人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

げんちゃんの心が少し外に向かっている。

げんちゃんのテストが帰ってきました。
数学11点、国語25点 社会38点、理科38点、
英語48点

 一般的には、まあ、ひどい点数なんでしょうね~。でも、私的には、下げ止まってる感があります。前日などは、説教とメンタル指導で終わって、まったく勉強してなかったり、表面だけ勉強するけど、まったく、気持ちがないげんちゃんだったり、私は後半もう投げてました。

 試験は、社会も理科も大問2~3問はやり残しています。でも、やったところは、けっこうきれいな字で、その正答率も、彼にしては高い。英語だって、30点くらいだろう、と思っていた割には取れてる。数学も今度こそは、0点だろうね、と思っていたら、まさかの二けた・・・・

 まあ、期待度が低いだけかもですが、思ったより悪くなかったです。
「ぼく、気持ち入れて、ちゃんとやったよ。最後まではできなかったけど・・・」
げんちゃんは、試験のあと帰ってきて、最初に言ってました。自分からそんなこと言ってくるんだ~と思いました。

 げんちゃんは、中間を境にして、少し気持ちが入るようになってきているようです。
「このテストの点数どう思うの?」
とげんちゃんに聞けば、
「え?べつに~。」
と言うかと思えば、
「悪いよね。」
そう言って、隠そうとしたりしました。でも、普通の子ほどしっかり気持ちに届いているかというと、それはまだまだで、あとで、何点だった?と聞けば、???となったりしてます。


 さて、先日支援の先生から、電話がかかってきました。聞くと、げんちゃんは、学校で今までと少し違った変化をしているようです。
支援クラスの隣のクラスでは、昼休みに卓球をやっているらしく、前からげんちゃんは行って遊ぶようになってました。そこで、げんちゃんは、ゆうすけ君にじゃれて、ゴムをとばして痛い思いをさせてしまったようです。そのゴムだって、無断で教室から持ち出したもの。
 それ以外にも、支援のほかの友達に、ちょっとしたいたずらをするようになったようです。そのため、先生に厳しく指導されました。

そうか~。指導されるようなことはいけないけれど、げんちゃんは、確かに意識の広がりが出てきているようです。

その昔、げんちゃんは、しょっちゅう周りにちょっかいをかけて、うっとおしかったことがありました。4年生くらいだったかな~。それが、だんだんまったくなくなって、そのうち、周りに何もベクトルを出さなくなって、たんたんと自分のテリトリーの中だけにいるようになってました。委縮するわけでもなく、周りの雰囲気を適当に読んで、なんとなく静かにそこにいる。そんなげんちゃんでした。最近自分を周りに表現しているのでしょうかね~。昔をちょっと思い出すけれど、指導をちゃんとすると、前より学習効果は早く、入りやすい。

 
気持ちが外にやっと向かいだしたのか・・・向かいだしたけど、そのやりかたは、稚拙で、まだまだ今生まれたばっかりって感じに見受けられますね。

その日、帰りが遅い私に、夜遅くげんちゃんから電話がかかってきました。
「あの・・・お、お、お母さん。(げんちゃんは、今もどもります。)今日学校でね、ぼくやってしまったんだ。」
「え?何を?」(まあ、ちょっとすっとぼけます。)
「え~・・・あの、隣のクラスで、ゆうすけ君にん、ゴム銃してしまったんだよ~。驚かそうと思って、つい・・・・。そして、ゆうすけ君に迷惑をかけてしまったんだよ~。  
 あの、ぼく、反省しているよ。・・・・」


どうしたんでしょうね~。こんなに素直に、私に報告してくるなんて。とってもかわいい! 初めてでしょう。先生にお母さんに言いなさい、と言われたようですが、わざわざ電話してくるとは・・・


Sさんに言わせると、ちょっと前からすると、自分の気持ちを100分の1くらいしか言えなかったのが、最近10分の1になったという感じだそうです。


あまりにも、スタートが低すぎて、普通の人は変化があまり見えないけれど、それがほんとなら、10倍なんて、これはすごいよ。



by glow-gen | 2019-10-05 01:48 | 意識のこと | Comments(6)
Commented by robo_223 at 2019-10-05 08:13
げんちゃん、色々な変化が出始めていますね。

きっと友達に関わりたい!という気持ちが出て来ているのでしょうね。まだ関わる方法が幼いのが気になりますが、支援の先生が丁寧に対応して下さっているようなので、助かりますね。

正しい関わり方を徐々に身に付けて行けば、豊かな交流につながって行くのではないでしょうか。

また、テストに関しては、いい意味でママさんに「あきらめ」があったことも、プラスのエネルギーを作り出しているように思います。肩の力が抜けた感じで、テスト前に関わっていたのも良かったと思います。ガリガリ勉強させるよりも効果的だったと思います。

こうして結果を見てみると、やはり、数学と国語以外は、学年相当の勉強をする意味があることが分かりますね。処理速度の問題があっただけで、学習内容をずいぶん理解していたのではないでしょうか。本当に嬉しいですし、私もホッとしました。

Commented by わくわくママ at 2019-10-05 15:56 x
げんちゃん、いじらしいですね。
テストの結果についても、ゴム鉄砲のことについても。
意識が外へと広がってきて、周りとぶつかってしまう事も多くなるかもしれませんね。
けれど14才って、友達と居たいですもんね。
先生方に適切にサポートしてもらって、お友達と関わる時間が増えていくといいですね。

うちの中1息子も、もう親や周りの大人では心を満たしてあげる事はできません。
たとえトラブルになっても、やはり友達と関わる時間が必要なんだと感じます。
中学生はどんな子にとっても難しい年代ですけど、乗り越えていってほしいです。
Commented by glow-gen at 2019-10-06 00:10
ロボママさん
ありがとうございます。今回は、ほんと、下げ止まる、っていう言葉がぴったりです。
げんちゃんは、外側が上がったのではなく、内側に変化がおこっていることがわかります。まだ、突き抜けた、という感じはありませんが、明らかにステージがかわっています。内部から動き出したら、しめたものです。もう、ここからは、自分のうちからの力しか、原動力はありません。そこが動かなければ、私の労力は、ほとんど無駄になることが多いですからね~。
 あれだけやってやったのに、この点数・・・あれだけ、本人も取り組んでたのに、これ?
そういう一面もありますが、自分の内面でとらえようとした部分が、なんとかテストに表現された感じです。数学は、もっとできるはずだと思いますが、拒否感と逃げは、まだまだ続いていますね・・・
国語のレイアウトも、とてもよかったですが、まあこれが実力なんでしょうね~。
 新たなステージに入れば、また一から入れ直し・・・そんな感じです。しかし、ステージがあがることに、すべて入れなおしても、前より、時間が短縮されます。
 彼のこれからの学習カリキュラムをどうしようかな~と思っていましたが、確かに理科社会、英語は、そのまま学年相当のものをやっていってもいいかな、と思いました。
国語数学は、学年レベルを落としたものと、落とさないものを、並行してやりたいですが、時間が無理なので、中二のものを、ゆっくりやる。時々、小学校の復習も入れる、そんなぼちぼちペースかな、と思います。

 国語は、読書をしっかり入れ込んで、小学校の文章題も時々やらせる、そんなかんじかな?
 げんちゃんは、勉強は、いやなもの、と自分で決めているのかもしれません。
Commented by glow-gen at 2019-10-06 00:16
わくわくママさん
 ありがとうございます。
友達にいたずらをしたと聞いたとき、私は、小学校の時のげんちゃんを思い出しましたが、さすがに、反省力はあの時と全然違って、高いです。
ということは、どうも、げんちゃんは、自分を少し客観的に見ようとするところが出てきたのかもしれません。
 ほんの初めの一歩ですが、うれしい変化でした。
 お友達の力、ほんとにそうですね。げんちゃんの精神年齢は、まだまだ小学校中学年くらいのものでしょうが、外にベクトルが出てきたら、お友達の影響も入りやすくなり、順調に伸びていけるとうれしいですよね。

 それにしても、まだまだ危なっかしいげんちゃんです。
お子さんは中一なんですね。夏休みが終わり、ちょっと中学に慣れてきたころでしょうか。
Commented by robo_223 at 2019-10-06 12:47
げんちゃん、以前の10倍の感知能力になっていて、しかも習得時間が短縮しているなんて嬉しいですね。

数学や国語をゆっくり進めていくことは、いいと思います。げんちゃんに、勉強は、そんなに嫌なものではないという印象を与えるためにも、その方がいいと思います。

国語などは、本来、学年があってなきがようなものですし、一生日本語は学び続けるものだと思います。

また、数学は文系の子なら高校2年生までしか、どっちみち勉強しないのですから、ここまで頑張って来たからには大差はつかないですよね。だいたい、ほとんどの人が高校の数学なんて、忘れちゃってますしね。

余裕を持って進ませた方が、げんちゃんの心境にも変化が出て来て、習得能力がさらにアップするかもしれませんね。
Commented by glow-gen at 2019-10-06 18:48
ロボママさん
アドバイスありがとうございました。げんちゃんは、きもちは少し表に出てきましたが、学習への拒否は強いです。
小学二年の七田の算数をやらせてみましたが、その程度でも、抜きますねー。
 逃げるのは、まだまだ続いてます。
そう簡単にはいかないですね。少し、気持ちが入れば、またすべて、入れ直すような感触です。
<< 一見大変そうでも、改善させやす... げんちゃんは、逃げてる、って感... >>



中学2年の息子。5歳で、発達障害発覚、改善に取り組むママの格闘と改善ノウハウの記録。
ピックアップ 


げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善<

子供の体験施設を探す
”asoview!"↓




  リンク
エジソンアインシュタイン協会
ブレインジム
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数

聖書と福音
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
意識のこと
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
時間
知能検査
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
高校選び
支援学校のひさしくん
注意欠陥
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
発達障害の原因を治す
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧