人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

一見大変そうでも、改善させやすい発達障害もある。

 秋ですね~。日曜日、今日は、ついつい朝寝坊してしまいました。毎日夜遅く帰って、それからいろいろやってると、ついつい寝るのが夜中になってしまって、疲れがたまっていたのかな~、と思います。
 げんちゃんはやっと次のステージに行ったな、と思います。ピノキオがすこ~し人間になったような感じです。はじめ、木のひごをつなぎ合わせてできていたげんちゃんが、木に人間らしい丸みやへこみができてきて、次には、表面がやや柔らかさを帯びてきた。そんなことをず~っと繰り返していたようなげんちゃんです。進化はしているけど、まだまだ人形であることはかわりない。

ところが、やっと、一見、人形に見えるのだけど、げんちゃんはとりあえず人間の仲間に入った。ある境界線を越えてきた。そんな感じです。

 今まで多くの発達障害のお子さんに出会ってきました。ものすごく表面的には大変だけど、げんちゃんよりずっと意識が出ているな、というお子さんは多かったです。逆に、げんちゃんより、意識が外に出てない、と思うお子さんはほとんどいなかったです。50歩100歩というレベルの子でも、げんちゃんより出てない、という子はいなかった。

 人は、”思う”という行為を置き忘れてしまったら、人間とは言えない。まるでロボットか人形です。そこまで言うのが厳しかったら、重症の精神疾患だと言ってもいい。

げんちゃんもそうでした。一見素直でおりこうさん、と見えるときもあるけれど、深く彼を見て行けば、だれもがあぜんとするでしょう。

でも、最近やっと、げんちゃんは、まだらにでも、”思う”ということを握りはじめています。

発達育児を始めたころは、げんちゃんのできないことが多すぎて、発達障害とは、能力が低い、ということなのか、と勘違いしていました。もしかしたら、げんちゃんが、もともとできることが多い子供であれば、ある時期からのこの気づきは、もっと早いうちに手に入れていたかもしれません。
 あらゆることを努力して、基礎的な能力を伸ばしてきたのに、げんちゃんの発達障害の本質が何もかわらないので、ほんとに当惑してしまいました。
 それで、Sさんの登場となるわけですが・・・。

 ですから、逆に考えると、いろいろできないことに頭を悩ませる発達ママも、お子さんの意識が表れているレベルが、けっこう高いのなら、年齢とともに、環境や指導をうまくしてあげれば、問題がクリアされやすい、ということもできると思います。

 うちの職場に、小学校の時から、時々来ていた発達障害のぼうやがいました。
久しぶりに、先日やってきました。彼は18歳になっていて、今年大学生になるのをきっかけに留学を決めたそうでした。
彼は、小学校のころ多動で、いろんなことがありました。ママもしっかりした人で、子供さんを上手に導いていましたが、注意欠陥、多動、苦手な学習、といろいろ悩ましいことが多かったようです。そのころ、彼と話すと、
「え?それは何? 見せて? なぜ?・・・・・僕はいやだ・・・。え?ちゃんとやってくれるんですか?」

きぜわしいくらい、こっちのすることに反応して、しゃべります。そして、ある時は、大人がむっとするような、失礼な物言いをしたりする。これじゃ学校じゃ嫌われて、トラブルになるよな~、と私はお母さんに同情していました。

 そのころげんちゃんは、まだ幼児で、私は、このお子さんより、げんちゃんの方がおとなしく、聞き分けもあって、軽症なんじゃないかって、思いさえしていました。

今考えれば、自分の不理解を思い知ります。
その子は、多動でせわしなげで、つきあっていてほとほと疲れましたが、彼は、外に思いがたくさん出ていたのです。自分が納得できる納得できない、というような感覚で、外に働きかけていたのだと理解できます。

 その認知や、ベクトルの出し方が、とても常識外れだったりして、彼はいろんなところでぶつかって、家族ともども苦しい思いもしたのでしょうけど、ベクトルを出しながら、ぶつかっては修正を加えるということを続けて、人格のある程度確立する18歳になれば、それなりに矯められ、一人海外留学できるまでになったということができると思います。

 久しぶりに来た彼のお母さんにインタビューしたら、

「私は、あまり特別なことはしなかったのよ~。」

と言いますから、彼自身の学習能力の高さが、げんちゃんなんかより、はるかに高かったということがわかります。
お母さんは、中学を転校させて、彼にあった環境を整えてあげたり、彼から目を離すことなくサポートをしてきました。自分にできることをいつも模索していました。

でも、私がげんちゃんにやってきたような具体的な学習指導やサポートは、そこまでやってないようでした。でも、彼の成長を見ると、意識のベクトルが外に出ていれば、今状況は、悪いように見えても、先につながるものがしっかりあるということの証明だと思いました。

 ほんとに、げんちゃんの重症度は、ベクトルのかけらも心から出ていないとこでした。何か、感じられるようになっても、感じたものが何かを探ろうともせず、すっと捨て去るものだから、友達とのトラブルもある時期からまったくおこさないかわりに、成長の度合いがほんとに遅い。こっちの働きかけに対するパフォーマンスは恐ろしいほど低い。

私たちが何をやっても、心のコアなところには届かず、外側を必死でいじくることしかできないからそうなるわけで、私たちのストレスといったらない。おそろしい無駄の連続です。

 でも、ほんとに少し、げんちゃんから、ベクトルが出てきたようです。まだ産毛のような状態ですが、ゼロとプラスでは、絶対値が非常に小さくても、まるで別世界です。何もない、というのは恐ろしいことですから。

 久しぶりに朝寝してしまった私の中に、どこかに、わずかな安ど感があるのかもしれないな~と思う秋の日曜日です。
まあ、次なるショックの序章ともいえなくはないけれど・・・・笑



 

by glow-gen | 2019-10-06 14:18 | 意識のこと | Comments(12)
Commented by robo_223 at 2019-10-06 21:03
改善しやすそうに見えて改善しにくかったり、改善しにくそうに見えて改善しやすかったりする場合があると思います。また、改善しやすそうで実際に改善しやすかったり、改善しにくそうで実際に改善しにくい場合もあると思います。

要するに、表面的なところでは、なかなか判断しにくいものだと思います。

また、意識がよく出ている子は関わり方を間違えると、よりひどい状態にもなりやすいですし、意識のあまり出ていない子は関わり方にあまり左右されず、一定のレベルをキープする傾向にあり、悪化しにくいという面もあります。

ですから、持って生まれたものに加えて、環境や意識の状態によっても、どれくらい改善するかは、変わってくるので、「発達障害は必ず治ります。」とは、なかなか言えないものだと思います。

診断が外れた場合は、単に障害特性をうまく隠せるようになっただけで、本人は日常生活を送ることに非常な労力を使わざるを得ないという場合すらあります。

ですから、私などは、「必ず治る」とか「必ず大きく改善する」とは決めずに、「少しでも改善させられたら嬉しい。」という思いでやって来ました。roboが改善しやすいか、または改善しにくいかは、小さい時には分からなかったからです。

アスペルガーのお子さんの中には、学習障害や発達性協調運動障害、不安症や感覚過敏はあまりなくて、社会性の問題だけが主な課題だったりする場合があります。その場合は、かなり改善しやすい場合があります。でも、roboなどは学習障害や発達性協調運動障害、不安症や感覚過敏があって、とても改善に手間取りましたし、今もまだ実行機能や学習障害の問題が大きいままです。

げんちゃんは改善しにくいタイプだったのかもしれませんが、着実に階段をのぼり続けているところがスゴいところだと思います。今後どれくらい成長するかは、本当に分かりませんので、このまま一歩一歩の前進を促していくしかないと思います。前進し続ければ、突き抜けたと同じくらいの改善が望めると思います。

とにかく、先のことは全く予想できませんから、私などは、色々な成長のパターンをシュミレーションして、どのパターンになっても対応できるように、本人への言葉の掛け方にも気を付けていますし、情報収集もして来ました。

本当に頭を使う子育てですから、頭が冴えるばかりで、全くボケる気がしません。

Commented by glow-gen at 2019-10-06 23:07
ロボママさん
>意識がよく出ている子は関わり方を間違えると、よりひどい状態にもなりやすいですし、意識のあまり出ていない子は関わり方にあまり左右されず、一定のレベルをキープする傾向にあり、悪化しにくいという面もあります

なるほどな~と思って読みました。ロボ君は、げんちゃんとはぜんぜん違うタイプ。私とは違う角度からたくさんのことを経験されて、いろんな分析をされているんだな、と思いました。

私は、繊細、とか、気にする、とか・・・そういうキーワードがぜんぜんない子を育てているので、そっちの苦労をあじわっていません。ただ、こだわりは、形は違えど強い。何かを指導すれば、自分の曲解で理解するので、あとからあぜんとします。変更フィルターが必ずかかっています。同じ認知と思っていたら大間違いです。
生きるための常識感、心の指針・・・・そういうものはすべて塩の柱のように、まったくできていません。一番大事なものがないのだから、どれだけ育児が大変なのか、投げ出さない自分はなんて根気があるのかしら、とさえ思っちゃいます。発達育児というのは、ほんとに大変だな、と思います。
 たぶん、当人も成人して社会に出れたとしても、大変な困難が待ち受けるのでしょうね。まだまだ10年くらいは、社会とは遠いように思います。気長に、成長させて、なんとか、人としてまともに生きることができてほしいと思います。
 人として生まれた以上、まわりを生かしていける人間になってほしいですね~。それまでは生きていないとな~と思うばかりです。笑
Commented by robo_223 at 2019-10-07 08:10
返信をありがとうございます。

「回りを生かして行ける人間になってほしい。」と私も強く思っています。障害のあるなし、能力のあるなし、なんて本当は大きな問題ではないと思います。生かす人間は生かされる人間となります。周囲を支えながら、周囲からも支えられる人になってくれれば、私達の発達育児は大成功と言えるのではないでしょうか。

そのための勉強であり、そのための常識感だと思います。

でも、私達の子供には、その素質が誰よりも備わっていると思います。せっかくの素質が生かされるように頑張って行きたいですね。
Commented by ゆうママ at 2019-10-07 09:30 x
週末に定期テストが終わって、私もほんの少しほっとしました。期待してるわけではないのだけど、やはり持ち帰るテストには毎回がっくりしてしまいます。今回はどうかなぁ?社会、国語はほぼノータッチでした。

発達障害の子の成長は本当にいろいろですね。私の周りにも優秀な子に成長していく子が多いです。そんな中息子は突き抜けることはなさそうです。やはり学習能力の高さは持って生まれたものによるのだなぁと思います。もちろん生きやすさにつながるわけではないですが、学習能力の高い子は、自分の違和感に気づいて修正したり、補ったりできるようになっています。
学習能力が極めて低いのであれば、方向をがらりと変えることも出来るのですが、時間がかかるものの、サポート次第では身についていくので、サポート頑張っちゃいますよね。でも私にとってはこれが一番大変です。学習サポートをしなくてもいい子はやはり羨ましいと思ってしまいます。

一般の子は、親がなくとも子は育つ、が当てはまりますが、発達の子は、親次第ですよね。プレッシャーのかかる子育てです。
Commented by ふたご at 2019-10-08 13:24 x
はじめまして、げんちゃんのママのブログ読ませて頂きましたが、私達親子と重なるところがあり、読んでいて苦しくなりました。是非教えて頂きたいことがあります。うちの子も、教えても教えてもザルのような脳で、なかなか勉強を覚えてくれません。辛いほど努力してますが、こんなに頑張ったところで知能指数があと10-20上がり普通の人になることなんてないんだなと思います。苦労して親子ともストレス抱えるより勉強をやめて作業所等で何か役に立つものを作る方が本人も楽しいかもと思い、もう大変すぎるし、私があきらめて、この子の能力の底上げをやめてありのままの能力レベルで公的に支援していただいて生きてもらおうと思いはじめました。げんちゃんのママは本当によくあきらめず努力されていて、すごいと思います。どうしてそんなにあきらめず頑張れるのですか?もう私は頑張れる気がしません。参考にしたいので頑張れる理由を是非教えて下さいませ。
Commented by glow-gen at 2019-10-08 13:58
ロボママさん
いや~・・・ほんと、この子の育児は、一人の人格破たんした子供を、どうやって人間として当たり前の人間にしていくか、ということにつきている・・・そんな感じです。学習も教えるのは大変しだし、すべて大変なんですが、人格の破たんというところが、一番大変です。これに失敗すれば、ヤツは、精神病院か福祉の世界にとじこめておかないと、やばい・・・そんなうすらおそろしいとこがあるのがゲンちゃんです。笑
 ロボ君は、そこがすでに、できているので、ママはずいぶん、肩の荷がおりているんじゃないか、と思います。
 げんちゃんが、豊かな人格をそなえ、人にすばらしい影響さえ与える人生を送れるようになったら、私は、ノーベル賞もんだよ~、と思わず冗談言いたくなりますね。

 この子の育児の中心は、まともな人にする、ってことなんでしょうね~・・・
Commented by glow-gen at 2019-10-08 14:07
ゆうママさん
お疲れ様です。試験はほんとに疲れますよね。私は今回は、今までの中ではかなり抜いちゃったので、こんなもんかな、って感じですが、それでも毎回ぐったりしますね。
 発達のお子さんでも、IQが高く出る子の方が、やはり楽なのでしょうかね。げんちゃんは低いので、いっけん自分より楽かな、と思ってしまいますが、人格が破たんしていたら、IQゆえに、すごく大変になったりしますよね。ただ、確かに、環境を与え、自分がおかしいんだ、と認識できるような状況を作れば、そこから学習をする可能性は高いのかもしれませんね。
 げんちゃんは、IQが低く出るぶん、つながりをつけようとする気持ちが弱く、それでずっときてるもんだから、すべて、点がばらばらに存在していますね。
 それらの学習能力の低さも、結局、心の問題だから、脳が損傷をうけて、一定の能力が低くなってしまったということとは意味が違うんだな、と思います。それゆえに、できないときめつけて、あきらめるのも口惜しいですよね。
 でも、トライすると、めちゃくちゃ大変だし・・・・母親としては、相当なる精神力がいりますね。
 下のふたごさんのコメントにありましたが、あきらめずにがんばること、これはほんとに皆課題です。すごい育児をやってますね。ほんと
Commented by glow-gen at 2019-10-08 14:24
ふたごさん
 ほんとにがんばってこられたんですね~。気持ちがよ~っくわかります。この、ざるで水をくむ感覚。やったことある人しかわかりませんよね。でも、結局、発達障害は、脳の障害はなく、心の障害です。(私はそこにいたったのですが。)脳が損傷されていないのに、記憶できない、理解していない、というこの問題は、記憶や理解は、脳でするものではなく、心でするものだ、ということの証明でもあると思っています。心でとらえようとしていないと、どんなにがんばっても記憶できないのでしょうね。
 そして、この心を治すことは、リハビリして脳を治すより、より厄介なとこがあるのです。なぜなら、気持ちがあれば、脳の損傷さえ、ある程度、リハビリで克服できていくことを見てもわかると思います。
 まったくその反対なのがわが子たちです。心の用い方をしっかりゲットすれば、能力のところは、どんどん伸びていくということも逆説的に言えるとも思っています。

 だから、やはり、可能性をあきらめない・・・というとこにつきます。ありとあらゆる方向性から考え、トライする。

 あきらめない理由は、もう一つあって、あきらめたら終わりやな、とも思うからです。げんちゃんは、あきらめれば、どんどん落ちていくのがわかっています。意識が抜けた、自己中でおそろしい大人になっていくでしょう。そしたら、精神病院か福祉施設に入れるしかないです。
 それはいやですし、つまらないし・・

Commented by glow-gen at 2019-10-08 14:24
ふたごさん
神様は、すべての人を平等に作っています。ただ、課題がでっかい人がいる、ということなのでしょう。げんちゃんや私は、そのでっかいやつをもらったのでしょうね。
 ということは、神が決めて課題を与えているのだから、その脱出の道は必ずあると信じます。Sさんとも、そういう思いがひきよせてくれたんじゃないかな、と思います。自分ができなければ、だれか必ずあたえられる。
 落ち込んで止まってしまうことはありますが、また気を取り直して、戦略を考えて、周りにもたくさんベクトルを出して、人に力も借りて・・・・できることの限りを尽くしてトライしていけば、何か道がついている、そう思います。

 どうしても行き詰ったら、福岡にきて、Sさんの指導を受けたらいいですよ~。私も、いきづまると、Sさんに泣きついています。
 がんばりましょう~。あきらめたら、子供はどんどん落ちていきます。これは確実。トライをやめるということは、現状維持ではなく、落ちるということです。人は努力していかないと、落ちる・・・・これは、げんちゃんだけではなく、みんなに言えることだと思います。
 まあ、投げ出したいときもあるので、休憩はいいと思いますよ~・・・
 
Commented by glow-gen at 2019-10-08 14:30
ふたごさん
言い忘れました。課題がでっかいということは、祝福やおまけももらってるってことですよ。なんせ平等だからね・・
 私が、すべての努力をして、げんちゃんが全く変わらないのなら、責任は神様にあります。もしくはげんちゃんにあります。そこから先はしったこっちゃない。私は私のトライを続けるだけ。だめだったら、神様が不名誉を受けるだけですよ。と私は、神様を、ちょっとおどしておりますが・・・だって、私は、できることのすべてをやってる自信がある! だめでも私のせいじゃないからね。 ははは・・笑・・・
Commented by ふたご at 2019-10-09 09:53 x
げんちゃんのママさんお返事本当にありがとうございました。
あきらめたら落ちる、そうですよね。
くもんもやりたいと言ってはじめたのに宿題ヤダヤダギャーで続かなかったし、抑肝散も効かなかったです…心を動かす方法まだまだ試していない違う方向性で試してみます。まだ全部はやりきってないな、と思いました。
心を動かすの難しいですね。うちの子、心が幽体離脱してしまうんです。返事だけは『うん、はい、わかった』なんですが、『じゃあやって見て』というと『あ?なんだっけ?』となり、テキトーに返事してたのか(怒)!ガックリです。かなり気合いれないと心で聞けないみたいでかわいそうになります(T_T)
あとげんちゃんのママさんの神様に対する考え方が参考になりました。私は無宗教なので、そういう考え方があるんだなと気づきをいただきました。げんちゃんのママさんとげんちゃんには神様がついていてくれているのだなと思いました。
相談して本当によかったです、ヒントをいただけました。
ブログ参考になることがいっぱいでありがたいです。これからもげんちゃんの成長の様子、見守らせて下さい。私もがんばります。

Commented by glow-gen at 2019-10-12 17:05
ふたごさん
幽体離脱・・・ほんと、よくわかります。
うちも幽体離脱、という言葉を頻繁に使いました。でも、最近つかってないな~と思います。幽体離脱しているんですが、外見がそこまで、離脱しているように見えないようになってます。外側だけは、なんとなく、整えるようになっているんでしょうね。まずは、外からですね。
外が整いだして、やっと中なのかな~と思います。
一つ上がるまでの時間は、やはり相当かかりますよね~。
でも、やっぱり、上がっていますよね。
意識の奥から気持ちが出てくるのはなかなかですね。心を動かすためには、心に届く声かけやアクションもいりますね。
そこは、なかなかですよ~。工夫がいるし、がっかりすることも多いですね。
でも、やっぱりトライするしかないですね~。
<< 発達障害の思春期の悩みは尽きぬ... げんちゃんの心が少し外に向かっ... >>



中学2年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 


げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
エジソンアインシュタイン協会
ブレインジム
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数

聖書と福音
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
支援学校のひさしくん
注意欠陥
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
Naoさん タイでの発..
by glow-gen at 20:38
最後の、げんちゃん自身が..
by nikon_leica at 10:53
みかんママさん  大好..
by glow-gen at 17:54
こんにちは〜 とうとう..
by みかんママ at 09:31
ロボママさん げんちゃ..
by glow-gen at 17:20
ふたごさん 幽体離脱・..
by glow-gen at 17:05
あと、余計なことだったら..
by robo_223 at 16:08
げんちゃんママさんは、げ..
by robo_223 at 16:06
ゆうママさん わかって..
by glow-gen at 16:30
昨日のコメントにお返事あ..
by ゆうママ at 12:13
ゆうママさん そうです..
by glow-gen at 23:44
同じく、人間の心を持って..
by ゆうママ at 19:33
ゆうママさん げんちゃ..
by glow-gen at 18:32
ロボママさん ほんと、..
by glow-gen at 18:29
K先生の一生懸命な説教も..
by ゆうママ at 16:31
げんちゃんのママさんお返..
by ふたご at 09:53
続きです。 ここで..
by robo_223 at 08:06
げんちゃんは、意識が外に..
by robo_223 at 08:04
ふたごさん 言い忘れま..
by glow-gen at 14:30
ふたごさん 神様は、す..
by glow-gen at 14:24
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧