人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

意識障害が改善すると、勉強も伸びてきそうだ。

 
意識障害が改善すると、勉強も伸びてきそうだ。_a0184225_20582286.jpg
意識障害が改善すると、勉強も伸びてきそうだ。_a0184225_20584414.jpg
しちだの小学校2年生の算数が旬です。掛け算九九は、いらないかな~とか思いつつも、すいすい書けるとこもないとおもしろくない。しちだは、普通の問題が少ない。与えられた言葉を使って、引き算の問題を作りなさい、なんていう問題は、けっこう苦戦します。算数の言語がなかったりします。むしくい算も、まったくできないわけではないけど、けっこう苦戦。段階を追って考えていく思考に慣れていないことがよくわかる。やっていくごとに、こなれていくげんちゃんがいます。まあ、小学校2年生でこれを、すらすらやれる子は、けっこう秀才だと思う。

 年明けからげんちゃんは、けっこう変わったな~と思います。
実家に数日もどっていた時は、げんちゃん、上手に抜こうとしていたので、多少学習させたとき、ちょっとした修羅場になりました。
 でも、なんせ、恰好だけは、ばり~っとしているので、私の母は、

「げんちゃん、こんなにがんばっているのに、お母さんひどいね。」
って感じで、私が非難されました。

 確かに、のんびりしているいとこたちと比べたら、私にがみがみ言われているげんちゃんが、不憫に思われるのもしかたありませんよね~。
私が逆の立場でも思うかも・・

げんちゃんに声掛けせず、放置すれば、意識レベルが落ちて、大変なことになる、なんてこと、普通は理解されませんからしかたないですね。

ヒステリックになってるわけではなくて、けっこう冷静にがみがみ言ってたりするんですが、そうは見えないか・・・

 お正月、げんちゃん、合宿から帰ってきて、なんとか、かわっていける手応えがあります。今を逃がしていつ引っ張りあげるの~。私の気持ちです。

 実家でのげんちゃんを、私は見抜いていました。そこでは、母という援軍がいるので、上手に抜ける。・・・・そんなげんちゃんの思い。自覚はしていないかもしれないけれど。
そして、ほんのちょっとがんばって、英語の宿題を予定のところまで終わらせて、自由時間といけばいいのに、ポーズだけに専念するげんちゃん。

ここでげんちゃんの思うつぼにすると、ここからあと、横柄に火がつくので、そうはさせません。

徹底的に、気持ちを入れてとらえることに指揮をとりました。外野がうっとおしいですが、気にしてはいられません。

我が家は、チームげんちゃんが、皆ある程度同じスタンスをとってくれるのですが、もし、これが、私だけ悪者になって、まわりに逃げ場を作る家族がいると、ほんとに大変だろうな~と思います。私が必死でやっても、上手にそちらに逃げ込むから、成長は難しいです。ほんと、家族をはじめ、チームの認識を、ある程度は一致させるのは大切だな、と思います。
 
 実家から帰る時、車の中で、暗算の問題を振って見ました。
今までなら、やるふりだけして、適当に答えます。家に帰る頃には、私があきらめて、やめています。
しかし、今回のドライブ中、げんちゃんは、振った暗算を、必死で答えています。あきれることもしばしばで、つい怒っちゃったりしてても、放棄せずまあ、がんばってる。

家に帰ってから、昨日今日も、午前中、けっこう意識を入れて勉強しています。残念ながら、脳のシナプスは、まだまだすかすかで、つないだことがないとこばかりだから、すらすらとはいきません。はあ? と言うことが続出ですが、確かに意識を入れています。先月までは、こういう状態は、まれに、1週間に1回出るかな、くらいの状態が、結構持続できています。

学校の数学の問題はオミットして、しちだの2年生の算数をやらせています。自分でやると、げんちゃんのつながっていないシナプスがよくわかる。しちだの問題は、すべてこっています。簡単な問題でも、ひとひねりあります。

”4つの池に20匹ずつの魚がいて、1週間でメス3匹、オス2匹、それぞれの池で増えます。4週間後に、全部の魚は何匹になるでしょう。”

げんちゃんは、すぐに、問題をただひたすら読みかえすだけというサイクルにはいろうとします。図をなぜ書かないのかしら?と思うけれど、事象をイメージ化してとらえるということが苦手なんでしょうね。物事はすべて空間認知なのかもしれません。そもそもそこがだめなげんちゃんは、言語を空間でとらえてないのだと思います。

でも、声をかけると絵を描き始めます。(そうそう、やはり、ある程度の絵の能力は、すべてに先んじているような気がします。)
そうすると、20×4=80 という最初の魚の数を計算しました。そして次は、1週間で増える魚も書きました。
しかし、このあたりから、自分が何をやっているのかわからなくなります。
すでに、4つの池で増えた魚を算出しているにもかかわらず、また4をかけてみたり、4週間と、4つの池と、数字が同じだから混乱して、さっきまでわかっていたことも、なかったことになる。

やれやれ。
そして、私が、え?と表情をこわばらせると、ばたばたと消す。隠滅する・・・・おもしろいほど、げんちゃんにしみついた習慣です。
「え?どこが違うの?わかりたいよ~」

こういうことになってほしいのですが、まだいきなりそこへは行けません。

でも、一つ一つ、私が指摘すると、自ら修正して、答えを出します。昔より、教えていてずっと楽しいです。ただ、時間はかかります。2年のしちだプリント5ページで3時間近くかってました。

ふたけたの100マスの引き算もやりました。
昔なら、100個の暗算なんて。お互いのエネルギー消耗がこわくて、できませんでしたが、えっちらやりました。95点・・・おそ~い!

とにかく、勉強のスタミナがついているのです。一人で放置しても、考えています。う~ん。いい傾向だ! 

たしかに、げんちゃんのモチベーションはあがっております!

by glow-gen | 2020-01-04 21:02 | 算数の学習障害 | Comments(12)
Commented by robo_223 at 2020-01-05 09:49
七田の金魚の問題は良問ですが、難しいですね。これは健常な小学校2年生でもスラスラ解けないと思います。

虫食いの計算問題はカラーテストにもよく出題されていて、皆スラスラ解いていて驚いていましたが、やはり健常な子は脳が柔らかいのでしょうね。げんちゃんも、こういう問題をこなすことで脳に柔軟性が増して行くと思います。

発達障害の子は意識レベルが下がりやすいというところが発達障害の特徴だと思っています。なるべく意識を高い位置に保つ生活を送ることで改善が期待できますが、学習をすることで意識を上げることが出来ますので、意識の下がりやすいげんちゃんの場合はお正月も短時間でいいので、学習が必要になりますよね。

その際、自分1人でやらせても意識レベルは下がったままなので、声かけが必要だと思います。そこのところが、なかなか周囲の人には理解しにくいところなのでしょうね。

だいたい健常な子と同じようにさせていて同じようになるわけはないのですが、その辺りは発達の子を持つ親ですら認識していない場合があるくらいですから、難しいですよね。もともと脳の働き方が違うのですから、違うアプローチをすると同じことが出来るようになる可能性があるのですが、見た目が同じなだけに伝わりにくいですよね。

勉強については、やって無駄な勉強などはなくて、出来るのなら、いくらでも勉強させた方がいいと私は考えています。

ただ、その子に合わないようなレベルの勉強をさせ続けてしまうと勉強が嫌いになってしまったり、時間の無駄になってしまいますので、その子に合った旬の勉強をさせるということが必要だと思います。げんちゃんは七田の2年生の数学に取り組むことが合っているのだと思います。合っていることをしていると親も楽しく感じるものだからです。

ちなみに、勉強なんて本来ほとんどのものが使えませんが、使える勉強は小学校4年生ぐらいまでだと思いますので、小学校4年生まで押さえられれば充分だと思います。

もちろん出来る場合はどんどん先に進めばいいと思いますが、教科によって進めるものと復習に重きを置くものと両方あっていいと思います。

Commented by robo_223 at 2020-01-05 16:15
ところで、虫食いの問題がスラスラ出来たのは学校で配布されるワークのチャレンジ問題に同じような問題があったからだと思います。あらかじめ練習しなければスラスラは解けないと思います。
Commented by ここあ at 2020-01-05 23:21 x
また年が明けてしまいました。。年が明けると娘の学年が上がってしまうので、ついついこう思ってしまいます。娘の冬休みの宿題は支援学級からの5教科でしたが、学年のお手紙で交流学級の子どもたちの宿題をみるとすごい量で。。しかも始業式には確認テスト!!冬休みに時間があるので久しぶりにチャレンジをしてみましたが、普通の子どもたちの学習の進みの早さに驚くばかりです。。。私も常々学習させることは娘にとって一番の療育だと思っています。以前も書きましたが教えてもらった事を聞いて、覚えて、思い出してやるということは生きて行く上でも大切なことだと思うからです。一般的なルールでもそうやって守って生きていかないといけないですもんね。ただ。。娘にはある程度でいいのではないかと思ってきました。というのも夏休み明けに高等学園の入試試験を学力テストかわりに受けていて、その問題が5教科とも4年生レベルでした。でそれでも四則計算や漢字以外は娘はできていないことも多く、小学校の復習をさせないといけないと思いましたし、中学の学習をさせていて『こんなこと使ってないしな。。。』と思う学習がそろそろ出てきています。高等学園を目指すならば専用の学習をしていかないといけないみたいですし、娘の進路も含めてもちろん学習させることはやめないですけど、他の方も書かれているように選択していかないといけないと思っています。今年もよろしくお願いします。
Commented by glow-gen at 2020-01-06 17:54
ロボママさん
アドバイスありがとうございます。
レス遅くなりました~。虫食い残、ロボ君は小学校でできていたのでしょうね~。
げんちゃんは、やっと今からですよ。でも、思うに、障害児ってできないことはずっとできない、と決められちゃとこあるのですが、あの数学ですさまじいできなさを呈していたげんちゃんが、二けた暗算をして、虫食い算にチャレンジなんて、不思議だともいえます。
Sさんなどは、まだまだ、本気出てない・・もっとしっかりびしっと意識入ったら、こんなもんじゃないよ・・・だそうで、能力とは、意識なのか?ってよくわからなくなります。
 確かに、勉強できて、気の利いたお子さんって、意識高いですよね。自分がどうなりたいか、とか、なんのためとか、大人でも顔負けのとらえかたしていますよね。

 逆に能力が高い子が、大人になって、どんどん落ちていく子もいます。意識が低いと、能力があってもとらえないですからね。

 げんちゃんが、もし、自分の知的な障害を克服していけたとしたら、頭がいい、とは、そもそも意識の使い方だってことが証明されるのかもしれませんね。

まあ、まずは、4年生くらいの学習はすらすら自力でやっちゃう子供になってほしいな~。遅れているからといって、何年生くらい、とあてはめられないのが発達の子で、低いところは、幼稚園生にさえ負けたりしてます。泣

ロボ君は、学校のワークでちゃんとむしくい算やれていたんですね。すごいな~。げんちゃんなどは、やっと今旬です。勉強の楽しさに芽生えてくれたら、加速がつくでしょうが、まだ始まったばかりです。

げんちゃんの算数は、どうなるんでしょう。これほど壊滅的にだめだった子が、どう進化するのか、学会発表ものだな!
Commented by glow-gen at 2020-01-06 19:20
ここあさん
あけおめです。今年もよろしくお願いします。
高等学園ですか~。ここあさんは、よくいろんなことをご存知ですね~。高等学園って、支援学校とは違うのですか?
すすすみません。何にも知らなくて。高校のことは、行けるとこあれば行けばいいし、なかったら、とりあえずホームスクールでもいいし、なんて、すごくのんびりしていて、まったく知りません。
 よかったら教えてください~。
それから、入試を受けてみるって、そんなことできるんですか~?へ~、そうなんだ~と、初めて聞くことばかりで、びっくりでした。
 今度、ゆうすけ君のママに誘われて、立花高校に見学に行きます。
 過去のうちの支援クラスの卒業生の行き先を見ると、青松高校とか、立花高校とか、けっこう普通の高校も多かったです。青松高校などは、最近むつかしくなったとか・・・
 入れちゃうわけ?支援の子が、簡単に・・・なんて思って見ました。
 勉強は、げんちゃんより、やれていない子の方が多かったようなのに・・・だったら、どっか入れるかな?
くらいの認識しかしてませんでした~。
 もう少し情報収集した方がいいのでしょうね~。
よろしくです~。
Commented by robo_223 at 2020-01-07 08:01
お忙しいところ、返信をありがとうございます。

私の書き方が悪くてスミマセン😵スラスラやっていたのは健常な子達で、roboはスラスラ出来ていませんでした。

roboには計算障害があるようで、当時、計算が出来なかったのです。九九もなかなか覚えられなくて驚いたくらいです。虫食い算はroboには難しかったですので、やっぱり健常な子とは全然違うなと思っていました。

でも、げんちゃんも今は虫食い算に取り組めるようになっているのですから本当に不思議ですね。いつの間にか成長していたのですから、やはり、げんちゃんは水面下で伸び続けていたのですね。

意識を入れれば、こんなもんじゃないんですね。確かにげんちゃんは勉強に意識の入りにくいタイプなので、まだ力を発揮していないのかもしれませんね。roboも明らかにそうなので分かります。

げんちゃんやroboが勉強に意識を充分に入れられるようになったらいいですね。でも、そうなることは、なかなか難しいことなのでしょうね。それこそ学会発表ものですね。

それでも、roboの以前の様子を知っている人にしてみれば、roboの変化には驚くみたいです。勉強も何も出来ないことだらけでしたからね。全く出来ない→結構出来る、に変わってしまったのですから、振り幅がかなり大きいです。

げんちゃんもS先生に合宿など、ずいぶん見ていただいているから進歩はしている方だと思います。やはりチームげんちゃんの力はすごいです。

Commented by ここあ at 2020-01-07 09:21 x
博多高等学園と福岡高等学園は特別支援学校です。太宰府支援学校の高等部とは別のもので、知的の子どもたちをしっかり働ける人に教育してくれるのだと思います。就職率もとても高いみたいです。私もまだ娘がどういう道を進めたらいいのか分からないので、情報だけで動けていません。のんびりな娘に18歳から働きなさいというよりも、広域制の通信制高校に入れてから就労移行施設に行かせてもいいのかな。。とも思います。ただ高等学園を希望する場合は入試と面接があるのでしっかりそれに向けて勉強しないと受からないと言われています。うちの支援学級からも立花、常葉に進学しているみたいです。あとは通信制。青松は通信制と定時制がありますよね?通信制の方ではないかと思います。一昔前と比べれば支援学級からも進学先が増えていますよね。娘も今更点繋ぎとかしてますが、全くお手上げだったのですが、考え方を言うと以前ならできなかったものができたりしています。知的の子どもは『どうせ無理だろう。』とやる前から決めらることが多いのですが、娘を見ていると成長しない、伸びないということはないというのははっきり分かります。なのただ、凸凹のどこを伸ばしていつ補充すればいいのかわからなくなってきます。げんちゃんはいよいよ進路を決めないといけないですね。げんちゃんママとげんちゃんがどんな進路を選ぶのか応援しています。げんちゃんなら娘よりも進路の道がたくさんあると思います。
Commented by ゆうママ at 2020-01-07 16:30 x
おっしゃる通り旬の問題をするというのはいいですよね。息子は国語は小学生の問題に取り組ませてます。読解と作文。そして今更ながら音読をさせてます。いい加減な読み方をするのがずっと気になってたからです。息子はワーキングメモリーが低いのですが、これもやはり意識の問題が絡んでると最近思うようになりました。そもそも入力時点で躓いています。入力できてないものを覚えるなんてそもそも無理ですからね。

魚の問題やらせてみました。メスの増える数を1週目、2週目、3週目、4週目とたし算しながら数字を出して、次に同じようにオスの増える数を出しました。合わせて20匹。ここまで自力でやって、池は4つあるよといったら、ようやく掛け算をつかって80匹といい、全部で何匹って言ってるよ。最初何匹いたの?って聞いたら、ようやくあわせて160匹という答えをだしました。図も書かず、全て頭の中での計算です。

普通はオスメス関係なく5匹と考えて、4週だから20匹、池が4つで80匹増えると計算するのでしょう。そんなことには気づきません。それでもこれを頭の中でオスメス分けて計算するのにワーキングメモリーが低いのが不思議なのです。メスを計算してオスを計算して、あわせられるのだから、頭の中に置いておけるような気がするのです。
Commented by ゆうママ at 2020-01-07 16:37 x
進学に関しては息子の学力で行けそうな偏差値の低い高校を考えていて、三者懇談で担任の先生と話したら、昔の不良みたいな子がいて中退する子も多いのでお勧めできない。受かっても3年間続かないのでは?と言われて迷宮入りです。
高校で何を身につけるかを考えなければいけません。学力なのか、生活力なのか?難しいですね。
Commented by glow-gen at 2020-01-07 20:52
ロボママさん
そうでしたか~。ロボ君も、虫食い算は苦手だったんですね。
意識が入らないと、短期記憶もいまいちだろうし、一番、苦手な項目なのかもですね。
いろんな要素がありますからね。
今のロボ君では想像できないですよね。
げんちゃんは、つなげて考えることを断固拒否して、楽な思考に逃げていた歴史が長いので、少しくらい意識が入っても、まだまだなが~い道のりですね~。

 日々こつこつやってきたけれど、意識を入れずにやったことは、また一から入れなおすようなところがありますよね。

 げんちゃんは、ほんとにささいなことで、あきれることが続出しますよ~。
ちょっとしたことです。バインダーの紙を突き刺す長いプラスチックが、少し紙から浮いていて、ただ、はしっこを引っ張ればいいだけなのに、しばらく考えて、あれこれしないと思い至らない・・・とか。うん、あほらしすぎて、記事にするのがめんどくさい、そんな感じです。もう、当たり前すぎてすぎて、記事にしにくいんですよね。ははは・・・

 そんなレベルのことが多いですよ~。
でも、おばあちゃんとこで、茶碗を洗うよ、と、おばあちゃんに言ってやったり。
なんか、まあまあの意気込みはあります。昔は皆無でしたから、心が少し変わってきています。
ただ、まだまだ、表面から内側にちょこっといったような意識のようです。

みなさんお先にどうぞ~・・・そんな感じのげんちゃんに見えます~。笑
Commented by glow-gen at 2020-01-07 21:01
ここあさん
 いろいろ教えてくださってありがとうございます。
知り合いで、博多高等学校に行っている発達の子は、宿舎生活してましたね~。厳しんだとか。
入るのも競争率が高いとか言ってました。
でも、親元からはなしたとたん、なんか、ぐんとしっかりなっていました。
しかし、やはり、就職は、障害者枠で、単純作業のようでした。なんか、それもステレオタイプだな~と思って聞いていました。

でも、さすが、福岡はたくさんある、と言っていいのでしょうか。わが子にさせたいものをしっかりつかんでいないと、選択できませんね~。
何も3年で社会にだすこともないですよね~。
げんちゃんなどは、やっと2年生くらいになったのかな~・・・そんな感じですからね。
 お嬢さんは、なかなか社交的だったので、どんなふうになっているのでしょうね~。中学は嫌がらず、楽しんでいるのかな?
中学になると、性的なものも、少し心配になってくる時期ですが、げんちゃんは、まだまだ、小学生なみで、素っとんきょうなものです。体は大きくなってるのにね。
 まあ、幼稚な精神なので、素直さはきわだっています。本人が前向きな気持ちを前面に出して来たら、かわいいですよ~。女同士はどんなかんじなのでしょうね。
Commented by glow-gen at 2020-01-07 21:08
ゆうママさん
 やっぱり、お子さん、図を描きませんか~。
なぜでしょうね。ほんとに不思議ですよ。
げんちゃんは、空間認知がとても弱い、ということがあると思います。
 自分を考えると、すべて空間で物体や線などを使って物事をなんとなくイメージしています。でも、そういうのがないのでしょうね。
字面だけで、ただ覚えようとするなら、できるはずがないですよね~。絵を描かせてみたらどうなりますか?
注目するところに、広がりがないのでしょうね。一つとらえたら、それだけ、そこから奥行きにつながったり、幅につながったり、空間を感じていないかもですね。時間も、進む感じは、前後ろ・・・そんな感じですもの。

Sさんが、とにかくドローンをしろ、というのはわかる気がします。
ま、でも、すぐに壊れてしまうので、お金がつづきません~泣

高校は、入りやすいと子は、校風も悪かったりするんですね。

 今は、不登校の子も多いし、不良ばかり、とは限らないようですから、どこか、素敵な学校が見つかるといいですよね。
まだ、1年あるのでがんばりましょう。
<< 発達障害のコアな部分の改善がお... 勉強ができない発達障児、げんち... >>



中学2年の息子。5歳で、発達障害発覚、改善に取り組むママの格闘と改善ノウハウの記録。
ピックアップ 


げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善<

子供の体験施設を探す
”asoview!"↓




  リンク
エジソンアインシュタイン協会
ブレインジム
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数

聖書と福音
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
意識のこと
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
時間
知能検査
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
高校選び
支援学校のひさしくん
注意欠陥
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
発達障害の原因を治す
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧