人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

カテゴリ:発達障害の原因を治す( 3 )

げんちゃんも、それなりに努力している。思い

げんちゃんの期末の結果は、英語55 社会47点 理科37点 で、支援クラスオリジナルの国語算数は、60点と20点でした。
テスト前の準備時点で、抜いてしまうことも多かったのですが、英語50点越えは、げんちゃんの伸びでしょう。

何か月前か、げんちゃんが、突き抜けた~なんて感じた時がありましたが、あの時の峰が、時々訪れるようになっているように思います。気持ちが入っているときのげんちゃんの学習は、普通の子に近いような瞬間があります。

でも、目の前でいい感じに教えているときに、つい普通の子にするようにすらすら説明をしていたりすると、次の瞬間抜けていて、
「今なんて質問したの?」
と聞いても、まったく覚えてないことがまだまだ多いです。
げんちゃんのスイッチは、ほんとに、分刻みについたり消えたりしています。でも、外は普通にやっているようなスタイルも多くて、スイッチが切り替わる瞬間は、わからない時があります。

教える、そのあとは問題をさせる。入力のあとは出力、というのを短いタームでやるようにしていて、げんちゃんがスイッチを切ったときは、直前に教えたことも答えられなくなったり、信じられないような誤答をしたりします。

そういえば、以前、お友達のせいら君のお母さんが、
「せいら君は、げんちゃんほどスイッチのオンとオフの違いがわからない」。
と言っていたのを思い出します。

外側がそこそこ作れるようになってくると。抜けちゃって腑抜けになっている、という瞬間は、周りにはわかりにくいのかもしれません。つまり、あさ~い意識で、とりあえず、表面だけは、たんたんと繕う。そして、抜いていても、ルーティンなことなら、まあまあできる。


 なるほど、多くのグレーゾーン近くにいるのお子さんたちは、こういうステージにいるんじゃないかな、って思うようになりました。

外側がそこそこ作れると、周りから注意されることも少なくなるので、本人は、目的をしっかりつかむということをしないまま、外側だけを作ることを定着させていくのではないでしょうか。

「Sさんが、ここで止まってもらっては困る。」
というのは、そういうことなのかもしれません。

げんちゃんは、この頃、おばあちゃんに、

「正しい勉強法って、何なのかわからなくて困っているんだ!」

と言ったそうです。おばあちゃんに対して、まるで血の通った会話などしなかった子なので、この問いかけにはおばあちゃん感激! だったようです。

「おばあちゃんどうしたの?」
顔に傷を作っていたおばあちゃんに、帰ってくるなりげんちゃんが聞いたそうです。こういうことも、今まではなかったことでした。

調子のよい時は、げんちゃん、自分が変わりたい、という思いが強く出ています。大きな付箋に、「質問をする。」とか、「集中する」とか書いて、支援クラスの机に貼ったりしているようです。

と書くと、すごいことのようですが、外側止まりのげんちゃんであることが多いです。

「正しい勉強法は、質問する」

なぜ質問しなければいけないのか。何のためにそうする必要があるのか、といった本質をつかもうとせず、「正しい勉強は、とにかく質問するんだ。」と、単純なベクトルで結びつけてしまって、本質が抜け落ちているよなことが多いです。

どこまで行っても、げんちゃんという発達君は、意識の使い方がおかしいです。
でも、少しずつはかわっていっているようではあります。


by glow-gen | 2019-11-29 02:46 | 発達障害の原因を治す | Comments(12)

発達障害の子は、思春期頭がよくなることがある理由

げんママいちおし、オリラジの中田敦彦のユーチューブ大学は、最高!
げんちゃんに聞かせ始めました。彼は、伝えたい思いの奥に、ちゃんとした規範を持っている。プラスの思いを後押しするのに、すっごくいい~。
「お母さん知らないの、スティーブジョブズは、アイフォンの人だよ・・・」ぼそっとげんちゃん。彼の壁を突破して、心に入るかも。

 ついに、期末です。2週間で9教科を準備しろ、なんて、そりゃ無理だ。はっはっは・・・。泣笑!

げんちゃん、実技科目の授業プリントがけっこう未記入で、勉強できないので、二日前に、先生に聞きに行かせました。聞いて来ても、時間切れだろうけどね。

1学期までは、支援の先生にお手紙書いて、教科の先生にコピーをもらったりしていたのに、今回は、自分でメモを書き、教科担任のもとに聞きに行かせることができました。
小さなメモを首に下げさせて、書き込むように習慣づけを初めて早半年、最近や~っと、多少は使えるようになってきました。メモは書くけど、開かない・・・・という段階ですが。書くことで、意識に入りやすくなります。

 意識のオンとオフが、まだらに切り替わり、まだまだ安定性が少なすぎるげんちゃんですが、やはり、.理解力は、以前とは全く違います。

to+動詞の原形
 なんてものを、彼に理解させることができるのだろうか・・・・2年の最初ごろ、テキストを見ながら真っ暗な気持ちになっていたのですが、それなりに理解したのか、調子のいい時には、並べ替えの英作問題をすらすらやったりしています。

 何度も書きますが、発達障害とは、脳というハードの疾患ではなく、心、つまり意識の疾患です。すなわち、思春期、何かのきっかけで、意識がめざめて、学習に矛先がいけば、ぐんと、IQさえ上がっちゃう可能性があるということです。
 
 普通の人でも、気持ちが入らねば勉強も身につきませんが、そのレベルが、常識を越えてるレンジにいるのです。パソコンはあれど、キーがない感じ。

 つまり、げんちゃんのような発達障害は、意識の照準を自由にあやつれないので、能力の多くを眠らせたままになってしまう、ということなのだと思います。

 小学校3年生の時の漢字の練習を思い出すと、私はほんとに納得できます。3年生といえば、漢字もそこそこ難しくなり、量も増えます。少しは、書字も可能になってきたので、一生懸命げんちゃんに漢字を覚えさせようとしました。

 しかし、吐き気がするほど覚えません。夜なべをして、フラッシュカードを作って、(しかも見やすいように、茶色のゴシックで印刷したり)K先生とかわるがわる、フラッシュした上で、書かせて、読ませて・・・・それでも、まったくといっていいくらい、覚えません。悲鳴をあげました。今でもK先生と語り草になるほどです。

 あの頃のげんちゃんは、目力(めぢから)もまったくなく、ただぼんやり存在しているような感じで、意志も感じず、動物みたいでした。学校では、しょっちゅう問題を起こしていたころでした。

動物を調教するように、げんちゃんの上から、漢字のシャワーをふりかけ、とにかく、ひとかけらでもひっかからないかしら、というようなやり方しかできませんでした。

 思い出せば、目を血走らせてがんばってる私に、S先生は、
「先に意識をいじった方が早いですよ。心が大事です。」

と言っていたのですが、私は、
「心とか言ったって、できることできないと、話にならないでしょ! 心が大事なんて、わかっとるがな~。」 
と意味をわかってなかったです。

あの頃から、S先生にかかわってもらっていたら、もちょっと展開が早かったのかもしれませんね。
  
まあ、でも、あらゆる手立てをしたからこそ、S先生の言うことがしっくりくるわけで、がむしゃらに、やれるだけやってみる、というのも大事なことだな~と、後悔はありません。

そのころと比べると、げんちゃんは、ほんとに頭がよくなっております。

抜けるとあほですが、それが、げんちゃんの真の能力ではないということがわかります。
(できないと決められて、チャンスを与えられていない障害児のなんて多いこと!)

今回は、テスト中、どこまで、意識が入っているか。ここを見たいと思います。
なんせ、テストを受ける、という意味さえわからないげんちゃんだったので、テスト体制に多少でも自分を作ることができれば、成長なのではないかな、と思います。


by glow-gen | 2019-11-13 00:40 | 発達障害の原因を治す | Comments(6)

発達障害の原因を治したい

 
発達障害の原因を治したい_a0184225_01433844.jpg
文化祭でクラスに貼られていたお習字でしたが、支援クラスの方に貼られていました。
同じ作品が普通クラス全員分貼られていたので、そっちに貼ってもらってもいいんじゃないかな~と思いました。けっこううまく書けてたからね~。
でも、Sさんは、味があるけど、芯がない。今のげんちゃんだね~と言いました。なるほどね~・・・確かに言える。まだまだ、人としての真ん中がさっぱりないんだよね。

 げんちゃんは、最近少しかわったね~、とパパと話しました。
ぜんぜん反抗しなくなったし、勉強も多少はましな時もある・・・なんか、かわいいよね~。

そんな話をした翌日。K先生から電話がかかってきました。

「げんちゃんひどいです! 横柄さが半端ないです。勉強もまったくやる気ないし、意識を完全抜いています!」

私は出張していて、ここんとこぜんぜんげんちゃんの勉強を見てなかったので、普通の生活だけを見る限り、なんか、しっとりいい感じのことも多く、K先生の言葉は意外です。

「単語も何回書いても覚えないし。時間遅れて来て、注意したら、”ごめんなさいって言ったやん!” と平然と言って、悪びれる風もない。」

例ののれんに腕押し。ふてぶてしいげんちゃんの出現。のらりくらりのお化けみたいだそうです。

電話かわってもらって、げんちゃんに話しかけてみました。

「あんた何やっとんの。意識抜きまくったらだめやろう!」

すると、げんちゃんは、殊勝な声で、

「あ~。わかった。ちゃんとやる。」
声が、けっこうしゃきっとしてたので、よかった~と思ったら、なんと、スマホを斜めにかまえて、声だけ適当に受けがいいように答えていたみたいです。

「ママが、出張していた間も、まったくやる気なくって。表面上は、けっこうやってるふりするんですが、まったく意識とばして、適当にやってるので、こっちが何回も説明したことが、まったくスルーなんですよ。なんか、もう、勉強やる感じではないんですよ~! 毎回説教ばかりです。」

やれやれ。けっこういい感じと思ったんだけど・・・・

ところが、日曜日、朝、漢字だけ、いい感じで取り組んだ後、家族で久しぶりにドライブに出かけました。(最近は、パパがちょっとかわってきたので、こういう家族でのお出かけが出現している我が家です。)

近場の温泉に入って帰りました。ところがですよ!

げんちゃんときたら、家に帰ってきて、いつも通り風呂をわかして入っているではありませんか~!

「何やってんの~! 温泉入ったやろ!」
たぶん、私のカンでは、後からぼけっと家の風呂に入ったのではなく、まったく何の感慨もなく、ただ温泉に形だけ入って、何の印象もとどめなかったのではないか、と思います。表面では、相槌打ったり、それなりにしていたげんちゃんの、中身はさっぱりすかすかと言うわけですよ。

それから翌日、げんちゃんに、ドリルをコピーさせてみました。うちのコピー機は、B5の場合、コピー機の読み取りスペースがちょっとむつかしく、ずれてしまいました。普通の子なら、コピーされた用紙のずれたところから逆算して、原本を、うまくずらすと思いますが、げんちゃんは、まったく考えず、あてずっぽうにドリルをおいて、何枚も失敗し続けています。


その時、私は、ほんとになるほど~と、夢からさめた気分でした。

げんのやつ、上っ面だけ上手にやって、意識入れずに作業する方法をつかんだんだ!
やばいやばい! うっかり私までだまされてしまっていた!
もちろん、確信犯というわけではないけれど、感覚的につかんじゃったのだろう。


頭混乱して、S先生に聞いてみて、やっと了解できました。


げんちゃんは、どうも、小学校にお仕事体験に行った時、感覚的に、うわべだけ作ることを覚えちゃったみたいなんだよね~。ほめられたし、けっこう自分でも表面的にはがんばった気になっているみたいで。上手に抜いて、形だけ作れば、それなりに認められる。これならそこそこできそうだし、周りの受けもいい。そこを、ここ数日ママまでが、よしよししてやってしまったから、すっかりのぼせてしまっている。

上手にだまされてくれる人には、すごく良い顔を見せるけど、内面まで、見抜いているK先生には、なんで、やってるのにほめないんだよ~、っていう不満不平で大着になってる。
相手によって、態度を変えているんですよ。」

は~。さすが、S先生。解説がすと~んと胸に落ちます。なんせ、学校の先生までもが、げんちゃんかわったね~の大合唱だったここんとこ・・・。


危ない危ない。すっかりげんちゃんに騙されるとこでした。げんちゃんは、やっと外側を少し作れてきたけれど、意識は、秒単位でぬけたりちょっと入ったり。ぜんぜん治っていない!

さあ、だるまに目を入れて、入魂するみたいに、いよいよ、中身をしっかり作っていくところに来たのかもですね。意識をいっときも抜かず、完全にスイッチ切ることなく、発達障害のコアな部分に迫っていかねばなりません。

by glow-gen | 2019-10-22 21:29 | 発達障害の原因を治す | Comments(8)



中学2年の息子。5歳で、発達障害発覚、改善に取り組むママの格闘と改善ノウハウの記録。
ピックアップ 


げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善<

子供の体験施設を探す
”asoview!"↓




  リンク
エジソンアインシュタイン協会
ブレインジム
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数

聖書と福音
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
意識のこと
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
時間
知能検査
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
高校選び
支援学校のひさしくん
注意欠陥
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
発達障害の原因を治す
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧