人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

げんちゃんの本質は、自分の好き勝手したい・・・逃げの本性

げんちゃんの横柄さが炸裂していた今週でした。
少し成長したので、心に自分へのちょっとした万能感が出てる、とSさんは言いました。

成長する、万能感が出る、私たちの指導がなかなか通らない。それから、がつ~んとすることがおこり、収束する。そうすると、一つ上がったな、と確実に思える状態になる。(もともとが、ほんとにレベルが低いので、上がったといっても~って感じではありますが・・・・)

振り返ってみると、確かにこのサイクルのように思います。前と同じ場所のように感じますが、らせん階段の一つ上なのかもです。

 「お母さんに指導されなくても、ほかに先生たちがやってくれるからいい。」
理論的にしゃべれるわけではないげんちゃんが、どうもこういう風にとれることを言ったので、土曜日、体操もピアノも休ませました。今回の逃げ場は、体操、ピアノ、おばあちゃん、になっているようです。(実は、たまたま二つがお休みだったので、うまいことそれを利用しただけなんですが。 ほんとに演出はとても大事!)

「げんちゃん、ピアノも体操も、K先生も、お母さんが働いてお金を出しているから行けているの。私への態度が悪いから、今日は先生方に、行かせませんと言ってます。」
げんちゃんは、ちょっとびっくりしたみたいでした。私のがんとした態度に少しひるんだのがわかりました。それでも、まだなんとなく強い態度です。

なんか、ここんとこ、この子って、勉強どころじゃないな~という気持ちが強く、根本的なげんちゃんの問題の方がやばい・・・・と感じます。

昼から、洗濯物を干させ、取り入れた洗濯物を全部たたませてみました。私は、その行為で、げんちゃんの逃げの問題点が、あぶりだされたのがわかりました。

げんちゃんは、最初いやいや取り組みます。それでも、逃げられない気迫を感じたのか、しぶしぶたたみます。そのうち、ちょっと気持ちが入ってきました。しかし、その手つきと言うと、ありえない不器用さです。ちゃんと考えりゃわかるだろう! って感じ。遠目に見ながら、言葉で指示し続けます。普通なら、”そうなれば、こう考えてこうするよね。”ということがことごとくできない・・・・そのうち、げんちゃんは、
「あ、自転車入れてくる。」
と言って、外に飛び出そうとしました。

これぞ、第一段階の「逃げ」
何か、一見必要なことのように見えることに、矛先をかえて逃げます。

私は、ひっつかまえて、こっぴどく叱ります。

それからまた、しばらく取り組んでいます。いやいややっているのが伝わります。やがて、今度は、洗濯物の中に、濡れている靴下が紛れ込んでいたので、そそくさと二階に干しに行きました。すると、何分経っても降りてきません。

次なる逃げは、これか~。また、私はこっぴどく叱り、戻ってくるように言いました。
「あなた、逃げる気? いつもの逃げはこれだよ。今日は、絶対逃げさせないからね。ちゃんと最後までやりなさい!」

さて、こうなると、次は、私の指示に対して、
「そーねー、そーねー」と、無意味な言葉を連発して、聞いているふりを続けました。

第三の逃げでしょう。

私は、その行為を、ことごとくつぶします。まさに、さしでやつに勝負するようなかんじです。まあ、この時の私のすごみ方はちょっとしたものがあったかも。

さて、ここからげんちゃんは、どうしたかと言うと、何度も教えたシャツのたたみ方を、完全に無視し、我流で適当にやりはじめました。それも、”できないからしかたない”、と言うふてぶてしさのスパイスをきかせて。さっきまでそこそこできていたのに・・・。
まあ、往生際が悪く、すっとぼける・・・そういう言う感じですね。

「あんた、逃げようったって、絶対そうはさせないからね!」
ちゃちゃちゃっとやったら、30分程度でやれてしまうことを、ついに1時間もねばったげんちゃん。

次はどうきたか、というと、テーブルにつっぷしました。
「ふ~・・。疲れた~・・・」

逃げはクライマックスです。これもいつものパターン。自分の好きなようにやる、というのも通り越し、完全に抜いた! もう支離滅裂にやりだして、その場をしのぎます。
意識飛ばしてすっとぼけて、てんででたらめ。

学習と違うのは、作業であり、簡単なこと。それ自体には、学習ほどストレスはありません。

とことん逃げる気のようです。さまざまな逃げ道を探し、あらゆる方向に流れます。逃げのパターンがなんて把握しやすい!

やっているという枠には存在していますが、枠があるだけで、中身は好き勝手し放題。と言えます。
私は、絶対に譲らず、げんちゃんに最後まで、洗濯物をたたませました。

逃げるげんちゃんに、私は、声をかけます。
「はい、いつものあなたの逃げのパターンよ! 最初は、違うことに逃げる。自転車、それから・・・・・うんぬんかんぬん・・」
そして最後に、その逃げパターンを、具体的に図説してやって、つきつけてやりました。すると、げんちゃんは、少し心を動かしたようです。しかし、今度は、

「つかれた~、つかれた~、」を連発して、机に突っ伏しました。

そう、私に言わせれば、げんちゃん。あなたが逃げるから、つかれた~になるだけで、最初から、こっちに気持ちを向けてがんばれば、もっと短時間で終わるし、内容も濃く有意義なことになる。
「げんちゃんが、逃げるから、疲れるんでしょ。逃げずに最初からがんばって取り組んでいたら、ちゃっちゃと終わっていたでしょ。疲れませんよ。自分が逃げてるからそうなるだけでしょ。」

私は冷たくく言い放ちました。

ほんと、洗濯物をたたむという行為は、あぶりだしに最高でした。

しかし、面白いように学習から逃げるパターンと同じで、ちょっとびっくりしました。
そして、すべてが終わった後、私は、今日の”逃げ”をしつこいくらい、紙に図説しながら説明してやりました。テーマが洗濯物なんだから、最後まで、絶対逃げることを許しませんでした。
げんちゃんは、もう、逃げることから卒業できるステージに入っています。周りのこともやっと捉えることができ始めている。それでも、まったく心にまで入れようとせず捨てる。外面は受け入れているように装って、コアな部分では逃げる。徹底的に指導しました。

この格闘の末、げんちゃんは、やっとあきらめたのか、ここんとこの横柄ぶりをやっと収束させました。

私は、げんちゃんがすでに克服できるステージであるにもかかわらず、ずるく逃げていることがほんとに口惜しいです。まだまだこことはすぐには決別できないでしょうが、絶対に負けるわけにはいきません。しかし、とっても疲れてしまいました。


by glow-gen | 2019-09-02 02:04 | 自己中心 | Comments(12)
Commented by robo_223 at 2019-09-02 08:13
私も発達障害の本質は「自分勝手な方向に走りやすい!」というところにあると考えて、小さい頃から、そこに対して徹底的にアプローチして来ました。

ほとんどの問題がその本質から生じて来るからです。力を発揮出来ないのも、問題行動を起こすのも、集団に適応できないのも、それですよね。

だから、roboにも全てのトレーニングに先駆けて行ったことは、次の行動に移る前には、必ず「冷蔵庫を開けてもいい?」「トイレに行ってもいい?」「本を読んでもいい?」と全て、こちらの判断を仰ぐことからでした。今は、それを緩めることの出来る段階に来ていますが。

お手伝い、勉強、習い事、学校生活などでは、生きて行くための技術を身に付ける目的も大きいのですが、それ以上に、「人の意向に沿って行動する」という行動様式を身に付ける手段として利用しています。

よく「そんなんで、自主性は身に付くのか。」と言われますが、自主性とは、常識の範囲で許される行動の中から選んで行動することが出来て初めて自主性の意味があるわけで、自分勝手な行動は自主性とは言いませんからね。そもそも、この子達は自主性なら有り余るほど持っている場合が多いので、そこは育てなくても大丈夫な場合もありますからね。

謙虚さも、その延長線上にあると思っています。

げんちゃんママさん、毎日、お疲れ様です。本当によく持ちこたえていると思います。今の時期はそれが出来るだけでも、実はすごいと思います。成長率が3割減の時期ですからね。
Commented by ゆうママ at 2019-09-02 12:25 x
なにか用事をお願いしたら、途中で他のことをはじめてしまったり、二階に行ってたら、目的のことが終わっても降りてこない。息子もよくあります。これはADHD的な特性も原因のひとつなのかなと思っていました。でも確かに逃げが本質にあるのかもしれないですね。

どうやらやることが多いと、最初から逃げる気まんまんなんです。なのでできる範囲の量をさせてます。自分でやり切れると思える量です。

無意味な言葉を適度に発して聞いてるふり、これはやられると本当に腹が立ちますよね。うちの子はさらに耳栓しますからね。夏休みはわたしがクールダウンするためき何度か家をでましたよ(笑)

ほんと、逃げを克服するステージですよね。ここで逃げることが生きていく術にはしたくないですもんね。心を動かしてやりたいです。
Commented by glow-gen at 2019-09-02 18:01
ロボママさん
>「自分勝手な方向に走りやすい!」
いやほんとに、本質ですね。常識感が普通についていかないのに、人間の本質にある利己的なところだけはしっかり持っている。野放しにしていたら、自分の好き勝手な方向性に行きやすいですね。

外に対して、ベクトルが多いお子さんは、自分でも修正していけるチャンスがありますが、げんちゃんは、そのベクトルの少なさでは群を抜いています。私は、絶対に引きませんが、それでも、その隙間をすり抜けるようにして、自己世界を確立させるようなところがあります。
この時期の成長率が低下するとありましたが、その中で、少しずつでも上がっていると感じているのは、ありがたいことなんですね~。知りませんでした。
げんちゃんは、自己意識が少しずつましになってくるごとに、新たな問題が出て、今まで隠れていた本質の問題が、少しずつ明確になってきます。
 げんちゃんに、絶対主導権を握らせない、すべて、確認する。私も、細かくこっちの許可を得てなんでもするように、厳しく指導しています。

 S先生によると、そうすることによって、行動の前に関を置く形になって、行動をする前に、自分に問いかけるようになるそうです。なるほどと思います。
 今、げんちゃんが、一見考えて行動しているように見えることでも、ほとんどが行き当たりばったりです。彼の中から出てくる判断のすべてが、ずれている、とさえ言っても言い過ぎではありません。それなのに、自分の感覚を変とも、何とも思っていないふしがあるので、ほんとに恐ろしいと思います。

 一見思春期の反抗に見えることも、よく観察すると、3歳児レベルの、衝動の裏付けられたことがほとんどです。3歳児にいちいち意見なんか聞かないし、トップダウンで、正しいことを指導します。げんちゃんに必要なのはそれだと思っています。

 そのあたりは、なかなかチームげんちゃんのコアなメンバー以外は、わかりにくいようです。今は、少しの油断もならない・・・そんな感じです。逃げ場になるところを、前よりもっと強く、排除する必要を感じています。
 でも、それも、逆に考えてみると、げんちゃんの成長の故と言えるかもですね。

 ロボ君の成長を追いたいですが・・・・
Commented by glow-gen at 2019-09-02 21:00
ゆうママさん
 この子たちの逃げは、ほんとに厄介だと思います。たとえば、ひさし君は、支援学校に行くようなレベルの障害ですが、もともと、人生は努力していくものだ、ということを、誰が教えることなく持っています。しかし、げんちゃんは、そういうベースはありません。
 ただ、好き勝手したい・・・自分の世界観の中で過ごしたい、という思いに満ちています。自分の世界観が、普通とはずれているということをなかなか認識しません。それを矯めようと、必死で働きかけてくれる人の真意をつかむのが難しい。

 でも、私が、K先生やその他の先生を取り上げる、というとやはり、それはやばい・・・とは思うようです。とはいえ、怒って、K先生のところに、行かなくていいからね。と言って、k先生のレッスンを取り上げた日、げんちゃんは、休日くらいの感覚で、テレビを見ていたので、ほんとに驚いてしまいました。

 ペナルティーも、上手く使わないと、すぐに慣れてしまったりしますから、大物すぎますよ。笑
 げんちゃんの甘えと逃げがすさまじく、もう学習の進化も頭打ちだと思います。このままならね・・・意識を抜いて、自分の心にふたをして勉強しても、理解できないし、覚えることもできません。ぎゃくに、思い一つで、そこも、ガンガン伸びることだって不可能じゃないとも思います。

 逃げても、結局、このたびのように、ただ疲れるだけ。それを、こんこんと教え込みたいです。逃げパターンは、時間軸で逃げる、ってのもあって、次に書きたいと思います。ここまで、逃げることに情熱をかけているげんちゃんって、バカじゃないと思っています。
 そのエネルギーが、プラス方向に向かえば、すごいものがあると思うのですよね~。

逃げずにやる。ということができるはずだと思います。お子さんもそうですよね~。乗り越えてほしいと思いますよね。
Commented by とんまま at 2019-09-04 14:47 x
夏休みも終わりましたね。
こちらは9/2始業式、翌日から給食ありの6時間授業です。
げんちゃんの夏休み、好不調あったようですね。
こちらも膨大な夏休みの宿題に四苦八苦(おじいちゃんおばあちゃんが根気よく付き合ってくれました。感謝です)
夏休み中、意識低下が甚だしかったです。
処理スピードが更に遅くなってしまいました(ただでさえ遅いのに)
そして学習への意欲の低下。
学校に行って、時間ごとに生活をしていた方がいい状態が保てるようです。


記事を拝見すると…
これはとんちゃんじゃないか??と思いました(苦笑)

ええ、逃げて逃げて最後何とかなるだろうという甘い考え。
ママさんの洗濯物を最後までたたませるという執念、私かと思いました(笑)
ホント、きついですよね。
よくわかります。

とんちゃんも「疲れた~」と言って、机に伏せますよ。(こっちが疲れてるわ!!と言いたい)
そして昨日は突然「あ、明日の支度しなくちゃ」と離席しようとしたり。
(明日の支度なんて自らしたことは一度もありません!!)
ちょっとトイレとか。(さっき行ったばかり)

やるべきことに視線も届いていません。(イライラ)
最初にやろうとしたことが終了するまでにどれだけの余計なことがあることか。
余計な時間が多すぎます…
そして「あなたがさっさとやれば、こんなに時間はかからないの。他のみんななんて10分で終わるわ!」と言い放つ私。


逃げを図式化はしたことないですね。
今度やってみようかな。
とんちゃんにはまだまだ難しいかもしれません。

そうそう、失敗から学ぶことはないですね。
とんちゃんは切り捨てるというより、繋げられないという感じです。

Commented by とんまま at 2019-09-04 14:47 x
私も最近、バカバカしくなってきてしまいました。
とんちゃんに「みんなとんちゃんのために時間やお金を使ってサポートしているの。とんちゃんがそんな態度をしていたらもうバカバカしくてやってられない。もう知らないから。勝手に一人で生きていきなさい」
とまで言いました。
が、当の本人には全く響かず。
悲しいかな、意味わかってない部分もあると思いますが。

月末にある授業参観も行く気がなくなりました。
とんちゃんにも「そんなやる気のない子の授業参観には、行かない」と話しています。
とんちゃんは「みんなのママは来るの?」と気にしています。
本人は来て欲しそうですね。

2学期、堕落しマイナスになった所からのスタートになってしまいました。
Commented by glow-gen at 2019-09-05 11:38
とんままさん
なんか、けっこう似てますね~。げんちゃんとタイプ近いのかな~。だったら、すっごく大変ですよね。響きませんから。

しかし、私が、寸部のすきもなく、ここんとこ、ヤツを追い込んで、逃げ場をことごとくふさぎ、私への従順を徹底的に指導しているのも、考えてみれば、やっと、追い込めば、持てる力を出せる実力がついてきた、と判断できるからかもしれません。

前のステージだと、あまりに追い込めば、幽体離脱の時間が長きにわかって、ロスがあまりにも多く、できなかったように思います。
同じように、厳しくいろいろやっていても、げんちゃんのステージによって、遊び部分が違うような・・・

今回は、ほんと、追い込みですね。最後の追い込み。そんな感じです。

私の覚悟も半端ないですよ。主人がたのんでいたことをやってなくて、げんちゃんが逃げていた時は、私は激怒して、主人に言い放ちましたもの。
「私は、今臨戦体制でやっているのよ。あなたは何してるの!」
って。迫力にびびってましたね~。いつも

S先生,K先生、私、家族、学校(学校も、度重なる根回しによって、逃げを許さない体制になってきています。)かかわる先生方には、ことごとく、説得にいって、方針を同じにし、げんちゃんを、とことん、追い込んでいます。たぶん、とんちゃんも、同じではないかと思いますが、強情、傲慢、そういうものとうらはらに、並外れた強さを持っているのもげんちゃんです。
 たぶん、私のもとに来たのも、そのせいなのかな~。普通のママさんでは、たぶん負けてしまうでしょうからね~。
 このものすごい圧に耐えて、さらに逃げようとして、それでも、追い込んで・・・
 マイナスをあきらめて、プラスに向かったら、きっと大きなエネルギーで反転するんじゃないか、ってみんな期待しているんですよ。

これだけマイナスを持って生まれている子は、プラス転じたら、きっとすごいことになる、そう信じましょうね~。
Commented by glow-gen at 2019-09-05 11:44
とんままさん
それから、逃げを可視化するのは、すごく効果的です。
次なる逃げは過呼吸でした。しおらしく、は~は~言い出して。
 私は、逃げるから過換気になるのよ。息を止めなさい! それだけのこと。逃げないの!
 と言い放ってやりました。もちろん、すぐに治りましたけど。その後も同じようになったけど、演技でした。本人考えて計算してやってるわけではないみたいでしたが、傲慢なものからくる逃げにはかわりない。
 今朝は、とても素直なげんちゃんでした。まあ、しかし、油断は禁物です。みずからプラスへ向かうエネルギーが、どんな時にでも、ほとばしってくるまでは、絶対に手をはなすわけにはいかないです。
Commented at 2019-09-05 16:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by glow-gen at 2019-09-06 14:12
Kさん
集中力ですか~。
げんちゃんに関して言えば、自分の世界観に入ってしまうと、すごい集中です。
しかし、感情のおもむくままなので、理性的な判断を使いながらのものではなく、クオリティーの高いものではありません。
何かに集中してやるとき、好ましいのは、理性的に意識でとらえて、正しい方向性で集中してることが必要じゃないか、と考えています。
 そういうスタンスがとれれば、好きなことへの集中も、さかな君のように、すごく建設的になるように思います。

 しかし、げんちゃんのそれは、まだまだそこへは行ってないな~と思います。残念ながら。
 たとえば、学校で何かの課題をやるときなどは、もともとやりたくない、なんて気持ちが根底にあると、集中どころか、適当に流しているみたいです。目的をとらえて、しっかりやろう、という気持ち次第、一見まじめにやっているようなときでも、げんちゃんのうつろう感情だけに振り回されているような気がします。

なかなか、この子たちの集中と一言でいっても、普通とは全然違うものがあるのかな、と思う昨今です。
でも、家事のようなことは、いろんな意味でさせていくといいですよね。
Commented by とんまま at 2019-09-06 15:03 x
返信ありがとうございます。

昨日、ジャストタイムでとんでもなく逃げてくれましたよ。
宿題やらなくても翌日学校に行って先生に謝れば済むと思っています。
私は何が何でも宿題をやらせて、逃げられないようにしていました。
その時、放デイのモニタリングのため、療育センターの人が訪問に来ていました。
ずっと同じ人なので、良く知っています。
2時間弱いましたが、宿題1問も終われませんでした。
問題すら書き写さない。
ノート、教科書、筆記用具を机から落としたり、他の事をしようと離席したり。

しまいには、寝に入りました…
昨日のとんちゃんを見てびっくりしていました。
半年前は(嫌だと思っていても)宿題(学習)していたのにね。と。

毎日こんな状態で、私も困っていますと。

ちょうどママさんにアドバイス頂いたので、本日担任と会って、話をしてきます。
学校でも逃げられないように担任に頼んで来ます。
ちょうどいいタイミングでした。
ありがとうございます。
Commented by glow-gen at 2019-09-06 23:34
とんままさん
そうですね~。そろそろ思春期に突入してきますから、上手に逃げる、という行為を塞いで行かないと、大きくずれているのに、まったく自覚がない人になってしまいますよね~。

支援クラスのママに限らず、子供のわがままを矯めるのはなかなかエネルギーのいることです。とくに支援のママは、障害だからしかたがない、と、好きにさせて、思春期で暴発して手に負えなくなる、というのを経験しやすいように思います。
思春期になれば、さらに、エネルギーも大きくなって、矯めるのに困難を極めます。そして、ずるずると、ついつい、子供の言うなりにさせていってしまい。ついには、社会から隔絶しておかないと危ない、なんてことにもなる。

また、ママ一人が、がんばっても、周りに抜け穴がある限り、子供は、「ママの言うことなんて聞かなくていい。」となります。

このまわりを巻き込んでいくのが大変なんですよね~。ブログに書ききれていないのですが、私も、そこにかなりの手間をかけて、それでまた、疲れてしまったりしていますよ~。
がんばってくださいね。
でも、学校の親しい先生によると、親が、甘いと、こっちも手を出せない。と言っていたので、いやな感じはしないみたいですね。がんばってください。
<< 発達障害のげんちゃんの逃げ方・... 平気で悪あがきする、夏休みあけ... >>



中学2年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク

げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
支援学校のひさしくん
注意欠陥
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
職業体験、周りの企業やお..
by みかんまま at 08:22
私もげんちゃんママさんと..
by robo_223 at 07:52
とんままさん ほんと、..
by glow-gen at 18:13
普通の子のお母さん方に子..
by とんまま at 10:45
こんにちは。 げんまま..
by とんまま at 10:41
ゆうママさん 学校のプ..
by glow-gen at 07:55
ロボママさん お返事あ..
by glow-gen at 23:26
前回のコメントのお返事あ..
by ゆうママ at 20:32
お忙しい中、返信をありが..
by robo_223 at 08:20
ロボママさん 私は、げ..
by glow-gen at 21:18
しかし、げんちゃんママさ..
by robo_223 at 23:15
私も「母親を無視して改善..
by robo_223 at 22:35
とんままさん コメント..
by glow-gen at 13:59
何が何でも心を使おうとし..
by とんまま at 05:35
kさん >療育をすると..
by glow-gen at 13:23
ゆうママさん プリント..
by glow-gen at 08:23
ロボママさん そうです..
by glow-gen at 08:07
とんままさん  ほんと..
by glow-gen at 08:00
昨日は穏やかな書き方をし..
by ゆうママ at 13:24
同じく、私が離れたらダメ..
by ゆうママ at 12:25
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧