人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

タグ:サッカー教室 ( 4 ) タグの人気記事

サッカー教室、2ヶ月目の考察

  8月に、成り行きで入れたサッカー教室は、そろそろ2ヶ月になろうとしています。

 成り行きをうかがっているげんママでしたが、そろそろ考察を加える時期に来ました。
というのは、げんちゃんは、ここで、良い発見をした部分と、まったくだめだと失望する部分があり、このままの状態で続けることは、あまりよくないと感じ始めたのです。

 
 そもそも、げんちゃんは、1年から6年までの、優秀な選手もいたりするそのサッカー教室。その中に問題をおこさず、入って練習できるか、げんママは、とても心配でした。
 しかし、げんちゃんは、とりあえず、そこに入って、言われる個人練習を、それなりにやりました。
 これは、すばらしい事でした。サッカーのドリブルや、蹴りの練習は、サッカークラブに入るまでは、自宅でママがさせようとしても、パニックになるくらい、いやがっていたのに、今では楽しいと言って取り組んだりします。まあ、下手で、目を覆いたくなることもしばしばですが、とりあえず、言われたように、そこそこ練習してます。

 しかし、練習時間の多くを費やす、試合練習の時、げんちゃんは、ほとんど参加してません。
チームは、6年生までいるわけですから、マイボールにして、蹴るチャンスなんて、普通の1年生でもそうないと思いますが、げんちゃんの場合、試合の最中、一人、ボーっとよそ見をして、退屈そうにじっとしてます。ボールを目で追って、走ることはあんまりありません。
 1時間くらい、彼は、なんとなく、下を見たり、まったく逆をながめたりしながら、とぼとぼ歩いて時間をつぶしているような感じです。

 私でも、ドリブルさえできず、ボールに慣れてないのに、いきなり大きいお兄ちゃんと練習試合ばっかりさせられたら、絶対つまらないと思うのですが、かなりできる子も多いのか、そこの練習はそんな感じです。それに加えて、発達障害特有のこだわりで、自分がついていけないので、シャットアウもしているのでしょう。
習いはじめは、そこまでひどくはなかったです。
 もう一人の1年生は、能力が高く、大きい子からボールを奪って時々シュートしますが、げんちゃんにそれを求めても無理な話です。

 忍耐して、2ヶ月近く見てきましたが、練習試合中のその風景はほとんど変化がありません。せめて、ボールを目で追って、参加しようとでもしてくれたらいいのですが、毎回光る進歩は見られません。

 なんだか、げんママも、だんだん憂鬱になってきました。若くて、フレンドリーな先生で、こんなげんちゃんがいることを、さらっと受け入れてくれている様子はありがたいのだけど、げんちゃんの能力開発をねらっているげんママとしては、もっと基礎練習を彼につませてほしいのです。

 う~ん。
げんちゃんに、「おもしろいの?」と聞くと、「面白い」と言いました。でも、これも、やさしいげんちゃんのリップサービスなんじゃないか、という気がしてきます。

「いじめられたりしないの?」
と聞くと、
「大きいお兄ちゃんに、手をぎゅっとつかまれて痛かった。僕いやだった。」
と言いました。遠目で見てると、なんだか、不真面目で、やる気のないように見えるげんちゃんに、まわりの子が、ちょっとつらくあたったりしてても別段不思議ではありません。げんママでさえ、見ていて、いらつくんだもの。

 もう一人いる1年生のお母さんは、しっかり参加しているわが子を見て、楽しいそうです。は~・・・
やれやれ。そうそううまくいくとは思わなかったけど、なんだか、げんちゃんのだめさを、思い知らされるようで、いい気分ではありません。彼女と同じ土俵で子供を見物することは、残念ながらできません。

 これぞ、障害児の母が陥るブラックホールです。

 普通の世界での評価基準こそすべて・・・と思いこまされてしまいます。げんちゃんたちの入る隙のないような環境です。ここでは、げんちゃんは、ひたすら、劣ったへんな子。

 げんママ・・・ちょっとまずいな~・・と思いました。

 この感覚に支配されると、げんちゃんは、だめな子。せめて、普通の世界で笑われないように、普通の子に追いつかせなきゃ。せめて体裁だけでもつくろわなきゃ・・・こういう心理になります。

 あ、もうやめよう。げんちゃんには、試合練習の時間は、時間の無駄だわ・・・
げんちゃんに、「サッカーやめたい?」
と聞きました。でも、げんちゃんは、「いやだ。やりたい。」と言います。

 だけど、このスクールの時間のほとんどが、試合練習です。時間の無駄のような気がします。
 それで、げんママ、ちょっと考えて、ホームスクールの日にあたったサッカー教室は、時間の早い幼稚園児クラスに入れてみていただくように頼むことにします。(どんなのか見たことはないけど・・・)

 試合ばかりさせるのではなく、ドリブル、シュート、丁寧に基礎練習をつむとこからげんちゃんにはやらせたいな、と思います。サッカー自体は、絶対げんちゃんに良いのだし。

 帰ってから、眠たいげんちゃんを叱咤激励して、宿題をやらせて、寝せた後は、色々反省しました。

普通の子供たちの世界に入れて、そこでだけ評価すると、ともすると、軸足がぶれそうになります。
とにかくげんちゃんの能力開発にとって、何が有効で、何が有効でないか・・・有効でなければ、方向転換する。

ただそれだけのことなのですが、げんちゃんが浮くのを見せつけられると、余分な感情がついじゃまをします。

今度先生に頼んでみましょう。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
by glow-gen | 2012-10-02 23:53 | サッカー | Comments(14)

発達障害のソーシャルスキルは手強いぞ。

  稚拙なソーシャルスキルで、がんがん他人に向かっていくげんちゃんを見るのは、ほんと精神がずたぼろになりそうです。

 先日、3才の子と遊んでいて、その子のぬいぐるみが異常なほど気に入ったげんちゃん。なんと、その子から当然、と言わんばかりに、ぬいぐるみをとりあげ、まわりの大人が誰一人それを止めることができないほど、激しく抵抗した。という事件がおこりました。

 直前まで、仲良く、絵本の読み聞かせをその子にしてやっていたので、げんちゃん進歩したな・・なんて目を細めた矢先に、やってくれました。
彼の異常さは、小さい子によく見られる、
「悪いのはわかっているんだけど、ほしいのがとめられないの・・・」

というようなかわいい感じのものではありません。その人形への異常な執着に対して、まったくそれ以外のことが吹っ飛んでしまう、という感じなのです。子どもが泣こうが、私が叱ろうが、彼の脳の、異常な回路だけが、強力な電流を流しているので、他の回路は何一つ動かない、といった感じです。

 そして、昨日またやらかしました。

 公園で、例のごとく、げんちゃんはだれかれとなく話しかけます。
 小さな子どもの姉妹に話しかけ、中にはいっていこうとしたげんちゃんでした。

2~3才の姉妹は、二つある、遊具に乗ろうとして、ゆっくり、そちらに向かいました。げんちゃんは何を思ったか、もうスピードで走り出し、その子たちを押しのけて、先に遊具に乗りました。
 姉妹は、あきらめて、二つあるブランコに向かいました。そして座ろうとしたとき、げんちゃんがまたもうスピードでブランコに突進してきて、片方の子からブランコを奪いました。

 ぬいぐるみの時と同じ、狂人のような目をしてます。今それをしなきゃいけないんだ。と異常な脳波の指令が来たかのようでした。

 もちろん、姉妹のお母さんに叱られていました。あわてて割って入るママ。ほんと、恐怖映画を見てるみたい。こっちがパニックになりそうです。

 まだまだ、ソーシャルは、問題山積です。

 かなり叱りました。こういう時、げんちゃんは、なんだか、本当に理解しているのか、ちょっと分からなくなるときがあります。神妙にとりあえず、泣いているげんちゃん。そろそろ、勘弁してやって、公園から出ようとした時、ママがちょっとした道の間違いをしそうになりました。すると、
「何やってんの~」

と本当にノー天気に言います。

はー・・・。この場の流れからすると、ちぐはぐな言動です。

ママは思います。どうも、げんちゃんは、自分の印象をそのまま口に出すことを止められないのではないか。 サッカーの時にしても、ぱっと思いついたら、何のフィルターもかけることなく、その時点で、言葉に出します。普通なら、場の雰囲気をちょっと考慮して、口に出すまで、ほんの少し、頭を働かせるものです。

 ママは、あることにひらめきました。げんちゃんに言います。

「げんちゃん、ちゃんと反省した?・・・そう反省したのね。だったら、ママは許しましょう。だけど、バツがあります。今から、夕食の間、しゃべってはだめよ。静かに反省しなさい。それがバツ・・・」

 げんちゃんはどうするか、と思ったら、それから、神妙にずっとしゃべらずに過ごしました。ママが
「しゃべらないで!あなたは今バツを受けてるから。」
と何度か注意しましたが、最終的には守れたと言えます。

心で思ったことを、とりあえず、口に出す前にほんの少し寝かせる・・・これから少し、こういうトレーニングがいるんではないだろうか・・・と思いました。

 教室でも、すぐに、目立つことをしたり、先生が、何か言ったら、すぐそこで、同級生を制してまでも、自分が返事をする・・・みたいなことが多いのです。

初対面の子どもでも、即、程度を逸して話しかける。


 これは、だまって、言葉を寝かせる、という訓練がまったくできてないからではないか、と思いました。

 サッカーの練習時にも、同じ訓練をさせようと思いました。

「練習中は口チャックだよ。先輩のお兄ちゃんたちが先にしゃべるんだよ。君は、あとから入った新米だから、お耳で、聞く練習をするの。しゃべらない。わかったね。」


 ひとつ、救いなのは、バツに対して、ちゃんとげんちゃんが従ったことです。以前のげんちゃんなら、パニックになって、逆にへらへら、脳がショートしたみたいな現象をおこすだけでした。それを考えてみれば、ソーシャルだって、やはり伸びています。


めげずに進歩を信じましょう。ママは打たれ強いかも・・・


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
by glow-gen | 2012-08-23 12:27 | ソーシャルスキル | Comments(9)

サッカー教室、ママの憂い

  今日は昨日に続けて、昼から休みをとっていました。
サッカーが特別にあったので、また連れて行きました。(3回目)・

 一人プレーの練習。とくに浮かずにやってました。(しゃべらなければ、そこまで浮かない)
 ま、うまいとは言えないけどね。試合練習になると、そこそこ走ってました。ゴールキーパーがキャッチして、投げようとかまえたボールを、何を思ったか、しつこくけろうとしてる、とんちんかんなげんちゃん。なんか、キーパーをけりそうで、ひやひやして、あわてて声をかけます。

 とたんに、げんちゃん転んで、手をすりむきました。

 「げんちゃん、だめじゃない。・・・」
とママがなじりました。
「キーパーが持ってるの蹴っちゃだめじゃない。おにいちゃん怪我するよ。そんなことするから、すりむいちゃうんだよ。ばち当たったんだ。」
げんママは、げんちゃんの、とんちんかんで、勝ち負けに固執したりする性質が、そういう行動に走らせたような気がして、言ってしまいました。
「ひどい。バチとかひどい・・」
げんちゃんが、パニックになりそうになったので、あわてて訂正。

 傷を手当てして、落ち着かせて、チームにもどしたら、先生が、げんちゃんのとこに駆け寄って、やさしく、

「げんちゃん、キーパーがボール持ってるときは、蹴っちゃいけないよ。」
と言いました。げんちゃん、どうなるかと思ったけど、素直にうなづきます。 そのあとは、いきなり、怪我でなえたのか、疲れたのか、昨日のように、傍観者的に動いています。

 昔なら、すみっこに行っちゃうか、他の遊びでも始めたでしょうけど、一応外には出てきません。

 終わって、げんちゃんは、
「僕走れなかった・・・怪我したから。」

 と言いました。走らないといけない、と思ってたのだとわかって、ちょっとうれしかったママです。

 でも、色んな場面で、空気読めないので、3回しか来てないけど、チームメイトは、
「ちょっとこいつおかしいぜ!」
と思っている様子。

 しかし、終わっても、げんちゃんは、ボールでまだ遊んでいました。同級生の発達の早い男の子に、ボールを蹴りましたが、完全に無視されました。
上の子がそれを見て、
「あ、完全無視した!」
と横で言いました。

 あー、なんかね。親としてはつらいですね。一人しかいない同級生は、いわゆる、できないヤツが嫌いな、激しいタイプみたいだしね。

 ま、でも、当のげんちゃんは、まったく気にならないらしく、それより、ボールをバスケットボールみたいに投げて、ゴールの網の上に載せるゲームに興じています。乗ったら、網をちょっと引っ張ってボールを落とす。真剣にやってます。

 相手にされてなくても、そんなことおかまいなしで、ボールと戯れてます。ある意味すごい。

 先生にまた、
「大丈夫ですかね~。」と聞くと、先生は、にこやかに、
「僕は特別な子とは思いませんけど・・お母さん心配しすぎですよ。」

こんなことを言われると、さすがに、鵜呑みにはできないけど、心の傷が癒えます・・・しかし、発達障害素人の先生なので、どう出るか、まったくわかりません。

ただ、とってもいい先生なんだそうです。チームのすごくできる子を例にとり

「ここではな、うまい子もぜんぜんいばってないだろう。できる子は、率先して、できない子を教えてあげるんだぞ。」

なんて訓戒をされてます。サッカーチームの中では、かろうじて、げんちゃんが所属できるところかもしれません。怒声が飛び交う所もあるらしいからね。

 げんちゃんは、サッカーが気に入ったみたいです。(今のところ)

帰りに図書館で本を読みました。機関車の構造の絵本があって、ママが
「火で水をたくと、蒸気・・・うーん、煙みたいなのだけど。それが出て、車輪を動かす力になるの・・・」
と言ってると、
「沸騰するってこと?」
と聞いてきます。

「え?」
 こういうすごいことを時々、ふっと言います。絵本は本当によく見てます。読んでるのかさだかではないけどね。でも、音読は、かなりうまくなってるのは確か。げんちゃんより、下手な子は、クラスにけっこういるんじゃないかと思うほどです。算数は悲惨なほど遅遅としてますが、こっちは、得意なのでしょう。おしゃべりも、そのうち、空気読んだこと言えるようになると信じましょう。

 げんちゃんは、まったく普通の子と違うところを見ているようです。他の子が、完全スルーするところに、彼はひっかかり、他の子がエネルギーを使うところを、簡単にスルーする。そんな感じです。

 だから、普通の子供たちの平均値の中では、浮いてしまいますが、げんちゃんの世界に歩み寄ってやれる、げんちゃんに好意的な大人は、げんちゃんが面白く感じるようです。

 時々、この子もしかしたら、本当は賢いんじゃないの?って思う場面もありますが、それは、瞬間的なもので、総合評価は、やはり、問題だらけです。特に団体では浮きますね。

 サッカーは、思うに、時々付き添う程度がいいかもしれません。付き添っていると、つい手や口を出したくなる。

 げんちゃんは、げんちゃんで、あほな子と思われながらも、やっていくのかもしれません。ストレスで、つぶれそうだったらやめさせればいいし。第一、げんちゃんには、サッカーという運動が、今必要だと、私は判断しています。3回のサッカー見学で、運動能力が伸びた~、なんてのんきに思ってた自分が甘かったことを思い知りました。
 とにかく、筋力、体力、瞬発力、柔軟性、どれをとっても、まだまだ、アベレッジには遠かった。今やらなきゃいつやるの・・・って思うのです。

 心配は相当残りますが、ま、虎の穴に放り込んで見ましょう!

 


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
by glow-gen | 2012-08-22 02:33 | サッカー | Comments(6)

サッカー見学

  げんちゃんの夏休みは、ママが関われるときはかなり濃い時が流れています。
 なんのかんの言っても、普段の年は、夏休みといってもママは仕事。数少ない休みしかゆっくり過ごせませんが、今年は違います。

 週4日は一日中とはいかなくても、半日はかかわっています。
まあ、これがなんとも幸せです。私も、母が仕事をしていて、子どもの時はあまり、いっしょに過ごせてませんが、それって、子どもかわいそうなんじゃなくて、親がかわいそうだったかも・・・なんて思ってしまいます。ママ、ママと慕ってくれるのは、そうそう長い間のことではありません。

 発達のおかげでも、げんちゃんと、こうもいっしょに過ごせるのって、本当に幸せだ~!

 げんちゃんには、極力運動をさせる。発達プロジェクトを初めてからというもの、運動プログラムを外すのは、恐怖にさえ感じるくらい、運動にはこだわっているかもしれません。
山登りも、夏休みに入って、3回行きました。登山の時は、できるだけ、お友達もさそって行きます。単純に、みんなで登る山は楽しいです。
 
 水泳に行くときもあります。ある時は、何キロか離れたところにある大きな公園まで、自転車を走らせます。はっきり行って、ぶいぶい運動プログラムを真ん前にもってきます。ママは、運動オンチですが、基本的に運動をするのが好きなので、自分自身にもとてもいいです。げんちゃんも、この夏休みプログラムは、ジョギングより、うれしいようで、喜んで参加します。
 
 げんちゃんは、ほんとスタミナついてきているような気がします。もとが、ふらふらよろよろの子どもだったことを考えると、は~、と思います。

 さて、先日、たまたま都合がついて、幼稚園のグランドでやってるサッカー教室に行きました。げんちゃんの、敏捷性や、器用さといった運動項目を鍛えるために、彼には、球技を加える必要があるのではないか、とママはかねがね思っていたのです。
 ま、しかし、サッカーなんて、もっとも社会的なスポーツでもあります。ただ個人技で、ボールに格闘してればいいのではなく、集団のチームプレーが必要なのです。
 
 げんママ、だめだろうな~、と半分ひやかしで行きました。

 なんと、そのクラブときたら、小学1年生から6年までの混合チームで、1年生はたったの一人。先生は一人きり。見た瞬間、あ、無理かも・・・と思いました。

 げんちゃんも、いきなりスルーして、幼稚園の遊具で遊びます。

 ママだけ、おそるおそる見学してました。たまたま最近入った1年生のお母さんが、親切にクラブのことを教えて下さいます。何でも、その子どもさんも、ついていけないかな、と心配したら、はまってしまったらしいです。

 げんちゃん、遅れがあるし、6年までのチームでは、無理だよね。

先生に、そう言いました。先生が、

「そうですか?障害があるってことですか? まあ、ちょっと入れてみたらどうですか?」

と言って、げんちゃんを練習に無理矢理入れました。

 は~。いっしょに見ていたお母さんも私も、最初からの流れで、たぶん、げんちゃん、すぐにいやがって出てくるものと思っていました。
「あ~。ここでも遅れを見せつけられるか~・・」

 ところが、げんちゃんは、ぴっと鳴った笛の合図を堺に、そこの集団の中で、自分をアジャストし始めました。並んで、、と言われると、ちゃんと列に並び、ドリブルの練習を指示されると、その通りやりました。シュート練習にいたっては、3回やって、3回とも、丁寧にゴールにボールを入れました。

 そのあと、二つに分かれて、試合形式の練習。げんちゃんは、ボールを真顔で追って、走りまわっています。オウンゴールさえしてしまいました。(まわりにちょっとブーイングされたけど。)

 結局、1時間走り回り、終わったときは、
「楽しかった・・・」

 と言ったのです。びっくりでした。だって、この日は、直前に登山をして帰ってきたばかりだったのです。

 先生が来て、

「今練習に参加してもらった限りでは、別に支障は感じませんでしたけど・・・大丈夫じゃないですか?」


いっしょのお母さん曰く、

「サッカーって、見てて、楽しいですもんね。いつも見学して飽きないですよ。そういうペースって、子どもたちはもっと楽しいんでしょうね。1年生他にいないので、是非
 はいってくださいよ。」

世間話に、げんちゃんの発達障害の今までを、かいつまんで話したので、彼女は、今日の、げんちゃんの様子に、
「すごく進歩してるんですね。おかあさんがんばったんですね~。」

なんて、親切なことを言って下さって。

つい、また参加しに行くことになりました。どうなることやらです。でも、確かにびっくりした! 

動く体つきは、もう以前のげんちゃんではなかったです。運動プログラム・・・やっぱり効果あがってるんだあ! 


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
by glow-gen | 2012-08-02 20:04 | サッカー | Comments(8)



中学2年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 


げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
エジソンアインシュタイン協会
ブレインジム
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数

聖書と福音
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
支援学校のひさしくん
注意欠陥
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
Naoさん タイでの発..
by glow-gen at 20:38
最後の、げんちゃん自身が..
by nikon_leica at 10:53
みかんママさん  大好..
by glow-gen at 17:54
こんにちは〜 とうとう..
by みかんママ at 09:31
ロボママさん げんちゃ..
by glow-gen at 17:20
ふたごさん 幽体離脱・..
by glow-gen at 17:05
あと、余計なことだったら..
by robo_223 at 16:08
げんちゃんママさんは、げ..
by robo_223 at 16:06
ゆうママさん わかって..
by glow-gen at 16:30
昨日のコメントにお返事あ..
by ゆうママ at 12:13
ゆうママさん そうです..
by glow-gen at 23:44
同じく、人間の心を持って..
by ゆうママ at 19:33
ゆうママさん げんちゃ..
by glow-gen at 18:32
ロボママさん ほんと、..
by glow-gen at 18:29
K先生の一生懸命な説教も..
by ゆうママ at 16:31
げんちゃんのママさんお返..
by ふたご at 09:53
続きです。 ここで..
by robo_223 at 08:06
げんちゃんは、意識が外に..
by robo_223 at 08:04
ふたごさん 言い忘れま..
by glow-gen at 14:30
ふたごさん 神様は、す..
by glow-gen at 14:24
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧