人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

中2、1学期の期末試験

テスト帰ってきています。
考えてみれば、1年生の最初は、解答用紙が別の紙で、解答欄を探すだけで右往左往して、半分も書き込めなかったり、解答欄が全部間違って、0点のテストがあったりしました。

親切丁寧な小学校から、ものすごいギャップの中学の試験です。それに、初日の1時目のテストで、すべて終わり、あとは、幽体離脱、というのもありましたね~。

でも、2年生になってみると、テスト自体受けることへのハードルは、さすがに下がっています。解答欄のことで、やきもきすることもあんまりない。

テスト明け、げんちゃんは、テストを全く持ち帰りませんでした。聞いてみると、テストの点が悪かったので、意図的に持って帰らなかったというので、びっくりです。

1年の最初、まるで私の試験だったような定期試験のあと、帰ってきたテスト用紙に対して、何の思い入れもないどころか、存在さえ把握していないようなげんちゃんにあきれました。

そこからすると、げんちゃんの意識はずいぶん進化したものだと思います。
が、しかし、
「んで、何点だったの?」

げんちゃんに聞くと、覚えてないようで驚きます。テストが帰ったとき、ちらっと一瞬意識が入って、「あ、ひどい点」と思って、また意識が離れたのでしょうか。

悪い点だと把握したのなら、なぜ点数をまったく覚えていないのか。げんちゃんが、かくして言わない、というのとは違います。
ほんとにわからないようです。

これに関しては、たぶん、一度ちょっと見て、一瞬とどまって、またすっと抜けたのではないか、と思います。

なんか、ちぐはぐなげんちゃんです。しかも、聞いても、何の教科が返されたのかもしどろもどろ・・・何をもって、点が悪いから、持って帰らなかった、という帰結になるのか、摩訶不思議なげんちゃんです。普通のお子さんなら、ありえないんじゃないかな~・・・

「げんちゃん、普通の子って、げんちゃんと違う行動すると思うのよ。どこが違うと思う?」

「え?  覚えてる?(点を)・」(普通の人は、点数を覚えている、と言いたいのでしょうが、なんか、たどたどしい。
「そうだよね~。だって、げんちゃんなりに、テストに向けて少しはがんばったんでしょ。普通の子なら、その成果が見たい、って思うのよ。真っ先に点数を見て、次には、どこが間違ったか、とか、なぜ、点数が悪いのか、とか、あれこれ考える。テストがなくても、何点かしっかり覚えてしまうと思うよ。」

「あ、うん」(この、うんがくせもの・・・)

「げんちゃんのやることは、いつも、普通の人の常識からずれてるよね。そんなんじゃ、普通の世界では生きていけないわよ。」

「あ、うん。」
ほんと、わかったような返事だけするけど、わかってるためしがない。
「じゃあ、普通の常識では、どうするのが当たり前なの?」

「え~、ちゃんとテストの点を覚えている。」

やっとここんとこ、こういう問答がかみあったりするところが進歩です。

「ねえ、テストの点が悪かったって言ったけど、げんちゃんって、普通の子より、時間だけは、長く勉強しているよね。なんで、たくさん勉強して、なぜ成果が全然でないの?」
(まあ、ぜんぜん成果がでてないわけでもないのかもですが・・・・げんちゃんには、大げさに表現する必要があります。)

「意識を入れないから。」

「そうだよね。正しい勉強の仕方をしてないからだよね。外がわだけやっているふりをしても、心が入ってない勉強なんて、やっていないのと同じだってことだよね。」

げんちゃんはうなづきます。

しかも、テストが終わった時に出すようになっていた英語ドリルも、なんとカバンに入っているじゃありませんか。ほんと、どっと疲れます。私の努力は水の泡・・・・なんてエネルギー効率の悪い息子・・・・(´;ω;`)

英語は47点。社会は29点、理科は31点 美術は62点 技術42点
  あとはまだ帰ってませんが、げんちゃんの進化と課題がよく見えました。。

意識抜いちゃって、準備もぱっとせず、内容は、2年で難しくなって、範囲もばかに広い。それを考えたら、げんちゃんは伸びてると言えるのかもしれません。




by glow-gen | 2019-06-20 23:49 | 定期試験 | Comments(5)
Commented by robo_223 at 2019-06-21 09:01
げんちゃんは本当に一歩一歩前進して行っているのですね。そう言えば、初めは解答用紙の書き方が分からないところからスタートして、試験期間の途中で幽体離脱したり、試験の結果に興味ゼロだったりしたんですよね。

それなのに、解答用紙の記入は心配なくなり、幽体離脱もなくなり、結果を気にするまでに至ったのですね。おまけに、内容がぐっと難しくなる2年生になっても点数が下がっていないということは、実質的には、かなり成長しているということだと思います。

しかし、美術などの技能教科まで準備して行くことは、ママさんが本当に大変ですよね。お疲れ様でした。仕事もされているので、疲れきりますよね。

でも、だんだん、げんちゃんが試験の意味を感じられるようになった今は、サポートのしがいもより出て来ると思います。

Commented by ゆうママ at 2019-06-21 14:37 x
げんちゃん、どんどん成長してるんてますね!試験直前の記事からは、とっても大変そうな様子が伝わってきましたが、テストの結果を見ていると、そこまでひどい気がしないです。
英語なんて進行形〜未来形〜SVOOの文型〜to不定詞が範囲です。次のテストで半分近く取れる気がしないですよ。
副教科は本当に手が回らないです。とにかく提出課題を仕上げることに時間がとられてしまいます。

今思えば、うちの子は1年生の1学期が一番よかったです(涙)
多くの子が下がって行く中、上がっていってるのはやはりすごいことだと思います。

この点数くらいの子は、割といると思いますよ。息子の学校は二極分化しています。こんな息子でもビリではないので…。そして息子は自分より点数が低かった子をチェックしてきます(苦笑)
Commented by glow-gen at 2019-06-22 12:19
ロボママさん
ありがとうございます。確かに、能力は上がっているように思います。でも、それを出せない、というのがジレンマです。
意識をしっかり入れないと持っている能力の半分さえ出せないげんちゃんなんだ、と思います。
テストも、あとでかえってきた国語は17点くらいで、初日にあったのですが、わからないところで、止まって意識レベルを落とす、ということをやらかしてしまいました。大問5問のうち、1問で終わり。
 エネルギーの空ぶかし・・・自分のマイルールにこだわって、順番にやらなければならない、とか、わからなかったらそこをなんとかする、とか、結局こだわりで撃沈したようです。
 国語なんて、30点は絶対とれるはずなのに・・・
 とにかく、しなやかさがゼロ。そこまで教えないといけないの?って感じ。
「漢字からやるのよ。」
と言って送り出したのに、それです。帰ってきてから、なぜ、わからないところをとばすのか、図説して理解できるように落としてやった結果、理科は大問12問あったのに、全部とりあえず書き込みました。
 いったいこの子の能力はどこなんだ、と思いたくなります。
能力は、まわりの必死の努力でついていますが、本人が気持ちをいれず、出さない。出す方法を模索しようとしない。

げんちゃんの問題点は厄介だと思います。
まあ、それでもこつこつ能力をつけてやるしかないですね~。
ほんと、手がかかってしようがない!
Commented by glow-gen at 2019-06-22 12:59
ゆうママさん
できたときのことを書くと、ほんとに伸びているんですが、ロボママさんのコメにも書いたように、げんちゃんは、出力拒否ってのがあって、能力が全く出せないことがとても多いです。
国語は、できるはずなのに、問題が、みっちり紙に書いてぎっしり感が強いからか、最初からなげているようです。前半の5分の1しか解いていないです。それに対して、理科は、ドリルの問題とかと同じ、レイアウトなので、最後までやった。
そういうこともあるように思います。
気が向けば、気持ちをいれる、向かなければ入れない。
私は、げんちゃんが、その状態を克服して、常に気持ちを入れて、とらえるべきことをとらえられるようにできたらな~と思います。
まず、試験に対して、ちょっとだけ気持ちが変わったのは第一歩でしょうね。

でも、お子さんは、周りの人の点数まで気にかけられるのですごいな~と思います。
ゲンちゃんより、一つ前を行ってるな~。次は、そこまでいけるといいです。

お子さんもげんちゃんも、試験のあとの結果から、フィードバックするおとができて、次につなげられるといいですよね~。
Commented by glow-gen at 2019-06-22 13:38
ゆうママさん
実技科目は、げんちゃんは、普通の教科より好きなのかな、と思います。でも、今回の家庭科は、たんぱく質とか、ちょっと化学っぽかったのでだめですが、(18点だったような)より生活密着のものはふつうの教科より教えやすかったりします。
今回、美術は最高点。デザインの実技が入ったのですが、そこでとっていました。昔なら考えられない。
げんちゃんは、抽象的なものより、実体的なものの方がいいんでしょうね。音楽は、ピアノの先生も直前のレッスンで少しやってくれて、本人も好きなので、少しましです。まだ見てませんが。

なんか、ものごとを、触ってなめてみて、そんな感じでとらえていくげんちゃんなんだな~と感じています。
実技教科は、チャレンジの実技まとめブックがあるので、準備してやれます。あれがなかったら、私もどこがやまかわかりません。
<< IQは心次第の発達育児 天才とバカは紙一重ということは... >>



中学2年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク

げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
支援学校のひさしくん
注意欠陥
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
何度やってもできなくて。..
by ここあ at 23:17
ゆうママさん お疲れ様..
by glow-gen at 14:31
なんだか、投げやりなコメ..
by ゆうママ at 13:48
支援学校の期待値の低さは..
by ゆうママ at 13:02
ここあさん おっしゃる..
by glow-gen at 23:13
ロボママさん そうです..
by glow-gen at 23:02
小さい時から『何か違う。..
by ここあ at 21:06
返信をありがとうございま..
by robo_223 at 15:22
ロボママさん  ひさし..
by glow-gen at 14:56
ロボママさん 詳しく解..
by glow-gen at 14:51
2つ目は、げんちゃんママ..
by robo_223 at 10:08
今回の記事も大変意義深く..
by robo_223 at 09:44
mitukerukura..
by glow-gen at 23:20
こんにちは。 うちの子..
by mitukerukurashi at 06:44
とんままさん >仕事辞..
by glow-gen at 17:43
moyokoさん コメ..
by glow-gen at 17:30
もう夏休みなのですか! ..
by とんまま at 14:12
はじめまして。同じ中二で..
by moyoko at 11:33
ここあさん 成績はひど..
by glow-gen at 01:22
ゆうママさん そうです..
by glow-gen at 01:07
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧