げんちゃんの発達障害プロジェクト

カテゴリ:チャレンジタッチ( 1 )

意識が出てきたから、1年生みたいな口のきき方になってきた。

a0184225_00212173.jpg
(全体にいきづまった感の今日この頃、げんちゃんの意識に働きかけたい! 具体的な体験的学習で心にゆさぶりをかける。そうすることによって、意識が広がりをもつといいな~と思います。これは、もちよりパーティーのため、大量のタマネギのカットをさせてます。まだまだ、包丁を持つ手は、危なっかしいです。)


 げんちゃんは、発達障害の本質を色濃く残しながらも、少しずつではあるけれど、伸びているところもあります。算数以外のテストは、普通に人並みの点をとってくるようになりました。進研ゼミのチャレンジタッチは、げんちゃんにとっての必須のアイテムで、これがなかったら、ホームスクールをしながらの理科社会のテストは苦労したと思われます。
 タブレットで、興味をひくような映像で、授業に出ていない時でも、わかりやすく講義をしてくれるので、楽しく理解することができます。
 ”てこ”は、6年生では、難しい理科の単元ですが、げんちゃんは、95点をとってきました。もちろん、簡単な復習テストではあるけれど、去年私は、
「6年で、てこを習う! こんなのわかるわけない!」
とおののいた記憶があるので、これは、素直に快挙としていいでしょう。

理科社会の高得点が、チャレンジのおかげであることがはっきりとわかるエピソードがあります。
学校でやってる内容と、理科のチャレンジの内容がずれていた今月は、いきなりテストが60点になっていました。げんちゃんは、理科社会が好きらしく、チャレンジの理科社会は、何も言わなくても一人でやっています。チャレンジタッチを4年の終わりから取り入れるまでは、NHKフォースクールのwebサイトから、単元の映像を捜してきて見せたりしてみたけれど、そうコンパクトにほしい映像があるわけでもなく、なかなか授業の穴埋めが難しかったです。

 考えてみれば、げんちゃんの学業が上がりだしたのは、理科社会が火付け役になっています。国語算数は、なかなかだったけれど、理科社会に興味を示して、そこが突破口になって、少しずつ全体が上がり出しました。

 くもんの先生も、こんなことを言ってました。
「くもんの英語、国語、算数。どれか1つでも、しっかり学習姿勢ができてくると、全体が上がり出すんですよね。」

 なるほど、全部が一気に上がるのではなく、その中の何かしらが牽引役になるようです。理科社会が、まず上がり、次は、国語が上がってきたげんちゃんです。
(だから、支援クラスで、国語と算数と、生活訓練しかやらない、なんていうのはナンセンスなんですよ!)

 しかし、残念ながら算数は、まったく気乗りがしないらしく、昔よりはましではあるけれど、行き詰まった感じがとれません。算数の学習障害に加えて、長年のトラウマも手伝って、算数が始まると同時に意識を飛ばしているのが見え見えのげんちゃんです。でもできないので、算数に、時間を多くさくので、ほんとひずみが大になってしまうげんちゃんです。

 そんな算数なので、もう私が教えるのは、ほんとに逆効果で、色々トライしてみたいやり方を研究してますが、げんちゃんの前では空回りします。しかも、げんちゃんは、私が何か言い出すと、
「はいはい、わかったわかった。」
とさもうざそうに言うので、こっちのメンタルも、ほんとにきついです。わかりもしないくせに、わかったような口聞くんじゃないよ! 普通の反抗期なら、ほっといても、ある程度、自分で軌道修正をするでしょうが、げんちゃんは、いらつくレスポンスをするだけで、自分では何も修正できないので、さらにいらつきます。

ここに関して、Sさんが、またなるほど、と思うことを言ってました。

「げんちゃんのは、普通に思春期に来る反抗ではないよ。ちょっと意識が目覚めてきたので、小学生1~2年生の子が言うような口調になってるだけだよね。だから、これが、ほんとの反抗期の状態にもっていかなければね・・・わかってないのに、わかったような気がしてるだけでね・・・」

なるほどね~。確かに、普通の6年生が通る反抗期にしては、おそまつそのものだよね~。

 何しろ、うるさいとか、わかったとか、うざそうに言うけれど、反論してくる内容が、あぜんとする理解のなさ。え?そこまでわかってないんかい、とあきれるばかりです。反論さえできない、ことがほとんどですが・・・

偉そうにするなら、せめて、もう少し理解しろよ。と言いたくなります。

 少し伸びて、また足ふみしてる・・・そんな感触のこのごろです。


by glow-gen | 2017-12-26 00:08 | チャレンジタッチ | Comments(17)



中学1年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
中学1年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学1年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
とんままさん げんちゃ..
by glow-gen at 17:14
こんにちは。 クリ..
by とんまま at 09:50
 ロボママさん、ほんとに..
by glow-gen at 23:40
返信をありがとうございま..
by robo_223 at 15:47
ロボ君、バックミラーをつ..
by glow-gen at 23:05
げんちゃんの精神面の成長..
by robo_223 at 08:18
ロボママさん ほんとに..
by glow-gen at 02:57
とんままさん 成長って..
by glow-gen at 02:30
そうこうしているうちに、..
by robo_223 at 09:03
げんちゃんは、自分という..
by robo_223 at 09:02
ママさんの引いた状態がげ..
by とんまま at 01:35
ロボママさん ほんと、..
by glow-gen at 17:16
ロボママさん そうなん..
by glow-gen at 17:15
あつぞーパパさん ご返..
by glow-gen at 16:26
返信をありがとうございま..
by robo_223 at 08:58
とんまま様 ご丁寧..
by あつぞーパパ at 23:42
とんママさん 感覚の過..
by glow-gen at 22:03
とんママさん 考えてみ..
by glow-gen at 18:42
ロボママさん ありがと..
by glow-gen at 18:29
あつぞーパパ様 先..
by とんまま at 13:27
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧