人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

つなげられないのではなく、つなげようとする思いが出てこない

   げんちゃんは、がんばりたい、やらなきゃいけない、という感情の部分でのやる気は出ています。だから、いやがりもせず、机につくし、何時間でもやらせれば勉強をします。
 でも、中身はあまりありません。

 本人、がんばっていることを認めてほしいと思っているようですが、S先生の言う、”奥にある意識”を全く出していないので、勉強の成果はぜんぜんあがりません。

 記憶とは、脳でするものではなく、コアな意識でするもの。意識のない表面だけの操作は、何ごともすとんと腑に落ちない・・・・らしいです。
げんちゃんが、何度やっても覚えないのは、意識をはたかせていないから。脳は、意識の下に従う機械のようなもので、記憶の仮置き場であり、記憶そのものではない。

このあたりのSさんの説明は、私はなかなかよくわかりませんが、げんちゃんが、コアな意識を使って勉強していない、ということだけは、はっきりわかります。
最近では、傍から見ると、一生懸命にやってるように見えます。

内容にかかわっていない人だったら、

「げんちゃんは、すごいね。ちゃんと自分で勉強している。」

と感心することでしょう。
中一のころは、げんちゃんの”やりたくない”、は、表面にむんむんに出ている時が多かったように思います。

でも、最近は、いやいややっている、ふてぶてしい態度は少なくなっています。


でも、学習を始めても、ときに普通の人の3倍4倍と時間を食います。それでいて、反復してみると、何も残っていないというのも多い。なまじ、やる気をもってやっているように見えたりするものだから、ほんとにストレスに感じます。

「感情と意識というものは違う。」

と、Sさんによく言われますが、げんちゃんは、感情の部分では、がんばりたい、というところが出たものの、いわゆる”意識”という部分では、まだぜんぜんのようです。


 Sさんが、げんちゃんのほんとに困ってしまう特徴を、ずばり言葉にしました。
”次につなげようする思いが働かない。”

なんて上手に表現するのでしょう。私が苦しんでいるところそのものです。

”次につなげられない。”
ではなく、そうする思いが働かない・・・・どのように結び付けたらいいのか、という思いが出てこない、ということなんです。

思いが出てこない、というのは、ほんとに厄介です。Sさんは、逆説的にこんなことを言いました。

次につなげる思いが出てこない。それとこれとは別、と平気で思える。平然と切ってしまえる。でもそれって、逆から見たら、執着がない、こだわらない、ということでもあるんですよ。ほんとに、なぜそこまで切ってしまえるのか、あきれるほど潔い。

なるほどな~と思います。げんちゃんが、登校拒否なんておこしようもないのも、(学校でいじめられていないのもあるけれど)繊細なお子さんが、悩むことで、ぜんぜん悩みもしないのも、すべてはこの厄介な性質によるもののようです。

その傾向は、学習の時に、最高にピークになるしまつ。2次元の学習というのは、そもそも、ぜんぜん臨場感がないので、深い意識をゆりおこすほどのエネルギーがわいてこず、心の奥底に隠し持っている、学習への拒否感が、最高の断捨離となって現れる模様です。

ここまで学習ができない子が、ピアノやリレーをこなせたのは、体を動かすことが要素に入っているからだ、とSさんは言います。


「気持ちがなくても、やむおえずでも行動をすることによって、眠っていた気持ちが前に出てくる。

でも、文字は動かないから、自分の感情も動きません。そうなれば、捉えることがまったくできなくなる。」

げんちゃんは、一見見た感じより、ほんとに学習ができません。それはこういうことによるのでしょうね。
げんちゃんの心を動かす学習法をするためには、平面を立体にすることだ、ともアドバイスされました。


たとえば、あらゆるたとえを使って説明する。何パターンも・・・・・そのどれかが、ぱっと心を動かせば、げんちゃんは、捉えたい、と思うこともある。

でもそんなことしていたら、どれだけ時間がかかることでしょうね~。
長い道のりだな~と思います。

by glow-gen | 2019-07-05 20:37 | 意識のこと | Comments(9)
Commented by robo_223 at 2019-07-06 15:13
げんちゃんは二次元の世界に意識を入れにくいようですが、逆に紙の上での勉強が得意で、三次元のことが苦手な子もいますよね。

ピアノを弾いたり、走ったり、ボール投げをしたり、実生活に関わることをする方が苦手なお子さんも結構いらっしゃいます。

げんちゃんタイプは、体を動かしたり、立体的に理解する方が得意なのでしょうね。

どちらにも苦手がなければ、一般的な子になるわけですから、そりゃあ、この子達には苦手があると思います。もちろん、roboはげんちゃんと同じで、二次元の方が苦手です。

でも、結局は両方苦手で、どちらかは、より激しく苦手という気がします。ですから、あまり苦手ではない方は改善が早くて、より苦手な方は改善にメチャクチャ手間取るということになるような気がします。

だから、げんちゃんは動的なことや、立体的な把握の方はより早く改善したのではないでしょうか。

ということは、やはり二次元の把握は、もう少し時間が掛かるということなのでしょうね。

roboも動的なもの、立体的な把握の方は早めに改善して、ダンスやもの作りのようなことは早い段階で楽しめるようになりましたが、二次元の世界をとらえるのには時間が掛かっていますし、ものすごく意識を入れないといけないみたいです。

それだけに、二次元の方での伸びは、あまり期待できないなぁと思ったりもしていますが、それでも、ずいぶん変化が見られますので、げんちゃんも、きっと伸びて来ているのだと思います。

やはり、勉強に関しては課題自体が中学では急速に難しくなっているために、本当は伸びているはずが、それを実感しにくいと思います。

一般のお子さんも中学3年生にもなると、勉強が難しくなって来ているようです。皆ひいひい言っているそうで、今回の期末試験ではテストが終わるたびに、皆がうなり声を上げていたようです。
roboも高校からは理解できるか心配です。

学校時代は特に二次元の把握が必要とされますし、将来的にも必要になって来ることですから、可能な範囲で出来るようにして上げたいですね。
Commented by glow-gen at 2019-07-07 17:42
ロボママさん
いや~。三次元的に立体にすれば得意ということもないです~。
この子を見ると、ほんと、何一つ得意なものはないような気がします。もちろん、たまに詩を書かせたり、絵を描かせたりしたら、良いものも出てきたりしますが、そもそも、頭を使おうとしないので、衝動的に、ぱっといいものが出た、ということだけで、定常的にそれが出てくるわけでもないし・・・・

とにかく、精神疾患的な要素がとても強すぎて、時々、動物みたいだな~と思います。とにかく頭を使おうとしないです。
もし、将来、あきらめて精神病院に入れたら、そこから、かぎりなく、ぼ~っと落ちて、廃人になるでしょうね~。

たぶん、私が何もしていなければ、げんちゃんは、目が死んだ亡霊みたいな感じでしょうね~。とにかく、頭を空っぽにして、目の前に何かが来て、それに興味があったら、ぱくっとくいついて終わり。恐ろしい生物だな~と時々おそろしくなります。
良い時と、そういう悪い時の差が、あまりに大きすぎて、指導者は、だれでも、ちょっとしたパニックになっています。

人間とは思えないモード・・・K先生も、ほかの先生も、そのモードが強くなると、発狂してますよん~。
ロボ君は、考える、ということをしてくれるので、ほんとにうらやましいです。
Commented at 2019-07-07 22:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by robo_223 at 2019-07-07 23:38
返信をありがとうございます。

確かに上にも書いた通り、よほど優秀な発達のお子さん以外は、相対的に見れば、ほとんどのことが苦手で、得意と言っても、あくまでも本人比で、どちらか一方よりはマシという程度ですよね。

roboも二次元も三次元も両方苦手なところからスタートして、三次元の方がマシだから、多少改善が早かっただけだと思います。

勉強も学校内のテストは少しは自力でやりこなせるようになって来ましたが、実力テストのようなものは相当厳しいです。今後はますます学習内容が難しくなって来るので、せめて大幅に下がらないように出来たらな、と思っています。

げんちゃんにママさんがたくさんの努力をされて、今のような良い状態を作り上げているけれど、思うようなペースや形で変化して行かないことには、何か意味があるのでしょうね。

もし、サクサク変化していたら、げんちゃんという存在から受け取る学びや気付きが、もっと薄いものになっていたかもしれませんよね。人間存在の真実というところを垣間見るために、げんちゃんという存在が必要なのかもしれないと思いました。

S先生がおっしゃる通り、心というものの大切さを伝えてくれる存在なのかもしれませんね。

考えてみれば、私も通常の人とはかなり違うroboの心の動きに触れることで多くのことを考えさせられています。
Commented by 名無し at 2019-07-07 23:42 x
秋田でやってるような自主学習?
興味のある事に対して自分なりのノート作成
やらされてる感が強いから、
何十倍にもなってやりたくない感情として
現れ、潔い断捨離に繋がる。やりたくない時の感情は
だだっこ以上破滅的です
あとはスピード、ダラダラだと本人も飽きる。
理解する力はあるように感じる。

Commented by ゆうママ at 2019-07-08 00:12 x
3番目のコメント、私のでしょうか?
非公開コメントにしたつもりないのですが、何かの拍子に非公開コメントにチェック入れてしまったのかもしれません。お手数ですが、私のコメントだったら公開にしていただけますか?
Commented by glow-gen at 2019-07-08 15:18
ゆうママさん
コメントコピペさせていただきました。


以下ゆうママさん記

>うちもなかなか勉強の成果があがりません。
意識のない表面だけの操作、まさに息子の勉強がその通りです。操作なんですよね〜。考えもせず、頭に放り込むだけだからすぐに忘れ去りますよね。
学習はいろんなことをつなぎあわせて答えを導き出さなくてはなりません。とにかく今までのやり方を変えなくては限界がきてる気がしています。

二次元の学習を3次元にする。理科に関してはやってるとおもいます。実物を見せること、簡単な実験は家でもしてみます。やはり理解しやすいようです。
地理だったら、やはりその土地に行くことなんでしょうね。本当に手間、時間がかかりますよね。気が遠くなります。
でも学びの本質という気がします。

   以上 ゆうママさんコメントです。非公開になってしまってたので・・・


げんママ記
 ほんと、私も限界を感じています。本人の心の底からのやる気が出ないので、どれだけやっても現状維持できればいいとこ。こっちが根をあげれば急降下・・・そんな感じ。

学習だけではありません。彼のやってることは、ほんとに自己中そのもの。自分が見たいところだけ見て、考えたいことだけ考える。それでも、うまくまわっているように本人感じているのは、ただまわりがサポートしているだけ。
 そのことへの感謝など、0・・・・これでは、人間として終わってます。それを障害だから、というなら、せめて、感謝して、他のことで、自分もまわりに貢献しよう、という発想が芽生えればいいけれど、それも皆無。

やがて、自己都合解釈だけするようになってしまえば、ほんと社会からずれまくってしまいます。
勉強は、ある意味、自分がやりたくないことを克服することにもつながるのかな~と思います。やるポーズだけではなく、それをいろいろ料理して、自分をみつめてほしいな、と思います。
げんちゃんの超えないといけないハードルは、普通の人たちよりずっと高いです。でも、それを超えられれば、成長は未知数。飛躍をすると思っています。
 普通の人なら、もう、投げ出していますよね~。命をかけたチャレンジですよ。げんちゃんも、逃げずに立ち向かってほしいです。

Commented by glow-gen at 2019-07-08 15:30
ロボママさん
ありがとうございます。げんちゃんがこれほど手ごわい意味あるんだと思います。
でも、本人この整えられた環境にあぐらをかいて逃げるなら、彼が刈り取らないといけないつけは大きいですよ。

私が手を離せば、すぐにでも転落するげんちゃん。時々、手を放してみようかな、という気も起りますが、たぶん、負のサイクルが始まりますよね~。
 子供は親を選ん出てくるんだそうです。しかも、障害を持ってきたということは、自分に負荷をかけて、それを克服する課題まで自分で追ってきてるんだとか・・・げんちゃんは、負荷をかけすぎたんだそうな。

 私じゃないと、無理と思って、私の子になったというのだけど、私とて、おまえみたいなの無理だよ。と言いたいくらい手ごわいです。
 普通は、いろいろトラブルがあっても、そもそも意識を外に出しているのでその出方や方向性をかえてあげるだけでいい、らしいですが、げんちゃんは、そもそも出てないので、そこから出す手間がほんとにひどい。とSんは嘆きます。

 確かに、人の心のできかた、とか、自分の心が何層にもなっているような感じとか、げんちゃんゆえに、私も学んでいます。
学ぶ材料としては、役立つとこもあるのでしょうが、もっと軽いお子さんだったらよかったな~と、やはり思います。

そういえば、とくに何もせず、成長期にどんどん改善した方がいらして、そのママが、「げんちゃんも大丈夫よ~。」と言われますが、それは、たんにその子が一見重症に見えていただけで、軽かったんだろうな~と思います。
 何もせず、ただ見守るなんて自殺行為だと、げんちゃんにかかわるとわかりますよ~。(´;ω;`)

 ロボ君のレベルに早くいってほしいです~。
Commented by glow-gen at 2019-07-08 15:35
名無しさん
ありがとうございます。
短い言葉ですが、たぶんズバリ言っておられると思います。

やらされている、という感覚をいいかげん、自分でやるようにもっていけないものかな~。・・・
自分で、それが必要なんだ、と周りの状況を見て思うことは、とても難しいのでしょうね。
 それゆえに、いろんな演出をしてみても、その瞬間だけ、あとはぱっと捨てる。ほんとに、ある意味、強い、ある意味鈍感・・・見てめんどくさいものは、見ない。考えてめんどくさいことは捨てる。
人のサポートだけは、感謝もなく平気で受ける。なんか、人間としてどうよ・・。と感じます。
<< 夏休みになりました~。 げんちゃんの支援クラスは、不登... >>



中学2年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク

げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
支援学校のひさしくん
注意欠陥
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
記事を読んでいると、やは..
by ゆうママ at 06:43
げんちゃんママさん ..
by growup_hana at 10:48
下げ止まるようになった、..
by robo_223 at 08:00
ここあさん 国語は、文..
by glow-gen at 14:31
Naoさん まだお子さ..
by glow-gen at 14:20
夏休みも終わってしまいま..
by ここあ at 12:52
わかります。。。 危険..
by nikon_leica at 23:11
Kさん ありがとうござ..
by glow-gen at 00:42
みかんママさん あ、そ..
by glow-gen at 17:41
みかんママさん この日..
by glow-gen at 17:36
ロボママさん 前のコメ..
by glow-gen at 17:19
ロボママさん コメント..
by glow-gen at 17:12
ロボママさん お返事あ..
by glow-gen at 16:40
それと、先日、病院に行っ..
by みかんママ at 15:46
以前、療育の先生から、発..
by みかんママ at 14:35
そして、こういった状況が..
by robo_223 at 08:16
確かにこれは早急に改善を..
by robo_223 at 08:10
私も線引きは大切だと思い..
by robo_223 at 13:45
ロボママさん ほんとに..
by glow-gen at 12:09
名無しさん 愛が通じて..
by glow-gen at 11:16
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧