人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

タグ:体操教室 ( 5 ) タグの人気記事

体操教室のこと。げんちゃんの運動能力

 げんちゃんの発達障害がわかってからすぐに、同級生が一人しかいない保育園から幼稚園にかわりました。年中さんの1月 。パパは、もっと早く大きなとこに変わってれば、もっと多くの刺激を与えられてたかな~、と言ったのですが、そこだから、げんちゃんに合わせて対応していただけたとも言えます。

 異常を見つけて下さったのは、そこの先生なので、本当に感謝してます。良くげんちゃんをかわいがっていただきました。ただ、一般に、無認可園は、3~4歳くらいからは、園庭が限られたりして、運動量が少なくなることがある。そこだけは要チェックだと思います。

 げんちゃんの新しい幼稚園は、たくさんの遊具があり、げんちゃんは、よく運動をしました。
 そもそも、そこで、体操教室の先生に出会ったのが運動の次なるステップです。彼は、げんちゃんに対して、こうアドバイスしてくださいました。
「9時から始まる幼稚園に合わせてではなく、早くから来て、幼稚園が始まるまで、園庭で遊ばせて下さい。」
それで、仕事に行く前に、私は、7時半にげんちゃんを園に連れて行きました。げんちゃんは、園をかわってから、よく、クラスを飛び出して、外に出たがって、先生の手をやきました。特別に、少しだけ遊ばせてもらったりしてました。
 でも、その早朝登校がはじまってから、げんちゃんは、そういうことが少なくなりました。
 げんちゃんの体は、自分で、体を動かすことを必要として、それなりに、開発モードが働いていたのだと思います。

 そして、週一、放課後は、そこであってる体操教室に参加しました。先生は、発達障害をたくさん指導してきた年配の男の先生です。彼が、初期のげんちゃんに多くのことをしこんでくださいました。
 その中でも、私に、彼が言ったこと。
「自分で気づかせて下さい。教えたことは、しょせん教えたことです。」
そう言って、げんちゃんが、自分で出席カードを出すまで、一度も出しなさいと言わず待ちました。やがて、年長さんになって、げんちゃんは、時々、まわりがカードを出してるのを見て、はっとして、鞄に取りに行くようになり、1年の頃には、けっこう自分で出すようになってました。彼は、実に的確に、げんちゃんを見守り、時に指導しました。

 今、サッカーや体育の時間、げんちゃんが、わりに、秩序を守って動けるのも、もともとは、その先生が、手ほどきをしたおかげが多いのだと思います。2年の時も、
「なぜか、体育の時間だけは、ぴしゃっとできるんですよね。」
とクラス担任が言ってたのも、こういう流れなんだと思います。

 そして、幼稚園の担任のM先生。1年ちょっとでしたが、クラスをもちあがり、手間のかかるげんちゃんを、ほんとに根気よく指導して下さいました。校長先生も、
「げんちゃんは、変じゃありませんよ。」

なんて、思いっきり変な時代に、私をはげましてくださったり・・・・、多くの人のささえで、げんちゃんの今があるのだと思います。なんだか、今日は、振り返って、あらためて感謝したい気分です。

 それというのも、頭蓋仙骨療法を受けるために、去年の夏からこっち、体操教室を休んでいたのが、このたび、正式にやめることになったのです。
げんちゃんプロジェクトは、1日のホームスクールの他に、げんママが半日で帰れる日、つまり、体操教室の日しか、みっちりトレーニングにあてられる日がなくて、体操教室か、ホームプログラムか・・・という選択をせまられていました。 結局、少し後ろ髪ひかれる思いはしますが、やめることにしました。

 さて、げんちゃんは、ママの手当たり次第の特訓や、体操教室を手始めに、ほんとうに、体を作ってきました。ふらふら歩いて、長く走ることも、自転車に乗ることもできない子が、本当に進化してます。もちろん、まだアベレッジに到達してないと私は思ってるけれど、彼は、次から次に挑戦し、(いや、させて、と言うべきかな。笑)少しずつ少しずつ進化してるのです。

 先日、またひとつ達成です。クロールで25メートル泳ぎました。うんていの効果かわからないけど、ずっとママと二人で時々通ってて、たくさんの時間の積み重ねの上に、ぽんと、ある日、突然、息継ぎがスムーズにできるようになり、すいすい泳いで、プールを横切るようになりました。そして、逆上がりもほぼ達成です。まだあやういけど、とりあえずできるようになったのです。

  どれも、たんたんと時間をこなしていくという、地道な戦略です。最初は、すさまじく、絶望的な中、成功することはほとんどイメージできない中で、とにかく続ける・・・・それだけだったわけです。

 まだまだ、ぜんぜんかすりもしない項目もありますが、これからも、とにかく、目標をたて、そのための戦略をたて、あとは地道にたんたんと、時間を積み重ねる。その繰り返しを、やっていこうと思います。
継続は力・・・マイペースでも、絶対に止まらない。少しでも進めば進んでいく。人生はそうやって豊かになっていくものだと、げんちゃんは小さい頃から覚えていくのでしょうね。

by glow-gen | 2014-06-02 20:26 | げんちゃんの体の機能 | Comments(67)

ひたすら地道に・・・たんたんと

 げんちゃんの進歩は、日々見ていると劇的というわけではありません。
昨日、幼稚園である、体操教室を見学していると、色んなことを考えさせられます。先生が、変形ボールをバウンドさせて、子どもが取りに走る競技をやっていました。他の子どもたちより、やはり、げんちゃんはどんくさいです。
 げんちゃんは、もう他の子と、そう大差ない・・・と思いたい心理があると、「やれやれ、だめだな~。」と思わせられます。以前の、話にならなかったげんちゃんを考えれば、「すごく進歩したよね。」
という言い方もあります。

 そのあたりを、一言で表現するなら「微妙なところ。」
というところでしょうか。

 最後に5人の生徒さんで、トーナメント試合がしくまれました。先生の配慮で、げんちゃんは、不戦勝、1本勝負の有利な場所においてもらいました。4人のうち、勝ったメンバーが、げんちゃんと勝負です。
 げんちゃん、なんと、偶然にも、ボールを取って、優勝です。
先生は、うれしそうに、げんちゃんをほめています。

 なんせ、負けると、ぶすっとして、他の子のやってるところも見もしないげんちゃんなので、戦略の研究などするわけもなく、普段は、そうそう、勝てません。
思いっきりほめられてます。
 見てると、良く気配りができる相当できの良い子どももいます。
こうやって、集団の中にいるげんちゃんは、けっこうまぎれていますが、注意深く見ると、かなりまだまだですね。

 帰りは、幼稚園の庭で、何人かと遊びます。でも、よく見ると、げんちゃんは、3~4歳の園児をつかまえていっしょに遊んでいます。明らかに、同級生と遊ぶより、小さな子どもに命令を出しながら遊ぶのが好きなようです。小さな子を遊んでやってる、というより、しきって自分の好きなようにしている感じです。

 あとで、
「げんちゃんは、同級生のA君やB君と遊ぶより、小さい子と遊ぶ方が好きみたいだね。どうして?」
と聞きました。
「A君みたいに僕できないもん・・」
と答えます。やはり、げんちゃんの、勝ち負けにこだわる高いプライドは、なかなか治らないんだな・・・と思います。また、彼の総合力は、良く見積もって、年長さん始め、といったところなので、単純に、年齢の近い子の方があうのかもしれません。

 げんちゃんトレーニングもなかなか体力がいります。今日は、げんママ体がきつくて、帰って二人で昼寝しました。

 起きても体がしゃきっとしなくて、とりあえず、宿題だけ半分やりました。
 げんちゃんは、やはり、算数はぼろぼろです。5×2 の10個マスを書いて、足し算は、2色で、○を書かせます。5をこえると、下のマスに書き込むので、形で覚えてくれないかな、とやってます。1~2ヶ月前は、ほんといやがっていましたが、いやがらずに、○を書いて答えを出します。暗算はまだ難しいけど、こうやって、○を書くとわかります。とにかく、いやがらず、やる、というのがここんとこの進歩です。

 朝20分の取り組みを始めました。朝起きたら、10分散歩して、10分トレーニングをする。前日できなかった宿題をやることも多いですが、朝の取り組みは、とても良いです。
げんママ、朝は超苦手・・・でも、早寝早起きできるようになりました。
 今日も、宿題の残りを朝やりました。出がけにプリントがありません。
「どこやったの、さっきやった宿題?」
「黄色い鞄に入れたよ。」

 本当に入ってます。
 へ~。すごい。今までだったら、「??」だけだったよね。

 今日届いた七田のもっとハッピータイム(算数がついていけないので、たまってます。)の七田真先生のコメント。


「音読暗唱の繰り返し学習が、脳内にもっとも効率的に情報を流すネットワークを作る。。
音読、暗唱は、右脳の回路だけでなく、右脳の無意識の感性も育てます。(集中力や想像力)」

 そうですね。もう言い古されたようなことだけど、改めて、言葉にしてみると、地道にやっていこう!と励まされます。

 そう、やっぱり、地道にやっていこう!

 


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
by glow-gen | 2012-06-28 12:49 | たいそう教室 | Comments(13)

げんちゃんの参観日 ~自分で見つけていく子に~

さて、久しぶりにげんちゃんの参観日に行ってまいりました。
 参観日は、いつもブルーというのがげんママの常でした。それで、期待せずに行くようにしておりますが、果たしてげんちゃんは・・・
 期待してないと、まずまずといったところです。園の本日の課題は
1、字の練習
2、体操教室 でした。
 年長さんでは、そろそろ、デスクを出して、ひらがなの練習をやっているようです。今日は、「の」と「ぬ」ワークシートをやります。げんちゃんは、最近字を書く練習に取り組んでいます。もともと、運筆がまずく、手先を器用に使うことが難しいので、がたがたのへんてこりんの字になります。もちろん書けないものの方が多いです。
 「のがつく言葉が分かる人?」
先生のつかみが始まりました。
は~い。と手があがります。げんちゃんも前の席で立ちあがって手をあげてます。
先生にあてられました。
「のり!」
げんちゃん快挙・・と思ったら、ワークブックに書いてありました。な~んだ。でも、いいや。教室の中で、何の違和感もない感じです。この時点では。
 のの字は、やっぱりひどかったです。たどるのさえも。前の子どもさんを見ると、すっきりまっすぐな線。げんちゃんは、がたがた波打ってるし、いびつ。げんちゃんの、図が描けない、ということにも起因するんでしょうね。でも、書いているからえらい。「ぬ」は横で手をそえる必要がありました。

 後半は体操教室
 普段週一度この先生に習っているので、カリキュラムはこなしました。習っているわりには、という感じがしないでもないけどね。

 げんちゃんは、なんとか、大きくはみ出さずついていっているようでもあります。でも、たとえば、先生が、
「字の練習はもどってからやりますから、かたづけないでいいですよ。」
と先生が言っても、お道具をしまってみたり、体操教室で、上履きを反対にはいていることが発覚したり・・・周りを読んで、自分が何をするか判断する、というようなことは難しそうです。
 
 でも、一言でいえば、げんちゃんは、よく伸びています。以前の参観日では、なんとなく集団に溶け込んでなかったし、課題も、へたくそではなく、できない・・・でしたから。

 そうです。げんちゃんは、すこぶる遅れた障害児童から、すこぶるできの悪い落ちこぼれ君に昇格したようです。(笑)

 つまり、かすりもしなかったのが、ボーダーが見えるあたりまで近づいたような感触です。
 なんてできの悪い、なんて思っちゃうのですが、こうして文章にしたら、進歩してるんですよ。すごいすごい。

 体操教室の先生は、脳科学的に色々やっている方で、げんちゃんの指導もいつも的確です。そしてこんなことを話されていました。

 体操の課題を与えて、できない子がいても、すぐに教えないそうです。教えてもらったことはすぐに忘れる。だから、自分で、どうしたらいいのかな?と考えさせるように、ひたすら何回もやらせるそうです。そして、できなくても、できたとこまでかならずほめる。子供はほめられなければなりません。と言われました。
 そして、いつも教えてもらう子は、いつも教えてもらうようになってしまいます。教えてもらう子はいつも同じなんです。自分で見つけていく子にさせましょうね。根気よく待って、ほかの子と比べないでください、とも言われました。

 とても含蓄のある言葉ですね。
げんちゃんは、彼の体操教室で、まず出席カードを出す、という課題がクリアーされるまで、半年待っていただきました。それまで、色んな導きはあったようですが、しからず、げんちゃんの変化を待っていただきました。げんちゃんは、その期待に今答えているようです。(いつもではないようですが。)

 おくつが反対なのも、洋服がいまいち着れないのも、あまり、がみがみ言わずのんびり構えたほうがいいんだよね~。とママは思います。確かに、色んなことが前よりできてきてます。いつも教えてもらうばかりの子にならないように。大切なことですね。

 家に帰ってから、またジョギング。今日は素晴らしく色んなトレーニングができました。げんちゃんが食いつく流れを考えました。それは、またにします。

 ま、よい一日だったかな。


 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-11-11 01:50 | 幼稚園でのできごと | Comments(6)

幼稚園で見るげんちゃんは、ため息!

 今日は、早く帰れるので、幼稚園でやってもらってる体操教室にお迎えに行きました。
運動能力はかなりのびた、と思っていたママはがくぜん・・・わっかの中を、12、と二つずつリズムを刻みすすんでいく運動は、とととと・・・と進んじゃう。つまり、脳でリズムをきざんで、体を動かすような運動は、ことごとく撃沈。並んでいる間も、きょろきょろ、他に興味が行ってます。
 ちゃんと、出席カードは出せるようになってんのかな~、と思ったら、それもだめ。終わりになって、出してないということが気づけたけど、かばんの中からカードを見つけ出せない。朝、ここに入っているから、ちゃんと出すんだよ。と教えてあげたのに・・・

 こんなところは、クリアしてると思っていたママは、甘かった!先生にそう言うと、
「こういう子は、そういうのは、なかなかできるようになりませんよ。少しずつ教えていきます。」
みたいなことを言われてしまいました。

 なるほど、確か構造化なんて言ってましたっけ。つまり、全体を把握することが難しいので、細かいパーツが、全体のどこにあたるかということを教え込む。一日の生活をグラフや絵にしてバランスをとっていくような教え方です。
 発達に詳しい体操の先生いわく、
「おうちでは、こういう子は、わりにちゃんとできるんですが、外に一歩出るとだめなんですね」。

 なるほど、たくさんの情報にあふれている世界では、情報の収集と整理がうまくできないのかな?と思います。このあたりは、フラッシュカードで開発できる部分なのかな~。
 脳的にはどうなのかな? もうママの頭は混乱してしまいます。
 
  げんママ、またへこんじゃいますね。
親切な担任の先生は、色々げんちゃんの進歩を言ってくださいますが、結局、まだまだ普通の子からはほど遠い・・・ふ~!

でも、体操の先生をあっと驚かせたいものです。体操の先生は、いつもママを現実にひきもどしちゃうみたいです。いつもリセットみたいな状況になります。
 彼をあっと言わせたいな~。
 
 図書館で本を読んでやりました。論語読みの論語知らずでもいいや、と思って、ちょっと難しい低学年向きの字が多い本を早読みしました。げんちゃん、少し寝っころがったりしたものの、じっと最後まで聞いています。う~ん。何なんだろうね。けっこうおりこうさんで、わかってるみたいに見えるんだけどね。
 でも、帰りに車で、本の内容をちょっと聞いて見たら、しどろもどろ。
なんか、ジェットコースターみたいに、ママは上がったり下がったりしてしまいます。

 家に帰って、パパが持って帰ってきた、缶コーヒーのおまけのしぶいミニカーを見て、
「わ~。なつかしい車だね!」

なんて、わかったようなことを言う。ママは、不思議の不思議君に時々疲れますわ~。ふ~。  
 


ブログランキング参加中。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-08-31 20:39 | Comments(0)

親ばか力

 久しぶりに、幼稚園見学に行きました。
げんちゃんは、体操教室に参加していました。以前見たときより、回転したり、足踏みしたり、進歩していましたが、やっぱり、相当周りとテンポが違いました。

 「はい、あつまりまーーす。」と先生が声をかけると、他の子は、さっと集まるのですが、げんちゃんの目は、なんだか他のものを追っているようで、一人はぐれ雲のようになってしまいます。

 それでも、ふと気づいて、群れにはいっていったりするし、時には、優しい園友が、ひっぱってくれたりします。

 中でも、絵里ちゃんは、おしゃまなちいままで、げんちゃんのおせわをさっさかしてしまいます。はい座りましょう、と言われても、つったっていたげんちゃんを、うしろから抱きかかえて、絵里ちゃんがお膝に座らせて、じっとしていたのには、びっくりしました。

 げんちゃんもされるがまま、どうも、絵里ちゃんの母性本能に何か訴えかかえるげんちゃんなのかもしれません。そういえば、保育園の時も、だれか特別にくっついてきてくれる仲良しができていたげんちゃんでした。
 げんちゃんは、だれかれにも、あまり壁がないようで、お世話されると、気持ちよくされるがままになります。

 これは、げんちゃんの面白い特性だと思います。
マイペースでこまりものだけど、周りを侵害するわけでもなく、ただ一人、自分の世界を楽しんでいるようです。

 もちろん、のけものにされたりするときもあるのですが、あまり気にしている風でもなく、自分が興味のいくところに夢中になっていることが多いようです。

 脳のシナプスがまだまだ滞ってちょっと情けなくもなるのですが、げんちゃんのユニークな特性こそ、とっても素敵だと思う親ばかママです。集団の中で見ると、まぎれもない発達障害!そのずれかたは、もう笑うしかない。涙!やれやれ。

 体育の先生も、げんちゃんの様子を見極めてから、お月謝はいただきます、なんて恐縮なことをおっしゃいます。発達障害にも取り組む熱意むんむんの先生です。今は、まだ、げんちゃんにあったプログラムをやってないから、まだトライアルということでいいですよ、なんて、げんちゃんは、恵まれているよね。

 げんちゃん、げんちゃんの世界を大切にしながら、脳の開発をしていこうね。
ママは、げんちゃんが、きっと天才になると思いこんでいるよ。

これを親ばか力というらしい。親ばか力は、時にミラクルをおこすそうです。

 


ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-03-11 02:26 | 体遊び | Comments(0)



中学2年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク

げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
支援学校のひさしくん
注意欠陥
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
職業体験、周りの企業やお..
by みかんまま at 08:22
私もげんちゃんママさんと..
by robo_223 at 07:52
とんままさん ほんと、..
by glow-gen at 18:13
普通の子のお母さん方に子..
by とんまま at 10:45
こんにちは。 げんまま..
by とんまま at 10:41
ゆうママさん 学校のプ..
by glow-gen at 07:55
ロボママさん お返事あ..
by glow-gen at 23:26
前回のコメントのお返事あ..
by ゆうママ at 20:32
お忙しい中、返信をありが..
by robo_223 at 08:20
ロボママさん 私は、げ..
by glow-gen at 21:18
しかし、げんちゃんママさ..
by robo_223 at 23:15
私も「母親を無視して改善..
by robo_223 at 22:35
とんままさん コメント..
by glow-gen at 13:59
何が何でも心を使おうとし..
by とんまま at 05:35
kさん >療育をすると..
by glow-gen at 13:23
ゆうママさん プリント..
by glow-gen at 08:23
ロボママさん そうです..
by glow-gen at 08:07
とんままさん  ほんと..
by glow-gen at 08:00
昨日は穏やかな書き方をし..
by ゆうママ at 13:24
同じく、私が離れたらダメ..
by ゆうママ at 12:25
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧