人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

げんちゃんは、逃げてる、って感覚をつかんだ?

   げんちゃんのテストが終わりました。最終日の前日はほんとにひどかった~!

 さて、げんちゃんが逃げている・・・・よく私が言っているこのことについて、ちょっと書いてみたいと思います。

げんちゃんがずるする、逃げてる・・・こんなことを書くと、普通の感覚では、確信犯でそうやっているようなイメージがありますよね。でも、げんちゃんはそうではないのです。逃げてる! と私が指導しても、自分では、その”逃げてる”っていう認識がないと思います。もちろん自分がやってることが”ずる”だ、ということもよくわかっていません。

 週末に、英語の試験勉強をさせてみて、今まで出た助動詞やhave to~ をしっかりまとめて、意味や使い方の違いを勉強させました。 これは、過去も何度もやっています。さらに復習を重ねたので、げんちゃんもけっこうわかってきたんだな~という手ごたえがあります。
 ところが、試験前日にまったく同じパターンの問題をしたら、げんちゃんは、まったく習ったこともない、と言うレスポンスをしました。

ありえない!

 もう、今までも何度も何度もこのパターンに辟易です!私の時間を返せ!と言いたい。

げんちゃんの逃げとずる! げんちゃんは、意識をオンにせず、ただシャッターをおろして、表面だけ勉強するのです。彼のことをよく知らない人なら、

「あら、わからないのね。じゃあ、もう一遍おしえるわよ。」
となります。しかし、何度教えても、同じことです。げんちゃんのパフォーマンスは、本人が意識をオンするか、オフにしてしまうか、この二つにかかっていて、どう教えるかとか、そういうことではなくなっているのです。まだまだ能力がすべてにおいて低かった昔なら、それでも、根気よく、あらゆる方向から入力する必要があったかもしれません。意識を入れるということが、ほとんど奇跡的にしかできなかった時代なら。(Sさんによれば、そのころだって、逃げていた事に変わりがないようですが。)

 今は、シンプルに、がんばろう、わかろう、わかりたい! と本人が思えば意識が入ります。それが本人にとって、けっこうエネルギーのいることだから、やろうとしないだけなのです。とらえようとしないシャッターを下ろせば、本人的には楽な気がするのかもしれません。

「いいかげんにして! 月曜日にさんざんやって、げんちゃんわかっていたよね。」

「え~・・・」

するといつもの逃げパターンのすべてが出てきます。
1、適当なことをでっちあげて、その場をつくろう。回答はどんどんそれていく。
2、それも、私に見抜かれて手厳しくやられると、「わからんもん!」 と開き直る。
3、そんなことはありません。気持ち入れてやりなさい。と言えば、最後は「無理だから、僕には。」

となる。私は、げんちゃんの逃げは絶対許さない。すべて退路を断つ覚悟ですが、考えつくすべての逃げ通路に入り込むげんちゃん。ある意味、紙の真ん中に正解の丸があるとすると、その丸以外はすべてぬりつぶすくせに、小さな丸の中には絶対入ろうとしない、そういう行動パターンであきれます。

その日は、どうやっても、逃げまくる。しかたないので、一計を講じて、

「げんちゃん、そうやって、逃げてばかりいるんなら、・・・すっかりわかったことさえ思い出そうとしないのなら、それは精神病だから、精神病院に行きましょう。今は夜だから、○○病院の急患窓口しかないね。さあ、行こう!」

げんちゃんは、すっかり自分の世界観の中に逃げ込んでいたのが、びくんとしたのがわかりました。

「いやだ!」
げんちゃんの手を引きずります。もちろん、動かないので、私は車で外に出ていきました。
「お母さんは、とりあえず、受付してくるから。あとから、救急車が連れに来るようにしましょう!」

さて、しばらくしたら、げんちゃんから、おどおどと電話がかかってきました。
「ぼくは、精神病院はいやだから。」

心が動いている声です。

第一、そこで電話がかかってくることも、今までのげんちゃんだったらなかったでしょう。家に帰ってみたら、ぼ~っとして、好きなことをしていた、とか・・
私は、げんちゃんの電話を適当にあしらって切ると、またしばらくして電話。私は言います。

「げんちゃん、あなたがちゃんとまともなら、しっかり考えられるはずでしょう。さっきの問題だって。」

それからは、何度もげんちゃんから電話がかかり、彼は、一生懸命問題を考えている様子です。それでも、なかなからちがあかなくて、とうとう後の電話で、

「ぼくは、混乱するんだよ。つまりその~・・・お母さんが言おうとした意味ってどういうことなの?」

どもりどもり一生懸命です。こういう質問が出ることもすごいことです・・
「あのね、誰だって、そのあたりのことは難しいのよ。普通クラスの子だって。でもね、普通クラスの子は、自分ができるように、ノートに分類して書いたり、まとめたりするの。自分の頭でとらえやすいようにまとめていってるの。あなたは、そんなことしないでしょう!」」

するとげんちゃんは、電話の向こうで、あ~!と納得した声を出しました。(ほんとに心に入った時のげんちゃんの声。めったにないけど・・・)

「あ、普通クラスの勉強法はそうなんだ~。なるほど~!!」
電話の向こうで、必死で頭を駆使して、自分なりにノートにまとめようとしているようでした。


しばらくして家にもどってみると、稚拙ですが、私の教えたことが、自分なりにまとめてありました。(まあ、それらしく、くらいですが。)

それから、また、先ほどのことをしっかり指導していくと、ふと、

「あ~~!そうか~。ぼく、みんなが逃げてるって言う意味がわかった~! そういうことか~。」

と、言い出すではありませんか。顔はすっきりしています。
どうも、げんちゃんは、逃げてる意識状態と、逃げずにオンしている意識状態の違いを初めて感覚でとらえたようでした。結局、試験勉強はまったくできませんでしたが、オーバーな演出がたまたまはまってくれて、小さな穴から、初めてわずかな日か光がさしたかのようでした。鉄壁の扉に、わずかな亀裂が入ったとでもいうか・・・

そして、昨日今日、げんちゃんは、とても素直で前向きです。やっとやっと、次の新しい峰が出たようです。


ps
Sさんは、この日のことを話すと、ママが、追い込んで追い込んでがんばったから、やっとちょっと光がさしてきた。と言いました。

ところが、げんちゃんのお友達の中3の子が、やはり、とてつもなく逃げて、ママがSさんに相談したところ、
「彼は、トラウマとつながっているから、励まして、自信を持たせて、って言われたそうです。」

げんちゃんとは、真逆です・・逃げの根本はそれぞれ、子供さんによって微妙な場合があるんですね~。まあ、げんちゃんは、とにかく、追い込んで追い込んで、行き場をなくして、下からぼか~んと押し上げる、感じなのだそうです。私が、昔からげんちゃんにとってきた態度は、それなりに正解だったんだよ、なんて言われました。まあ、それならよかった。笑

しかし、げんちゃんには、トラウマ、ってもんがないのかな~・・・バランスボールみたいな子のようです。すぐにはねのけちゃいますよね・・・
姉は、げんちゃんのそういうとこ、とってもうらやましい、と言います。すさまじい鈍感力。これも、意識が外に出てきたら、繊細になるのでしょうか・・・・




by glow-gen | 2019-09-30 00:44 | Comments(6)
Commented by robo_223 at 2019-09-30 08:07
ママさんの熱心なアプローチによって、げんちゃんは着実に前進して行っているんですね。ママの努力なくして、げんちゃんの成長はなし、という感じですね。

そして、おっしゃる通り、今の時期は以前と違って本人にその気がなければ、何も始まりませんから、こうして、げんちゃんの自覚が高まっていくことの意味は大きいですよね。

しかし、今後の学習の進め方は時間に制限があるだけに難しいですよね。

充分な準備をしないで試験に臨んでしまっては、意識を入れずにテストを受けるというスタイルが強化されてしまうので、そういう教科は受けないか、または、独自のテストを作ってもらった方がいいと思います。

理科・社会・技能教科は今まで通りでいいと思いますが、特に数学・国語は要検討だと思います。

英語は、げんちゃんの進度にもよりますが、3年生の内容は比較級とあと一つぐらいしか新しい内容が出て来ないので、2年生の復習が3年生で出来ます。だから、このまま学齢通りでも大丈夫かもしれませんよね。

数学は、確か正負の数や方程式などはマスター出来ていたように思いますので、全く中学校の勉強を止めてしまうのはもったいないと思います。中1の途中からと小学校の復習が並行して出来るといいのですが。

国語はどうなんでしょうね。漢字や言葉の意味の理解、イメージ力がどこまでついて行けているかによると思います。

全教科一律で進められれば楽なのでしょうが、せっかく出来ていることまで後戻りさせてしまうのは、もったいないですし、かと言って復習の時間も多く取りたいですし、本当に時間がいくらあっても足りませんね。

どのように組み立てるか頭を悩ますところだと思います。
Commented by glow-gen at 2019-09-30 20:56
ロボママさん
アドバイスありがとうございます。
確かに言われる通りですよ。
小学校のまとめ問題集を見渡すと、それだけやるのは違う気がします。かといって、今までのペースでは、げんちゃんのやる気をそぎでしょうね~。どうしたものか・・・
毎日学校で担当する支援の先生は、日ごろの手応えからどう感じるか、ミーティングできればな~と思います。

でも、げんちゃんと言う子は、数学の問題や、理科の実験問題など、文章を絵に起こすことができないです。問題を絵におこしてごらん、というと、どこまで単純化した絵を描かないといけない、ということもわかりません。困った挙句、美術の時間に早変わりしたかのように、問題を解くための絵ではなく、”絵”をかこうとして四苦八苦してみたりします。
模式図ということが感覚に入っていないのでしょう。ほんと、すかすかの能力感覚なんだな~と思います。
 意識が少し入ってきたら、また一から、それらを入れなおすことになるのだと思います。
でも、意識が入っていたら、新幹線並みにいかないかん~と、願うところです。まあ、そうは問屋がおろさないって言われそうですね~。
Commented by robo_223 at 2019-10-02 08:03
返信をありがとうございます。

模式図が、まだかけないということは、模式図を見ても、その意味がすぐには理解できないということでもあると思います。ということは、おっしゃる通り、げんちゃんは、教科書やドリルなど紙を見て学ぶだけでなく、本物を見て触って、という学び方も多く必要としているのでしょうね。

私などは、苦手なことに関しては、いくら意識が入っても新幹線なみに進んで、一般的な進度に追い付くということがあるなんて、なかなかないよな、と思ってしまいます。苦手なことは、追い付くことを考えるよりも、少しでも効率よく進めることを考え、得意なことや好きなことの方で主に力を発揮してもらおう!と思います。

げんちゃんの場合は、文章を書くのが上手ですよね。詩や随筆などは、意識が入っていれば、同年代の子と同じか、それ以上に書けていますよね。

凸凹さんですから、全分野で高いパフォーマンスを示すことは、なかなか難しいと思います。

もちろん、脳の状態は摩訶不思議なものですから、どうなるか分かりませんが、とりあえず、苦手なことは、本人の中でのマックス・スピードを出せるようにサポートするしかないと思います。

奇跡的に伸びてほしい!朝起きたら全てが変わっていてほしい!と願うのは、どの親御さんも同じなのですよね。
Commented by ゆうママ at 2019-10-02 09:08 x
学習をみていて、ここはマスターできたと思ったのに、頓珍漢なことをされると本当に平常心ではいられません。私も何度もそんな思いをしました。エネルギー奪われますよね。何だそんな思いをしても、また頑張ってる私たちって偉いですよね!(自分で褒めないとやってられません)

S先生がおっしゃるように、げんちゃんにあったやり方が他のお子さんに会うとは限らないのですね。私もげんちゃんママのやり方をいつも参考にさせていただいているのですが、息子には全逃げ道をふさいでしまう方法はぴったりではないようです。かといって自由すぎるのは論外。逃げ道をふさぎつつも、ほんのすこ〜しの逃げ道を残してやらなければなりません。でもそれに慣れるとなし崩し的に逃げてしまうので、油断なりません。ほんと難しいですよ。

でもroboママさんがおっしゃるように、本人の自覚がないと、この先の成長は期待できないと思うので、心の成長を促したいところです。

Commented by glow-gen at 2019-10-03 11:43
ロボママさん
ありがとうございます。げんちゃんは、文章が得意ということはぜんぜんなくて、ただ、時々、ぱっとすごい表現をしたりする、というだけなんですよ。文章全体は、つながりがなく、何を書いているのかよくわからないことが多いです。てにをはもいまいちですし~。
相手の立ち位置になって、状況を考えたりが難しいので、自分がわかっていることは、前提なしに書いてしまうので、読んでて意味不明です。結局、まだげんちゃんは、すべてにおいて、広がりがないな、ということだと判断しています。
 でも、無視して閉ざしていた意識が開いてきたら、そのあたりも、順調にとらえていってくれないかな、と思います。模式図にしても、とらえようとしたら、捉えられていくと思うのです。
 まあ、しかし、げんちゃんという子は、そうそううまく問屋が卸さない子で・・・・それはいやというほど味わっていますよ。
 げんちゃんは、このブログのあと、そこそこいい感じでしたが、疲れてくると、まあ、この辺でいいんじゃないかい! みたいな感じでフェードアウトしようとしています。
 そこをまた、追加で圧をかけたり、持ち上げたり、今はいろいろやっています。
 
PTAで私がいなければ、夜帰ってきたら、何にもやってない・・・・ほんと困ったものです。
Commented by glow-gen at 2019-10-03 11:49
ゆうママさん
PTAの会合で、先生方と世間話していても、発達障害がなんたることか、ということを、まったく知らないんだな、という感じです。
できたりできなかったり、この子たちは、気分次第。入れたり抜いたり、わがまま放題。(本人たちにとってはいたしかたないことなのかもしれないけれど、世間一般では、わがままととられてもしかたのない、変化ですよ~)
 そういう先生方に丸投げは、やはりとても怖いことだと思います。ほんと、一生懸命かかわっている私たちは、えらいです。笑 だって、子供を愛している故ですから。 こんなめんどくさいこと、自分の子じゃなかったらしないよね。

 お子さんは、げんちゃんと違う。むしろ、ブログで紹介したお友達のタイプなのでしょうか。どの子も、一人として同じパターンじゃなないから、試行錯誤するしかありません。

 でも、やはりいえることは、自分が、自分を見つめて、これじゃだめだ、やろう!って立ち上がらないと何も始まりません。げんちゃんも、あと一歩の感があるのですが、その一歩がずいぶんでかいな~って感じです。笑
<< げんちゃんの心が少し外に向かっ... げんちゃんの心は、少しずつ、動... >>



中学2年の息子。5歳で、発達障害発覚、改善に取り組むママの格闘と改善ノウハウの記録。
ピックアップ 


げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善<

子供の体験施設を探す
”asoview!"↓




  リンク
エジソンアインシュタイン協会
ブレインジム
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数

聖書と福音
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
意識のこと
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
時間
知能検査
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
高校選び
支援学校のひさしくん
注意欠陥
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
発達障害の原因を治す
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧