人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

カテゴリ:注意欠陥( 1 )

注意欠陥と、世間は軽くかたずけてしまうけれど・・・・

 げんちゃんを見ていると、ほんとに普通のお子さんとは別物だな~と思います。たった一つの言いつけも、時としてすっこぬけたりするし、やっていい、やってはいけない、という単純な指示は受け取れるけど、
 ”○○の時は、やっていいけど、××だったらだめ。ダメな時は、△をやってほしい。”
 こんなことになったら、いきなりとらえられなくなってしまいます。
慣れた生活は、それなりに普通にこなしているように見えますが、自立して状況の変化に対応して行動する、というのは、まだまだ遠い世界です。

 それでも、1~2か月前から、メモを活用することが少しできはじめています。Sさんが、100均の小さなメモ帳を首にさげておくようにと言ったので、ストラップにメモとボールペンをつなげて、首から下げて持ち歩かせています。かっこ悪いからいやだ、とは言わず、ここ数日は、やっとそこそこ活用できるようになってきています。

 でも、それを始めてここまで、このメモにしても、できるに向かって、わずかずつ変遷をとげ今にいたります。
最初は、こっちが言って、その通りにまず書かせるだけ。メモを見てそれを実行する、というところまではいかず、とにかく書きしるすことで、意識に落ちやすくなるために書いてるだけでした。。

確かに書かないよりは、指示が心に残りやすいという効果はありました。

 なんせ、言葉だけで指示しても、わかったような返事をするけれど、まったくスルーしてしまうげんちゃん。これを注意欠陥と人は呼ぶんだろうけど、症状だけ言葉にしたって、何も解決策がないのが、発達障害の”困った” です。虚しいものです。
 やがて、メモ帳に書き込むだけ、というのも、板についてきて、学校でする用事など家で書かせて学校に出すのが日常になってきました。

 そのうち、げんちゃんは、ぽつんぽつんと、自ら書きこむようになりました。やがて、気が向いたとき、学習の要点とかも、書きこんだりしている。そしてよく見ると、どうも、ある時から、”書き込む” ということにこだわっていて、内容も目的もまったくとらえてない、というありえない状況になりました。

 何のためにメモをとるの? とある時指導したら、次はそのメモ熱がさめ、首から下げているのがうっとおしいのか、よくはずしてその辺に放り投げているようになりました。

あいかわらず、忘れ物、指示したすべきこと、日々落としてきます。
 それでも根気よく、メモを首にかけさせ、書き込ませ、帰ってきたら、指示内容ができているか確認する。そんなことを続けています。

 今週になってやっと、メモに書いた内容が、少し頭に残っていることも多くなって、打率が上がっています。
「○○やったの?」
と聞くと、ちゃんとやったよ、と帰ってくることも多くなってきました。
 でも、あいかわらず、
「理科の先生に、○○を確認してもらう。」
という内容があったとすると、げんちゃんは、ぱっとそのことを思いつき、その時点で先生がいなかったら、その問題は、そこで完了してしまうようです。。
あ、やらなくちゃ、あれ、先生いない。できないな。  ということで、この要件は終わる。

その後数時間たって、先生を見かけても、その指示は再度頭にのぼることはない。というありさまです。げんちゃんって、重症だな~と感じます。

「ねえ、先生がいなかったら、帰りに職員室に行ったらいいじゃない。」
「ああ・・・」

なんでもそうだけど、そんなことさえ気づけないの? とあきれ果てる毎日です。

げんちゃんのぶつ切りな感覚は、こういうことに限らず、今回新しいピアノの曲に入った状況でも共通していています。
かなり難しいトルコ行進曲を弾けるようになったとは思えないほど、初見の楽譜が読めない。前の経験をもとに、次が積み重ねられる、ということが希薄なのでしょう。まるで、昨日今日習い始めた子のように、初見の楽譜が読めず指が動かない。

この子は、すべてがぶつ切り、前の経験を何も生かそうとしない。世の中では、こういうのを障害と言い、あきらめるのだろうけど、私は、よくもあきらめずに、くたくたになりながら引っ張ってきてるよな~と、我ながら感心してしまいます。笑

Sさんは、
「あきらめたらね。あとは、その状態をキープではなく、どんどん落ちていく。だからあきらめたらだめだよ。人間には不可能ということはないんだからね。」
と言う。このどこまでもおそろしく改善を阻む息子は、いつになったらまともになるのかな~・・・さすがの私も根負けしそうだよね。


by glow-gen | 2019-06-27 02:38 | 注意欠陥 | Comments(2)



中学2年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 


げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
エジソンアインシュタイン協会
ブレインジム
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数

聖書と福音
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
支援学校のひさしくん
注意欠陥
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
Naoさん タイでの発..
by glow-gen at 20:38
最後の、げんちゃん自身が..
by nikon_leica at 10:53
みかんママさん  大好..
by glow-gen at 17:54
こんにちは〜 とうとう..
by みかんママ at 09:31
ロボママさん げんちゃ..
by glow-gen at 17:20
ふたごさん 幽体離脱・..
by glow-gen at 17:05
あと、余計なことだったら..
by robo_223 at 16:08
げんちゃんママさんは、げ..
by robo_223 at 16:06
ゆうママさん わかって..
by glow-gen at 16:30
昨日のコメントにお返事あ..
by ゆうママ at 12:13
ゆうママさん そうです..
by glow-gen at 23:44
同じく、人間の心を持って..
by ゆうママ at 19:33
ゆうママさん げんちゃ..
by glow-gen at 18:32
ロボママさん ほんと、..
by glow-gen at 18:29
K先生の一生懸命な説教も..
by ゆうママ at 16:31
げんちゃんのママさんお返..
by ふたご at 09:53
続きです。 ここで..
by robo_223 at 08:06
げんちゃんは、意識が外に..
by robo_223 at 08:04
ふたごさん 言い忘れま..
by glow-gen at 14:30
ふたごさん 神様は、す..
by glow-gen at 14:24
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧