人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

タグ:サッカー ( 9 ) タグの人気記事

げんちゃんのサッカースクール 

  久しぶりに、サッカーの見学に行きました。サッカーは、ホームスクールの日の夕方にあります。げんちゃんは、1年の夏、サッカースクールに入れたのですが、そのときは、げんちゃんの能力のほぼ3段超えでした。誰が考えても無理。
 私でさえやめさせるべきだな~と思いました。それでも、先生が、大丈夫だから続けさせてください、と言ってくださったおかげで、少しずつ少しずつできるようになりました。まあ、その間、サッカー以外にあらゆることをがんばってたので、3段超えが縮まったのでしょう。

 今では、とりあえず、やってます。今年から、クラスが分割され、げんちゃんは、1年と2年のクラスに配属されました。やっぱり、1年から6年までだと、げんちゃんみたいに、下手な子は、(下手と言えるレベルになったわけですよ。それまでは、参加してない感じだったからね。笑)ボールにさわるチャンスが少ないですからね。
 3年生ですが、まあ、低学年のクラスに入るのは、妥当な采配です。8名くらいになってるので、ボールもよくさわってます。

 さて、久しぶりに見るげんちゃんは、うまくなってました。低学年クラスでは、一番下手かもしれませんが、とりあえず、ちゃんとボールを追っかけて、足をからめていって、ボールをとろうとしたり、それなりの動きをしてます。常に走ってる。決して変ではありません。ボールをとられても、遠めにパニックをおこしてるようにも見えません。(おこして叫んでるかもしれないけど、遠めにはわからないです。)最初を考えれば、すごいことだよね。

 それに、不思議なことにげんちゃんは、サッカーが大好きなのです。リフティングもできないし、どこにパスしていいかわかってない、下手だけど、好きなんだそうです。・・・・

 ホームスクールの仕上がりが、まったくだめな時に、
「こんなんだったら、今日は、サッカーには行かず、勉強続けましょう。」
なんて言おうものなら、泣き叫んで抵抗します。

 2キロ弱の道のりを、半分おばあちゃんちまで歩かせて、そこから自転車に乗って行かせてますが、文句も言わずに出て行きます。

 こういうことが、子供の不思議なとこで、教育というものの計算ができないとこでもあるんでしょうね。

 まさに、これは、ひょうたんから駒です。体操教室をやめると言った時は、げんちゃんあっさり、むしろ喜んでいたようですが、(先生すみません)サッカーとなると、やめさせてほしくない!となるわけです。

  これだけは、私も計算外でした。

 すごいね~、と手放しでほめればいいのに、げんママは、やっぱり、他の子供さんの動きを見て、軽いショックを受けます。なんというか、動きが違います。2年生でも、1年生でも。理にかなった動きがシャープです。それに、げんちゃんが恐れるキーパーを、じゅん番でさっさとこなし、練習が終わっても、あの硬いサッカーボールで、近距離から、ドッチボールみたいなことをして、仲間とじゃれあってる。

 げんちゃんときたら、そういう仲間同士のからみには、ぜんぜん入らず、というか入れずかもしれませんが、一人、自分の世界で遊んでました。

 なんか、こう、彼らの世界をちら見しながら遊ぶんではなく、完全別世界というかんじ。

やれやれ、結局は、この子って、なんか変なんだよね~・・・と思ってしまうママ。もっと外の世界の情報を処理しながら、自分の世界も構築できないものかしら・・・

と思ってしまって、すっかりほめ言葉をひっこめてしまいます。こういうの良くないですね。帰ってからワンクッションおくと、しっかりほめるのですが、マイナスにぐぐぐぐ~と目がひきつけられてる、その瞬間は、つい冷ややかにげんちゃんを見てしまいます。

 げんちゃんにしたら、
「今日は、お母さん、見に来て~」
とわざわざ私に言って、出かけたので、自慢したかったのでしょう。すんませ~ん。ちょいちょい、ことあるごとに、またほめるので許してね。(笑)

 さて、げんちゃんが3年でかわったことは、ホームスクールがぐっとやりやすくなったことです。げんちゃんの中に、やらなきゃいけないことなんだ、という意識が芽生えてきたように思います。

 たとえば、ピアノの練習の時に、まじめにせずに、私も辟易してしてしまって、

「もう、先生が、いつもかつも横で教えてあげるなんて思ったら大間違いです。もう勝手にしなさい。やめるんならやめたらいいわよ。できるようにならないだけよ。それでいいならそうしなさい。甘えないの!」

と捨て台詞はいて、台所に退散したりしても、げんちゃんは、
「いい! 一人でする!」
といきまいて、できもしないのに、ひこうとしてみて、最後は、ぶすっとして、
「教えてください。」
と言ってくる。

 努力して、やっていかなきゃいけない。自分は、できるようになったほうがいいんだ。

なんか、そういう意識がめばえてきてるような気がします。少し、色んなことが理解できてきてから、

「あなたはね、幼稚園まで他の子よりずっと遅れてたよね。(まあ、今でもなんだけど)そういうハンディキャップを神様から与えられたの。でもね、これは、チャレンジするようにっていう神様からのメッセージです。かならず、一生懸命チャレンジしたら、神様のすごい計画が待ってます。あなたは私やパパや、まわりの人にもない、神様の特別な使命があります。神様の栄光を表す器です!
 人よりも努力することを惜しんだらだめよ。
神様があなたにだけ与えてる特別なスイッチ入らないからね。 あなたは、神様に、特別に愛されてるんです。」

 こういうこといい続けてたからかな~・・・少しは、意識がかわってきてるようです。

「ま、そんなことしてたら、普通の子にもっと遅れてしまってとんでもなくなるよ・・・」
なんてことは、言わない方がいいですよね。言ってしまうんだけどね。やれやれ。だけど、冷静になると、やっぱり、この子は、尊いんです。


 「私たちは、この宝を土の器の中に持っている。その測り知れない力は神のものであって、私たちから出たものではないことが現れるためである。」  聖書 コリント2 3-7

 この子たちには、測り知れない力が、神によって隠されてると、げんママは信じたいですね。

by glow-gen | 2014-06-13 05:28 | サッカー | Comments(27)

ソーシャルの伸び 峰と溝

  
a0184225_1212365.jpg

    真ん中のオレンジがげんちゃんです。
もうすぐ、2年生が終わります。げんちゃんの能力は、2年生でとてもアップしたと思います。とはいえ、私が期待しているところとは程遠いですが。まあ、母親というものは、他人より、いつも辛口で評価してるかもしれないです。他人より、高いとこに目標をおいてるのかもしれない。いやそれとも、一つ一つの能力は上がってきても、総合的に、自閉症スペクトラム特有の、融通のきかなさとか、パニックになりやすいとことか、理論的に考えていった結果、生まれてくる社会性なんかが、まだまだ欠如してる、という違和感が、最優先に気になってしまうので、改善されたとこは、あたりまえといういう評価になってしまうのかもしれないです。どちらにしても、げんママは、どこかいきづまったような感じがありますよ。

 もっとも改善したのは、げんちゃんのソーシャルだと思います。げんちゃんを、1年の夏休みに、無理やりサッカーに入れました。数ヶ月して、あまりについていけてないし、一人、はぐれ雲みたいだから、チームに迷惑をかける気がして、やめさせることにしました。それで、先生に言いに行きました。
 しかし、ありがたい先生です。やめさせないでください。絶対成長しますから。と引き止められました。そこまで言われて、やめさせる理由もないので、続けさせていました。しかし、げんちゃん、2年になって、合宿も、特に、心配することもなく送り出すようになっていて、気がつくと、彼は、サッカースクールが大好きになっていました。

 1年から6年までの混合チームなのに、いじめられることもなく、みんなよくしてくれたのでしょうね。先日少し練習を見に行ったら、まったく違和感無く走っていたので驚きました。もちろん、うまい、とかいうことはありませんが、サッカーの目的にかなった動きをしています。たぶん、事情を知らないお母さんが、練習を見ても、げんちゃんが、発達障害なんて、わからないでしょう。

 これは、まったく想像できない結果でした。私が、サッカーにぶちこんだ(まさにそんな感じ)のは、運動量をこなしてほしかったのと、サッカーに必要な、周囲を見て動くというバランス感覚を獲得してほしかったからです。その頃は、まさか、普通にげんちゃんが、サッカーをするなんて、想像できなかったです。
 先月から、そのお世話になった先生が、転勤となり、新しい先生が来られました。若いけど、なかなか子供思いの良さそうな方です。ゆっくり、話す機会がありました。彼は、
「ぼくは、げんちゃんを、特別扱いしたことはありませんよ。でも、特に問題ないですよ。」
と言われました。
げんちゃんの総合的な力はかなり、上がっているようです。
ただ、げんちゃんのソーシャルは、あくまでも、慣れた場面。慣れたメンバー。けっこう人の良いグループで構成される集団、その中で、慣れた段取りで行われる、という限定つきです。やはり、ちょっとマイペースなげんちゃんは、同年代の、ちょっと先行ってるような子供たちの中では浮いてしまうかもしれないと思います。また、新しい練習方法とか、ちょっと複雑な構成になったりすると、適応するのに、他よりヘルプやエネルギーがいると思います。

 学校からの、友達クレーム情報も、最近は、ほとんどありません。たぶん、多少のことは、現場で終わりにしてもらっているでしょうから、まったくないわけではないと思いますが、2年生前半は、毎週のように連絡帳に報告が上がってきてました。上級生のTシャツにマジックでいたずらしたとか・・・

 げんちゃんの溝は、ひたすら算数です。国語とソーシャルは、けっこう同じグループで、国語が算数よりましなげんちゃんは、算数より、ソーシャルは延びやすいのだと思います。

 言葉が、ピンポンのように、うまくからみあうようになり、ボキャブラリーも増えると同時に、どうも、ソーシャルがのびているのではないか、と思われます。

 そのぶん、計算に始まる、算数の学習障害は、多少ましになったといえども、まだまだほえ~っと、ママはため息をつくことが多いです。

 溝になってる能力とは、なんと、しつこいものかしら・・・と思います。峰があがれば、溝が、少し引っ張られて上がる。そういう感じですね。「ソーシャルと言葉、」が溝という、げんちゃんと反対のパターンの子をもつお母さん方の苦労がしのばれます。
 でも、げんちゃんの算数でさえ、やっぱり、伸びて行ってるから、あきらめずに、地道に取り組むしかないですね。峰があがる、そして、溝があがる・・・溝で行き詰ったら、峰を、延ばすことにちょっとエネルギーを費やすといいのかもしれないです。

 げんママの最近の気づきです。

でも、サッカーから得た収穫は大きかったです。虎の穴にも入れてみるべきですね。虎の穴というのは、現状の能力より、2個3個飛ばし上の段階ということですけどね。

by glow-gen | 2014-03-19 00:56 | ソーシャルスキル | Comments(20)

3回目のサッカーの合宿、尿漏れの心配

  今日は、げんちゃん、サッカーの合宿に行ってます。1年生の夏休みに、入門してから、3回目の合宿です。

 げんちゃんが、サッカーを始めた時、もう、げんママはトラの穴に落とす気分でした。コンセプトに配慮するスポーツ、そして、運動量が半端ないスポーツ。しかも、近くでやってるスポーツ。そういう選択肢にかなったサッカーでしたが、見学に行った時、一目で、これは無理だ。と思いました。

 そうですね~。今まで、色んなことをトライさせてきたけど、せいぜい能力の1段か2段階越え、くらいだったです。でも、サッカーは、3段階、いや4段階越えくらいに見えました。(なんたって、1年から6年合同のチームだよ。)

 それが、今では、サッカーの合宿3回目となるのだから、子供って何でも、放り込んでみるものなのかもしれないです。先生や仲間も良かったんでしょうね。

 あ、もちろん、今でも、ゴールをどっちに入れるかわかってるのだろうか・・・ちょっと微妙です。みんなと同じようなレベルとは、言いがたいと思います。でも、一応やっているんでしょうね。サッカーもどきを。

 私は、ホームスクールの夕方、サッカーに送り出したら、その時間は、げんちゃんから開放される時間にしました。だから、ほとんど見に行ってないので、どういう風かよく知りません。ま、でも、2キロを自転車で行って、2時間近く、練習に参加して、また自転車で一人もどってくる。携帯を持たせて、終わったら、連絡を入れる。という、げんちゃんにしては、ハイレベルなことを毎週やっています。
 先日、10階建てのマンションの階段を、10階までいっきに上らせたら、平気で、登って降りてきました。しかも、降りてきて、平気な顔してるので、再度、行け~、と言ったら、呼吸も乱さず、もう1回やりました。う~ん、やっぱり、このあたりは、サッカー効果なんじゃないかな?と思います。

 それから、昨日、合宿の準備をしてる最中に、「お風呂の時は、この袋を持っていくんだよ~」、なんて、荷造り説明をしてたら、なんか、ちゃんと聞いてるわけです。1回目の合宿と、ぜんぜん手ごたえが違うのです。やっぱり、彼は、進歩してるようです。

 

by glow-gen | 2013-07-21 22:21 | サッカー | Comments(34)

サッカーの合宿、レゴブロック・・・春休みはてんこもり

  日々、怒涛のように過ぎていってます。仕事をしていない時は、げんちゃん関係のことをやってるし、そのどちらもしてないときは、寝てる・・・って感じです。
 今週は娘をほったらかしにしてたの思い出し、娘の音楽関係のクラブ発表会に行ったりもしました。充実してるといえないこともないけど、まあ、仕事とげんちゃんのこと意外は穴だらけの毎日です。

 げんちゃんのことは、趣味の研究課題みたいだと思います。(笑)
 
 げんちゃんの日々は、ブログに書ききれないくらい色んなことがありますが、ここ1週間のトピックはサッカーの合宿でした。
冬に1回目に行って、今度は2回目です。
 今度は、彼が、まともに合宿をこなせるのだろうか、という心配はかなり薄れてましたが、なんせ、お漏らしが最高潮でおむつをはいて、引率の方にお世話をお願いする状態なので、それがちょっとせつなかったです。でも、本人が行くというので、参加させました。
 元気に帰ってきたけど、ほとんど合宿の話はしませんでした。楽しかった?と聞けば楽しかったと言うけど、本人が多少いじめと感じるようなこともあったらしく、楽しいことといやなことがおりまぜの合宿だったようです。たぶん、いじめというより、一部の上級生は、げんちゃんのとんちんかんを矯めようとするんだと思います。
 
 サッカーは、げんちゃんのもっとも苦手な課題が多く存在すると感じます。サッカーというゲームは、集団がなにを求めているのか読み取って、自分を合わせて行動することが必要です。当然げんちゃんはまだまだ浮いてます。

 げんちゃんのだめでとんちんかんなところを、こづかれ矯められる、ということが、今の段階ではまだ早いのでは、と感じることもあります。先生は、げんちゃんによくしてくださいますが、6年生までいる、たての社会では、げんちゃんに時々、先輩たちのイエローカードが容赦なくとんできたりします。げんママは、げんちゃんがいやがれば、休ませるなり、やめるなりしてかまわない、というスタンスで見ています。ちょっと難しい課題を、先取りしてやらせている感覚です。毎回、行かなくてもいいよ。どうしてもいやな時は。と言いますが、げんちゃんは行きます。
 そういえば、合宿の集合場所についた時、
「遅れてすみませんでした~。」
とげんちゃんが、教えもしないのに言ったのでちょっと感心しました。そういうとこもあります。

 

 さて、春休みは、学研の先生にお願いして、ほぼ毎日1~2時間見ていただいて、仕事を抜けられる時は、昼からかかわるようにしました。

 そして、気づいたこと。
時々、隣の家の年中さんのレイ君がげんちゃんと遊びたがってやってきます。げんちゃんは、小さな子に好かれるときがあります。というより同じレベルなのでしょう。

 レイ君が来ると、幼児塾みたいに、二人に、パズルを与えたりして、いっしょに課題に取り組ませます。レイ君は目を輝かせて取り組みます。彼は賢い子供さんで、パズル能力においては、げんちゃん危うし、といった感じです。

 しかし、げんちゃんは、昔と違うことがあります。レイ君といっしょの時は、ママと二人でやるときより、熱中してがんばっていました。

 年長さんの頃なら、間違いなく、げんちゃんは、勝負を降りていたでしょう。友達を横に持ってくるのは、能力開発のマイナスになっていました。でも、げんちゃんは、レイ君がすらすらやるのを見て、程よいライバル心を燃やしたようです。(程よい・・・と言える、ぎりぎりのラインでしたが。破壊的な気持ちぎりぎりです。)これは、進歩したと言えます。
 げんちゃんは、やっと、一人より、隣に友がいた方が、能力が伸びる、という段階にきたのではないかと思います。その証拠に、学研では、げんちゃん、お兄ちゃんたちといっしょになる時は、色んな伸びを見るそうです。マンツーマン指導ではできない、友達との切磋琢磨。こういうごく当たり前のことが出てきているようです。

 そして、今日は、レゴブロックを初めて買いました。1時間くらいかけて、自分でテキストを見て、楽しんで完成させました。
 私に教えるな・・とさえ言いました。プラモデル、ラキューブロック、パズル・・・このあたりは、年中さんの子がそうしていたように、今まさに、げんちゃんは楽しみ始めました。

 まったくやろうともしなかったステージから、様々なアプローチで駒を進めたのでしょう。(やれやれ長かった。)体造り、腕つくり、ビジョントレーニングに通じる点つなぎドリル。ピアノ。etc・・・くいつかないことも、必ず、開けて来るんだと思いました。

 ・・・まさに、幼稚園の時におこるべきだった色んな能力の芽生え・・・自分で自分を伸ばしていくスタートラインに来たような感じです。

 そして、できない・・・となると、ちょっとパニックをおこすのも、あいかわらず残っています。でも、問題エリヤが、乾いていく水溜りのように、少しずつ小さく分断されて、ピンポイントになるような感触をもてることもあります。

春休み、どれくらい伸びるか、ママは勝負どころだな~、と思います。
追伸
エキサイトブログのデザインが今までみたいにいきなり見れなくなってしまったので、なんとか見れるデザインにさしかえました。ブログって時々そういうことあります。これで2回目です。やれやれ。ご迷惑かけます・・
 


人気ブログランキングへ
by glow-gen | 2013-03-30 01:45 | サッカー | Comments(34)

うんていクリア。サッカーオーライ。

 
a0184225_2031095.jpg
週1日のホームスクールも、9月からもう4ヶ月目になりました。始めた頃からすると、げんちゃんも慣れたようで、違和感がなくなりました。午前中は、学研の先生にお願いして個人指導に行ってます。げんちゃんそこが大のお気に入り。家も近いので、学校に行くように、自分でさっさと行きます。昼からは、ママのレッスンです。そして、夕方には、サッカーに行きます。
 1月から、げんちゃんの足腰を鍛えるために、2キロの道のりを、自分で歩いて行かせるようにしました。歩いて、そこからサッカー。まあ、なかなかいいプログラムです。
先日、サッカーを見ました。雨降りでした。げんちゃん、途中降り出した雨に、駆け足で、練習場に行ったみたいです。練習も雨の中。

 私はあとから車で行ったのですが、まあ、サッカーって雨の中でもやっちゃうんですね。
げんちゃんは、こんなモチベーション低くなりそうな練習の中、なんと、最後まで、ボールを追って走ってました。まあ、それには驚きました。
 同級生のお母さんに聞くと、行きがけ、げんちゃんを見つけた、もう一人の一年生は、車を降りて、そこからげんちゃんといっしょに行く、と言って、げんちゃんと歩いたそうでした。

 お母さんは、何気にそう言ったのですが、私は、ちょっとびっくり。その子は、サッカーもお勉強も抜群の子どもさんです。げんちゃんなんか相手にしない~、なんて感じでした。去年は・・・。
 合宿でけっこう仲良くなったのだろうか。・・・試合中その子が、足を打って痛がってたりしたのですが、「大丈夫?足痛い?」なんて、けなげに話しかけてもいました。

 サッカーの先生は、
「最近ずっとこんな感じですよ。一段階、あがりましたね。さらに、もう一段階あがったら、いい感じになると思いますよ。」

いい感じというのは、他の子と遜色ない、ということなのでしょうか。

 翌日、久しぶりに学校に行きました。お昼休みに行くと、げんちゃんは、友達と二人で、絵本読みのボランティアがあるというので、うれしそうに、かけって行ってしまいました。
他の子どもさんが、私におしかけてきて、
「おばちゃん、げんちゃん、時々自分の世界に入るよ~。」
とか言ってくるのだけど、彼らの話も、とっても幼くて可愛かったです。
「僕のいとこがね、こないだおばあちゃんとこで、逆立ちした。」

みたいな、きわめて局地的な話をしてきます。げんちゃんが幼稚だと思ってたけど、けっこう1年生は、まだまだかわいいもんですね。
ただ、げんちゃんがする局地的な話しと違うのは、5W1Hが、しっかりあって、いつどこで、誰が、とわかりやすいことです。げんちゃんは、いとこの話をしたら、
「逆立ちすごいんだ~。ぼくあたった。」
みたいな、わけの分からない話になります。いとこがおばあちゃんのところで、逆立ちをした。足があたってけんかになった。たとえばですね。こういうことだったりするわけです。
だから、友達から見れば、自分の世界に入るということになるのだと思います。

 まあ、しかし、1月から、あまり問題もおこしてないと先生は言ってたし、なかなかじゃないか。げんちゃん。

 と言ってほめました。帰りは、運動場に行ってうんてい、(渡り棒)チェックです。何しろ、夏に、げんちゃんは、10秒しかぶら下がれませんでした。先日は、5個渡れました。
「うんてい、渡りきったら、おもちゃ買ってあげるよ。だから、毎日、学校で練習しなさいね。」

 と言うと、げんちゃん、なんと、目が輝いて、あっというまに、うんていの端から端まで渡ってしまいました。(3~4メートルくらいだけど。)どうりで、字がうまくなったわけだね。

 ひゃ~。びっくりです。

 おばあちゃんや、親戚に、私が、げんちゃんに負荷をかけすぎるんじゃないか、って非難されることの多い年末年始でしたが、お~、結果出とるやんけ~。結果出たら、本人が一番うれしいんだもんね。じゃんじゃん負荷かけようっと。と懲りずに思うスパルタママです。(笑)

 げんちゃん、一歩また前進したようです。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
by glow-gen | 2013-01-25 20:03 | トレーニングの効果 | Comments(15)

ホームスクール、サッカー復活

   先日の福岡での鈴木先生の本の出版記念では、スライドを使って、私も、げんちゃんレポートをさせていただきました。
知的障害児の巧、鈴木昭平先生は、知的障害児たちは、天才性を秘めている、といつものように、その可能性を力説されました。

 げんママは、スライドで、
「先生はそうは言いますが、そうそう簡単にはいきません。」
と言いながら、スライドが終わると、結局、1年半くらいで、劇的なのび、をプレゼンするにいたりました。げんちゃんの目標は、普通においつかせる、とかではなく、この子たちは、普通より劣っているとかいないとか、でもなく、彼らは普通とはまったく別物で、彼らの秘められた能力をいかに開発して、すばらし子にしていくか、ってことなのです。

 そういうところを見据えてやっていても、現実には、いやいや、そんなに簡単ではないぞ~・・と思います。ひたすら、普通というものさしを無理やりあてはめてみて、方向を失うときもあるしね。

 エジソンアインシュタイン協会の鈴木昭平先生と久しぶりにお会いして、色々コメントいただきました。先生は、私のブログはお読みではないけど、サマリーは、理事の方から聞かれるみたいで、

「まあ、方向性は間違ってないよ。だけど、やりかたが、まだまだだめなとこがいっぱいある。」
とご指南いただきました。さっそく、教えていただいたことを、改良してみてます。まだ、消化できてないので、うまくまだ書けませんが、そのうちアップできるといいと思います。

 さて、今日は第10回目のホームスクールでした。朝は学研の先生に、学研のわくをはずしてもらって、個人レッスンいただきました。
いつも睡眠が不足ぎみなので、8時までゆっくり寝せて、おきてしばらくして、1キロちょっとのジョギングをして、エジソンの酸素ジュース他サプリもしっかりとって、(最近は、また抑肝散も復活してます。)9時半にK先生のホームスクールへ行かせました。

 あーやれやれ。最近久々に、のんびりするなー・・・とゆるい時間がとれたげんママです。

 11時半にお迎えに行くと、げんちゃん、算数やら、書き取りやら、けっこうがんばったみたです。げんちゃんも、ママも、ちょっとした達成感があります。おかげで、お昼は、近くの大きなスーパーで食事をして、おもちゃ売り場でげんちゃんにトーマスのおもちゃを見せて、休憩をしっかりとったどーーーー。みたいな気持ちでまた2時半くらいに取り組みを始めました。

 そして、今回、実は、サッカーに行きました。

 なんと、げんママ、先生にサッカーをやめる電話をしたところ、ちょっと話が違ってきました。
先生が、げんちゃんの伸びを絶賛して、今やめるのはもったいない、と力説したのです。そして、練習のカリキュラムを是非工夫してみたい。といわれ、そこまで言ってくださるのを、やめたら、仁義にかけるよなー・・・と思って。
 彼と、本音で、色々話つめることもできて、お互いの考えていることを良く話し合えたので、これからも、大丈夫かも。と思えました。
げんちゃんは、彼の峰とも思う特徴で、もともと、どこでもひょうひょうと行くタイプです。訳を話すと、行ってもいいよー、とさっさと準備を始めました。

さて、サッカーに行くと、げんちゃんがくいつけるメニューで固められてました。まあ、見ると、それは、げんちゃんだけでなく、他の子も楽しそうでした。終わって、げんちゃんに、
「サッカーやめたい?」
と言ったら、絶対いやだ。なんてころっと変わってました。

やれやれ、げんちゃんは、先生運がいいというべきなのかな・・・。
ただ、サッカーの前後、2時間以上とられるので、ホームスクールの、ほかのカリキュラムは、あまりできなくなります。うーん。そうなると、やっぱり、もう一日ホームスクールやりたいなー・・・とママは思います。まあ、仕事考えると今のとこ無理だけど。・・・

 しかし、げんちゃんは、確実に伸びてました。8月の入門当時でさえ、サッカーに入れた!っておどろいたけど、あの時どころではありません。げんちゃんは、今日は、まったく浮いて見えません。ボールさばきも、格段に良くなってる。

 この1週間げんちゃんは、なんだかぐんとのびました。先日、お友達と、普通に「あて鬼」をやってたのです。げんちゃんが、ボールを使ったゲームを友達と対等にやるのは、すごいことなのです。なぜなら、ルールをしっかり把握して動くのが難しかったし、自分が負けたりすると、意味なく、泣いたりわめいたり、ゲームにならなかったのです。最初から、すっと逃げて、小さな子とからむこともありました。最近は、泣きわめくより、すっと離れてしまうのが主流でした。

 それが、同級生と、普通にあて鬼をしてるわけです。それ以外にも、なんだか、すっと一段階上がった感が、さまざまなところにありました。

 やっぱり。げんちゃんを見てると、この子は、行っちゃうよ。ぐんと!と思います。なんというか、1ヵ月ごとに、彼は、別人なのです。まあ、こんな風に、良いところばかり見えるのは、朝のホームスクールのアウトソーシング効果でもあります。しばらく、これでいくことにします。

 

 


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
by glow-gen | 2012-11-14 01:25 | サッカー | Comments(29)

サッカーで得た物、ホームスクールの新しい形

  ホームスクールの日、そろそろ、色んなことが考察されます。夏休みあけから、週1日学校を休ませてホームスクールを始めたのは、色んなわけがあります。
 まず、夏休み、げんちゃんだけのプログラムをやってきて、成果がとても上がって、このまま、学校の授業だけで1年生生活を過ごさせるのが、時間的にも、げんちゃんのエネルギー消耗を考えても、非効率だと考えたのです。

 げんちゃんは、比較的本読みや国語力はいいとこ来てるけど、書き取りと、算数は、ひどく落ち込んでいます。
ホームスクールは、そこをのばしていくことに力を入れてますが、その能力を下ささえする運動能力、手先の能力、空間認知能力、作業記憶、集中力・・・、それらをを高めるために、色んなこともカリキュラムに入れています。

 さて、げんちゃんは、ずっとやってきて、日内変動がかなりあるということもわかってきました。午前中は、すこぶるだめ。集中は続かないし、やる気もない。 考えれば、自宅でするホームスクールは、休日モードが支配するのでしょう。げんママも、そこをなんとかするのに、くたくたになります。
 昼過ぎてくると、やや調子があがります。まあ、やっとあがってきた頃に、サッカーの練習になります。

 サッカーは、1年生から6年生まで、ひたすら試合練習という具合です。もっと基礎のドリブルとか、そういうものをやってくれるのかな?と思いましたが、何度見ても、やっぱりそうなので、どうも、ここはそういうところのようです。しかし、げんちゃんは、そこの中で、まあ、まぎれて忍耐してます。

 でも、1年生の優秀な同級生でさえ、試合の途中からは、つまらなさそうにしていたので、さすがに、もういいや。と思って、やめることにしました。2時間近くの間、ボールにさわれるのは、20分そこら、と考えると、げんちゃんには、次のステップを与える方がよさそうです。でも、よくよく考えてみれば、サッカーって、上手な人だけが、ボールに触れる競技なんですね。

 げんママ、集団球技はもっとも苦手とするので、サッカーについて、ただ運動量が多い、ボールのあつかいに長ける。くらいのことしか考えが及ばなかったけど、考えてみれば、自分からボールを取れないと、ボールは、ひたすら他人のものなんですよね。
 でも、まあ、げんちゃんは、おかげで、ぐっとおしあげられた面はあります。ソーシャルだけのトレーニングを望むのなら、ここに忍耐して通うのも悪くはないのかもしれません。

 3ヶ月だけでしたが、げんちゃんは、お兄ちゃんたちの中で、同じようにメニューをこなそうとしだしたこと、ボール遊びアレルギーがとれたこと、など考えると、無駄ではありませんでした。まあ、ここんとこげんちゃんも、行きたくない・・・と本音を言ってたし。また、げんちゃん自らやりたい、となったときに、やればいいかな。

 来週からひとつの案が浮かびました。朝だけ、学研の先生に、別枠で2時間くらいホームスクールを肩代わりしてもらうことにしました。げんちゃんは、学研で、マンツーマンに近い形にせよ、自分で、プリントを解く、という姿勢を学んできています。学研はもともと、多人数の中で、自分のプリント学習に取り組むというのがスタイルです。げんちゃんは、6年生のお兄ちゃんと二人で、同じ時間肩を並べて、プリントに取り組んでます。ここでは、やらなきゃいけないもの・・・という感じで、集中してなくても、とりあえず、逃げ出さずやるようになってます。夏の最初は、微妙だったけど・・・。先生は、げんちゃんに会わせて、良くサポートしてくれてます。げん
ママの提案を言うと、先生は、心やすく引き受けて下さいました。
 やっぱり、ママと二人っきりのホームスクールより、多少のアウトソーシングは、いいかもしれません。

ホームスクールのベースにしている、
1,学習の基礎にある、基礎能力を伸ばすトレーニング(ピグマリオンの教材もよく使います。パズルや、フラッシュ、色々やってみてます。)
2,運動能力アップ、いわゆる体育の時間
3,学校のプリント系をやる、いわゆるお勉強

この3つのうち、3をになってもらうことにしました。
実験的に来週からやってみます。

 昨日のちょっとしたサプライズ。げんちゃんに、高いハードルとは思ったけれど、ローラースケートの次なるテーマということで、1輪車を与えてみました。乗るのも難しいしろものです。どうするかな?と思ったら、げんちゃん、壁とママの腕を両サイドに、なんと、低い壁伝いに、こいでしまった・・・・体操教室なんかで見るげんちゃんの運動能力はまだまだだと思いますが、1輪車にくいついてしまった。ママぽか~んです。
 わお~・・・これはすごい。何でも、だめだろう、なんて思わずにどんどんやってみるべきだね。今度は、1輪車をクリアさせてみたい!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 
by glow-gen | 2012-11-08 14:51 | サッカー | Comments(10)

サッカー教室2ヶ月目の考察、その2

   サッカー教室の先生に電話しました。
 「先生、すみません。げんちゃん、どうですか? 入る時に、ちょっと遅れがあるくらいしか伝えてなかったんですが、げんちゃん、やっぱり、試合練習投げてるでしょう。」

 先生に切り出します。

 まず、げんちゃんの遅れについて。5歳で遅れに気づいた時の様子。そこから、色々がんばって今があること。

 そして、サッカークラブに入部してこの2ヶ月近くの奇跡のような、進歩があったことも伝え、御礼を言いました。具体的には、サッカーボールを触るのも嫌がるような状態から、基本的にサッカーを好きになってるみたいだということです。
 しかし、げんちゃんには、自分ができないことを、すぐにシャットアウトがしてしまう発達障害特有の障害が、かなり根深く存在し、サッカー練習を阻んでいるようだということもお伝えしました。運動能力も低く、試合自体が、彼には高度であることも伺われます。
 
 そして、げんママの今考えていること。

 とにかく、げんちゃんの進歩にとって、運動プログラムは不可欠で、算数をのばしたのも、会話をのばしたのも、運動能力ののびが大きく関係しています。もともと障害を言われたげんちゃんに、他の子と同じプログラムをしてたって勝ち目はありません。運動も学習も、様々に研究して、やる必要があります。
 今、この子には、サッカーをさせたい。彼もサッカーが好きになっている。サッカーを通して、げんちゃんが最も不得意とする、全体を把握していく力をゲームで養い、俊敏性、心拍数が上がってのみ鍛えられる身体能力も養う・・・
 サッカーは極端に言えば、学校を休んででもやらせたい項目なのだ。と力説しました。(サッカーなんてだめだろうと思っていたわりには、過剰な期待ですね。笑)

 それで、げんちゃんを、学校の時間に重なる幼稚園クラスに連れて行くので、そちらでまず、もっとボールになじむことを練習させていただくのはどうでしょうか・・・と提案しました。

 
 初めて、げんちゃんについて、じっくり先生と語る時間が与えられたわけですが、なんと、先生の目を通して語られるげんちゃんの話、げんママの考えがおよばないことで驚きました。

 「げんちゃんは、始めの2回くらいは、集団の決まりがわからず、たくさん注意を与えましたが、3回目からは、すべてちゃんと従えるようになりました。
 試合中動かないのも、げんちゃんに限ったことではなく、1年生の始めは、げんちゃんみたいな子はけっこういますよ。げんちゃんが、特別遅れているとは思いません。

 冬に合宿があるのですが、是非げんちゃんはそれに参加してほしいです。合宿で、子供たちは、ぐっと成長します。げんちゃんも、参加させたいと強く思っています。

 そして、げんちゃんは、足が速いですよね。(クラブの最後に先日、リレーをやったのです。)ちょっとびっくりしました。(へ~、げんちゃんって、足早いかな?ジョギングのだらだらを見たら到底思いませんけど。)
 それから、先日の練習の時、げんちゃんは、5年生のT君ととても仲良くなって、いっしょに走っていたのです。(いじめられてるのかと思ったのは、大きな誤解だったようです。)
 あと、お母さんに伝えなくては、と思っていたのは、お母さんが、げんちゃんの練習中に。げんちゃん走れーと声かけしてますよね。あれがいやだったみたいです。」

「ほう・・・
 つまり、げんちゃんの試合練習は、心拍数をあげたり、筋力アップにこそなっていないけど、ソーシャルを進化させる上では、何らかの益になっているということだったわけですね。

 私の応援(?)も、普通の子のように、羞恥心あるいは、自主性をさかなでしていたんだ・・それは、進歩かもしれません。 ならば、このクラスで練習することも、間接的に、かなりの益があるわけですね。」
 げんママは答えます。
 そして、意外だったのは(というのも何だけど)先生が、げんちゃんを、一人の子供として、なんら、特別な先入観なしに見てくれて、可能性を感じているらしいことです。げんママに限らず、親のほうが、能力をみくびっていることがありますが、少なくとも先生は、げんママより肯定的にげんちゃんを見ているようでした。 この件において、先生は指導者として、すぐれていると感じました。

 が、しかし、まず、げんちゃんには、サッカーを通して、かなりの運動量をこなしてもらいたい。という最大の目的があります。それには、やはり、幼稚園児のクラスに入れるのがいいかもしれない。ということになりました。そのクラスは7名ほどで、それぞれが、1時間中動き回っているようです。目的は、まず、ボールに慣れさせること。げんちゃんには、うってつけかもしれません。

 とにかく1度、そちらでやってみることになりました。

 しかし、先生と話したことで、げんちゃんのサッカー教室での今後の可能性をとても感じました。おちこぼれ・・・ではなく、先生の目には、ちゃんと、指導してのばしてやりたい存在として写っている、というのがわかって、とてもはげみになりました。おにいちゃんクラスの中で学ばせることがたくさんあって、げんちゃんなりに、学んでいってたこともわかりました。そっちのクラスもすべて捨てるにはもったいないかな、と思われました。

 ほんと、最初は入門できるとも思わず、冷やかしで見学に来たサッカーですが、ユニークな展開になりそうです。

 お兄ちゃんたちに混じって、合宿で自立していくげんちゃんを今から想像してうれしくなってるげんママ・・・またまた小説みたいだ~・・・と感じています。

 


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
by glow-gen | 2012-10-04 12:39 | Comments(9)

夏休み後半、げんちゃんのサッカー教室

  夏休みも後半に入りました。振り返ると、確かにげんちゃんは進歩しました。勉強をさせる時の取り組み方が改善しました。ママが横につかなくて、自分で、みずから宿題をする、というわけにはいきませんが、普通の子のように、ドリルやカリキュラムを抵抗なくこなしていくことも多くなりました。
 
 ちなみに昨日の取り組み。朝、仕事を休みにしてました。

7時起床。軽く朝食を食べて、散歩。
 近くの鉄棒のある公園まで行く。
 公園で、鉄棒ワーク・・・斜め懸垂30回 上半身が弱いことがわかったので、鉄棒のあるところまで行ってやらせるようにしました。
 鉄棒にぶら下がらせると、10秒程度しかぶら下がれません。(前は5秒だった。)
それが終わったら、しばらく、公園で好きなように遊ばせます。

 家に帰って少し休憩して、デスクワーク。

 学校の宿題、ドリル。点つなぎ・・・色々やらせます。
30分すると、飽きます。休憩~・・といって、机を離れるので、そこからは、マット運動よろしく、お布団の上で、でんぐりかえりや、ストレッチ、マッサージを15分くらいします。
 これが効を奏するのか、げんちゃんは、復活します。以前、ジャンプだけを入れた時はときは、復活しなかったのですが、マット運動的な休憩リセットプログラムにかえたところ、勉強モードが再来するようになりました。
 単にげんちゃんが進歩したのかもしれないけど。

 結局、9時半から、11時半まで、2時間、運動プログラムを3回はさんで、朝のお勉強タイムがうまくこなせました。

 これは、すごいことです。夏休み前半は、集中が続かないし、いやがるし、で大変な格闘になってました。あたしが仕事休んで時間とっても、これじゃあね~、という具合だったです。

この変化は、私だけが感じた物ではなく、 先日1ヶ月ぶりに、塾に行ったところ、(個人レッスンです)先生が、
「前回と、取り組み方がまったく変わりました。」

 とコメントしてました。

 さて、それが終わったら、この日は、サッカーの体験でした。(2回目)げんちゃん、ママが勝手に参加させたのに、いやがることもなく、楽しい、と言ってくれたので、今日の様子を見て入門するかどうか決めることになってます。

 さて、始まりました。1年生から6年の混合チーム。でも、幸い、初心者向きのチームで、わりとのんびりしています。
 個人プレーの練習では、げんちゃん、まぎれてます。特に、変なことはありません。
 
 試合形式の練習になりました。げんちゃん、すっかり興味を失ってるのか、疲れたのか、ボールに視線が行ってません。なんとなく、集団の中で、あちこち歩いています。(こら、げんちゃん走れ~と外野のママは叫びます。)
 でも、そうだよね。こういうプレーこそが、もっとも発達障害には苦手なはずだもんね。

 一度もボールにさわることなく、終了。

「げんちゃん、なんで、ぼーっと空見てたの?ちゃんとボールおっかけなさい!」
ママはいらついてまくしたてます。
「ぼくね~。雲の形がおもしろかったから見てた。」

「は!」
やれやれ・・・そうそううまくいくわけないと思ったけど案の定、超マイペース。
先生に、相談したら、
「1年生の初めはそんなもんでしょう・・」

 と言われたので、だめもとで入会しました。げんちゃんは、どこへ行っても、ひょうひょうとして、自分の世界にいるような感じです。フレンドリーなのはいいけど、会話レベルをあげることができません。つまり、相手にどれくらいの距離感で、何を話題にしたらいいか・・・みたいなことがとんちんかんです。

 おじゃる丸をもっと稚拙にした感じです。そのうち、みんなにいやがられるんじゃないの?と心配ですが、ま、何でも当たって砕けろです。だめならやめりゃいいしさ。

 本人がやるって言うんだから、やらせることにしましょう。
うーん、しかし、
「ボールで毎日練習しましょう。ストレッチを毎日しましょう。」

と先生がみんなに言ってました。

 それはいいに決まってる。やらせよう! ママもにわかにいっしょにやらなきゃいけないはめになってしまいました。リフティングぐらいあたしもできるようになろうかな・・・合気道より、なんか楽しそうだな。(合気道はまったくだめだったので、残念ながらやめました)
 


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
by glow-gen | 2012-08-21 12:52 | サッカー | Comments(5)



中学2年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク

げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
支援学校のひさしくん
注意欠陥
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
職業体験、周りの企業やお..
by みかんまま at 08:22
私もげんちゃんママさんと..
by robo_223 at 07:52
とんままさん ほんと、..
by glow-gen at 18:13
普通の子のお母さん方に子..
by とんまま at 10:45
こんにちは。 げんまま..
by とんまま at 10:41
ゆうママさん 学校のプ..
by glow-gen at 07:55
ロボママさん お返事あ..
by glow-gen at 23:26
前回のコメントのお返事あ..
by ゆうママ at 20:32
お忙しい中、返信をありが..
by robo_223 at 08:20
ロボママさん 私は、げ..
by glow-gen at 21:18
しかし、げんちゃんママさ..
by robo_223 at 23:15
私も「母親を無視して改善..
by robo_223 at 22:35
とんままさん コメント..
by glow-gen at 13:59
何が何でも心を使おうとし..
by とんまま at 05:35
kさん >療育をすると..
by glow-gen at 13:23
ゆうママさん プリント..
by glow-gen at 08:23
ロボママさん そうです..
by glow-gen at 08:07
とんままさん  ほんと..
by glow-gen at 08:00
昨日は穏やかな書き方をし..
by ゆうママ at 13:24
同じく、私が離れたらダメ..
by ゆうママ at 12:25
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧