人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

タグ:ボール投げ ( 1 ) タグの人気記事

GW たまには右脳に振ってやるのがいいですね

    楽しいゴールデンウィークもあっという間に終わってしまいました。

 私も実家でゆっくりさせていただきました。
 仕事でばたばたしながらの、発達育児は、こうして見ると、自分に余裕がない・・・そういうことにも気づけました。4日間休みが続くと、日頃の緊張が、日に日に弛緩していくのがわかります。

 げんちゃんは、4月の前半から、GWを心待ちにしてました。実家に帰って、いとこ達と遊ぶのを楽しみにしていたのです。実家のすぐ近くには、妹の子である、同級生のKちゃん(女の子)と、6年生のY君がいます。

 二泊三日でしたが、げんちゃんは、ほんとに楽しそうに過ごしました。

 Kちゃんは、たぶん、同級生の中でも、めちゃくちゃ能力の高い子です。学業もすごければ、運動能力も抜群。しかも、姉御肌で気が強い。
 お姉ちゃんのいるげんちゃんは、たよれる女の子にしきられて遊ぶのは、もっとも居心地が良いのか、はたと見ると、いつのまに、二人でお風呂に入っていたり、いっしょに公園に遊びに行ってたり、仲良さそうに遊んでました。

 賢いKちゃんのこと、げんちゃんは、年齢とともに、どんどん差が開いて、相手にされなくなるのかな、なんて思っていました。今回は、果たして遊んでもらえるかしら、なんてことも、考えていました。が、この度、観察してみれば、以前より、違和感なく普通に会話し、遊んでいる。

 へ~、げんちゃん、成長してる。と実感した瞬間でした。

 げんちゃんは、バトミントンに引き続き、100均の柔らかいボール投げを経て、GWはドッジボールを買いました。それで、いとこたちと私4人で、ボール投げをやってみました。

 げんちゃんのボールデビューは、他の子より遅く、1年の時に、ボール投げが砲丸投げポーズになり、目の前に、どてっと、ボールが落下したいやな思いでがあります。

 果たして、げんちゃんは、このたびは、ややへたくそな気になるフォームではあったけど、ちゃんとキャッチし、ちゃんと投げる事ができてます。
 この子たちは、遠近が判断しにくい視覚認知の子も多く、ボール遊びは苦手な子が多いです。げんちゃんも、それを疑う事もありましたが、このたびけっこう早い玉もとろうと構えます。たぶん、視覚認知が改善してるのだと思います。視覚と体の協調運動も良くなっている。ボール投げは、この頃取り組み始めたばかりだけど、いつのまにか、ゼロから1に来ていて、やるほどにうまくなっていくようです。
 色んな能力が進化すると、今まで、できなかったことも押し上げられます。まさに、△が○になれば、×が△になる・・・・この黄金の法則通りだと思います。

 だから、×はやらない、△をのばしていく。エジソンの鈴木先生に教えていただいたことですが、ほんとに、大原則なんだと思います。


 さて、しばらくすると、げんちゃんは、ボール投げに飽きたのか、すっと、他の遊具の方へ行こうとしました。私が、

「勝手にやめるのは良くないよ。みんなでやってるんだから、自分がやめたくなっても、ちゃんとみんなに合わせなければ、遊べないよ。」
と言って、ひきもどしたら、げんちゃんは、また輪に入ってやってました。

 以前のげんちゃんは、みんなでしようとすることに、つきあう気も少なかったし、やりたくなくなったら、もとの輪にもどすのは難しかったです。

 なんだか、相当進歩したように感じました。

会話も、しっかり双方向で、子どもらしいコミュニケーションが飛び交います。

 最後の日は、他の親戚もいっしょに潮干狩りに行きましたが、最後まで、がんばって参加してました。

「あ~、楽しかった~」
と、帰りの車で、言った顔を見たら、満面の笑顔。げんちゃんって、こんなに、よい子だったかしら~、と私さえ、普段のげんちゃんを忘れるほど、なんか、良いげんちゃんでした。

 家に帰って、心なしか、なんだか、げんちゃんが、またステップアップしたように感じます。
 算数の宿題をさせてたら、計算も、あれ、前より、できるようになってる。ってうれしくなりました。たぶん、しばらく、プリント学習から、ママは離れていたのですが、学研の先生が地道にやって下さっていたのでしょう。前できなかったことができてる。(もち、前よりということだけど)
 こういうの「良いサイクル」・・・って言うんだろうな・・・と思います。

  そのうち、もっと良いげんちゃんが、普通クラスできっと見られるはずだ。やがて、そんな気になるげんママです。

そして、それと同時に、普通クラスにこだわることなく、もっと、この子の能力をのばし、この子の良いところを引き出せるはずだ、という確信がわいてきます。
 
 学校の教育とは別に、マイナスを改善する教育ではなく、この子のプラスをさらに磨くような、そんな発想でげんちゃんを教育してみたいな~、という意欲がわいてきました。

 子どもも大人もお互い、余裕・・・というのは、大事ですね~。学校のスケジュールに合わせて、色々スケジュール調整しているこの頃でしたが、もっとオリジナルにげんちゃんにかかわってもいいよな~、と思います。
私も、もう少し時間を捻出しよう・・・と、心を新たにするのでした。

 なんだか、思いっきり左脳づけにしたら、右脳に遊ばせる・・・以前教えていただいたことですが、今回はまさにそれでした。良い時が過ごせました。






 
by glow-gen | 2015-05-07 19:08 | トレーニングの効果 | Comments(13)



中学2年の息子。5歳で、発達障害発覚、改善に取り組むママの格闘と改善ノウハウの記録。
ピックアップ 


げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善
げんちゃんは、かなり図太く、心が動きにくいタイプ。少々の圧ははねかえしてくるので、大変です。<

子供の体験施設を探す
”asoview!"↓




  リンク
エジソンアインシュタイン協会
ブレインジム
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数

聖書と福音
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
意識のこと
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
時間
知能検査
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
高校選び
支援学校のひさしくん
注意欠陥
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
発達障害の原因を治す
コロナとコロナ休み
以前の記事
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧