人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

カテゴリ:一人で学習する( 3 )

学習をみてやらずほったらかす。

げんちゃんほったらかし週間3日目・・・
私は、用事で夜中に帰ることになりました。げんちゃんは、あいかわらず、朝まったく起きません。起きてもぼ~っとしてなかなか動かず、あきれ果てるばかり。ここもほっとこうと思うけれど、さすがに、声をかけて、少し急がせました。でも、きっと遅刻だろうな~・・・もう、毎日毎日朝のこのバトルは疲れ果てます。

 夕方、おばあちゃんから電話がかかってきました。
「今日は、げんちゃん、K先生の所に行かなくていいの?」

朝出がけに、私は、げんちゃんに、
「もし、K先生に勉強見てもらいたいんだったら、自分でお願いしなさい。やる気ないんだったら、行ってもしょうがないから。」

とすげなく言っていました。果たして、げんちゃんはK先生のところに行くのかな~。おばあちゃんによると、げんちゃんは、帰ってきて、くつろいでテレビを見ている様子。K先生のところに行く気配はないようです。(ちょっとがっかり。)

さて、夜になって、私が帰ると、げんちゃんはもう寝てました。気になって、自主学習ノートを見てみたら、宿題の2ページはぎっちり埋まっていました。ほう! 自分でやったんだ・・・内容は、理科と英語と漢字。

理科にいたっては、前の日にやったドリルの間違った問題をちくいち全部写して、回答と解説を写し書きしています。理解できているとは思えないけれど、とにかく、びっちり写しているのは、意識レベルとしては高かったかも。漢字も、小さな字でぎっちり。英語は単語をぎっちり。

う~ん。内容は間違っていたりしてるし、どこをやるべきか配慮したり、覚えるための工夫ををしながら書く、といった戦略があるとは思えないけれど、とにかく、自分で何とかノートを埋めたことは認めよう。しかも、いつものノートより、ぎっちり感たっぷり。

そもそも、ノートのレイアウトとか考えてないのが、逆に一生懸命感を醸し出したもよう。

自分で勉強するイコール、チャレンジタッチを、浅~く、タッチするだけ、とか、な~んも考えず、くもんの簡単なプリントをちゃちゃちゃっと、適当に埋める、的なことしかしなかったげんちゃんが、たった一人で、大学ノートびっちり、しかも3教科やる、なんて、やっぱり、初のことではないですか。


翌日パパに聞くと、げんちゃんは、おばあちゃんのところにある、自分の机(ほとんど使われてなかった)を、かたづけ、(まあ、上のものを下においた、くらいじゃないかと思うけど)、げんちゃんは、勉強していたらしい。

自宅に帰ってきたら、しばらくテレビを見ていたけれど、パパが、
「もう勉強しなくていいの?」

なんて、遠くから声をかけたら、また、勉強し始めたらしいです。


よくわからないけれど、ほったらかされる、ということに、どこかあせりを感じている、というより、なんか、一人でやることにちょっと喜びでも見いだしたのかな~・・・・

このまま、勝手にやらせていても、テストの点数が上がるような成果はなさそうだけど、勉強をするために、最も必要な、なぜ、こうなるのかな? とか、どういう風にやればいいのかな?、とか、どうして間違ったのかな? とかいう、げんちゃんにもっともかけている、”意識を作る原動力”が、ふいに、突然、なんかのきっかけで、生まれてくることもありうるのかな~。
 そんな意外性が、ひそんでいる臭いがします。


今のところ、まだまだそこまで行かず、スタイルだけを追求しているようですし、意外な副産物も、そうそう簡単に生まれるほど甘くはない感じはしますが・・・。。


でも、トップダウンでやっても、どうしても働いてこない、一番肝心なところが、動けばほんとにうれしいです。

とはいえ、何かが生まれるにしても、相当な時間がいりそうです!

たまたま回路がつながるまで、このままほっといて、じっと待つのも、あまりに効率が悪い感じがしますよね~。

そうだ、ここはパパに、かなり離れたポジションから、勉強のしかたや、やりかたの修正を、アドバイスしてもらうのがいいかもな~・・・パパは、今までぜんぜんかかわってこなかったので、隣のお兄さん的な位置にいて、げんちゃんの自立スタイルを乱さず、少し修正ができるかもしれませんね~・・・


まだまだ模様眺めです。。

by glow-gen | 2019-01-18 20:36 | 一人で学習する | Comments(12)

夏休み帳と格闘・・・・わかるようになりたい、と心から思っているのかな?

  夏休み、膨大に出ている宿題と格闘しながら、あっという間に7月も終わりです。

仕事もいろいろ気を遣うことが多いしたまってきてしまったし、なんか、目がまわりそうです・・・お姉ちゃんの夏休みなんて、おばあちゃんに丸投げで、

「ちゃんと、宿題しなさいよ~。」

なんて、偉そうに声かけてただけだから、究極の対照的育児です。夏休み帳は、国数社理英、と5冊出ています。基本的な問題しかないのに、エベレストに上るごとくに見えました。特に、数学をやらせていたら、終わる気がしなくて、ぞっとしました。

毎日毎日ドラマがあります。パフォーマンスに安定性がないので、悪い日は、私さえ、もうだめなんじゃない、と思うほど希望がありません。なんか、ブログを書こうにも、こっちのメンタルも落ちてるし、忙しいし、でなかなか書けず。

 昨日あいかわらず、バトルしていました。

「ねえ、もう少し集中しないと、・・・・」

げんちゃんは、ものすごく横柄に、うるさい、というかわりに、
「はいはいはいはい、わかったわかったわかった・・・・・・」
もちろん、何もわかってもない、ただ、うるさい、と言うかわりに、私の言うことをさえぎって、いやな思いをさせたいだけです。自分が何か、正しいことでもしているようなありさまです。

なんで、やってもらってるあんたが、王様みたいなの? 日々、こういう態度で向かってきます。

母親は、げんちゃんの困ったところがわかるから、なんとか、社会に出るまでに、そこをしっかり矯めてあげたい、と思って、あれこれ心を砕くけど、結局、本人が、将来、その場になってほんとに困らないと、わからないのでしょうね。今のままじゃ、世間に通用しないし・・・普通の歩みは無理と思うけど、当の本人は、何も感じない。

 見えてないのと、甘えてるのとで、目の前の私に、横柄な態度で出てくるのでしょうが、これではもうどうしようもないわな!

昨日の昼、私は、ぶつっと何かが切れました。

「げんちゃん、もう自分でやってね。こっちは、あなたが、将来ちゃんとやっていけるように、と思ってがんばっているけど、自分が、困らないとわからないのね。
・・・・まあ、いいんじゃない、将来、困ってから、こりゃいかん、と思ってから、自分でなんとかするしかないんだろうね。」

静かにそう言うと、私は、げんちゃんから離れて、家事を始めました。

夕方まで、なんか、ぱっとしないげんちゃん。

数学をやっていて思うのですが、わからないんじゃなくて、わかりたくないんだな、と感じます。せっかく、私が、とてもわかりやすい方法で誘導してやっても、次の問題は、まったくその通りする気もない・・・そんな感じです。

ほんとあほらしくなります。

げんちゃんは、しばらく一人でやっていましたが、突然席を離れて、私のもとにやってきて、

「ぼく、わかりたいから、教えて下さい。」

としおらしく言います。もう何度もこの手にだまされて、横については同じことのくりかえし。そうそうだまされるもんか~・・・

「いや、自分でしなさいよ。」

もう、誰の手も借りず、自分でやってみたらいい・・・
不思議なもので、私の心の中で、何かがはじけて、もう、どうでもいいや・・・自分のペースで、人生歩みなさい・・・そんな気になっています。タイムスケジュールは超ゆっくりで、前半だめだめでも、人生どっかで思い知って、エンジンかけりゃいい!

いつでも、誰かが下駄はかせてくれるなんて思ったら、大間違いだよ。

げんちゃんは、私が、てこでも動かないので、やばいと思ったのか、なんか、毒づいていたのがなくなってます。
しばらく、一生懸命やってました。

ほんとに、わかるようになりたい、そう思っているようです。なんか、今までとは違います。
プライド曲げても、私に教えてほしい、協力してほしい・・・・なんか、そういう気配があります。

私は、その決意を見たくて、あえて、知らん顔。すり寄って頼まれてもすげなくしてました。本気で協力してほしけりゃ、土下座でもしてみろ・・・そこまでの心意気があるんなら手伝ってやるよ。そんな気分。

げんちゃんは、私に知らん顔されても、何度も、頼みにきて、自分のプライドはぐっと、押さえている様子です。ふ~ん。そこまで言うならね・・・

私は、いつでも、突き放す雰囲気をむんむんさせ、つかず離れず、答え合わせをしてやり、答えを教えることなく、ヒント出しだけしてやりながら、ついてやりました。
夏休みの中で、もっともさくさく進みました。

とはいえ、数学はなんたって、20までの計算が、すらすらいかないげんちゃんで、明らかに暗算障害やな~と思います。できないわけではないけれど、ほんとに自転車乗るようにできてこないのですよね。


ここんとこ、同じようなところで足踏みをしているような夏休みですが、なんか、ぽつっと新しい峰が出たようです。夏休み帳が終わりになるころは、あ、またかわってる・・・そうなってほしいです。


それにしても、家庭科の手芸の宿題、自由研究・・・技術の木工の宿題・・・・普通の子も、親がかりじゃないと、ちょっと難しいように思います。おねえちゃんは、果たしてどうやってこなしていたのだろうか・・・

げんちゃんを見てると、ほとんどの子ども達が天才に見えてしまいます・・・


by glow-gen | 2018-07-30 20:01 | 一人で学習する | Comments(28)

自分の頭で考える。意識を入れる。

 7月になってしまいました。毎年、あっという間に夏休みが来て、それが終わると、あっというまに、学年が終了してしまいます。

お~~・・・人生はなんとスピーディー・・・・自分の昔のブログを読むことなんてめったにないのですが、ふと、3年生のブログを読んでみたら、おもしろいことが書いてありました。自分の記事のくせに、人が書いた文章のように、なるほどな~と、感心してしまいました。笑

その時その時に、真剣に向き合っているけれど、それが過ぎたら、もうその時のことをすっかり忘れ去っています。

自分の記事ですが、最後にちょっと貼り付けてみます。

先日、学校見学と張り切っていたのですが、福岡は台風が来て、休校になりました。そして、たくさんの宿題が出ました。

国語、数学、英語のドリル、平均6~8ページ。しかも、大学ノート4ページの自主学習です。

え~、普通の子でも、これは、一日中かかるんじゃないの? と思われるような内容です。寝坊のげんちゃんは、10時頃起きてきて、自主的に始めました。一人ほったらかしていると、英語のドリルをやっています。遠目に見ていると、ものすごくタイムパフォーマンスが悪くて、1時間かかって、2ページもすすんでいない模様です。ほ~っ(ため息)、どうしたら、こんなに時間がかかるのか、さっぱり意味がわかりません。

別段、きょときょとしている風でもなく、遊んでいるわけでもないようです。ぼけ~っと問題を見つめているのでしょうか・・・・

私は、しかたなく、彼の横に座った物の、よくある、親子の小競り合いです。

「急いでやろうよ。どこのページ見たら、わかるんだっけ? ぼけっとしないで・・・」
「わからない時は、聞こうよ。質問しようよ。」


せかす私に、いらつくげんちゃん。なんか、日々の修羅場に持ち込みそうだったので、思い切って、私は、用事をすましに外出しました。
どうせ、帰っても、ほとんど何もできてないんだろうな~・・・もしかしたら、テレビとかつけてるかも・・・


1時間ちょっとして、家に帰ると、居間は静まりかえっています。げんちゃんは、私がでかけた時と同じ様子で、問題集に取り組んでいました。国語の問題集の4ページくらいが終わっています。

そのあとも、私とげんちゃんは、つかず離れずしながら、げんちゃんは、もくもくと宿題をこなします。要所要所見てやらないとだめですが、ぴっちり横につかなくても、なんとか進んでいきます。

そんな風にしながら、ついに、夜の11時近くなって、宿題が終わりました。(数学は減らしました)

げんちゃん、確かに、次のステージに行ったんだな~、と思いました。4月のげんちゃんなら、こうはいかないでしょうね。まず、中1の問題集は、横にぴったりつかないと、仕上げられなかったと思います。(数学は微妙ですが・・・)

自ら考える、意識を入れた学習をする。げんちゃんのテーマは、完全にそこにかわってきていることを察知した私でした。

ひたすら、口にえさを運ぶような学習の仕方からは、もう、決別したんだな~、と思いました。今日から突然かわったとかではなく、青が、青に近い紫になって、やがて赤に近い紫になる。そして、はっと気付いたら、赤になってる・・・・・いつも、変化はそんな感じです。


でも、かわってみれば、ステージは、がらりと違っている。学習の目標の立て方、やり方、少しずつ、自分の頭で考えることをさせていくことが出来はじめてるんだな、と思いました。
昔のブログはこれ・・

からの抜粋です。


ステージ1,まったく箸にも棒にもかからない状態。トリプルバツ(××× 泣) この時は、本人、よりつきもしないし、そこへ視線すら落とさず、さわらず・・・(泣)

ステージ2,やりたがらないけど、無理矢理させる。ため息!やりきれんな~(こっちがほとんどかたがわりして誘導するような感じ)(ダブルバツ ×× 泣)
ステージ3,しない、興味ない、でも、無理にさせると、ちょっとはひっかかる?~(バツ ×)でも、こっちがストレス!

ステージ4,させると、いやがるけれど、少しはとり組もうとする。ほとんどこっちの独り相撲 
     トリプル三角 △△△
ステージ5,させると、いやそうだけどやる。へたくそ。 超時間がかかって、少しやるのがやっ     と ダブル三角△△
ステージ6,これぞ、今のステージ。あまりできないけど、取り組んでいける。手伝えば、まあまあの時間でできる。三角△

ステージ7,クリア~~。 とりあえず、自分一人でさっさとやれる。
ステージ8,お~、得意分野と言わずとも、自分から、楽しんでやりたがるようになったのね。
        そこにはまったりすると、ぬきんでたりもするのです。 ◎ 二重丸!


はたと、色がかわった瞬間を感じるのは、ステージ5あたりから6に行きかけたあたりからなんでしょうか。・・・・・

ということは、ここを重ねていけば、一人でこれから、げんちゃんは、やっと自分の頭で考えていくようになるんじゃないかな~・・・・そう思いたいです。なんせ、これは、本質にも関わる部分だし、そうは甘くはない。

相当時間はかかるだろうけどね・・・・

by glow-gen | 2018-07-05 18:46 | 一人で学習する | Comments(8)



中学2年の息子。5歳で、発達障害発覚、改善に取り組むママの格闘と改善ノウハウの記録。
ピックアップ 


げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善<

子供の体験施設を探す
”asoview!"↓




  リンク
エジソンアインシュタイン協会
ブレインジム
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数

聖書と福音
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
意識のこと
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
時間
知能検査
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
高校選び
支援学校のひさしくん
注意欠陥
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
発達障害の原因を治す
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧