずれというわけではないけど。)

それで終わりです。


 しかし、これほどに、ママは、苦労してるっつうのに、そう!、持てるノウハウのすべてを総動員して動き回っとるというのに、当のげんちゃんときたら、モチベーションは地面すれすれの低空飛行で、一人気ままな自由人です。忍耐も限界に達しますよね~。

 「何やっとんじゃ~。一回しめたろか!」

お上品な私だって、なっちゃうって言う物です。(笑)


皆さん、たぶん、4月は、似たりよったりじゃないかな~、とお察し申し上げます。心から、お悔やみ申し上げます。・・・(泣)

by glow-gen | 2015-04-08 11:40 | 特別支援学級 | Comments(24)



中学2年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク

げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
支援学校のひさしくん
注意欠陥
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
職業体験、周りの企業やお..
by みかんまま at 08:22
私もげんちゃんママさんと..
by robo_223 at 07:52
とんままさん ほんと、..
by glow-gen at 18:13
普通の子のお母さん方に子..
by とんまま at 10:45
こんにちは。 げんまま..
by とんまま at 10:41
ゆうママさん 学校のプ..
by glow-gen at 07:55
ロボママさん お返事あ..
by glow-gen at 23:26
前回のコメントのお返事あ..
by ゆうママ at 20:32
お忙しい中、返信をありが..
by robo_223 at 08:20
ロボママさん 私は、げ..
by glow-gen at 21:18
しかし、げんちゃんママさ..
by robo_223 at 23:15
私も「母親を無視して改善..
by robo_223 at 22:35
とんままさん コメント..
by glow-gen at 13:59
何が何でも心を使おうとし..
by とんまま at 05:35
kさん >療育をすると..
by glow-gen at 13:23
ゆうママさん プリント..
by glow-gen at 08:23
ロボママさん そうです..
by glow-gen at 08:07
とんままさん  ほんと..
by glow-gen at 08:00
昨日は穏やかな書き方をし..
by ゆうママ at 13:24
同じく、私が離れたらダメ..
by ゆうママ at 12:25
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧