人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

タグ:学校 ( 2 ) タグの人気記事

ホームスクールへの軸足

 
a0184225_1515576.jpg

本文には関係ないけど、やっと、げんちゃんは、工作らしきものを自分で始めました。まあ、幼稚園児並・・・というとこからですね。屋根の黒い煙突みたいなのは、SLの煙突の飾りなんだとか・・・世界を救った子ども達、という看板がついてます。下手ですが、なんかおもしろい。

  毎日が、めまぐるしい日々です。発達育児がなかったら、もっとのんびりだったと思いますが、好む好まないにかかわらず、仕事と、げんちゃん育児であっという間に、上半期が終わりそうです。
 5月の安曇野セミナーから、こっち、たくさんのことがありました。
 げんちゃんは、野球教室に入ったし、そのあと、あるご縁で、オリンピック体操選手目指してがんばっていたという若者に出会わせていただいて、時々、げんちゃんの体の指導をしていただくことになりました。そして、先週は、ブレインジムの灰谷先生の紹介で、先生の教え子さんという森先生に、体に残っている原始反射を診ていただきました。

 安曇野レポートもまだまだしたいのに、書くのがおいつかない・・・とほほ・・・

 そういう訳で、この1ヶ月は、私の中でも、相当、エポックメイキングなことが目白押しでした。

 当のげんちゃんはというと、家庭生活を中心にした、小さな社会では、大きな問題も少なくなり、私自身も少し楽になっています。たぶん、ゼロから一をつけるステージは、ほんとに、毎日、死にそうな思いをしてた気がしますが、今は、1から先を進めるにあたって、ゼロから1ほどのストレスがなくなっています。

 それに、算数の学習障害も、いきなりどんと伸びた、という感覚はないものの、安曇野のおかげで、確実に少しずつ、前に進んで行ってる感があるし、字の宿題は、書くと言うこと自体に四苦八苦してたのが、かなり、それも、ストレスが少なくなってきてます。(まだまだ、破綻した字で、きれいな字にしていくことに苦労してますが。)

 第一、コミュニケーション能力はかなり上がっていて、ラ行やサ行がやや、聞き取りにくいことや、ややどもりぎみ、ということはあるものの、人様の前に出して、いきなり、恥かきまくり、という以前のステージは、遠い昔のようです。

 とはいうものの、課題は山積み。・・・ではあるのですけど・・・

 今日は、ちょっと、支援クラスと学校のことを書いてみたいと思います。

 4年になって、私と学校の関わり方は、少し変わりました。3年までは、私は、ほんとに、足げく学校に通い、げんちゃんを、集団の中で客観的に観察することにとても意義を感じてました。行くと、ほぼ落ち込むことが多かったのだけど、伸びてることを確認する意味でも、どこをテーマに、ホームスクールをするのか、戦略をたてるためにも、学校見学は、私には、とても大きい問題でした。

 それに、担任の先生や、支援の先生との連携も濃密にやっていってました。

 でも、4年になったら、私のその意欲は、まったくなくなってしまいました。

 一番大きな原因は、げんちゃんが、集団では、色々問題あるけれど、小さな集団、(家庭とか、慣れたお稽古ごとの小さな社会とか、お友達と遊ぶ小さな集団とか、初対面の大人とのかかわりとか)そういう中での、はらはらするような問題が、少なくなってきているので、私の中で、普通クラスでバランス良くやることのみが、目先の短期目的ではない・・・と、少しさめてきたからだと思います。
 それに、ホームスクールで学校を休むし、支援に所属するげんちゃんが、完全アウェイの普通クラスで、浮いていたとしても、それは、げんちゃんの発達障害のみのせいではないだろうな、とも思うからでもあります。

 担任の先生も、全然悪い感じではないけど、こっちが、めちゃくちゃエネルギーを使ってまで、普通クラスにとけ込ませることの意義を感じなくなってるのかもしれません。


 そういうもろもろがあって、普通クラスの担任との間で、3年までは、やりとりしていた連絡帳も、今年は作りませんでした。連絡帳を書くのも、けっこう手間だし。・・・


 そして、支援クラスに対しても、なんだか、まったく変わりました。今年になって、支援の担任が、支援クラスが初めての中年の男性教諭になりました。彼は常に、普通の子を見る視線で、げんちゃんたちを見てるような気がします。あるいは逆に、悪気はないけど、障害児という目線なのかもしれません。どちらにしても、私との視線がずれるのをいつも感じます。たぶん、先生とはいえ、専門性もいるんでしょうね~。この子達教育は・・・

良いか悪いか、と言えば、先生は、良い先生だと思うのですが、去年の先生のように、げんちゃんの細かいことに目をやって、色んな気づきを報告してくださる感性は求められません。
「今日は、○○の問題をがんばりました。」
「教は、○○の問題は、かなり間違いました。もっとやっていく必要を感じます。」

一生懸命書いて下さる連絡帳も、味気ない報告が多く、げんちゃんの峰と思われる、ボキャブラリーの豊富ささえ、彼にしてみたら、
「文章を組み立てる能力の足りなさ」
ということの方が、目につくようです。彼のげんちゃんは、あくまでも、4年生からスタートなので、ここまで来るのに、どれだけの努力の積み重ねがあったか、ということも、わかってもらおうと思う方が、無理なのかもしれないよね。

 だから、普通クラスの学習指導と同じような感覚で見てる視線を少し変えて、細かい、気づきを書いて下さい。なんていうのも、彼の教師人生でつちかったものまで、替えて下さい、という要求に近いのかもしれないですよね。それも無理な話です。日々、連絡帳をわくわくしながら読んでいた、去年までとは違い、最近は連絡帳は、まったく期待せずに、日々開くようになってしまいました。
 大きな問題をおこしてなければ、とりあえず、よしとする・・・

  ちなみに、去年の先生は、

「げんちゃんは、こけて、手をすりむいたらしく、私が気付いたときは、手を洗って、そこに、セロテープで養生してました。なんだか、げんちゃんの生きる力を感じました。」

「マララさんの話をしてました。この年で、イスラム教の外国人の同級生を見て、マララさんのことを思い浮かべるなんて、さすがです。」

 親としては、そういう報告は、とってもはげみになるものです。

 
 だから、学校での細かい様子は、あまりわかりません。
 でも、先生が、悪い先生かと言えば、そうではなく、子ども達に十分愛情をそそいでくださっているようなのは、伝わってくるので、本当に感謝です

 悪い先生にあたる不幸を考えれば、こいういうちょっとしたことは、別にたいしたことではないのだろうと思います。

 
 もともと学校に対しては、期待感がそう大きくないので、思い切って、今年からホームスクールを週に2回に増やしました。よほどの事がない限り、学研の先生とも連携して、みっちり二日取り組んでいます。二日の中には、野球教室もあり、時に指導してもらう、もと体操選手の基礎トレーニングも入ります。時々受けてる頭蓋仙骨治療も、ここに入れてます。最近は、時間がとれず、酸素カプセルはお休みしてますが、そのうち、また再開できたらな、とも思います。

 やはり、2日、どっぷりカリキュラムを考えて取り組めると、手応えがあります。できるだけ、叱ったりせず、好きな、読書もたくさん入れて、どんどんやっていこう。そう思ってます。

 まあ、とにかく、もっともっと、基礎能力をしっかり上げて、彼の心も成長させていけば、自然と、そのうち、普通クラスでも、やっていけるような資質は身につくだろうと考えています。
 つまり、周囲を見渡せる子どもになるために、(普通クラスでやっていける、というのは、社会における、能力の1つのバロメーターではあります。)普通クラスで訓練するのではなく、一つ一つの能力を伸ばすために、もっと豊かな子ども時代をすごさせていけば、帰って、近道だ、と考えるのです。

 とっとちゃんのトモエ学園は、今や伝説になってますが、そういう教育の中で、げんちゃんの色んな能力をのばせてあげれたら、結局、社会で必要とされる豊かな能力を持つ大人に、成長させられるのではないか・・・・
 
 これは、ある意味、実験かもしれないけれど、なんだか楽しいではありませんか。幸い、支援の先生も、ホームスクールには協力的であってくださるし、学校には、感謝してます。

 そして、そんな今日この頃、そうは言っても、学友とのからみも、すごく、気になります。もっとたての年代を含むグループの中で、げんちゃんを伸ばしたい。ホームスクールをする一方で、そういう思いもあり、、お友達のお子さんも、できるだけ、まきこんで、日曜は、いっしょに、フリースクールみたいなのをやりたい、という構想が生まれています。

 先日、2~3時間ほど、お友達のお子さんが協力してくれて、運動公園で、4人の子を引き連れて、遊ばせてみました。私がリーダーシップをとって、ボール遊びをさせたり、ほったらかして、自分たちで遊ばせたり。
 どの子も、とても楽しかったようです。ゲームなんか、なくたって、子どもは、こんなに楽しく遊ぶんだね~。私もとっても楽しかったです。
 平日のホームスクール。日曜は、できるだけ、フリースクールもどき・・・

 げんちゃんの、最近の生活です。普通の子でも、こういうスタイルは、決して、マイナスではないような気がします

by glow-gen | 2015-06-15 14:30 | ホームスクール | Comments(5)

新学期生活の目標 4年生

  新学期が始まりました。クラス替えがあり、支援の先生もかわりました。

 クラスの先生は女性の先生のようですが、げんちゃんの報告はいまいちよくわからず、どういう先生かまだわかりません。

支援の先生の方は、先日の顔合わせ会に行ってお会いしてきました。

 失礼ながら、発達は、ド素人の先生と思われます。(失礼)
50代っぽい、支援は初めてという男の先生でした。この2年間受け持って下さったH先生は、サポートが必要な子どもたちに、重荷を持たれている方でした。また、支援教育の点では、同僚に一目おかれているらしき方で、それもあって、今年は、支援コーディネータという統括業務にまわられたようです。

 転勤ではなかったのが、せめてもの救いです。

 新しい男の先生は、
「僕は、支援クラスは初めてで、いっしょに勉強していきたいです。」

とご挨拶されました。でも、世間的な常識では、50台で、新しいことを意欲的に勉強していく、というのはあまり期待できないです。

 それでも、学校の先生の人当たりとしては、良い感じの先生ではありました。

 げんママは、今年から、順番でクラス委員になったので、挨拶させていただきました。
例によって、”自分はホームスクールをしてる”だの、”子どもの改善に、学校と家庭、両方でがんばっていきましょう”、だの言ってみましたが、いつものことだけど、リアクションはさしてありません。

 発達を始めて、いやというほど味わったことですが、げんママやここに書き込んで下さる発達ママパパのように、親が主体となって子どもを改善させるのだ、という意気込みの保護者って、ほとんどいないんだな~と思います。たぶん、数%なのかもしれないと思います。

 診療所で、時々出会う、発達障害のお母さんに、はっぱをかけても、全然動かないので、今では、相手から働きかけられない限り、エネルギーを使うのをやめました。

 でも、お子さんは、かわいそうです。 そう思います。
 
 知り合いの支援学校(高校)の先生が、小学校の時の過ごし方が、その後の支援生活を左右する、と言い切っておられたけど、私もほんとにそう思います。

 この時代に、どれだけ、改善しておけるか・・・というのが、非定型の子ども達にとって、もっとも、効率の良い人生スタートとなる、と私は考えています。どの時点でも、取り組めば改善すると思いますが、後半で取り組むより、脳は進化しやすいですからね。

 ですから、支援クラスの先生が、学校で、まるで、おもりみたいなことをしてると、ほんとにため息が出ます。

 げんちゃんは、幸い、学校のカリキュラムを少しずつやらせていただいて、きちんと、成長の糧になる実感があったのですが、それだって、家庭であらゆる取り組みをした結果、学校でやるお勉強の体勢がとれるようになったおかげです。基礎能力がなければ、学校のカリキュラムは、彼らの能力開発には、あまり機能しないのです。

 学年の始めに提出する、支援の子どもの状況調査、および、学校に望むことなどの提出物に、しっかり、色々書き込んで出しました。

 先生が、どのようなことをしてくださるか、ということを待つより、げんママは、現状とげんちゃんの目標と戦略をたてて、先生を巻き込んでいく、というのがいつもの方針です。先生も、今こういう状態です。先生には、これを担当してください・・・的なアプローチの方が、お忙しい先生にとってもやりやすいような気がします。

 初対面の先生に、いきなり上からそういうことをお願いするのは失礼なので、まずは、先生とうちとけて語れるようになり、互いにある程度、言い合える関係になること。それから、学校での体勢を出来る限り見学に行くこと。

 まず1学期前半の目標です。

 もし、万が一、支援クラスの状況が、どうしても、げんちゃんの実情やげんママの希望から外れる物であり、かえられないものならば、ホームスクールを増やすとか、個人授業して下さる学研の先生にお願いして、学校以外の生活を充実させることも考えることもありです。

 あくまでも、げんちゃんのチームコーディネーターはげんママです。そのスタンスはいつもかわりません。

H先生とは、2年もいっしょにやってきたので、お互いに信頼関係ができました。一生忘れないでしょう。お別れはとても寂しいですが、げんちゃんに、このたび、あえて、素人の、しかも、がたいのでかい男の先生がつくのは、良いこともあると思ってます。

 げんちゃんは、まだまだ集団生活においては、できないことだらけだし、相手の方の視点になって考える事が欠落してます。

 オーケストラにたとえるなら、1つ1つの楽器は、とりあえず、かなでることが出来るようになってますが、オーケストラとして、機能を発するには、ばらばら、でたらめです。そういう状態にいます。一つ一つの楽器の仕上がりは、特定の差をもって、同級生の後ろから追いかけて行ってるものの、オーケストラそのものの、ハーモニーというか演奏力は、いっこうに差が縮まらないどころか、学年とともに、ひらいている。げんママは、どうしようもないいらだちを感じてます。

 見るからに、力関係が上になる男性教師の下で、かちっと規律を守ったり、時には、強く矯められたりすることは、もうかなり進歩をとげた今のげんちゃんに、とても必要です。

 実は、サッカー教室も、事情で、所属のチームがかわりました。(グラウンドの距離の問題で、家の近くになりました。)それで、チームメートもかわり、新しい先生になりました。先日、新しい先生と、げんちゃんの今までの状況と、今の状況、そして、直近の目標と、もう少し先の目標。そのために、先生に何をしてほしいか。そのあたりを、お伝えしました。

 色んな先生とやりとりして思うのですが、良い先生は、きっちり、こちらが何を期待し、何を望んでいるか、伝えると、きちんと動いて下さいます。 そのためには、こちらの現状分析と目標、戦略がしっかりしている必要を感じます。先生のおかれている状況も把握する必要があります。それ以上の要求をしても先生が困るでしょうからね~。

 それにしても4月は、まい年、色んな意味でばたばたしますね。

 4年生は、彼のどうしようもなくかわらない社会性、思考のパターン。これが、変化していかなければ、やがて迎える思春期という大波をうまく、乗りこなし、健全な大人への架け橋が渡れないと思ってます。

 正念場だな~と、げんママは思います。
a0184225_15503967.jpg
昼休みどうやってすごすか、というのがテーマで、学校で描きました。トランポリンです。足の左右で、長さがぜんぜん違う・・こういうちょっとしたところに、まだまだ空間認識の甘さがあります。でも、絵の具を人並みに使いこなしてるのは、すごいことです。
いっきに描いちゃいました。彼は、描きたい時は、まったく迷いがありません。右脳だね~。
 そういえば、この絵のタイトルを、「少年ジャンプ」とつけていました。げんちゃんは、ジョークが大好きです。受けないのもたくさんあるけど、これには、笑いました。
a0184225_15503910.jpg
げんちゃんの描く絵。ポスターんのコンセプトは、交通安全なのに、げんちゃんワールド炸裂です・・・でも、まあ、まったく絵が描けない時代に、げんちゃんがこんな絵を描けるようになるなんて思えなかったですよね。
手前の人の絵は、のっぺらぼーではなく、後ろ向きなんだとか。後ろは禿頭になるのは、げんちゃんの絵のまだまだ未熟なとこですね。
鳥は、見て描いてます。これが、自作なら、すごいよね~。


 
 


 

by glow-gen | 2015-04-07 16:08 | 特別支援学級 | Comments(5)



中学2年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク

げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
支援学校のひさしくん
注意欠陥
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
職業体験、周りの企業やお..
by みかんまま at 08:22
私もげんちゃんママさんと..
by robo_223 at 07:52
とんままさん ほんと、..
by glow-gen at 18:13
普通の子のお母さん方に子..
by とんまま at 10:45
こんにちは。 げんまま..
by とんまま at 10:41
ゆうママさん 学校のプ..
by glow-gen at 07:55
ロボママさん お返事あ..
by glow-gen at 23:26
前回のコメントのお返事あ..
by ゆうママ at 20:32
お忙しい中、返信をありが..
by robo_223 at 08:20
ロボママさん 私は、げ..
by glow-gen at 21:18
しかし、げんちゃんママさ..
by robo_223 at 23:15
私も「母親を無視して改善..
by robo_223 at 22:35
とんままさん コメント..
by glow-gen at 13:59
何が何でも心を使おうとし..
by とんまま at 05:35
kさん >療育をすると..
by glow-gen at 13:23
ゆうママさん プリント..
by glow-gen at 08:23
ロボママさん そうです..
by glow-gen at 08:07
とんままさん  ほんと..
by glow-gen at 08:00
昨日は穏やかな書き方をし..
by ゆうママ at 13:24
同じく、私が離れたらダメ..
by ゆうママ at 12:25
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧