人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

伸びたようでも、中身はかわってない。ピアノ編

  期末テストが終わって、ほっとしていると、もう12月の声が聞こえます。

げんちゃんのテストは、数学と国語を支援のテストにかえましたが、数学はあいかわらず20点台でした。げんちゃんは、小学校低学年の七田の問題でも、すらすらというわけにはいかないので、当然かもです。
 でも、逃げてる気持ちをなくせば、もう20点くらいアップできるんじゃないかな、と、K先生も私も思っています。

 国語は60点台。量も内容も、げんちゃん向け。

 でも、びっくりしたのは、けっこう説明してやっていたのに、”支援クラスのテストに変えた”、という意味を、げんちゃんはほとんど把握していなかったことです。

 そもそも、げんちゃんにとって、テストというのは、まだまだ、普通の子ほど、特別視するものではないのかもしれません。なんとなく、スケジュールがやってきてこなした~、その程度の気持ちの入れ方なのでしょう。
 
 さて、12月になったら、ピアノの発表会があります。1年はゆうにかけてきて、なんとか弾けるようになった、モーッツアルトの「トルコ行進曲」を披露します。とりあえず、弾ける、というレベルになっています。練習してる動画を応援してくれている知り合い何人かに送ったら、すごく感動されてしまいました。

 そうですよね~。幼稚園で始めて、低学年の時でさえ、ピアノの前でまともに練習できたのは、10分程度だったように思います。先生には、リトミックのようなことでつないでもらっていましたっけ。
しばらくして、ピアノの先生から、

「ママ、今日は、なんと10分以上、ピアノ弾けました~。」
なんて、報告を受けていました。

その練習だって、私のエネルギーを最大限に消耗させ、スパルタ式に、無理やり、20分やらせるのが限度・・・・しかも、だらだらと、1時間座らせているうちの20分・・・・そんな感じでした。
 わ~。思い出すだに、痛い!

でも、6年生のいつだったか音楽にはまって、なんか、自分で練習するようになって、この曲を弾きたいと選んで、こつこつ先生と弾けるとこまできました。私もなんか、ちょっとほこらしい・・

発表会前になったので、久々に、私がついて練習させてみました。

すると、私のほこらしい気持ちも一変しました~。あれ、こりゃげんちゃんやばいぞ!

好きだという、げんちゃんのピアノさえ、勉強と同じです。ただ弾いているだけ・・・・ゲッ! 
自分のミスも把握しようとしないし、どうこの曲を味付けしようとか、そういう心の思いというのが、ぜんぜん響いてきません。1年間少しずつやってきたから、音符だけおっかけて弾くだけ。

S先生が、
「げんちゃんやばいよ。ここで止まるよ。外側だけ上手にポーズをつけて、なんとかでっちあげる。それを自分ができるようになったと思いこむ。中身はぜんぜん変わっていない。
もともと何にも感じにくく、心を動かさないのはぜんぜんかわらず、外側だけ、作ってきている。かなりやばい!・・・」

最近口を開けば、S先生が言うのですが、その意味がなんかわかります。

まるで、人形みたい・・・
「げんちゃん、そこ間違っているよ。ピアノの音聞いて!」
「えー? 間違ってないよ。先生これでいいって言ったもん。」

うわ、これだよ。上手に言えないけれど、げんちゃんは、あいかわらず、捉えようとしない。感じようとしない。でも、表面的なことだけなぞって、なんとなく、外側をでっちあげる。発表会の前になっても・・・
(試験前のげんちゃんと同じ意識パターンだよ!)

ピアノにさえ、それが出るんだね~・・・・うわ~、弾けるようになった~なんて、感慨にふけってる場合じゃないのかも・・・
精神疾患は治らず、それを補うように、本質のないマニュアルだけで動く人!

もっとげんちゃんの本質的なものをかえていかなくては・・・・

by glow-gen | 2019-11-22 19:59 | 思春期 | Comments(6)
Commented by robo_223 at 2019-11-23 10:31
とってもとっても共感する記事です。全くroboと同じです。

そもそもroboもテストの意味が分かっていないというか、自分が試されていて、それで自分の評価や将来がある程度決まって来るということが、真の意味で府に落ちていないと思います。

私達は、点数などで人の全てが決まるわけではないことを知っているけれど、人の中身などは見えないのですから、どうしても点数や結果というようなもので、頑張りや能力が判断されてしまうという現実があるわけですが、その辺りは全くピンと来ていません。

ですから、一般の子がするような、「とりあえずテストを受ける時は一生懸命やる!」ということは出来ず、気分によって一生懸命やってみたり、手を抜いてみたりしていて、しかも、一生懸命テストに向かう方が稀なくらいなんです。

最近、私はそのことを改めて実感し、これじゃあ、いくら勉強したって理解力があったって本番で力を出す気が本人にないんだから意味ないじゃん!と思っているところです。

つまり、これは勉強だけのことではなくて、将来仕事をする上でも、ここぞという時に期待される力を発揮することが出来ない、ということにつながるのだと考えています。どうでもいい不必要な時だけ無駄に力を発揮していても意味がないどころか、「この人、やれば出来るのに、手を抜いてる!サボりだ!」と思われる場合が多いと思います。

ですから、ここのところの改善が進まなければ、roboは一般社会でやっていくのは厳しいなぁと思っています。

でも、変わるか変わらないかは、もう本人次第なので、成り行きに任せるしかないと思っています。

もちろん、繰り返し上記のようなことを言って聞かせて変化を促すつもりで、精一杯のことはするつもりですが。

とにかく、一般の人なら勉強では、あえて手を抜きまくっても仕事など、ここではマズイぞという場面では柔軟に気持ちを切り変えてバッチリ対応したりしますので、一般の人が勉強やテストを頑張らないというのとは意味が違うと私は考えています。

その場で強く求められていることに気づいて、そこに充分対応していけるかという問題だと思っています。今のところ、roboは不充分です。平均点以上取れているとか、そういう問題ではなく、態度・姿勢をどこまで、その時の状況に合わせて寄せていくことが出来るかの問題だと思っています。
Commented by glow-gen at 2019-11-24 12:15
ロボママさん
発達障害とは、意識の障害ですねー。ほんとに。
ロボ君は、モラルや情緒がかなりできているように感じるので、げんちゃんからすると、はるか上にいると思っているのですが、それでも、表面だけとらえたり、大事なところをスルーしたり、げんちゃんと共通するところがあるのでしょうね。
この部分は、障害のコアなところで、ほんとに厄介ですねー。
 ぼーっと抜いてる状態を放置し続けると、廃人か狂人かっていうようになると思います。げんちゃんは、今までは、外側すら作れなかったので、抜いて漂っている時も多かったのですが、いまは外側だけ作ります。このような発達の子は多いのではないでしょうか。
 げんちゃんは、やっと、外を少し作ろうとしますが、真に気持ちを入れて、目的をとらえたり、正しい意識の用いかたをすれば、すべて、無理なくよい方向に行くのに、やろうとしません。困ってしまいます。
ほんとにほんとに厄介。ここでとまって行ってしまう子は、けっこう多いように感じます

Commented by robo_223 at 2019-11-24 13:44
返信をありがとうございます。

確かに外側を取り繕うことは大変高度なことですから、そこまで行き着くことは大きな成長だと思います。

でも、そこで止まってしまうことは多いと思います。

逆にそれ以上に進むことは、本人にその選択が出来るかどうかにかかっていると思います。

親が出来ることは、せいぜい外側を取り繕うことくらいだと思います。一通りのことがそこそこ出来て、最低限のマナーを身につけるくらいのことしか周囲からの圧力では出来ないと思います。

それ以上の変化、つまり、内から突き上げるような変化は本人がその気にならなければ出来ないことだと思います。

それが出来るタイプと出来ないタイプがいるわけですが、もし、roboがそれが出来ないタイプなら、そういうタイプの人としての人生を歩むしかないと思います。

roboも自ら変化を起こし始めた部分もありますが、発達障害をお持ちで、あまり問題なく社会で過ごしている人に比べると、まだまだ不充分です。

変化への意識がまだらで、大事なポイントをまだつかんでいないように思います。

もちろん私はroboに大事なポイントを自らつかんでもらいたいので、あきらめずアプローチを続けるつもりです。

でも、こればかりは、本人次第だなと思います。克服した方々は誰に教わるわけでもなく、自分でその必要性に気付き目覚めた人達だからです。

げんちゃんとroboも自ら内なる変化を起こすようになってもらいたいですね。2人とも、まだ入り口地点に立っているところだと思いますが、入り口くらいにまでは、辿り着いたようにも思いますね。
Commented by glow-gen at 2019-11-24 18:11
ロボママさん
ほんとにそうです。ロボ君とげんちゃんの違いは、つながりを考えられる、られないの違いだと思っています。それが、IQに反映しているような気がします、
げんちゃんは、学習も、つながりをとらえようとしない、という大きな問題があって、何度やっても、いつも一から、みたいなとこがあります。

意識改革とは、彼の、その思考のわがままなくせをかえていくことだなあ、と思っています。
自分のその考え方のくせは、間違っている、ということを、感じないと、変えていこうと思えないと思います。
そのために、げんちゃんは、おかしいよ、そんなんでは、精神病院に行くしかないよ、と、過剰な演出をかけていたわけです。
げんちゃんは、その思考のずれを、何が悪い!って、図太いまでに、みずから肯定しているようなとこがあって、そうである以上、内部変革は無理だからです。
 あなたの思考方はおかしいよ、というのを、しんから感じる必要があるんですよ。げんちゃんは、ほんとに図太くて、そこが、しょうしょうではうごかないので、とっても大変です。
 やたらほめたり、これていいと思い込むと、へん、なにが?みたいになります。
ここは、げんちゃんの特殊性かもしれないなあ、と思います。
でも、核心のところの改革ですよねー、
Commented by robo_223 at 2019-11-24 18:47
返信をありがとうございます。

核心のところの改革は、論理的思考力を必要とするのですが、げんちゃんの場合、作文を読ませていただく限り、その力もある程度ありそうですよね。

でも、今は、その思考力を別の方向に使っている気がします。確かに興味の幅の広さや言語能力の高さから、自閉症自体は薄いタイプな気がするので、意外と周りも見えているのだと思います。

その力をメタ認知能力にも使って、しかも、自分はどうすれば変われるのか、ということに思考力を使ってほしいですね。

でも、roboもそうなんですが、げんちゃんも性格的におっとりしていて、根本的に負けず嫌いではないので、このままで、いいかぁと流れてしまうところがあるんでしょうね。

そこがいいところなんですが、改善のエネルギーは湧きにくいですよね。困ったもんですね。
Commented by glow-gen at 2019-11-25 01:22
ロボママさん
そうなんですよ~。次の記事に書いてみました。
げんちゃんの性格の頑固さ、しぶとさだと思っています。
つながりをとらえるには、広がりがいりますが、げんちゃんは決して広がりがないわけではない。それなのに、一つ一つをつなげようとしないのです。きわめて表面的なところでとらえて、それで何とも思わない。彼のもっとも致命的な傲慢ともいえる性格です。
 自分のそういう思考の癖を、正しいと思っている節があります。人にたいがい迷惑をかけて、こちらに甘えまくっていることをとらえようとしない。だから痛い目にあわせないとなかなか思い違いをかえようとしない。
 今は、そのために圧をかけないとまずいと思います。
 自分のようなことをやっていたのでは、将来、精神病院入院になりますよ・・・・私たちはげんちゃんにせまっております・・・・なぜなら、いきあたりばったりの思い付きで、感情任せに突き進むなら、結果はそういうことになるでしょうからね~。警察ざたになることだって十分ありえます。人としての当たり前のつながりを考えてほしいですよ。ほんとに!
<< げんちゃんという発達障害児の思... 発達障害のげんちゃんが、グレー... >>



中学2年の息子。5歳で、発達障害発覚、改善に取り組むママの格闘と改善ノウハウの記録。
ピックアップ 


げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善<

子供の体験施設を探す
”asoview!"↓




  リンク
エジソンアインシュタイン協会
ブレインジム
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数

聖書と福音
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
意識のこと
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
時間
知能検査
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
高校選び
支援学校のひさしくん
注意欠陥
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
発達障害の原因を治す
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧