人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

発達障害の改善。ここからは、自分自身との戦い!

  
a0184225_14483278.jpg
意識がしっかり入ると、小学校4~5年くらいの作文が書けるげんちゃんです。この調子で2ページ書きました。

げんちゃんは、ずいぶん、学習への理解力が増し、単語や漢字も前よりずっと覚えやすくなっています。
まさに、IQは意識で変わる、というのを目の当たりにしています。

がしかし、それも、気持ちが入っている時だけの話で、突然フェードアウトして、なんじゃこりゃ~っていうことになっています。どうも、げんちゃんと言う子は、勝手に自分で自分を認めて、俺ってけっこうできた、なんて悦に入ったりするようです。そうなると、すぐに楽な方に、バンジージャンプで急降下するので、ほんとに腹だたしいです。
冗談抜きに、ほんとバンジーなんだよね・・・笑

意識を多少抜いても、昔よりパフォーマンスがましなものだから、私さえ気持ち入れてるかな、と騙されることが多いので、Sさんから警告を受けております。

「だめだめ、圧をかけないと・・・・げんちゃんって子は、上手に表面だけ作ることを覚えて、それでよしとしていくところがあるからね。」

そんなげんちゃんですが、最近は気持ちが入ると、昔にはなかった快挙を遂げます。

1、電話がかかった時に、メモをとった。
2、2階に用事をしに行って、降りてきた時に、「おまたせ~」と言った。
3、日帰りバス旅行から帰って、行程にそった、彼にしては見事な作文を書いた。(状況説明もしっかり、行先ごとに、段落を分けていた。上)
4、学校にでかけて、しばらくして、忘れ物に気づいて取りにもどった。


まあ、ぽつんぽつんと、今までなら絶対にできないことができたりしています。

と書くと、いつもできているように思われるかもしれませんが、気持ちが抜けてしまうと、まったくできないげんちゃんです。
作文が書けた、と喜んだ数日後、同じように書かせてみたら、何の前ふりもない、自分勝手な立ち位置で、読むほどに、気持ちが悪くなるような作文を書いたりね。もちろん汚字!


 でも、表面だけは、まじめに気持ち入れてやっているように見えて、作文が完成したりするものだから、(昔は抜けると、とん挫して書けなかった。)こっちは、まあ、できは悪いけど、がんばったかな、と勘違いしてしまうのです。 

ふと、そんなげんちゃんを見ながら私は思いました。
 
もしかしたら、げんちゃんは、スタート時点がとても低い発達障害児だけど、スタートが ”げんちゃんの今”くらいのお子さんもたくさんいるのかもしれない。

そうすると、意識の抜き方は、今のげんんちゃんにけっこう近いものがあって、はたでは、普通にやっているように見えるのかもしれない。そうすると、この子の限界って、このあたりなんだ、と決められてしまう。 なるほどな~。意識中心で見て行けば、発達障害の子供たちの見え方は、ずいぶん変わってくるのかもしれません。



Sさんは、鋭くつっこみます。

「だめだめだめ、抜いてますよ。完全に! そんなもんじゃない。げんちゃんは、もっとできるはずです。最近は、らく~に、流してやっていくコツをつかんできてるから。お母さんにでも、こうやったら、叱られない、とか学習しています。それって、すごく賢いってことなんですよ。その賢さを、正しい方向に向けてやらなくちゃ。頭打ちになりますよ!」」

そうか~・・・
確かに、げんちゃんと私が目指しているところは、障害の克服です。限界突破していくビッグチャレンジです。そんな余裕かました感じで、限界突破などできるはずはない。

 休みに、私はためしに、洗濯物をまたもや、たたませてみました。(洗濯物たたむのって、IQテストに匹敵するものがありますね~)
するとどうでしょう。げんちゃんの今があぶりだされるようでした。
 
 考えりゃわかるだろう、ということを考えないで、ぐちゃぐちゃ。私が手伝うと、その意味は把握しようとせず、形だけまねる。何枚たたませても、似たような状態で、学習してこない。注意すれば、はいわかった、と言うものの、それは表面だけ・・・・

 なるほどね。これか! 洗濯物は、現実にとてもわかりやすい。私は、げんちゃんの心のありようを、めちゃくちゃしかり飛ばしてしまいました。

意味をつかみなさい! なぜそうなるのか、言葉で説明しなさい! 自分のやりかたとお母さんのやりかたでは、どこに違いがあるのか、つかもうとしなさい! etc

げんちゃんのわかったというのは、普通の人のわかったとは、全く違う。あなたは、”わかる”ってことを勘違いしている。わかるとは、腑に落ちるということで、意味や理由をしっかり体に落としていることを言うのです。げんちゃんのように、なんとなく、マネができた、ということでは決してない。そういうことを、しつこいくらい指導です。

やれやれたった4枚の洗濯物で1時間ですよ~。

しかし、久々に徹底的に指導したので、そのあとの学習パフォーマンスの良いこと。(Sさんによれば、それさえも、ぜんぜんまだまだということらしいけど・・・)

Sさんすごいな! やつの中にある、余裕ってところをしっかりつかんでいたようです。(ここは圧をゆるめて、と言ったりするSさんが、とにかく圧圧圧・・・と言ってくる。潜在能力が上がっているということなのでしょうね。)

そう、これは限界突破だ! げんちゃんの今の甘い考えで、自分の限界を超えられるわけはない!

もっともっと真剣に、心から突き上げるエネルギーで、またやってきた定期試験を突き抜けてほしいね。

by glow-gen | 2019-11-04 14:49 | 思春期 | Comments(6)
Commented by robo_223 at 2019-11-04 16:16
確かにIQは意識の使い方で上がったり下がったりすると思います。だから、私は発達障害の子のIQは当てにならないと思うわけです。

意識が入りにくい発達の子ですから、実力通りの結果を出すことは難しいと思います。ただ、凸凹を見ることによって、特にどこは意識が入りやすくて、どこは意識が入りにくいのかということは分かりますので、それは参考になると思います。凸凹は参考になるけれど、数値は参考にならないということです。

あと、全体的に数値が低い場合は、今の意識の使い方だと出せる力が限られてしまっているということは分かりますよね。

それだけに、意識次第というところが大きくて、私も改めて最近、roboはまだまだ意識が入ってないなぁということを実感させられました。roboも表面的にはちゃんとやっているように見せかけて、本当にヒドイ時が多いので、「学校でもっと真剣に勉強に向き合って来なさい!」と厳しく言ったばかりです。

やっぱり、高校受験がない弊害だなと私は感じています。生ぬる~い感じで行けちゃいますからねぇ。でも、そうはさせないぞ!と今回は思った次第です。

意識の使い方次第で、障害を克服するに至る場合も本当にあると私は思っています。それには、やはり自分に克つことですよね。誰もそこは助けてくれない自分の内部との闘いですから、自覚の問題だと思います。

しかし、意識が入った時のげんちゃんは、なかなかイケてますね!特に作文はスゴいと思います。どこの優等生の作文かしらぁと思うくらい、しっかりした内容だと思います。文そのものにも全体的な構造にも破綻がないところかスゴいです。内容が整理されていますね。この時は頭が冴えて本人も気持ちが良かったのではないでしょうか。
Commented by glow-gen at 2019-11-04 23:45
ロボママさん
いつもコメントありがとうございます。
そうなんですよ~。この子たちの根本問題は意識なんですよ。
パソコンはあれど、キーを押さない、というかなんというか。
それがず~っと続いたために、パソコンのデータも少なく、学習もされていない、そんな感じです。
しかも、げんちゃんは、学習にしても、すべての生活全般にしても、ちぐはぐ、どんくさく、確実性のあるものなんて何もありません。
 そんな子の障害を克服しようとしてるんですから、まさにオリンピックに出るようなもんです。
人の100倍努力してあたりまえ、と私は思ってますが、当の本人は、これでいいでしょ、って感じですからあきれ果てます。そのくせ、普通になりたい、とか、克服したいだとか、言うことだけは言いますから。わかってないったらありゃしない。笑
でも、ロボ君も、外側は、バリっと見えるところにいて、まだまだ中身は、意識が抜けているところがたくさんなんでしょうね~。周りは、うっかりだまされるし、これがこの子の人格だくらいに思われてしまいます。
 もっともっと、気持ちを出して、外側をつかんで、正しく判断していくことができますよね~。がんばって、圧をかけていかねばなりませんね。
 人は心に圧をかけて、向上していかねばならない生き物なのかもしれませんね。その過程がすこぶるハードなこの子たちですが、自分たちも、怠けてはいられないんでしょうね。子供とともに成長し、心をみがく必要があるんでしょうね。
 発達育児は、ほんと心の修行でもあります。

この作文は、ばりっと意識を入れたんでしょうね~。まだまだ自分の感想などは、たいして書けませんが、やれば、ここまでできるってことがわかりました。まだ低いですが、この気持ちの出し方を恒常的にやっていくことができれば、劇伸びするはずです。
 でも、Sさんいわく、5パーセントくらいしか出してない・・・らしいです。え、そんなに?って感じですが、まだまだ可能性があるということを信じたいですね。
Commented by nikon_leica at 2019-11-05 10:45
げんちゃんのできるようになった、1〜4は、本当に素晴らしい内容ですね。
息子は、最近ようやく鉛筆を持つ事ができるようになりました。
2年半、文字の書く練習をして1、2文字だけ書けるようになりましたので(←私達夫婦からすると、これだけでも、成長した!と喜んでしまっております…)、げんちゃんの作文を拝見すると、げんちゃんママさんの努力の凄さを感じます。

洗濯物のたたむ練習は、発達障害の子にとって良いのですね。
親としても、「今」がより分かるようですので、ウチも試したいと思います。
Commented by ゆうママ at 2019-11-05 11:56 x
げんちゃんの作文、構成ももちろん、字がとてもしっかりしていますね。意識入ってるのがとてもよくわかります。

意識が抜けてる時に、どうやって圧をかけていれてますか?息子は逃げてる時は、私が言葉で何を言っても聞こうとしないので。効果的に圧をかけることができてなくて、結果的に私が怒ってるだけの状態になってしまうんです。
怒る=圧をかけるではないですよね。
Commented by glow-gen at 2019-11-05 19:51
Naoさん
 いや~・・・洗濯物なんて、お子さんの年齢のときは、ぜんぜんできないどころか、やらせようなどと思うこともごなかったですよ~。
 なんせ、折り紙さえ、できはじめたのって、3年生くらいだったと思います。もし、お子さんが、洗濯物たためたら、すごいです~。

もしも、くいつきもしない、という状態なら、もっと他のことがいいかもです~。
 でも、興味をもって、お母さんの真似事でもするのなら、すごいですよね。
 いやいや、げんちゃんの昔考えたら、あれはなんだったんだろう、というほど、何もできなかったですね~。
 考えたら、よく、洗濯物もたためるようになったもんだと思います。まだまだ小学生なみですけどね・・・
 ぜひ、洗濯物がどうだったかおしえてください。
それから、文字のこと、がんばりましたね。字はほんとにずっと苦労します。
 幼稚園卒業するときに、わずかの絵と、わずかな字を書いて担任の先生にわたす、というミッションに、1時間以上かかったことを思い出します。あの頃は、ほんとに、日々あくせくあくせく、育児に追われていました。今は、やはり、自分でできることが多くなっていますよね~。
Commented by glow-gen at 2019-11-05 20:04
ゆうママさん
ほんと、私も教えてほしいですよ~。意識抜けたら、どうやったら入るのか? ただ私ががみがみ言っている・・・・そうですそうです。よくわかります。

心を動かすために、どんどん強い言葉になっていって、傍からは、侮辱しているようなありさまになるのですが、そうしないとほんとに動かないんです。
 げんちゃんの場合は、自分が恥ずかしくなるような大失敗とか、バカにされる、的なことが起爆剤になります。自分で、やばい、って思うシチュエーションを作るのが一番入りやすいです。
 実は、この作文も、梨狩りに行って、何も考えず、バスケットいっぱい採ってしまって、5000円も払う結果になったんです。それで、皆の前で、すごくしかられて、周りも、あちゃ~という雰囲気になったのが、よかったのです。
帰ってから、作文書くようにいいつけて、2時間ほどでかけたら、ちゃんと書いていました。
 つまり、やばいと思わせることって、どうしても、まわりの協力がいるので、いろんな演出や根回しがいるんだな、って思っています。
 失敗したら、遠慮なく、公然と叱ってますよ~。それとか、
「この子は、発達障害児なんで、ずれてると思うけれど、よろしくお願いします。」
とか、いろいろなところで、ちょっとした恥をかかせたり、げんちゃんには、それが一番ききます。

あと、勉強中は、10問英単語を覚えさせた後に、テストする、とか、算数の小二の問題をやらせて間違っている自分をフィードバックさせる、とか。
まあ、自覚を促す演出が、うまくいくときもあるし、ぜんぜんだめなときもある、って感じです。
難しいですよ。ほんと。なんせ、この子たちのコアなとこそのものですからね~。
<< 常識的な教育指導方法が、発達障... 発達障害の子に博多青松高校は合... >>



中学2年の息子。5歳で、発達障害発覚、改善に取り組むママの格闘と改善ノウハウの記録。
ピックアップ 


げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善<

子供の体験施設を探す
”asoview!"↓




  リンク
エジソンアインシュタイン協会
ブレインジム
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数

聖書と福音
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
意識のこと
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
時間
知能検査
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
高校選び
支援学校のひさしくん
注意欠陥
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
発達障害の原因を治す
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧