げんちゃんの発達障害プロジェクト

カテゴリ:ハンディキャップの子供たち( 2 )

ダウン症児ゆうくんのママ

 職場の洋子さんは、50代ですが、20代のダウン症の男の子のお母さんです。
彼女は、母子家庭で、とても苦労をして、ゆうくんの他に二人の子供を育てました。何しろ、彼女が家庭をささえたため、重度の知的障害といわれるゆうくんの世話を、家庭ですることができず、ずっと施設にあずけています。施設も、なかなか定員がきびしく、ずいぶん遠いところです。なんとか預かって貰っているので、施設に対して、色々あっても、わがまま言えない立場でもあります。仕事をやりくりして、月に一度の面会が、親子の唯一のふれあいです。
 彼女の歩いてきた道は壮絶です。

 ゆうくんが生まれたとき、医者から、
「お母さん、この子は、一生改善することはありません。結婚も望めませんし、普通の子供さんのような暮らしはあきらめてください。」
と宣言されました。死のうと何度も思ったそうです。

 先日あった、鈴木先生のセミナーに彼女を連れて行ってしまいました。

 洋子さんは、すごく感動したようです。知的障害児は必ず改善する。という信念にもとずいて話される鈴木先生の話が、きちんとデータにもとづいて、結果を出したものだったからです。

 会場にこられている方も、本当に苦労なさっているだろうな、と思うような状態の子供さんをかかえた方もたくさんいらっしゃいます。

 洋子さんは、知的障害児は、固定されたものではなく、改善するどころか、天才卵なんだ、というような認識にふれたのは初めてで、本当にびっくりされてましたが、これぞ、本当ですよね。とすごく明るく元気になったようです。

 親子らしい、普通のコミュニケーションができる。普通の人の暮らしの喜びを、普通に味わう。今のゆう君にとっては、それすら贅沢なことだったのです。でも、洋子さんいわく、
「あの子たちは、感覚が敏感なんだね。それでわかった。ゆうくんも、すごく、いろんな音や騒音に、ナーバスなのよね。でも、それって、感覚がするどいことだから、のばしようによっては、すごいことなんだよね。」

 ゆう君は、抜群に絵の上手な子です。はっきり言って、健常児の、そこいらの子より、人を感動させる絵を描きます。
 でも、だから何? という施設での暮らしを余儀なくされています。施設での暮らしは、たんに、社会から隔離して、おもりしてもらっている、という感じです。

 「もう少し暮らしがおちついて、ゆうくんを引き取ったら、サプリやトレーニングやってみよう。
 ゆうくんの状態が改善して、もっと親子の交流を深めていきたい。」
げんちゃんのケースを、私からいつも聞かされているので、洋子さんも意欲まんまん。
それにしても、平気で、知的障害児は、人格で、改善は無理、なんて言ってる医者も先生も、どうかしてるよね。医者が何もできないと言うんだったら、、「脳は未知数です。私は、非力ですが、お母さんは、あきらめずに、何でもトライしてくださいよ。」せめて、このくらいのことを言って欲しいものです。
ゆうちゃんが、天才画伯になるのを、私も楽しみにしてます。洋子さんもがんばれ~。

 げんちゃんは、昨日のブログから、一気にまったく問題なし、みたいなことは、もちろんありませんが、日々進歩してますよ。




ブログランキング参加中。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
by glow-gen | 2011-08-24 23:44 | ハンディキャップの子供たち | Trackback | Comments(0)

3歳のM君、自閉症だと言うけれど

 今日は私がつとめる病院に、3歳のM君がやってきました。普通の子のようにしか見えませんが、お母さんの問診に、自閉症と診断されている、と書いてありました。

 M君は、普通にじっとして、他の子と同じように、周りのものに興味を示している様子。でも、話しかけても言葉や反応は返ってきません。なるほど、言葉が出てこないし、いまいちこちらの問いかけがわかっているのかよくわかりません。

 しかし、彼は、目の前にあったはさみをつかみ、切る動作をします。あわててカルテをなおし、かわりに不用な紙をにぎらせました。そしたら、なんと、すごいしっかりした指使いで、紙を切って行くではないですか。
「うんま~。これはすごいよ!」
3歳1ヶ月で、こんなにしっかり指先を使える子は少ないんじゃないかな~。げんちゃんの今のはさみを持つ手つきより、しっかりしている感じです。
げんママは、思わず、お母さんに向かって叫んでしまいました。
「M君、すごい知能持ってると思います。何らかの形で、外にアウトプットできないだけだと思います。」
 本当におせっかいだと思ったのですが、げんちゃんのことも話して、鈴木昭平先生の本、「子供の脳に良いこと」まで紹介してしまいました。先生が推奨するフラッシュカードのやり方まで実演つき・・・(笑)
 お母さんは、療育施設に通いながら、不安な日々を送っていらっしゃるようでした。

 私も、何も情報がなくて、げんちゃんが、発達障害とだけ告げられた時は、かなりショックでしたから、お母さんの気持ちがわかります。

 「きっと大丈夫、この子はすごい子になっていくよ。お母さん、情報集めて何でもやりましょうよ。」

 お母さんは、とってもうれしそうに、帰って行かれました。もともと違う検診に来られたのに、何のことやら・・・でしたが。

 だけど、自閉症と診断されても、今まで言われていることだけがすべてではないはず。きっと突破口が見つかる、帰るおかあさんの後ろ姿に、エールを送ってしまいました。
 こういうの、仕事におけるげんちゃんの影響ですね。そういうお節介、いやな方もいらっしゃるかもしれませんが、げんちゃんママは突進タイプなので、とめられません。(笑)

 帰ってから、げんちゃんの体操教室の先生から、今の状況を聞きました。
ま、まだまだ他の子には追いつけません。先生は、げんちゃんに、社会に出ても、就く仕事などは、どうしてもかぎられるだろうけど、できるだけ、社会適応させてあげて、能力開発したい。と愛情をこめて言われました。
 そうか~。障害があるから、普通は無理、という認識をされていらっしゃるのね~。

 ママは、そういうことを言われても、まったく気になりません。
いや、大丈夫、どこかに突破口があって、げんちゃんは、きっとすごい子になる。
マジ、信じているんだよね。(今のとこ・・・)

 親ばか力でいきましょう!
ブログランキング参加中。クリックにて声援お願いします。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村





by glow-gen | 2011-06-15 22:45 | ハンディキャップの子供たち | Trackback | Comments(13)



中学1年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
中学1年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学1年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて7年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
自己中
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
チャレンジタッチ
未分類
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
以前の記事
最新のコメント
通りすがりさん コメン..
by glow-gen at 11:02
みかんママさん へ~、..
by glow-gen at 08:56
ロボママさん ありがと..
by glow-gen at 08:51
またお久しぶりです。 ..
by 通りすがり at 08:08
まさしくうちの息子です。..
by みかんママ at 05:10
げんちゃんは、着実にステ..
by robo_223 at 21:02
ゆうママさん 先生は、..
by glow-gen at 19:39
ゆうママさん そうだっ..
by glow-gen at 19:39
ここあさん そうなんで..
by glow-gen at 19:10
大変なクラスなんですね。..
by ゆうママ at 18:12
学級参観お疲れ様でした。..
by ここあ at 15:28
ロボママさん マイペー..
by glow-gen at 13:26
授業参観では、げんちゃん..
by robo_223 at 08:16
Kさん おっしゃってい..
by glow-gen at 15:50
ロボママさん レス遅く..
by glow-gen at 12:27
あつぞーパパさん コメ..
by glow-gen at 12:15
roboも数学に関しては..
by robo_223 at 08:25
省エネモードとエネルギー..
by あつぞーパパ at 23:46
ゆうママさん そうです..
by glow-gen at 23:32
状況が容易に想像できてし..
by ゆうママ at 14:17
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧