人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

コロナ休暇、学校のこと、ちょっと離れて考えてみる。

3月の春休みは、げんちゃんには、たぶんプラスになっています。学校が休みになっていると、学校のメリットとは何だろうと思います。いろいろ考えさせられます。

先日卒業式にPTAとして参加しましたが、学校のコロナ対策は、案の定でたらめでおそろしいほどでした。
きわめつけは、

「みなさん、マスクをとって歌いましょう!」

卒業生は、保護者の方をくるりと向いて歌いだしました。もちろん、せっかくのマスクははずされていました。

飛沫感染が主流だというウイルスは、口から発生された声に乗って、飛沫とともにまき散らされます。たとえ、向かいあっていなくても、前の人の頭にはねかえり、隣の子の口の中にも入る可能性があります。子供たちが絶対感染していないと決めて、そういうことをするのでしょうが、それなら、そもそも感染対策など、意味がありません。みな感染しているかも、という前提にたつのが感染対策だからです。

しかも、席が近接して、大きな声で何分間も歌っている状況であれば、自ら大きなリスクを作り出していると言えます。
もっともやってはいけないことです。

保護者が入場するときも、係の人は、なんとなく、手指消毒もさせないまま、会場に入れていました。

たまたま、玄関でお手伝いに入った私は、自分ができる範囲で、みなさんにお願いして、感染対策をしてもらいました。
なんとか、みなさんが協力してくださって、ほっとしていた矢先、前述の、”マスクをはずして”がおこったのです。


実は、色々なことがあって、たぶん、学校はできていないだろうということを感じて、協力を申し出ていましたが、校長からいらないと言われたので、市の教育委員会にお願いして、最低の、コロナ対策を通達していただくように、申し入れしていました。

やることは簡単なことですが、しっかり事前にタイミングや責任者などを決めて、しっかりインフォメーションしていないと、できるようでできないのが感染対策というものです。

ここでコロナを出せば、父兄たちの仕事にも多大な影響があります。北海道の小学校がすぐさま名前を出され、どんなことになったか、誰もが知っていることです。私は、職場で、相当ナーバスに対策をして、万が一のリスクを、限りなく最小限にしたいと努力しています。

それでも、可能性をゼロにすることは難しいと思っています。不幸の連続ということがありますからね。でも、やってなかったら、確率は限りなくうなぎのぼりです。

 まだ福岡は感染者が少ないので、なんとかラッキーにかけるしかありません。

家に帰って、なんか、気持ちの中で何かが切れました。

学校って、かなり特殊なとこだ、と思いました。私たち親が、発達の子をなんとかついていかせたい、なんて感じている公立の学校って、そもそも、社会全体から見たら、かなり特殊な閉鎖社会で、決して、社会全体の準備組織でもないんだな~と思いました。

先生方も、先生という職業の方であって、社会人のすべての職業人の代表ではないかもしれない、ということです。

優秀な経営者なら、コロナ対策と言うことに対して、相当スピーディーに対応し、情報を集め、危機管理意識をとぎすませて行動しているはずです。もし、だせば、経営は破たんします。まずマスクをはずさせるなんて対応にはつながらないのは確実です。

そうすると、この学校のトップの人たちって、社会のトップクラスの人種(エリートという意味ではないよ。人として、すぐれたリーダーという意味)でもなんでもないかもしれない、ということです。
 すなわち、自分たちが何がなんでも合わせていかなければならない、と思っているこの学校なんて、ほんと、ある偏域の囲いの一つにすぎないのかもしれないな~・・・

なんとか学校に合わせて、無事に卒業して、大学まで行かせて、今まで良いとされていた、名だたる企業に入れる・・・なんて価値観って、今の時代はあほらしい、ってことだと思います。

コロナが落ち着けば、また社会は一変しているでしょう。そこで勝っていける人たちはどんな人種なんでしょうね~。時代の変化に柔軟に自分を変化させ、もっとも価値のあることを学んで、心を磨いてきた人たちではないか。とにかく、自力で勉強をし続け、時代の声をしっかり聞いた人。

明治が始まろうとしていた時代に、今まで通り、藩に召し抱えてもらおうと必死になってる人と、明治の時代変化についていくべく、死に物狂いでアンテナはって、学んでいく人。

今の時代は、時代の大きな変革期だと感じています。
げんママ、卒業式事件で、すっかり学校に合わせる気が失せてしまいました。思い切って、あわないな~、と思いながら取り組ませていたげんちゃんの宿題は、すべてやめてしまいました。だって、急遽出された教材は、まったく統一感がなくいまいちなのですもの。

自由にカリキュラムを組むことにしました。内申なども、どうでもよくなりましたよ~。4月もコロナうつされてくるリスクあるなら、休ませたいと思います。まきこまれたら死活問題です。食べていけなくなりますから。


by glow-gen | 2020-03-20 14:47 | コロナとコロナ休み | Comments(9)
Commented by みかんママ at 2020-03-20 15:56 x
その通りだと思います。
全員が一律の学校のシステムがやはり無理があるような。
特に発達障害の子達には厳しいところですよね。
世界的に大転換期だと思います。
今後は、何でも一律ではなく、もっと柔軟でユニークな制度に移行していってほしいですね。
Commented by robo_223 at 2020-03-20 17:46
私も同感です。

以前もお伝えした通り、宿題などというものは、先生がノリで出しているものも多く、本当にその子に合った宿題ではないことがほとんどです。行事にも大した意味はなく、ただ、こなしたという実績を残すことに意味がある場合もあります。

それを知らずに学校から提示された課題や行事をまるで至上命令か神のお告げのように実行しようとしてしまうことには賛成できません。

roboなどは行事も講習会もこちらが意味を見出だしたものにだけ参加させて来ましたし、学校に提示されるものをそのまま引き受けるということはして来ませんでした。

そこに大した意味はないと思うからです。権威的なものの存在を疑うこともなく、取り入れるという態度、また、それに沿って行けないことに落胆する態度は不必要だと思います。

そういう路線から、いとも簡単に外れて行けるという意味で特性のある子の子育ては気楽でいいなとroboが小さい時から感じています。
Commented by glow-gen at 2020-03-20 21:32
みかんママさん
 そうですね~。私も、今の学校のシステムって終わってるな~って思います。
たぶん、教職員の先生方も、突出してすぐれている人は、かえって仕事しづらいでしょう。
 それに、今までの学校制度って、護送船団方式のやりかたで、大きな企業に入る、調和型の人間にはいいですが、激動の時代を乗り切っていくオリジナリティーのある人材育成には向いていません。
 げんちゃんは、あほですが、オリジナリティーなら負けないでしょう。げんちゃんにかぎらず、発達の子はそうでしょうね~。
 ほんと、親が、既成の価値観にとらわれていると、伸ばせるところも伸ばせなくなるかもしれませんよね。
 何が大事か・・・その部分にピンポイントで働きかける教育をしていけたらいいですね~。
ま、その前に、まだまだげんちゃんはあるレベルをこえてませんけどね~。笑
Commented by glow-gen at 2020-03-20 21:43
ロボママさん
そうですね~。ロボママさんは、上手に学校を利用しながら、育ててこられてますよね。
学校がない、というのも、うまく育たないというのも事実だと思います。
自分の価値観をしっかり定めて、子供の個性を見極めて、でも、世の中のコンサバティブな考えも、ちらっと横目で見ながら、軸はぶれず、でもしなやかに・・・・

 時代は面白い時代です。私にはあってるかもな~なんて、ちょっとワクワクしている面があります。
大きな力には、ただまきこまれるしかなかった時代にくらべれば、今は、ユーチューバーやブログなど、自分の発信基地を持ち、ささやかでも、自分の主張を外に出すことができます。
そんな中で、主流とは言えなかった人たちが、大きな支持を得て、主流をしのいだりします。
ビジネスも、いちいち上に申し建てして、無駄な会議を繰り返し、やっと企画が通る、というのではなく、スピーディーに変革していける会社がのしていく。
 げんちゃんたちは、周りの思惑なんて考える能力ないですから、ずばっと本流だけで動くでしょうしね。周りがどう思うなんて考えもしないし・・・
そういう人たちが、能力をもって、しかも愛もそなえ、思いやりも持つことができれば、スーパーマンでしょうしね~。

まあ、そこへ行くには、超えないといけない山は、無尽蔵ですが・・・ロボ君は、現実味がありますよ~。

たしかに、規格外れはおもしろいですよね。もっと、げんちゃんに常識感があって、ずるくなければ、ほんとに楽しいのですが、人としての部分が、まだまだ矯めまくらないといけませんので、ストレスの方が大きいです。

でも、彼のおかげで、人生の違う景色を見せてもらって楽しいことはいえてます。
Commented by 通りすがり at 2020-03-21 00:46 x
まわりの発達障害児は普通に大学やあう仕事したり、資格とれたり(自閉中度でも、パソコン検定三級とか)。たぶん、げんちゃんママは現実を否定したいだけでは?
げんちゃんは支援学校や専修学校とかでもよいかな思いますが、ダメなんですか?
Commented by glow-gen at 2020-03-21 01:45
通りすがりさん
コメントありがとうございます。このコメントげんちゃんに読ませてみましょう。
Commented by glow-gen at 2020-03-22 23:03
通りすがりさん
げんちゃんは、読んで、おこっていました~。がんばりたいんだって。
人は、自分がイメージした自分に近づく。ならば、がんばったら~と言いました。
彼がどこに行きたいのか、親が決めるのではなく、自分が切り開くものだと思う。
そこまでの努力がいやなら、通りすがりさんの言う進路もありだと思うよ。
Commented at 2020-03-24 03:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by glow-gen at 2020-03-24 16:03
Nさん
そうなんですか~。進学校なんて、特にそうかもしれませんよね。
教師にゴマする・・・う~ん。うちの大学生のお姉ちゃんも、教師の質が低すぎて、ゴマする気にもなれん。とか言ってましたっけね。
 
しかし、学校とは何のために行くのか、とあらためて考えてみたら、やはり、第一は学ぶためです。次は、同年代の友達かな・・・
それと、毎日規則正しく生活するため・・・
う~ん、あとは、学歴のため・・・もろもろ

このあたりしかさしあたって思いうかばない・・
で、他のことでも代用できそうなことは、勉強すること、規則正しく生活することなどいろいろ。
ぜったいに、学校に行かないと手に入れられないことは、その学校の出身者という経歴です。

となると、経歴があるとよりいいかもしれないけれど、今の時代はなくても、かなりおもしろいことができますよね。トップさえねらえる。
なんたって、官僚や公務員さえ人手不足になりそうな時代みたいだし、今までの価値観がくずれている時代ですからね。
空前の人手不足だし、マニュアルがない新しい時代だし。

ほんと、おもしろいですよね~。こんな時代に発達障害児の親になったことは、とても楽しいのかもしれませんね。

学校って組織は、もう終わっている組織なのかもしれませんね。オワコンっていうらしいです。こういう新しい言葉もとっても楽しいですね。
「バズる」とかね。げんちゃんバズらせたいな~・・・
精神的に距離をおいて・・それくらいのスタンスでいたほうが、見えることがありますね~。たしかに。
私はコロナ事件で、かなり距離をおいてるつもりだったけど、まだまだ近かった、って認識しました。もっとおいていいのですね~。
<< コロナ休み、せいらくんと合宿し... 修学旅行は、同級生の刺激がよか... >>



中学2年の息子。5歳で、発達障害発覚、改善に取り組むママの格闘と改善ノウハウの記録。
ピックアップ 


げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善
げんちゃんは、かなり図太く、心が動きにくいタイプ。少々の圧ははねかえしてくるので、大変です。<

子供の体験施設を探す
”asoview!"↓




  リンク
エジソンアインシュタイン協会
ブレインジム
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数

聖書と福音
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
意識のこと
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
時間
知能検査
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
高校選び
支援学校のひさしくん
注意欠陥
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
発達障害の原因を治す
コロナとコロナ休み
以前の記事
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧