人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

発達障害の思春期の悩みは尽きぬ! 次なるステージ

 げんちゃんと言う子は、ほんとに厄介。そもそも魂が抜けたような状態でこの世に生を受けているようで、普通の人が自然と持つ感情や、情感というのが、ほとんどゼロに近い。実の母親さえ、慕わしい、とか、いなくなったら寂しいとか、そういうしごく当たり前の感覚さえ乏しく、いつも、
「私が死んでも、この子は泣かないだろう。」
と私に思わせる状態でした。

 本来、そういうものがまったくないのではなく、Sさんによると、どうも、それが深い洞穴の中にでも入れられて、重たい鉄の板でもはめられたような状態だったそうです。

 Sさんがかかわりだして、少しずつ鉄の板はのけられてきたものの、自分が穴から出ようとしないという問題が、立ちはだかるようになって、最近にいたってました。

捉えようとすれば、そこそこ捉えられる、でも、やらない。
 げんちゃんに言わせれば、捉えようと意識を働かせることは、エネルギーのいることで、めんどくさい。今までのように、鉄板の下にいたほうが楽。
そんな感じらしいです。

 でも、やっと、湿った日のかたつむりのように、時々つのを出しては引っ込める・・・その程度のステージに来ました。

たまには、げんちゃんの”つの”(意識)は、出しっぱなしの時もあって、そういう時は、とても人間的でかわいいです。

 がしかし、それが出続けるときは、あまりにもまだらで、とん挫することがほとんど! あらたなステージの幕開けです。


 意識が出てきたら、周りへの広がりが出て、先日のように、お友達とちょっとしたトラブルを起こしたりもしました。そしてさらに昨日は、こういうこともありました。

 ノート勝手に書く事件

 げんちゃんの社会のノートを見たら、げんちゃんは黒板を写していないことがわかりました。なんと、げんちゃんは、ここんとこ、自分が書きたいようにノートを書いていたようです。

「ぼくは、自分で書くんだ!」

と自信をもって言い張ります。聞いてみると、先日学習した際に、げんちゃんは、
「普通クラスの勉強法は、自分が理解したようにノートにまとめることなんだ。」、
という気づきを手に入れた。それで、社会もそうするんだ、とマイルール炸裂で決めてしまったようです。

もちろん、普通の子なら、板書も見つつ、自分なりの理解を入れながら、見事なノートを作り上げたかもしれませんが、そういうことではありません。
「普通クラスの勉強法イコール、自分で勝手にノートを書く。」

げんちゃんが作った決まりは、なんか、変です。
そういうきわめてずれた等式ができあがってしまうげんちゃんのノートは、板書は無視。

 K先生があきれて指摘すると、げんちゃんはふてぶてしく、自分の意味不明な理論を展開します。(まあ、理論ともいえないレベルですが。)

 さらに、その事件があった日は、ほんとに意識が抜けていて、すべてにおいて、マイルールのオンパレード。K先生は頭痛がしたほど、辟易したようです。

げんちゃんは”守破離”(しゅはり)の”守”(正しいことを、教えられたとおりにやること)の段階をすっ飛ばして、いきなり、めちゃくちゃな”離”(自らの独自ラインを確立するステージ)に飛んでしまって、おおごとこいてしまう、という感じです。

 K先生の一生懸命な説教も、「ふん!」とばかりに蹴散らします。まあ、このモードが出てきたら、お化けでもとりついているかのごとく、扱いにくい!

S先生が、先日私に行った言葉がよみがえります。

「意識に広がりが出てきたのはいいけれど、広がりだけが暴走してきた場合、物事を傲慢にやろうとしたりするよ。なんせ、ちゃんと捉えられていないわけだからね。」

私はその時、何気に聞いていたのですが、なるほど~、と納得しました。げんちゃんの認知は、100パーセントずれている、そう考えたほうが危なくない。そういう彼が、捉えようとして広げているわけで、そこから生まれてくるのは、かなりやばいものになる、ってことなんだね、と思い知ります。

 頭、心、常識、その位置がどれもいい感じで、全部均等に働く・・・・まあ、むつかしい。わかったようなわからないような・・・・Sさんんが言うことは、むつかしいけれど、なんとなくわかる気もします。発達障害とは、つまり、頭、心、常識、のバラバラ感なのかもしれません。

そして、生きる上での基準というものがまったくない、とも言えるでしょう。まだまだ、社会のノートの話で、ちっちゃなことかもしれないけれど、成人して社会とかかわるようになっていけば、ことは大きくなる。

ほんと、今は、彼から目が離せない。(まあ、目を離してよかった時期なんて、もちろん、なかったんだけどね!)


さてさて、次なるやばさが始まってますよ~~。笑


by glow-gen | 2019-10-08 15:48 | 思春期 | Comments(7)
Commented by robo_223 at 2019-10-09 08:04
げんちゃんは、意識が外に出て来たので、意識が早く出ている子の小さい頃のように、問題行動が多発する時期に突入したのかもしれませんね。

周囲の方々は大変かもしれませんが、成長の過程として必要なものだと思います。

おっしゃる通り、ここでみ
Commented by robo_223 at 2019-10-09 08:06
続きです。

ここで目を離したら、とんでもない方向に暴走してしまうと思いますので、しっかり導いて上げる必要がありますね。

本当にお疲れ様です。
Commented by ゆうママ at 2019-10-09 16:31 x
K先生の一生懸命な説教も、「ふん!」とばかりに蹴散らします。
これこれ、この態度をわたしにとるんです。げんちゃんママさんにはこんな態度をとることはないんでしょうか?

中学の社会の授業は、今はほとんど板書をしないようですね。重要語句を各自調べたり、グループ学習で課題を解決して自分なりにノートをまとめるようです。テスト前にノート提出があって、これもものすごい負担です。息子がまとめられるはずないです涙

息子も傲慢な態度をとることがあります。
息子は世の中を甘くみています。現状把握のできなさ、自分を客観的にとらえることができない、これが傲慢な態度に繋がってる気がします。ほんと目が離せないのですが、ずっとお説教し続けるのも疲れてきますよ。
Commented by glow-gen at 2019-10-09 18:29
ロボママさん
ほんと、げんちゃんという子はすさまじいな~と思ってしまいます。もし、私が何もしなかったら、福祉施設にずっと生活するか、ある場合は精神病院にお世話になるか、どっちかだと思います。認知症のひどい老人と同じになってしまうように思います。
 今でもまだまだですが、やはりやってきたので、こうやって次のステージに行けるんだな、と思います。
まあ、それにしても、すさまじいですね~。
魂が抜けたり入ったりしているようです。笑

ロボ君は反対に過剰に反応したりするんですね~。それも大変です。でも、ちゃんと人間としての気持ちがあるので、かわいいですよね~。
Commented by glow-gen at 2019-10-09 18:32
ゆうママさん
げんちゃんは、基本横柄ですよ~。なんたって、こっちの立ち位置なんてわかろうとはしませんからね~。
何度言っても、ぜんぜん聞いてない、ということがあっても、そのあと、怒り狂ってる私を前に、
「いいから、教えて。」
とか平気で言いますよ。ほんと、首絞めたろか~と思います。
人間とは思えない心ですよ。ヤツは。K先生はほんとに頭痛がしてくるようですよ。
たぶん、なんか憑依しているに違いない、なんて、こと真顔で言いたくなってしまう、と言ってました。
ただの知的障害ではなく、人格障害・・・げんちゃんはまさにそうですよ~。思春期の舵取りになんとか成功しないと、人格欠損の大人ができあがってしまいます。ほんと目が離せないです。
Commented by ゆうママ at 2019-10-09 19:33 x
同じく、人間の心を持ってないと感じることがあります。憑依している…その通りです。
定期テストも終わったので、勉強以前の気になるところにアタックしました。あなたはどう思う?という話し合いです。今日は私にあまりにひどい態度をとったので、(私に、ばぁさんと呼んだり、お前といったり、手を銃の形にして撃つ真似をしたり)中学卒業したら家を出なさいと言いました。
我が子ながら、ちょっと理解できないです。いろいろ考えたりするのが本当にできないようです。暗記ならAIでいいですもんね。人間らしい思考をできないって、これから先どうやって生きていくのでしょうね?
Commented by glow-gen at 2019-10-09 23:44
ゆうママさん
そうですか~。似たりよったりなのでしょうか。げんちゃんは、ほんとにひどい。これは、人間とはいえない・・・そう思うことしきりですが、げんちゃんが特別というわけでもないのかな~。
 今日も、5時過ぎから10時まで格闘。何を格闘したかというと、私が教えた時間はすべて無駄にしたということです。な~にんも入ってない。しかも、ただ、写すだけのような勉強をして、俺はやってると思い込んでいます。
 投げ出したくなりますよね~。あまりにひどい。義母、実母、私がきびしすぎるから、げんちゃんがひねくれる・・・とかそういう単純なとらえかたしかしなくて、こまります。
背筋が寒くなるような恐ろしさを、表面だけではこの子たちに感じないのでしょうね。
 おそろしいことです。そういうことが、げんちゃんを助長して、自分がおかしくない、と思い込むのです。だから、誰にでもまかせられないです。逃げ場になってしまうから。
 家族でさえ理解しない場合があります。ほんと質の悪いAI以下、そんなげんちゃんですよ。
<< 発達障害の思春期は、逃げとの戦い。 一見大変そうでも、改善させやす... >>



中学2年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 


げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
エジソンアインシュタイン協会
ブレインジム
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数

聖書と福音
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
支援学校のひさしくん
注意欠陥
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
Naoさん タイでの発..
by glow-gen at 20:38
最後の、げんちゃん自身が..
by nikon_leica at 10:53
みかんママさん  大好..
by glow-gen at 17:54
こんにちは〜 とうとう..
by みかんママ at 09:31
ロボママさん げんちゃ..
by glow-gen at 17:20
ふたごさん 幽体離脱・..
by glow-gen at 17:05
あと、余計なことだったら..
by robo_223 at 16:08
げんちゃんママさんは、げ..
by robo_223 at 16:06
ゆうママさん わかって..
by glow-gen at 16:30
昨日のコメントにお返事あ..
by ゆうママ at 12:13
ゆうママさん そうです..
by glow-gen at 23:44
同じく、人間の心を持って..
by ゆうママ at 19:33
ゆうママさん げんちゃ..
by glow-gen at 18:32
ロボママさん ほんと、..
by glow-gen at 18:29
K先生の一生懸命な説教も..
by ゆうママ at 16:31
げんちゃんのママさんお返..
by ふたご at 09:53
続きです。 ここで..
by robo_223 at 08:06
げんちゃんは、意識が外に..
by robo_223 at 08:04
ふたごさん 言い忘れま..
by glow-gen at 14:30
ふたごさん 神様は、す..
by glow-gen at 14:24
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧