人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

表面だけつくろう学習と、気持ちが入った学習。使い分ける?

年末お掃除にあけくれたり、親戚に会ったりしていましたが、今日は、しっかりお勉強の時間が取れそう。
と思って、げんちゃんに英語のドリルをさせたら、

I give she a letter.
のようなことを平気でやりまくって、ちゃんと勉強した気になっていたので、激怒しました。she か her か、ただ選ぶだけですよ~。

うわっ! また抜いてやがる!(もう類似の文や問題に、100回は触れていることでしょう。)

そうなると、私は、げんちゃんをけちょんけちょんに指導します。まるで、げんちゃんについているお化けを、私が出す、すごいエネルギーで蹴散らすような感じかもしれません。
私はへとへとになりますが、蹴散らすと、そのあとは、げんちゃん、代名詞の活用形の表とか見始めて、ちゃんとやり直してこれました。

最初からやれよ・・・ってことなのですが、勉強となると、すぐにお化けと仲良くしてしまうげんちゃんですよね。たとえでそう書いたけど、案外、あのおそろしく表面だけのげんちゃんって、お化けに憑依でもされているのかもしれません。ほんと、やっかいきわまりない!!

でも、外からげんちゃんの行動だけ見たら、いやがらず、きちんと机に座り、なんかやってるそぶりを続けますから、昨日今日彼を教え始めた先生なら、

「あら、わからないの?これは違うでしょう・・・」
なんて、優しく教え始めることでしょう。そうすると、げんちゃんは、してやったりとなり、抜いたまま、どかっと先生にしなだれかかる勉強法を展開してきます。

 でもそうはさせません。そういう時は、いちいちげんちゃんの心が動くために、一度ぼろくそに言わないといけません。ほんとに疲れまくります。

ま、これは、げんちゃんに対するやり方で、そこまでけ落とさなくても、ちゃんと軌道修正する子がほとんどかもしれません。げんちゃんと言う子は、タフな魂をもっている反面、ほんとにエネルギーが大量にいる!

 しかし最近は、表面的にでも涙が出てくるげんちゃんです。泣くことさえできない鉄面皮だったげんちゃんの意識は、多少は厚い殻が溶けてきて、こちらの言うことが届きやすくなっています。
私の強い指導に、やっとじわっと涙が出てきて、しばらくいすわるように、反抗を続けたあと、やっと気持ちを入れてやり始めます。そうなったら、初めて、まともな勉強が始まります。

私は、最近、げんちゃんの表面だけつくろう、おぞましい表面勉強をことごとくつっぱねています。
そんなことしてたって、時間の無駄です。 でも、表面勉強を拭い去るのに、膨大な時間を要しますけどね~。

ほんとに、いちいちこういう儀式なしに、最初から気持ち入れてやれよ! って感じ。ほんとに疲れます。

げんちゃんの、意識が入っているか、表面だけつくろっているか、というのは、顔を見たらよくわかります。だめな時は目が死んでいます。ぼわ~っとしています。

Sさんは、手鏡を見せなさい、と言います。げんちゃんは、意識のオンとオフの状態を、それなりに自分で感じ取れるようになっているようです。
だから、鏡を見せて、自覚させることができるそうです。

確かに、今日も、状況がよくなった後、検証をさせてみたら、

「意識入ってないのわかってた。やりたくないから適当にやろうと思った。」

みたいなことを言ってました。(こんなにすらすらは言えません)
「ずるいよね~。私はあんたのそういうずるいとこ大嫌いだから。やるんなら気持ち入れてやった方が、力がつくでしょ。人だまして、適当にごまかすなら、あなたに誰も教えないから。見捨てるからね。」

冷たく言い放つと、うん・・・と素直にうなづいています。


まあ、一気にはいかないんでしょうね。合宿の疲れもじわじわと出るらしいし・・・・

儀式なく、しっかり最初から入魂するげんちゃんが、早く見たいものです。


by glow-gen | 2019-12-31 14:12 | 発達障害改善の段階 | Comments(3)
Commented by robo_223 at 2019-12-31 14:26
前回の記事へのコメントに対する返信の内容についてなんですが、発達障害への偏見といえば、一般的には「発達障害は良くないものだ。」という考え方のことを指しているように思います。

ちなみに「発達障害は治らない」というのは偏見というよりは、認識のように思います。つまり、現在の発達障害の研究においては、発達障害の脳の状態を全く健常者と同じようにすることが出来るという報告がありませんので、治すことは今の段階では難しいという認識が人々の中にあるということです。

治すことが出来るということは、確かにあるかもしれませんが、今のところ、それは科学的には証明されていませんし、あったとしても事例的に少ないのか、世の中にほとんど知れ渡っていないと思います。

つまり、「発達障害が治らない」という偏見があるというよりは、治るという科学的根拠や治ったという事例がほとんどないので、「今のところ治ることは難しい」という認識があるだけのように思います。

もし、「治る」という科学的根拠や「治った」という事例が多く出てくれば、これは割りと簡単に覆せる認識だと思います。事実に基づいて判断すればいいだけのことだからです。科学的根拠がなくたって、治っている人がたくさん出て来れば、それだけでも、あっという間に覆せる認識だと思います。

しかし、今のところは、問題なく暮らせるようになった人は、うまく障害を隠せるようになったということが証明されるに留まっていますので、辛さや苦しみは変わらないことも多いのかもしれません。そう考えると親としては治ってほしいと思うのも当然だとは思います。

ちなみに、発達障害者は私達とは違う枠組みというのは、一般的にも偏見だと考えられていることだと思います。これは特に日本に強い考え方で諸外国では、かなり事情が違いますよね。

それぞれに違いや特性があるのですから、それを尊重して生きて行ける社会にしていくことが必要なのですが、発達障害の人は違う枠組みだから、その特性は良くないことだと親自体が感じてしまっていたら、それも偏見だと思います。
Commented by robo_223 at 2019-12-31 14:36
そして、今日の記事の内容についてですが、全くroboも同じです。

ドリルをやっていて連続的に間違うので、激怒すると、軒並み正解し始めるのです。

最近、roboはずいぶん意識の操作能力がついて来て、さまざまな場面で本来の力を発揮出来るようになって来ています。しかし、こと勉強に関しては、改善が遅れています。

おっしゃる通り、ここは時間がかかりそうですし、進んでも少しずつ少しずつのように思います。常に横にはりついて激怒しているわけにも行きませんから、本人の意思が宿るように促し続けるしかありませんね。
Commented by glow-gen at 2019-12-31 16:45
ロボママさん
ありがとうございます。偏見とかいうとこは、あまり考えなしで書いておりましたので、ピント外れかもしれません。
 私自身、げんちゃん育児をするまでは、知らないことによる偏見がありました。
 つまり、大変そう・・・避けて通りたい的な関心のなさかな~。友達のお子さんが発達障害ともし聞いたなら~。なんかよくわからないけど、普通じゃないんだ・・・一生福祉の世界に生きていくのかしら?
 くらいの感覚です。まあ、やっぱり、別枠的な感覚だったように思います。
 ま、ここまでやっかいとは思ってなかったけどね。笑
 たまに、外部の偏見的な発言を聞くと、(本文中の親類の言葉も、ある意味、障害児はこうだ、という決めつけ感むんむんです。笑)あ、そうだよね。普通は、そう思うよね~、と我にかえるようなところがあります。
 それほど、げんちゃんに対して、一人の人間として、枠をはめてない自分に気づきます。
神様はどんな人にもチャンスを与え、奇跡をおこす平等性を持っています。その信頼の上に、自分は育児をしているんだと気づきます。
 ま、現実は、ほ~んと大変で一歩ずつにすぎませんね~。お~い神様~。どうなってんの~?ちょっとやばすぎ~・・・
などと叫んでおりますが・・・私のぐちぐちもけっこう聞かれておられるでしょう。神は

でも、あの、意識覚醒までのエネルギーってなんなんでしょうね。とにかく、自分の好きなことだけしかやらない、というわがままさも、どうしたものでしょう。
 精神疾患と思えばそれまでですが、ほんとひどすぎます。笑
<< 勉強ができない発達障児、げんち... 発達障害児の改善に料理一般家事... >>



中学2年の息子。5歳で、発達障害発覚、改善に取り組むママの格闘と改善ノウハウの記録。
ピックアップ 


げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善
げんちゃんは、かなり図太く、心が動きにくいタイプ。少々の圧ははねかえしてくるので、大変です。<

子供の体験施設を探す
”asoview!"↓




  リンク
エジソンアインシュタイン協会
ブレインジム
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数

聖書と福音
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
意識のこと
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
時間
知能検査
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
高校選び
支援学校のひさしくん
注意欠陥
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
発達障害の原因を治す
コロナとコロナ休み
以前の記事
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧