人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

カテゴリ:中学の成績( 2 )

できなくても、きっと何かが飛び出してくる・・・

げんちゃんの、自由にほったらかし週間、といっても、中学生の一日はほんとにハードです。
げんちゃんは、学校で体育の時間にグランドを5周も走らされたそうで、帰ってくると、すでにくたくた。それでも、すぐに週一の野球に向かいました。
帰ってご飯を食べ終わったら、すでに9時前。げんちゃんの学習の処理スピードを考えれば、今日もほとんど何もできず、眠りにつくでしょう。

「自分でやらないとね。」
と呪文のように、げんちゃんは唱えますが、どこか目的意識がずれています。あまりに依頼心むき出しなので、もう一人でやりなさい!
と言われただけで、”一人でやる” ということが目的ではないはずです。しっかり学習して、やっている内容をしっかり理解し、活用できるようになる、ということが目的です。

でも、どうも、げんちゃんは、
「一人でやる、ということが目的になって、何をどのようにするべきか、なんてことはぜんぜん思い至らないようです。

「今日は、どういうスケジュールなの?」
と聞き、何を勉強したらいいかな、と遠くから少し声をかける。休み明け漢字テストをやったみたいだったから、そのやり直しを、自学ノートにやるのがいいんじゃない?
と振ってみます。

「げんちゃんは、何のために勉強するの?」
「え? できるようになるため・・・」
「だったら、漢字はどうやって練習するのがいいの?」

的からいつもはなれぎみの行動目的を、常に的に向かわせる行程がいるげんちゃん。
ちなみに、げんちゃんの漢字テストは、20点くらいしかとれていません。冬休みも、のんびりしていたので、5個にひとつあってれば立派なものなのかもしれません。

理科も、休み明けテストがあったようです。点数は、26点。光や、音、といった単元は、物理なので、ほんとに苦手です。
まあ、げんちゃんが、自力で、中学のテストを20点以上とれたら、立派なものと考えたほうがいいかもしれません。こっちがたいしてお膳立てしなかったら、10点以下しか取れる気はしません。0点でも、不思議はありません。問題の意味をとれるだけでも、すごいのかも・・・。

漢字のやり直しを、自学ノートにやっていたら、いつものように睡魔が襲ってきて、風呂に入るのがせいいっぱい。


私やK先生が、横について、必死でさせても、ぜんぜん間に合わないのに、げんちゃんの好きなペースで学習してると、ほんとに恐ろしい限りです。

でも、げんちゃんは、自分のペースでやろうとしています。結局これくらいのペースが、げんちゃん本来の学力なんでしょうね~。まさに、中学のペースは、オーバースペックなんでしょうね。
考えてみれば、よくやってるのかもしれませんね。

しかし、そもそも、スーパー努力をすることを前提としているところがあるので、つきあげる情熱をもって、学習にはまらなければ、ミラクルはおこらない。
また、何かのきっかけで、そういうミラクルが、おこりうるのも、この子たち。

私が見つめているものは、普通の障害児教育の発想とはぜんぜん違うんだと思います。

なんなんでしょう。S先生が、美しい音楽にスピリチュアルなものがぜんぜん入ってない、と言ってだめだししたのとは反対に、この子たちには、逆に美しい音楽ではなくても、決定的な神の力が宿っている、そういう逆説がある。

私は、どうも、現実を直視して、落ち着けば、またそこを見つめているんだよね~。げんちゃんに、どう戦略勝ちさせるのか。いっこうに、はかどらない自主学習を見ながらも、平気で違う次元を見つめる自分がいて、げんちゃんだけじゃなく、私も、かなり、おめでたいのかもな~と思ってしまいました。




by glow-gen | 2019-01-16 23:22 | 中学の成績 | Comments(8)

新年そうそうのげんちゃん。不思議な通知表

  あけましておめでとうございます。楽しいお休みはあっというまに終わってしまい、今日から仕事です。

げんちゃんは、大晦日から、正月二日まで、ゼロ勉(な~んにも勉強してません。)。普通の子ならよくあることでも、げんちゃんの発達育児の中に、追い立てられることもなく、ひたすら野放しで3日もすごすことはまれなので、げんちゃんも、のびのびしているようでした。

げんちゃんは、野放しにすると、どんなことをするのかな~・・・実家で見てると、母の、スマホをとりあげて、ずっとゲームをしていました。実家は、いとこたちのテリトリー。あそこに行くと、ゲームと思いこんでいるのかも知れません。
 ちなみに、おいっこは、高校受験をひかえてますが、自分専用のゲーム用パソコンを、実家において、おばあちゃんとこに来たら、ゲームをする、と決めているようです。
彼の母親である、私の妹いわく、
「ほんとに勉強しないのよ。こまったもの!」

らしいですが、市内でも最も難しい進学校を受験するらしいから、地頭の良さが忍ばれます。中3ともなると、口数も少なく、お年玉のお礼くらいしか、声を聞いてないかも・・・
中1の同級生の女の子もいますが、みんなばらばら。小さい頃のように、つるんで遊ぶこともないようです。

 げんちゃんは、ひがな一日母のスマホでゲームを楽しんでいましたが、実家の近くの親友の家に、私が遊びに行くことになって、いっしょにつきあわせました。なんたって、色んな場面で、たくさんの人に会わせ、色んなところに連れて行く。げんちゃん教育は、どんな体験も見逃せません。

 親友は、久しぶりにげんちゃんに会います。

「え~。なんか、しっかりなったね~。もう変なとこないじゃない! 前会ったときは、ねえ、ねえ、おばちゃんの言うこと聞いて、なんて、注意喚起していたような気がしていたけど、・・・」

親友はうれしいことを言ってくれます。たしかに、げんちゃんの受け答えは、自然で、感じいいくらい。まだまだ、親友のところで、素直におとなしくしてくれてる幼さがかわいい。
甥っ子や姪っ子なら、
「行かない!」
で終わりでしょうからね。

私の気持ちが、どこかあきらめているので、のんびりしているお正月です。げんちゃんを、無理矢理、中1のレベルに乗せようとか、学習をばりばりにしようとか、一足飛びに、もっていこうとしなければ、私たち親子の生活は平和なのかもしれません。げんちゃんは、穏やかな方だし・・・

さて、また実家にもどると、げんちゃんは、ゲームに飽きたのか、実家にあるピアノでトルコ行進曲を弾いていました。そのあと、退屈したのか、母が、老人会のクラフト用に、大量に集めていた、ラップの芯をもらって、階段のかべにつなげてはりつけて遊んでいました。ビー玉トンネルというか、ただつなげただけ。上からビー玉を転がして喜んでいました。次は、私が、100均で買って用意していたペーパークラフトを始めました。くいつかないだろうな、と思って与えてみたら、そこそこ食いつきました。


 まあ、総括してみたら、げんちゃんは、ほっておいたら、どんどん下に落ちていく、という感じでもなくて、ゲームはしてたけど、それなりにバリエーション作って、時間を使っているんだな、と思いました。

 家に帰ってきて、
「げんちゃん、たくさん遊んだね。そろそろ宿題した方がいいんじゃない? たくさん出てるから。」
とそれとなく言ってみたら、

げんちゃんは、反発することもなく、案外素直に、うなづきます。実際、宿題は大量です。昨日一日、ぼちぼち取り組んでみました。年末に幽体離脱がひどくて、辟易していた時とは違って、まあまあまじめに、意識を入れています。

くれぐれも、やりすぎない!

Sさんの命令を頭のかたすみにおきつつ、げんちゃんペースです。

夜になったら、二人で寝ころんで、チャレンジのタブレットで借りた「怪人20面相」を読んで寝ました。

げんちゃんは、それなりに進化しているようです。ただ、げんちゃんは、3~4年生くらいのステージにいるわけで、そのステージにあったペースでやっていくとうまくいく。そんな気がします。

それでも、中学1年生をこなさねばならない。そのギャップのとりかたこそ、今年の課題なのかな~と思います。


そうだ! 書き忘れていましたが、げんちゃんの2学期の通知表ときたら、音楽と体育の2以外、すべて3がついているではありませんか、!

ほんとに、どうなっているのでしょう。数学なんて、普通クラスの基準でつけるので、今学期は下がってもがっかりしないで、と、支援の先生に言われていたのですが・・・・ほんとに意味わかりません。

少なくとも、数学は中間期末の平均点は、20点もないだろうし、・・・どの教科も、平均は40点すらないと思う。英語だけ、平均点だったから、英語が3はわかるんですが・・・


狐につままれたような感じです。まあでも、くれるものはもらっておきましょうね~。
実力は、1~2がせいぜい。中学の評価って、どういう基準なのかさっぱりわかりません。ある私立の発達のお子さんは、試験40点切ったら2,だそうなので、学校によっても評価は違うようです。
 げんちゃんが、通知表オール1を取っても、そりゃそうだろな~、と思うと思います。ほんとに不思議な通知表でした。細かい評価基準のところを見たら、
「やる気、意欲的・・・」

みたいなところで、Aをもらっているところがいくつかありました。なんか、先生の応援したい気持ちが反映されているのでしょうか~~。う~ん、それにしても、粉飾決算だよ~。

推理小説みたいに、謎に満ちている!



by glow-gen | 2019-01-04 17:51 | 中学の成績 | Comments(2)



中学2年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク

げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧