人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

タグ:原因と改善 ( 2 ) タグの人気記事

発達障害の改善と本質 その1

  2学期はじめての支援クラスプログラムは、先生がびっくりする成果を出したげんちゃんです。

 支援クラスには正式な席がなく、お試し的に行っているので、いつも教材をもたせてお願いしています。1学期は、年長さん対象の、「しちだ」の「もっとハッピータイム」のプリントなど、かなり簡単なものを持たせてました。 彼のくいつきが悪いのを考慮して、あらゆる教材を深夜まで考えて用意したげんママでしたが、努力むなしく
彼は、まったくやらなかったり、やっても、思うようにできてなかったりと、難航してました。
 おまけに、1学期は、1年生では見られなかった徘徊や、教室脱走など、まるで、後退してるような有様で、私もさすがにげんなりしてました。

 ところが、9月初日。彼は、しちだの1年生プリント(しちだから、1年分送ってくるやつです。普通より、レベル高いですが、良いです。)など、1学期よりかなりレベルアップした問題を持たせていましたが、2時限の間、普通に取り組み、7~8枚の量をやって帰ってきました。先生の「すばらしい!」と書き込んでくださった字を見ても、驚きのスタートです。

 今日の、ホームスクールも、算数地獄のげんちゃんが、筆算の宿題を
20問、ノートに写して、私の助けのもとに、2時間近くかけて、根気よくやったのは、驚嘆に値します。
 
 夏休み初旬と、中旬はずいぶん変化してましたが、後半の1週間からこっち、さらに、彼は、変質しています。

 そして、げんママにもこの夏休み、大きな変化がありました。
 この夏休みに、げんママがいきついた研究と考察をできるだけ、多くの人に伝えたいと思っています。発達障害の根本にアプローチする可能性をとても感じてます。
膨大な量になりそうなので、順序だてて書いていくことにチャレンジしてみます。

 まず、夏休み初旬のことを書いてみたいと思います。

 げんちゃんの夏休みは、かなり、綿密に計画を練ってました。学研の先生に特別な個人指導をお願いして、私のかかわる日も増やして、がっつり能力アップを、はかるつもりでした。

 ところが、げんちゃんは、1学期の学校の状態を、家に持ち込んできたかのようなでたらめぶりです。あの、発達障害の指導にかけて、右に出るもののないゆうゆうさんに、一日だけ、げんちゃんのホームスクールをサポートしてもらいましたが、彼女をしても、ほとんど、げんちゃんのスクール崩壊ぶりはかわらす、もう打つ手なし・・・という感じでした。

 つまり、水のみ場に無理やり連れて行っても、本人が飲まないからどうしようもない・・・まあ、そんな感じです。
 どんなやりかたをもってしても、どんな教材を工夫しても、誰がやっても、彼がそれを拒否していれば、万事休すです。それに、算数地獄に対しては、どんなやり方をしても、何の解決も感じません。

 定期的に襲ってくる徒労感と絶望感・・・万策尽きたような気持ちです。

 なんか、そう、こんなことを続けていても、結局、げんちゃんは、障害児のままだ。げんママは、方向性をまったく変えないと、つまり、本質的な脳の特質を改善しないと、げんちゃんへの負担ばかり増えていくばかりで、結果は永遠に出ない!

 ピアノの発表会が成功しただの、絵が描けるようになっただのいっても、何か本質的なものは、いっこうに変らないという、気のめいる感触・・・

 そう感じてるとこに、ブログ友のプチトマトさんに
「頭蓋仙骨療法」
ってどう思いますか?とコメントをいただきました。

 よくわからないけど、かいすみさんが、ずっと前から、頭の骨の調整をする整体の先生に施術をお願いしておられて、色んな良い成果をブログで拝見していたので、
直感的に、(え~まさに、長年やってる発達ママの野生の勘ってやつです。)あ、いいかも・・・と思いました。
 すぐに調べて、そういうことをやってる整体の先生が、自宅から2時間弱くらいのところにおられることがわかって、すぐに行ってみました。

 まだそのときは、その療法がどのようなものか、何が良いのかもぜんぜん知らず飛び込んだわけです。

 そこから、夏休みのげんママの運命が一変しました。まったく今まで考えもしてなかったことに考えが及ぶようになっていきました。頭のこと・・・なぜ、視機能にげんママが着目していったか・・・、なぜ、目なのか、マッサージなのか・・・というのも、その流れです。

 この頭蓋仙骨療法をやりさえすればいい、ということではなくて、そこを切り口に、今まで考えなかったこと、見えてなかったことが、おぼろげながら見えてくるようになったのです。


まずは、イントロですが・・・

 
 続く

by glow-gen | 2013-09-04 01:28 | 頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法 | Comments(21)

脳のはたらきのすべてがわかる本=ジョン・J・レイティー

 
a0184225_2335214.jpg

 人間には、自分の脳をつくり変える力がある。
ヒトの脳は、驚くほど柔軟で、生涯にわたって刻々と変化し続ける。
脳は前もって用意されたプログラムによって動くコンピューターではない。
また脳は、遺伝子によって運命づけられた器官でもない。
脳は、静かに、しかし鋭敏に、変化の時を待っている。
その静寂には、宇宙的な可能性がひそんでいる。
本書を読むことによって、脳という「最高の複雑系」の驚くべき姿に胸をおどらせてほしい。|
その瞬間にも、脳は生まれ変わるのだからー


 今、すごい本を読み始めてます。あるヒトに教えてもらってすぐに取り寄せたのですが、たぶん、この本は、発達障害の子供たちの改善に取り組む親たちに向けて、まるでラブレターのよう!
上記の文は、その見開きに書かれてある序文です。わお~、この序文だけ読んでも、発達障害児をもって、めそめそしてる暇はないとわかります。脳は、すごい可能性に満ちてると、情熱をもって彼は言ってるんだから。

 なんと、この作者ジョン・J・レイティー先生は、げんママが、発達育児に取り組み始めた時、私に方向性を与えてくれた、「脳を鍛えるには運動しかない」
の著者でした。まさに、あれから、2年を経て、彼が、それより、前に(2002年初版)行っていたプロジェクトとしてのこの著書と出会うなんて、なんだか運命的なものを感じます!以前の記事 この本は、ハーバード大学医学部精神科のドクターであるレイティー先生が、脳のわかっていることのすべてを、この1冊に網羅した懇親の作です。しかも、難しい専門用語を並べ立てるのではなく、多くの発達障害の子供たちの臨床ケースから、膨大な脳の情報を、できるだけわかりやすく、道案内した本です。上下2段、細かい字で400ページに及ぶ労作で、手元に届いた時は、そのボリュームに圧倒されました。でも、読んでいくと、今まで、現場でいろいろ研究しながら取り組んできたことを、すべて言葉をしてつなげてくれるような、そうだね~・・・ばらばらの地図を、そこそこで、あけて見ながら、迷路を進んでいたのが、全体図を与えられた感じといいましょうか・・・まさにそんな感じだね。

 と、もったいつけてもしょうがないので、、目次だけ紹介してみます。

第1章 発達
2章  知覚
3章  注意と意識
4章  運動
5章  記憶
6章  情動
7章  言動
8章  社会脳
9章  4つの劇場
10章 ケアと栄養

と、どうです。私たちが日頃悩み、格闘していることの、すべてが網羅してある感じでしょう。
この本は、脳のシステムがどうなって・・・ということも、深く考察し書いてありますが、臨床医である、著者が、それぞれ、わが子たちのような子供たちを、愛情深くかかわり、それらの問題点と、解決の糸口を、陳列ケースに並べるように、指南してくれてます。

 たぶん、私が今まで読んだ本の中で、最も専門的であり、かつ実用的な本です。

なんせ、わかりやすく書いてあるとはいえ、なかなか噛み砕くには、ちょっと硬いので、明日からのお盆休み、どうせ、げんちゃんは、いとこのもとで、トレーニングどころじゃないだろうから、まじに咀嚼してみます。

 なんせ、ここに内容を紹介するには、あまりにも、膨大で、私の能力では、簡単には歯がたたなそうだからね~

 発達育児に油がのってきたママなら、たぶん、わからないとこがあったとしても、感動に震えると思いますよ~。それに、すべての発達障害の子にかかわる人たちにも、必見の書だと思う・・・げんママ、たぶん、これから、何度も、この本を読み返すと思います。これは、発達のバイブルになると思う。初版が2002年なので、脳の情報は、さらに進化していると思いますが、決して古く感じません。たぶん、基礎となる部分なんだと思います。細かいことはかわろうとも、この大元をまずおさえて脳と格闘することが、発達育児成功の早道になりそうです。
おすすめです!

by glow-gen | 2013-08-13 23:39 | 本の紹介 | Comments(40)



中学2年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク

げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧