人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

タグ:伊藤恭先生 ( 3 ) タグの人気記事

算数の学習障害と指先

 
 夏休みの大きな目標は、算数を進化させることでした。なんせ、2学期に始まる二桁計算で、げんちゃんを、学校の授業からひとり孤立させたくありません。

 先日ブログに書いた、数えさせることをひたすらやるプリントを毎日手作りしています。形で、瞬時に数を判断することも訓練しています。それ以外にも色々取り組んでみています。とはいうものの、そうそう何時間も集中するわけもないので、日々、細切れに、少しずつ、という取り組みですけどね。

 さて、げんちゃんは、夏休みに来て、やっとある能力に目覚めたような気がします。

そして、その目覚めを感じながら、げんママは、あることに気づきました。

 それは、算数とは、指先を含め、ある身体能力がそなわった上にできてくる能力なのではないか。ということです。

 げんちゃんは、1学期、学校で取り組んだ一桁計算をするのに、他の子のように、指を出して計算することができませんでした。年長の頃は、指を出すことすら、まったく考えつきもしないと言った風情でしたから、それに比べれば、進歩はあったものの、指を使うことができないのです。だから、足し算も引き算も、わけわからない・・といった感じでした。

 しかしここへ来て、げんちゃんは、決定的にある能力が進化しました。
それは、指とカウントすることがリンクしだしたということです。

 脳から指へ指令を出して行う典型的な遊びは、じゃんけんです。げんちゃんは、じゃんけんができず、的確にできるようになったのは、年長さんも終わりに近づいた頃でした。とりあえず、じゃんけんのポーズをしてはいたのですが、何が何に勝つ。ということを、体に習得したのは、他の子に比べると相当遅かったのです。

 手拍子もできませんでした。年長さんの初めは、歌いながら手拍子を打つ・・・なんて、彼にとっては非常に高度な技だったのです。

 今、それらは、げんちゃんにとってそう難しいことではありません。

 以前からよくやっていた遊びで、「何文字?」というのがありました。言葉を言って、それが何文字かあてさせます。1年生の始め頃、げんちゃんは、5文字を過ぎると、なんだかけっこう怪しかったです。
 文字を発音しながら、指を折っていく作業が、どうもあやふやです。指とリズムがスムーズにいきません。

 しかし、夏休みになって、げんちゃんの指は、リズミカルに数に合わせて動くようになりました。

 「夏休みはたのしい。」
さて、何文字? げんちゃんは、指を折りながら数えます。正解です!

 「4たす3は7」10回言ってごらん。

10回指でカウントしながら唱える。こんな当たり前のことが、げんちゃんには、今まで難しかったのです。

 げんちゃんの様子を観察しながら思ったのは、算数の能力って、体の機能に下支えされるものではないか、ということです。

 私たちは、たとえば、心の中で物の数を数えるときでも、目でそのものを追って、体でリズムを取ります。なんだか、3つくらいの何かが、頭の中でいっしょに連動する感覚がありませんか。無意識ですが、1から10まで数字を唱える時と、詩の1節をそらんじる時。どうも、脳のシステムは違うような感覚がありませんか。

 きっちり数をカウントする、そのためには、脳の特別製のカウンターがいっしょに働かなくてはだめで、そのカウンターがうまく働いているかどうかは・・・指先の動き、つまり、指先への指令が、大事な鍵になっているのではないか。

 げんちゃんについてだけの研究ですが、げんママはそのことを発見しました。ピグマリオンの伊藤先生が、算数の能力と指先の関係を書かれていましたが、どうもこういうことじゃないのかな。と実践を通して感じるようになりました。

 げんちゃんは、カウントするリズムとともに、指を連動させられるようになってきました。すると、今までの闇の中にいたような算数が、少し明るみに出てきたような手応えが出てきました。

 ママは。色々取り組む中で、今あえて、手で足し算をさせる訓練をしています。これは、足し算をさせることよりも、むしろ指を頭の指令に合わせて動かす訓練の方が、中心です。

 そして、指先をもっとリズミカルに、カウンター化させるために、上半身の強化もいるんじゃないか・・・と思うようになりました。
 夏休みの運動プログラムに、頻繁に、公園のアスレチックジムを取り入れることにしました。


 算数のさまざまな入力と並行して、指先を自由自在にカウンター化する訓練。これは、ドリルにまさる早道なんじゃないか。夏休みのげんちゃんを見ながら感じています。

 まだまだ算数は大きな山ですが、征服する、一里塚が見えた気がしています。

 ただ指が動くだけではなく、指がカウンターのように、数えるリズムに合わせて自由自在に動くこと・・・・これは、算数の下にある秘めた基礎能力じゃないか、と思うのです。

 脳は、本当に不思議です。この場所は、算数を支配していて、ここは、言葉で・・・みたいな単純なものではなく、反射神経のような、たとえば、小脳だったりするあたりが、実は、前頭葉で行う知的活動の下に横たわっていたりするんだろうな~・・・

 そして、やっぱり、あらゆる運動プログラム抜きに、算数もなしなんだね・・・運動プログラムこそ、やっぱり、基礎中の基礎なんじゃないだろうか。と思う。

 算数は、研究するだけ研究してみたから、教材だけはたっぷりあります。その中から、げんちゃんにあったものをピックアップして与えてみています。今までは、どれも、うまくいかなかった感触でしたが、げんちゃんの基礎能力がついてきたら、ママの今までの研究が、ここから役に立ってくれるといいけどな~。

 担任の先生を驚かせたいな~。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
by glow-gen | 2012-08-07 20:20 | 算数の学習障害 | Comments(17)

塾の個人レッスン、先生の進化

  塾の個人レッスンを1ヶ月ぶりに見に行きました。

 先月、ママは、ピグマリオンの伊藤先生のお書きになった「2歳児のさんすう」を、若い先生にわたし、現在取り組んでいる、げんママの取り組みかたを、偉そうに(笑)伝授して参りました。

 はたして、1ヶ月後・・・
 先生はとっても進化していました。
まず、ラキューという指先を使うブロックを15分くらいやらせました。

その次は、げんちゃんを放逐してちょっと動き回らせて、エクスサイズ。(脱走したので・・)

 机に座らせると、点つなぎをさせて、次にブロックの数当てをさせました。さらに、たくさん書いてる絵を4個ずつ、とか3個ずつとか○で囲ませるのもやりました。
 
 手をそえて、ヘルプしてましたが、いちおう、4ページくらい終了させました。

 最後に、10マスを使った、足し算をして。

 はい、1時間終了・・・

オ~~パチパチパチ! げんママは、先生の進化に拍手。(先生はげんちゃんに拍手したと思ってたみたいだけどね。

とにかく、短くて、早いタームで手をかえ品をかえ取り組ませる。反射的とも思わせるようなリズムで進める。賢い先生はポイントをつかんでいます。

その間、げんちゃんの集中はとぎれながらも、かろうじてもちこたえました。

 「先生うまいですね~。げんちゃんにこれだけやれるということは、普通の生徒には、スーパーティーチャーですね。」

 将来有望な先生です!それで、今度は「あきらめないでお母さん」をさしあげました。あきらめないでお母さんには、中学生の取り組みも紹介されています。げんちゃんが指導をうけてるこの塾は、福岡では名うての進学塾。きっと役にたつと思いますよ。

 しかし、進学塾の先生がIQ60と言われたげんちゃんを個人指導してるなんておもしろいね。本部からはきっとやめとけ、と言われると思いますよ。だけど、げんちゃんの教育方法こそ、まさに、天才を作るための秘密が隠されているのです。先生の本業にもきっと役に立つと思いますよ。

 そうです、知的障害の教育は、実は色んな秘密が隠されているのです。優秀な先生なら、たぶん、発達障害を教えるのも上手なはずです。逆も真。
 発達障害の子どもの教育におもしろさを見いだせないタイプは、普通の子の教育もいまいちかもしれません。

最近そう思います。

 さて夏休みの対策を考えました。彼の個人レッスンの時間を増やしてもらうようにしようかな・・とも思ったのですが、げんちゃんに手をとって、稼ぎ時の夏休み、本業(かしこいお子ちゃま)が忙しくなるのに申し訳ないな、と思いました。ははは・・・
 すると、なんと、家のすぐ近所に学研ができました。個人のお宅がフランチャイズになったのでしょう。
 
 たずねてみました。

 なかなか面白い展開になりました。げんちゃんは、夏休み、学研のお世話になることになりました。長くなったので続きはまた・・


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
by glow-gen | 2012-07-13 16:56 | | Comments(10)

げんちゃんの「つぼはまり」 

  げんちゃんのソーシャル(社会性)は、まだまだ・・と、先日先生に聞いていましたが、先日、げんちゃんのソーシャルをかいまみる事件がおきました。

 子どもとは、他の子どもといっしょに、集団に入れてみないと、親でもわからない・・・これは、真実ですね。

 げんちゃんは、いつも、体操教室のあと、何人かと幼稚園の庭で遊んで帰ります。3才の弟さんを連れてお迎えに来るママがいて、げんちゃんの遊び相手はもっぱらその子になります。

 まあ、昨日も、例にもれず、そのぼうやを引き連れて遊んでいます。
雨上がり、水たまりで、おにいちゃんたちが泥遊びをしてました。
 げんちゃんは、そこへ、つかつかと入っていきます。なんせ、通り道にできた水たまりなので、げんちゃんにしてみれば、
「通路だ!」
ということなのでしょう。しかし、お兄ちゃん二人は、芸術的な泥の世界を作成中。思わず、げんちゃんに、
「入ってこないで!」
と注意します。
げんちゃんは、自分がやりたいことを阻止されて、憮然として抗議します。止まろうとしません。そこで、お兄ちゃんはおこって、げんちゃんに、砂を軽く投げました。
げんちゃんは、いきなりソーシャルの”つぼ”に入りました。

「ひどい!。」
と言って、げんちゃんは、お兄ちゃんになぐりかかろうとします。

 うわ~。もちろん、ママが制止します。
 「どうしてそんなことをするの?」
ママの罵声がとびます。

 げんちゃんは、つぼにはまっているので、すごい目つきで、こっちの言うことなんか頭に入りません。ママがいなければ、まわりの子は、迷惑の嵐です。
あーやれやれ。

 こういう状況が普通にまだまだ存在しているわけですね。

 単ににソーシャルが未熟というより、発達障害特有の強いこだわりが、猛烈にげんちゃんを支配して、彼を別人にしてしまうかのようです。

 げんちゃんのそういう”つぼはまり”の時、理論も何もあったものではないようです。しばらくは、どんなにさとしても、納得しません。
他の子と、まったく違った世界で、泣いたり、一人行動をしたり、興奮して、過ごしていました。

 昔、仕事上でかかわった方に、同じような行動パターンで”つぼはまり”現象を起こす方がいました。
 普段は親切で、普通の方なんだけど、つぼにはまると、独自の世界に入り、自己中心的理論で周りに竜巻をおこしていました。

 普段からは想像もできないので、初めて彼のパターンに巻き込まれた人は、驚いて恐怖すら感じました。
 あれは、今考えると、障害といえるものだったかもしれないと思います。世間には、発達障害を成人になって指摘される方も多いと聞きます。彼が、そうなのかどうかよくわかりませんが、げんちゃんのつぼはまりの状態は、彼のそれを、ほうふつとさせました。
 
 ただソーシャルが未熟、というだけではなく、独特の困った脳の回路が、太く鍛えられてしまっているかのように感じます。

 なかなか手強いな・・・げんママは、思います。ここに関しては、何が一番手だてとして良いのでしょうね。帰りに、さっそく本屋さんで、ソーシャル関係の支援の本をめくってみました。とっても、めんどくさいことばっかり書いてました。表にして、まるで算数みたいに教えていく、とかね。

 なんか、もっと合理的な方法があるんじゃないかな~。これは人格というより、あるちょっとしたことなんじゃないかな?そう思いました。

 前に読んだ、「あきらめないでお母さん」をもう一度めくってみました。
指先の能力ができてくると、いきなり落ち着いてきた子どもさんの話が出てました。

 なるほど、社会性も、あせらず、基礎がためだね・・・

 そして、ちょうど、その本をめくっていたその時、ピグマリオンの創始者「伊藤恭」先生が、おそれおおくも、げんちゃんブログに書き込しみてくださいました。ブログに記事も書いてくださいました。伊藤先生ブログほんとありがたく恐縮です。
 伊藤先生の教えの中にも、指先のトレーニングや、基礎的な力をつけると、ソーシャルがとても改善したという例がたくさんありました。

 げんちゃんは、指先も、しっかり進歩の過程を歩んでいます。昨日、ちょっと難しいジグソーパズルをいっしょにやりましたが、なんと、彼は、以前のように、逃げずに、けっこうおもしろがって、やりました。それを楽しんでいた、というところが以前からすると改善ポイントなのです。


やっぱり、ここで、ママはあせらず、ど~んとかまえましょ!。大丈夫大丈夫・・・
 


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
by glow-gen | 2012-07-07 16:19 | ソーシャルスキル | Comments(17)



中学2年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク

げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
ゆうママさん  発達の..
by glow-gen at 23:58
最初に記事を読んだ時、支..
by ゆうママ at 07:02
みかんママさん そうで..
by glow-gen at 22:58
げんちゃんへの対応、息子..
by みかんママ at 19:27
ロボママさん ロボママ..
by glow-gen at 18:37
表面を取り繕うという方向..
by robo_223 at 08:24
Mさん 私立の中学受験..
by glow-gen at 00:58
ゆうママさん 同じとこ..
by glow-gen at 17:34
ロボママさん つきぬけ..
by glow-gen at 16:36
Oさん 暖かいお言葉あ..
by glow-gen at 14:03
げんちゃん、いい感じです..
by ゆうママ at 10:36
げんちゃん、とうとう突き..
by robo_223 at 12:16
Kさん そうですか~。..
by glow-gen at 00:24
ひつじさん ほんと発達..
by glow-gen at 20:51
ハナちゃんママさん コ..
by glow-gen at 20:47
絵画教室を辞めさせた意図..
by ひつじ at 13:31
げんちゃんママさま ..
by growup_hana at 09:46
Kさん 6年生になった..
by glow-gen at 12:58
ロボママさん コメント..
by glow-gen at 12:16
またまた、貴重なS先生の..
by robo_223 at 09:43
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧