人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

好きなことだけがんばる、は、ほめない。

好きなことだけがんばる、は、ほめない。_a0184225_00095562.jpg
げんちゃんは、12月から絵画教室を復活しました。
まだまだ、好きなことを復活させるに早いと、Sさんに言われていたげんちゃん。今は、苦手なことを、心からがんばって克服することを経験させていく必要があるげんちゃんです。

好きなことをがんばって達成する達成感と、好きでもないことを、なんとか克服して、達成する達成感とは、まったくレベルが違います。

後者の方が、より難しく、到達した時の意味も、喜びも、格段に上です。

しかし、そんな今のステージで、好きなことを与えるのは、そこへ逃げ込み、たやすい達成感で自分をごまかす可能性がある。絵画教室は、もう少しげんちゃんが、自分をコントロールできるようになるまでは、危ないかもしれない。声掛けなど、かなりわかっている先生であれば、そうでもないけど、なんせ、普通の子を教えるのしか慣れておられない先生だし・・

Sさんに言われていたのに、絵画の先生に電話した際に、つい、まだ復活できません、と言いそびれ、流れでなんとなく復活させてしまったげんママでした。(実は・・・)

絵画そのものは、げんちゃんに、悪いわけでもないし、立体(透視図)が不自然にしか描けないげんちゃんには、やはり、絵画はやらせたい項目でもあります。しかし、げんちゃんの思い一つで、絵画が吉となるかもしれないし、凶となるかもしれません。
私的には、ちょっとしたかけ。

げんちゃんが、復活して初めて描いた絵は、2020年のカレンダーでした。

持ち帰ってちょっとびっくりしました。下手、というか、あまりに陳腐で凡庸、まるで一応テーマに沿って書きました~という、よくある感じの絵ではありませんか~。

げんちゃんの絵は、決して上手とかいうレベルにはないけれど、下手であっても、どこかユニークなげんちゃんらしい感性が持ち味だったのに、まるで平凡な絵の下手さです。
あらら、どうしちゃったの?

干支のねずみは、のっぺり平坦。構図も、遊びがなく、ただねずみとチーズを並べただけ。しいて言うなら、かろうじて、2020という文字の書き方が、丁寧。

私は、あわててSさんに見せました。

Sさんは、その絵を真剣にながめていましたが、ふっと、笑顔になって、

「合宿の効果が表れているね。」
と言いました。
「この何の切れもないこの絵で、成長なんですか?」

よくよく聞いてみると、なるほどと思いました。

「ねずみの配置ですよ。秩序正しく、まっすぐ、並行に並べている。
これぞ、まさに、げんちゃんが周りを見始めて、秩序に対して意識を働かせ始めた証拠です。外に向かって意識が動いてきているのがわかります。」

なるほど、特別絵が得意でもない普通の人は、とかく、この絵のような、インパクトの少ない配置をしていきやすいです。だから、きちんと描けてはいるけれど、つまらない絵になってしまうことが多い。

げんちゃんは、つまり人並になってきた、ってことなわけなんですね~。何か納得。

「さらに言うなら、全体に立体感がなく、のっぺりしているのに、真ん中にあるチーズだけ、しっかり立体感がある。これも、目的意識が多少芽生えてきていることがわかります。」

いつも、Sさんの絵の解釈は、不思議ですが、納得します。その時はそんなもんかな、と思っていても、あとから、たしかに~ということが多いです。


確かに、どまんなかのチーズだけ、やけに見事です。

「このステージが、もう一つ二つ進めば、全体にもっと立体感が出てきて、しかも、またさらに、ユニークな構図になっていきますよ。芸術家のスランプってのも、こういう感じで起こっていくんですよ。なんか、まわりが以前より見えてくることで、かえって、絵が平凡になってしまうようなことです。あれに似てます。
でも、心配しなくてもいいですよ。そこを乗り越えれば、今度は、もっと良い絵になってくるから。」


 なんか、芸術家にたとえられるのも、ちょっと上げすぎとは思いますが、実は、私も、見た瞬間に、妙に凡庸な絵になっているカレンダーが、もしかしたら、普通っぽい感性に近づいたげんちゃんを示唆しているのかもな~と感まし。ですから、Sさんが説明してくれたとき、ずばっと、私の感覚を言葉にしてもらったようで、納得しました。

真ん中のチーズだけ、妙に気が利いているのも、確かにおもしろいです。

絵は、ほんとに見る人が見れば、子供の状態をよく表しているものなんですね。


これを持ち帰ったげんちゃんは、ちょっとほこらしげに、
「ぼくがんばったよ~。気持ち入れてやったもん。」
などと言うので、

「あのね、好きなことに、気持ち入れてがんばるのは、当たり前のことよ。そうではなくて、自分が苦手なことに、気持ちを入れて、がんばってみることこそ、大切なことだから。勉強に気持ち入れられたらすごいけど。」

私は、すぐに、げんちゃんが勘違いするし、すぐにのぼせるので、にこりともせずに、慎重に言葉を選びます。

確かに、Sさんが絵画をまだ早いと.言ったのは、わかるような気がします。楽しいから一生懸命になる。楽しくなかったら、一生懸命にしなくてもいい。そういう価値基準が平気で生まれる気配を感じました。

「げんちゃん、絵画だけしかがんばらないのなら、やめさせるから。好きなことだけ一生懸命するのは、別になんということもないことだから。普通の人は、どんなことでも、やらなきゃいけないことは、がんばります。あなたも、やらなきゃいけないことをしっかりがんばっていかないとね。まずは勉強や、言われたことをきちんとがんばる。」

はたから見たら、鬼の母親に映るのかもしれませんね~。好きなことをさせるのは、今は早いなんてね。
お子さんによったら、好きなことを突破口にしていく方が良い場合もあるでしょうからね。

でも、げんちゃんに対する処方箋は、確かに、絵画は今、ちょっと微妙なカードかもしれません。絵画を上手に使うには、なかなかしたたかな演出や言葉かけがあるようです。気を抜けません。

好きなことだけがんばる、は、ほめない。_a0184225_01465189.jpg
ちなみに去年のカレンダー。立体感はやっぱりないけど、構図はユニークです。確かに、2019という数字も、我流でふぞろいです。こうして比べたら、やっぱり、今年は、常識感あふれる絵といえるのかもしれない。・・・



by glow-gen | 2020-01-16 00:12 | お絵描き工作 | Comments(8)
Commented by robo_223 at 2020-01-16 07:45
絵から色々なことが分かるのですね。S先生のお話しがとても分かりやすくて参考になりました。貴重なお話しを記事にして下さりありがとうございます。

一見すると、確かに去年の絵の方がインパクトはありますが、今年の絵の方が普通の感覚が表れていますし、目的意識もあるのですね。げんちゃんの成長過程が分かりますね。また、アーティストのスランプの意味もよく分かりました。

そう言えば、robo自身も、僕は最近、色々なことが分かるようになって来たから、しょっちゅう緊張するようになっちゃったんだ、などと母に話していました。

緊張のし過ぎで、高熱を出したりするようになってしまったくらいなので、本人も自分に判断能力がついたことを感じているようです。また、絵もずいぶん上達しましたので、内面の変化が大きいことを感じました。

確かにroboの場合も絵の変化と内面の変化は連動していましたが、本当に絵には全てが表れているのですね。

roboは以前、癇癪を起こしていたくらいなので、強く意地をはれるタイプなのかもしれません。この意地がいい方に働けばプラスになりますが、悪い方に働けば大きくマイナスの方に転がって行くタイプなので、心配です。

でも、げんちゃんの場合は、派手に転がらないだけに、周囲は油断してしまうかもしれませんね。ゴロリンゴロリンとゆーくり転がっているので、成長にも気づきにくいですが、悪い方に転がっているのも気付きにくいと思います。

でも、そこにS先生の的確なアドバイスが入るので、安心ですよね。ちょっと見た感じでは、良くなっているのか悪くなっているのか、そして、どのように導くべきなのか分からないと思います。

Commented by nikon_leica at 2020-01-16 15:02
私の息子もそうですが、「自分が苦手なことをがんばれるようにする」は将来的にも必須ですので、乗り越えなければならない壁ですよね。
ただ、教えてどうにかなる程簡単ではありませんから、本人自身の気持ちが大事ですし、げんちゃんママさんのように我が子をしっかりと見て、「どうやれば良い方向へ向かうか」を見極められる親でなければ、と拝読しながら自身にも言い聞かせています。

絵ですが、げんちゃん凄く良いセンスを持っていらっしゃると思います。
私も子どもの頃から絵が好きで、美術を学び、今年で25年のデザイナー、アートディレクターとして働いています。
ネズミの絵ですが、構図が綺麗です。
色の塗り分けも丁寧で配色もまとまっています。
好きなことだけではいけないと思いますが、絵の才能がありましたら、その方向もありなのではと、絵を拝見して思いました。
Commented at 2020-01-16 18:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2020-01-17 16:32
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by glow-gen at 2020-01-17 21:49
ロボママさん
 げんちゃんの絵や、合宿で作った陶器など、Sさんの解説を聞くと、なるほどな~と思うことが多いです。

今回の絵は、一瞬、しばらく休んだから下手になったのかな~と思いました。ねずみは、極端に平坦なのに、真ん中のチーズだけ立体・・・なんでも、インターネットのねずみを見て描いたとか言ってたから、なにかしら真似がしているようですが・・・・チーズは自分で描いた、と言ってたんですよね。
 以前何人かの大人の方を、Sさんが指導されていて、その方たちに陶芸をさせたことがありました。その作品を写真で見せてくれて、作った人と、作品に現れる、彼らの心を端的に言い表されて、びっくりしたことがありました。たまたま、作った人が知り合いだったので、なるほど~と思いました。
若くてまだ自信のないお嬢さんの作品は、こじんまり小さくまとまった感じでしたし、解説されると、どれも納得。
おもしろいものですね。
 言われたらなるほどと思いましたが、自分ではわかりませんね。
 ロボ君も、以前、比率や遠近がしっかりした絵をアップされていましたよね。すごいな~と思いました。絵に客観性があって、ロボ君がすごく社会に適応してきている様子を感じました。
 げんちゃんは、良い意味での意地を張ったりできません。
周りがみんな自分のために必死になっていても、ぼくはかんけいな~い・・と無関心でいられる人間です。ほんとに、私たちはそこに四苦八苦しています。
 確かに伸びているんですごろんごろん、的をしぼらず、なんとなく進んでいっているような感じで、ほんとにきついです。
 あれから、また、どかんと落ちて・・・落ちた時と良い時のギャップがさらにまた、激しくなっています。
Sさんが、あきれ果てていました・・・泣
Commented by glow-gen at 2020-01-17 21:59
Naoさん
コメントありがとうございます。ブログのNaoさんの写真素敵ですよね。そっちの道で名をなしておられるんですね~。
そのNaoさんにほめられてうれしいです。多少は、げんちゃん、絵の感性があるのでしょうかね~。
 げんちゃんを、正しい方へ導くのはほんとに大変です。
少し、意識が入るようになったのですが、やはり、平気で抜いてきて、抜いていないように見せることだけに、エネルギーを使っております。そこがほんとに巧妙で、K先生は、詐欺師にでもなるつもり! と言って、説教したらしいです。今日は・・・
 発達育児とは、すなわち、人間としてまっとうな道をつけてやること・・・・それにつきるように思います。
 知り合いの支援クラスのお嬢さんは、発達障害ではなく、勉強はあまりできないようですが、最初っから、ちゃんと人の道がわかります。むしろ、正直で武骨なぶん、普通より信頼され感心されるくらいです。
 それにくらべて、げんちゃんは、驚くほど、正しい常識感や、感性がついていきません。
 ここを失敗すれば、大変なことになります。18歳までくらいに、人は、そのベースが出来上がると思いますが、まだまだ四苦八苦しています。ここで、失敗すれば、監視下でしか社会に出せないです。何を、どのようにしでかすかわからない・・・・それがげんちゃんです。
 ほんと、まだまだ気がぬけません。
Commented by glow-gen at 2020-01-17 22:19
Mさん
 配色をほめてくださってありがとうございます。
色は、確かにすっきりしてますかね~。
しかし、お嬢さんすごいですね。リンゴの皮むき大会で、結果を出すために自らがんばるなんて、げんちゃんにはないです。

ピアノの発表会の前2週間だけでしたね。そういう姿を見たのは。
あとは、やらされたり、こっちの演出ゆえに、なんとか少し、そういう意欲を見せることが、あるかな~。。。いや、ないかも・・・汗
そんなもんですよ。
それほど、げんちゃんは、すべてが他人ごとです。
 いろんなことを、自分のこととしてとらえられないようです。たぶん、ずっと私たちがなんとか引き上げてきたので、とてつもない甘えの構造があるんじゃないかって思います。
 もともとの、横柄で図太い性格のため、少々のことは、なんとなるんじゃない・・・ってどこか馬耳東風・・・

 この絵の分析のように、多少意識が入るようになっているのに、まだまだのらりくらり、ポーズだけに走っているげんちゃんです。
 お嬢さんの真摯な思いは、ほんとにみごとです。げんちゃんにも、そういう心が芽生えてくればいいと願います~。

苦手なこともやらせる・・・・これは、ある程度正解ですが、性格によっては、得意なことから自信をつけてあげて、苦手なことにもっていく・・・というタイプもあると思いますよ~。
 げんちゃんは、とにかくずるい。自己反省というのができない子で、自分を傷つけることがないんですよ。だから、好きなことをやらせて、それで満足すると、これでいいじゃん。
と、何も広げようとしないんです。めんどくさいことは、あくまでも、やらない。楽をしよう楽をしよう・・・というのがすごい。

まあ、げんちゃんじゃなければ、ぜんぜん違う処方箋になっているのかもです。それほど、げんちゃんは特殊だと思います~泣

だけど、やりかたの違いはありますが、人はみな、嫌いなことや、避けたいことにも、まっこうから取り組まないといけないことだらけですね。
Commented by glow-gen at 2020-01-17 22:32
mさん
そうですか~・・・。絵をほめてくださってありがとうございます。
幼稚園児みたいなおもしろさはあるでしょうか・・・。
色も確かに、グレーに塗っちゃう子もいるかな?
確かに私に描けるかと言われたら描けませんが・・・
げんチャンっぽくないな~と思いました。なぜそう思ったのでしょうね。
 以前描いた絵は、どこかでぶつっと切れていたり、普通ならこう描くよね・・・みたいなのがずれていたり・・・それがかえって、面白みを出す。
しかし、今回は、すべて、こじんまり画面におさめていて、斜めの線も少ない。げんちゃんにしては、お行儀がいいんですよね。どこか絵が

 今言葉にしてみたらそんな感じでした。
でもその中に、良いものがあるんだったらうれしいです。
書いてくださってように、絵本を描いたり、そんなことができたら、ほんとにいいですね~。

しかし、まだまだ、人としての部分が、すごくひどい状態なので、そこを上げていかないと、将来が見えません。
そして絵は、Sさんの言葉を借りるなら、感性と感情だけの絵から、常識感が入り、やがて、心の意識から絵が出てくれば、それはすごいものになる・・・らしいですが。
遥かなる世界ですね~。
 げんちゃんという器は、でかすぎて、(笑)私たちのエネルギーをどこまでも吸い取っていきますよ~。
これが+転化したら、いい絵を描くのかもしれませんね~。
そんな日はいつくるのでしょうか・・ははは まだまだ格闘の中です。
<< 発達障害の研修会の一般・・・ 発達障害のコアな部分の改善がお... >>



中学2年の息子。5歳で、発達障害発覚、改善に取り組むママの格闘と改善ノウハウの記録。
ピックアップ 


げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善
げんちゃんは、かなり図太く、心が動きにくいタイプ。少々の圧ははねかえしてくるので、大変です。<

子供の体験施設を探す
”asoview!"↓




  リンク
エジソンアインシュタイン協会
ブレインジム
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数

聖書と福音
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
意識のこと
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
時間
知能検査
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
高校選び
支援学校のひさしくん
注意欠陥
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
発達障害の原因を治す
コロナとコロナ休み
以前の記事
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧