人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

げんちゃんも、それなりに努力している。思い

げんちゃんの期末の結果は、英語55 社会47点 理科37点 で、支援クラスオリジナルの国語算数は、60点と20点でした。
テスト前の準備時点で、抜いてしまうことも多かったのですが、英語50点越えは、げんちゃんの伸びでしょう。

何か月前か、げんちゃんが、突き抜けた~なんて感じた時がありましたが、あの時の峰が、時々訪れるようになっているように思います。気持ちが入っているときのげんちゃんの学習は、普通の子に近いような瞬間があります。

でも、目の前でいい感じに教えているときに、つい普通の子にするようにすらすら説明をしていたりすると、次の瞬間抜けていて、
「今なんて質問したの?」
と聞いても、まったく覚えてないことがまだまだ多いです。
げんちゃんのスイッチは、ほんとに、分刻みについたり消えたりしています。でも、外は普通にやっているようなスタイルも多くて、スイッチが切り替わる瞬間は、わからない時があります。

教える、そのあとは問題をさせる。入力のあとは出力、というのを短いタームでやるようにしていて、げんちゃんがスイッチを切ったときは、直前に教えたことも答えられなくなったり、信じられないような誤答をしたりします。

そういえば、以前、お友達のせいら君のお母さんが、
「せいら君は、げんちゃんほどスイッチのオンとオフの違いがわからない」。
と言っていたのを思い出します。

外側がそこそこ作れるようになってくると。抜けちゃって腑抜けになっている、という瞬間は、周りにはわかりにくいのかもしれません。つまり、あさ~い意識で、とりあえず、表面だけは、たんたんと繕う。そして、抜いていても、ルーティンなことなら、まあまあできる。


 なるほど、多くのグレーゾーン近くにいるのお子さんたちは、こういうステージにいるんじゃないかな、って思うようになりました。

外側がそこそこ作れると、周りから注意されることも少なくなるので、本人は、目的をしっかりつかむということをしないまま、外側だけを作ることを定着させていくのではないでしょうか。

「Sさんが、ここで止まってもらっては困る。」
というのは、そういうことなのかもしれません。

げんちゃんは、この頃、おばあちゃんに、

「正しい勉強法って、何なのかわからなくて困っているんだ!」

と言ったそうです。おばあちゃんに対して、まるで血の通った会話などしなかった子なので、この問いかけにはおばあちゃん感激! だったようです。

「おばあちゃんどうしたの?」
顔に傷を作っていたおばあちゃんに、帰ってくるなりげんちゃんが聞いたそうです。こういうことも、今まではなかったことでした。

調子のよい時は、げんちゃん、自分が変わりたい、という思いが強く出ています。大きな付箋に、「質問をする。」とか、「集中する」とか書いて、支援クラスの机に貼ったりしているようです。

と書くと、すごいことのようですが、外側止まりのげんちゃんであることが多いです。

「正しい勉強法は、質問する」

なぜ質問しなければいけないのか。何のためにそうする必要があるのか、といった本質をつかもうとせず、「正しい勉強は、とにかく質問するんだ。」と、単純なベクトルで結びつけてしまって、本質が抜け落ちているよなことが多いです。

どこまで行っても、げんちゃんという発達君は、意識の使い方がおかしいです。
でも、少しずつはかわっていっているようではあります。


by glow-gen | 2019-11-29 02:46 | 発達障害の原因を治す | Comments(12)
Commented by ゆうママ at 2019-11-29 16:03 x
げんちゃん、とっても頑張ってるように思えるのですが、ママからするとまだまだなんですね。
私も息子が少し変わってきた気がしていて、少し本人に任せてみようかと思っているのですが、表面に騙されてるのかもしれません。

意識のオンオフについては息子の場合、意識が抜けてると言うよりも違うところに入って出てこないことが多いように感じてます。学習中も意識が抜けると言うよりは違うところにいってしまう感じです。いずれにしても学習には意識が入りにくいです。
ぼーっとしてることはほとんどなくて、私からしたらどうでもいいことに意識が入っている感じです。

塾で自習して帰ってくるんです。それをどこまで信じていいのか?私から逃げてるのかもしれません。でも全て否定していいものかどうか?慎重に見極めているところです。

職場体験では指導する方が見守る中、レジもさせてもらってました。電子マネー(プリペイドカード)の学生さんが多いからでしょうね。立ちっぱなしで脚がだるいと言ってました。頑張って働いてきたんだなぁと思いました。
Commented by glow-gen at 2019-11-29 17:48
ゆうママさん
コメントありがとうございます。
子供さんによって、ほんとに現れ方がぜんぜん違うので、私も、まだまだわからないとこだらけです。
 職場体験にしても、絵画教室にしても、私一人だったら、違う解釈だったと思います。今回も、伸びたな~、でついほめてしまうと思います。
 でも、そうすると、確かに、翌日は、どか~んと落ちて、横柄になってしまうので、やはり、S先生の方が正しいんだな、と感じることが多いです。
 障害の枠でとどめていいのなら、今の段階でも、よくやった~、なのかもです。でも、まだまだ、私たちが、外堀をかためて、見張って、指導してなんぼです。
 自分で目的をとらえようとしないので、がんばりたい、と言っても、じゃあ、どういう風に、と言えば、まったく答えられない、というのが現実です。

 げんちゃんは、目的をとらえる意識の使い方というのが、ほんとに未知の世界なんだろうな・・・と思います。
もう理屈じゃなくて、自分で模索して、その感覚をつかむしかないかな、と思っています。だから、表面だけの時は、あまりほめないようにしないと、げんちゃんは、すぐのぼせて、そこで止まってしまうと思っています。
まわりには、厳しいとうつるようです。そりゃそうですよね。外側は、今までより、けっこうよくなっているから、みんなほめたくなります。

しかし、お子さんは、レジまでやったんですね。それは、緊張したでしょうね。やりとげた自信がついたのかな?
それと、意識が抜けると、自分の世界感に入っているのでしょうか。それも、なかなか大変ですよね。そこから脱却させて、こっちにこさせるのに、いい方法ってありますか?
げんちゃんは、抜けているときは、なかなかもどせません。万事休すの時が多いです。それで、がんがん叱ったりすると、翌日は、すごく良い。そしてまた、そこで手綱ゆるめると、また落ちる・・・・ほんとにむつかしいです~・・・
Commented by glow-gen at 2019-11-29 20:54
ゆうママさん
げんちゃんの一番困ってるのは、抜けると、すごく暴走するんです。自分の勝手な解釈で何が悪いの?え~・・・べつに~・・・となり、自分のずれたやりかたで突進します。好き勝手に自分勝手になんでもやって、何も悪いと思わないようです。
 感情だけで適当にというか・・・これは、他の子にはないのかな~。
Commented by ゆうママ at 2019-11-29 23:43 x
お返事ありがとうございます。

うちの場合はガンガン叱るとさらに悪化するんです。なので叱るのも難しいです。以前は私も引くことができなくて修羅場になってました。

自分勝手な解釈で暴走する時ありますよ〜。その時は何言ってもダメなんです。でもどこかわざとしてるようなところがあって、少し冷静になると素直に私の言うことが少し聞けるようになります。少しましになる程度ですけど。10言ったら1伝わればいいほうです。面倒な人だなと思います。ほんと疲れますよね。
Commented by robo_223 at 2019-11-30 08:21
げんちゃん、少しずつ階段をのぼっていますね。以前とは様子が違うので、おばあちゃんも驚いてらっしゃることでしょうね。

テストへの取り組みや心構えもしっかりして来たこと、嬉しいですね。

ところで、表面を取り繕うところで止まっているという状態がグレーの入り口くらいだという説に深く共感してしまいました。

グレー状態にたどり着いている方、つまり個性の範囲内に入って、一般の人の中でサポートも受けずに過ごしている方々は、自ら強い意思を持って自分の内面と向き合い、徹底的に自己改革に努めていらっしゃるからです。表面だけじゃ通用しないことを彼らは知っているのです。

自己改革に挑む強い意思、自分を見つめ周囲との違いやズレに自ら気付き修正して行こうという態度が生まれるかどうかで、グレーゾーンに入って行けるかどうかは決まると私も思っています。

それが遅くとも高校生くらいに出来るようになっていなければ、やはりサポートを受ける暮らし方が必要だと思います。そのルートをたどる方はだいたい中学2年生くらいから、その態度が出現しています。

ですから、roboは改善が早い方ではないんです。なかなか厳しい状況ですから、どうなるかなぁと思っています。
Commented by 匿名希望 at 2019-11-30 17:26 x
正しい勉強=質問すると聞いて、
自分で目標見つけられないというのが解りました。
掃除のやり方は解っても、掃除をやる意味が解ってない、みたいに感じました。
げんちゃんの中に解りたいとか知りたい、興味とかあるのでしょうか?少し怖いです。
目標を目指すのは
難題な気もします。とてもヘビーですね。
何をどうすればいいのでしょうか?
げんままさんはどの様な方向性
ビジョンみたいなものをお考えですか?



Commented by glow-gen at 2019-12-01 01:06
ロボママさん
そうそうそうですよ~。
>自己改革に挑む強い意思、自分を見つめ周囲との違いやズレに自ら気付き修正して行こうという態度が生まれるかどうかで、

げんちゃんに足りないのは、強い意志ですよ。
それが出てくれば、いっきにいろいろなことが上がっていくことはわかっています。
 だからはがゆいです。
わかりたい! 納得したい! 自分はどうすればいいんだい! というじりじりした気持ちです。
 どこかで、自分のどこが悪いっていうのさ~、っていう気持ちが邪魔していると思います。

 これは、自分が自分にむきあって、気づいてい行かねばならないと思います。
 ある意味、ただピアノができるようになった、とか、計算ができた、とかいうことより、ずっとハイレベルなのかもしれませんよね。

 だけど、今までこつこつやってきて、どの項目も、ぜんぜん上がらない、というものはありません。チャレンジあるのみです。

 人として、向上したいって、がんばって生きているなら、神様は絶対に見放さないでしょうから、きっとなんとかなります。と楽観主義なんですよ。笑
 昨日のアサイチに武田真治さんが出ていて、いつかは死ぬんだから、死んだら、どんな恥もこの世では、消えてしまうのだから、この世では、常に、マイナスがあったら、それをプラスにしていくチャレンジを続けていたらいい・・・みたいなこと言っていて、そうだそうだ~って思いました。
 マイナスはチャレンジするテーマにすぎません。げんちゃんは、たくさんのテーマがあって、それが少しずつでも常に上がっていってるからそれでいいかな、と思います。

 ちゃんと社会に出て、グレーゾーンというところでがんばっている方は、プラスの共通点がありますね。
 げんちゃんも、そこのレーンに登っていってほしいです。

明日は、ピアノの発表会なんですが、一人で、12時ころまで弾いていました。おもしろいことに、先生が指示したある場所の味付けを「これって、味気ないんだよね~。」と不満げにこぼしていました。
 やっぱり、内部も、少しずつ変わっているんだな、と思いました。
 まあ、少しずつ上がっていけば、なんとかなるかもな~・・と思いました。
 

 
Commented by glow-gen at 2019-12-01 01:16
匿名希望さん
>掃除のやり方は解っても、掃除をやる意味が解ってない、みたいに感じました。

そうですそうです。その通り。
二人の人がきちんと掃除をしていても、まったく意味が違う。一人は、きれいにしたい、どういう風にしたら、誰が見てもきれいになった、と思われるような結果を出せるかな、と思ってやっている。
 もう一人は、ただ言われたことをやっている。結果はおのずと違います。また、なぜとか、どのように、というのがわかっていない方は、ちょっと違うパターンのオーダーが来てもできないでしょう。

げんちゃんはまさにそうですよ。それが、まさに意識障害です。自分の気持ちさえつかめないから、何かの拍子で、精神疾患にも陥りやすいのではないでしょうか。
 げんちゃんは、あまり、まわりに振り回されないので、登校拒否とか、メンタルが沈んで・・・とか、今のところありませんが、この子たちはなかなかリスキーだと思います。
 方向性・・・という質問の真意がちょっととらえられないのですが、げんちゃんをどのように持っていきたいか、ということは考えます。
 やはり、ぼ~っと自分がつかめない状態ではなく、しっかりつかむ。まあ、魂をもらってきた以上は、しっかり自分のものとして握って、何をどのように・・・というところを、いちいちちゃんととらえられるようにしたいです。
 自分を客観視できて、人とつながって、豊かに生きてほしいです。
 質問の意味にあってないかもです。

でも、なかなかですよ。おっしゃる通りです。発達障害は治ります・・・なんて、発表してる学者の話は聞いたことがないので、ビッグチャレンジに挑んでいるんだと思います~。
Commented by robo_223 at 2019-12-01 10:32
返信をありがとうございます。

人として向上したい!と思って頑張っていれば、確かに神様は見放さないと思います。形はどんなものであれ、充実した毎日を与えて下さると思います。

でも、その「人として向上したい!」という思いが心の底からわき上がり、しかも、それが持続出来るようになるかは、人によると思います。そうなる人とならない人がいますよね。

そういう人にroboにはなってほしいですが、ここは親の力だけでは難しいと思います。本人にそのような性質や思考力、メタ認知能力がなくてはならないと思います。

ただし、周囲の力で引っ張っていても、コツコツ取り組んでジワジワ成長して行くことは出来ると思います。この進歩の場合は劇的ではありませんが、時が経てばある程度の形になると思います。

そういう少しずつの変化も誰にでも訪れるものではなく、やはり本人に素直さや真面目さという性質が必要だと思います。

素直さと真面目さなら、げんちゃんもroboもありますので、これからの成長がきっとあると思います。
Commented at 2019-12-02 18:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by glow-gen at 2019-12-03 10:31
ロボママさん
お返事ありがとうございます。
確かに、その人の好みみたいなのってありますね~。
能力あるのに、上目指さない子とか、そこまで能力ありそうにないのに、いつも上向いている子、とか・・・でも、家庭環境とか、親の思想とかある程度反映するようにも思います。
だから、私たち家族も、みんな向上していこうとがんばっていないとな~、と思います。っていうか、止まってるのつまらないので、やらねば・・・って感じでもないですが。
 よ~く考えてみると、やっぱり、自分のそこそこでの選択って、やはり自分が好きだからやってるんだな、と思います。
げんちゃん育児も、なんやかんや言って、そうすることが楽しいんだなって思います。
 子供にあれこれ夢を描いて、楽しんでいると思います。しかけていって、それが形になっていったり、愛するわが子が成長する姿を見るのって、やっぱり楽しいですね。そう、教育って、苦楽しい・・・それにつきるのかな~、とふと思いました。

 なんかそうそう、やっぱり楽しい・・・ロボ君は、最近楽しさ炸裂してますね~。どんどん伸びてますね。
Commented by glow-gen at 2019-12-03 10:38
Mさん
そうなんですよ~。本質が抜け落ちていることしょっちゅうです。
でも、げんちゃんは、昔、本質どころか、ただぼ~っとそこにいるだけってとこから始まっているので、これでも、すごい心の進歩だと思っています。進歩すると、また、さあ次に行こう、となるので、自分では、時々、伸びてないな~と思ったりするのですが、むかしのことを思い出したら別人・・・
 やはり、最近では、心の言葉がどんどん出始めているので、会話も楽しくなりました。(彼にしてはどんどん・・・という意味ですが)
 まあ、やっぱり、止まっていないので、そのうち少しずつ、本質をとらえるように、自分でもがきはじめるんじゃないかな~と期待しています。
 お子さんは、中学1年生でしたよね。いや、何でもサポートしてもらってる、というのは、げんちゃんもことごとくそうでしたよ。ついていけてる、なんてことはまったく言えなかったと思います。
生活のこともだめだったし・・・でも、中二の後半から、けっこうかわってきてます。自分のことは、ある程度自分でできるようになり、慣れもあるのでしょうが、メモとかとったり、授業中で覚えて帰ってくる内容も増えました。
 中1と中2、やはり、ぜんぜん違います。
それは、親の努力があると思います。1年ってすごい期間のなのかもですね。がんばりましょうね~・・・

ちなみに、家庭科とか、先生が時々つきっきりでお裁縫をおしえてくれたりしたようです。今は、どうなのでしょう・・・・
<< げんちゃんの4回目のピアノ発表会  げんちゃんという発達障害児の思... >>



中学2年の息子。5歳で、発達障害発覚、改善に取り組むママの格闘と改善ノウハウの記録。
ピックアップ 


げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善<

子供の体験施設を探す
”asoview!"↓




  リンク
エジソンアインシュタイン協会
ブレインジム
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数

聖書と福音
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
意識のこと
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
時間
知能検査
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
高校選び
支援学校のひさしくん
注意欠陥
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
発達障害の原因を治す
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧