人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

常識も人としてのところも、すべて1からのげんちゃん

  げんちゃんは、長いトンネルの中で、一つ一つゆっくりステップを上がっています。あまりにも、鈍重に上がってくるものだから、周りは疲れ果てていますが。

 やろうと決めて、思いを入れることができると、これが、げんちゃんという人格なのかも、という彼がちらっと垣間見えます。でも、そんな瞬間はめったになく、普段ぼ~っとして、すべて他力本願、待ちのげんちゃんです。
 先日、実家に帰る車の中で、彼は、どういうきっかけなのか、気持ちがびしっと入っていました。

「僕はね、学校で一番かっこいい先生は、○○先生だと思うんだ~。」

げんちゃんは、自分の意見を饒舌に話しだしました。私はうれしくなって上手に相槌を打ちます。

「へ~・・・それって、ほかのクラスメートが言ったの?」
「まあ・・・それはそうだけど、僕もそう思う。」

げんちゃんは、イケメンというその先生を思い出しているのか、にやにやしていますが、自分の世界に入ってしまったげんちゃんではなく、ちょっぴり聡明な目をしています。
そのあとも、クラスの話や、自分の思いをささやかですが話します。やれやれ、普通の子なら、いつもこういう話をしながら、楽しくドライブをするだろうな~。私は、げんちゃんと人生で、初ではないだろうか。

「なんかしゃべって!」

とかさいそくしてみたり、

「ねえ、学校の友達と話した?」

とか、根ほり葉ほり聞き出して、やっとぽそっと一言二言話すだけのげんちゃん。なんてつまらない子供だろうか・・・と、ため息をついていました。発達のお子さんでも、饒舌に話す子もたくさんいますが、げんちゃんは、自分がどう感じるかさえ、つかめない蝋人形みたい。

 でも、ゴールデンウィークの最初の日曜日の数時間、げんちゃんはまるで普通の子みたいでした。(普通の中学生ではなく、小学生あるいは、幼児・・・といったところかも)

「僕は、精神病院に行くようになるかもしれないから、行かなくていいようにならないと・・・」
ほう!、初のメタ認知か・・・(自分を客観的に見る)まあ、この発言は、まったく自分のことをつかもうとしないげんちゃんに、危機感をあおるために、Sさんや私やK先生が、時々言ってることなのですが・・・今まで聞いたこともないような謙虚な発言! 

とにかく、素直だし、謙虚だし、こういうげんちゃんに変身するなら、なんて素敵!

でも、やっぱり、この一瞬でした。実家に帰ってしばらくすると、またぼ~っと抜けています。学習も、はなはだぶっとんで、私が叱ってしまうと、実家の母が、げんちゃんをすぐにかばうという、いつものパターン。こうなると、げんちゃんは、してやったりと、ますます助長する。

そそくさと、家に帰るようになってしまう私です。
帰って、パパに話すと、
「そこで、いっしょになって、げんちゃんを責めると効果あるんだけどね~。一方向の圧ではきかなくても、もう一方からかければ、効果ある。ヤツは抜いてるだけだから。やりゃできるってのに。」
パパも最近、げんちゃん育児に、多少は正しい考察ができるようになってきています。笑
そして、今日は、げんちゃんにあきれた事実が判明しました。

太閤秀吉が水を求めたという太閤水と名付けた井戸が、福岡の各地にあるのですが、一番近くにあるそれを見に行きました。(我が家のGWは、人ごみによりつきません。せいぜいこの程度の外出。)げんちゃんが、ある時、太閤水ってどこにあるの? と聞いてきたのです。

「ところで、げんちゃん、太閤水なんて誰におそわったの?」
とパパが訪ねます。
「え~っと、学校の先生で、社会を教えている先生。」
私は、は?とあきれます。だって、それは担任の先生ですもの。
「げんちゃん、担任の社会の先生に聞いた、と言えばすぐわかるでしょ!」
と私は、いらっとします。

が、そのあと、あきれた事実が発覚します。げんちゃんは、”担任”という言葉を知らなかったのです。え~~っ!

うそでしょ! 8年間、クラスに所属して、担任を知らない。夫婦で唖然とします。げんちゃんは、自分が聞きたいところ、見たいところ、それだけ一点を聞いて、見て、あとは、モザイクで隠されたような視野で暮らしていたというわけでしょう。彼の世界には担任も存在してないし、常識と言われるほとんどの世界が、モザイクの中!

「げんちゃん、担任を知らないなんて、おまえ、恥ずかしいぞ! 常識ってもんがないよ。担任ってのは・・・」

 説教されるのが私ではなく、パパだったので、げんちゃんは、神妙に聞いています。なるほど、私やK先生といった、いつものメンバーに言われるだけなら、自分は、常識がまったくない恥ずかしい人間だと言われても、聞く耳を持たないのでしょうが、今日は、さらにパパから、となったわけで、圧は、また別の方向からかかったわけです。みんなの言うことって本当かも、とちょっと動揺しています。おかげで、家に帰ってからの学習は、気持ちがはいっていましたよ!
 
なるほど、げんちゃんに逃げ場を作らないとは、こういうことでもあるのでしょう。実家の母一人のちょっとした発言でも、平気で逃げ場になります。


それにしても、げんちゃんは、ある意味、覚醒してきたものの、常識は一から、人としても一から・・・まるで、ロボットのソフトを一からプログラムしていくようです。
そして、最近のパパのささやかとはいえ参戦は、ほんとありがたい。。



by glow-gen | 2019-05-03 22:01 | 発達障害改善の段階 | Comments(8)
Commented by ここあ at 2019-05-04 14:05 x
10連休。28日から夫が出張なので我が家も家にいます。27日に娘と夫と二人でグリーンランドに行きましたが、娘はジェットコースターや海賊船が大好きです。今回も海賊船に23回も乗ったらしくて。。夫は2回でダウンしてその後一人で乗っていたそうです。目が回らないのか何なのか。。。毎日アルファベットや小学校の復習をしていますが、本当にびっくりすることは多々あります。げんちゃんが『担任』という言葉を知らなかったというのは娘にはよくあることです。何となくわかっていても説明できないという場合もありますが、本当に『何で知らないの??』と思いますし、逆に息子や普通の子供たちはどうやって知っていっているのかが不思議になったりします。知らない言葉を聞けばどうなんですかね?調べたり、場面で想像したり、テレビの中で知ったり、そういうことを繋ぎ合せていくんでしょうけど、そういうことをしないですよね。連休が終われば体育会の練習が始まるみたいで、どうなるのやら。。。
Commented by glow-gen at 2019-05-04 23:52
ここあさん
中学生活、GWでちょっと一休みできましたね。
ところで、ジェットコースターは、げんちゃんは、恐怖の対象でしたよ。少しずつ準備して、やっと克服させました。いやなことも、チャレンジして乗り越えられる、というひな型に、ジェットコースターを使いましたよ。
 椅子を回しても、目が回らないのは、げんちゃんも同じですが。最近やってないので、やってみよう、と読みながら思いました。
 担任 という言葉のことですが、やはり似たようなことはあるんですね。
テレビ番組とかで、犯人のところだけしっかり映っていて、周りの風景にはぼかしが入っているようなドキュメンタリー番組があるでしょ。
あんな感じなのかな、と思います。げんちゃんが見ている世界って。スポットあてたところだけ、単発。とにかく、一つ一つがばらばらで、関連性がないのですよ。
だから問題を解くときも、前にヒントがあってもわからない。
でも、GWに、関連性をつけながら勉強する、ってことが、少しずつ可能になってきていて、がんばってやっています。ただし、初めてのトライのようで、本人疲れるし、やたら時間がかかるし、で、きついです。
 とにかく、根気よく、関連付けるように声掛けする必要がありますよね。
また、意識が少し入ってきたら、今までの点を、もう一度そうざらいして、ほかと関連付けるような操作が必要になりますね。今、そのときなのかな~・・・本人もきついみたいです。
 行動もすべてやりっぱなし、なので、そこを改善することも、関連付けなんだろうな、と思います。どちらにしても、本人のやる気、本人の問題意識が根底になければなかなか進みません。そこをつけてくるのに、ほんと2年かかってきた、そんな気がします。
Commented by robo_223 at 2019-05-05 01:03
私もroboの小学校一杯は、何から何まで私が一から仕込んでいるような気分でした。ようやく中学生になって、いつの間にか出来ていたり、少しは自分で試行錯誤して習得するということが出来るようになって行きました。

それと同時に、確かに視野が広がったように思います。以前は筒のようなものを通して世界を見ていたような状態だったように思います。

また、昔は車酔いしなかったのに、小学校高学年くらいから急に車酔いするようになったりと、三半規管が育って来たりしました。

発達障害って本当に不思議ですね。やはり、その子によって、ペースはまちまちですが、改善するものなのですよね。

私はたぶん改善を絶対させなければ!とは思っていなくて、出来れば改善すればいいなぁ、と思っているくらいなので、ちょっとの改善でも、すごく改善したように思い嬉しくなってしまうため、げんちゃんママさんより、余計改善を実感しやすいのだと思います。

例えば、げんちゃんが最近、あまり反抗的な態度を取らないようになって来ているように思い、それは凄いことだと私の場合は感じています。たぶん絵画教室をお休みさせたり、手帳を取らせたりという荒療治が良かったのかな、と私は思います。こういう思い切ったアプローチがなければ、今頃、反抗の全盛期を迎えていても不思議ではなかったと思うのです。

反抗期が下火になって来て、ある程度落ち着いて、物事に取り組めるようになって来ただけに、また別の課題が目につくようにもなったとは思いますが、実は着々と改善に向かって前進していると思います。

本当に見掛けの現象だけじゃ、わからない部分がありますから、実際のところを深く検証していく必要がありますよね。

しかも、いよいよパパさんのナイスアシストも入るようになって来たのですから、頼もしいですねー!

2年生は、げんちゃんのコアな部分にいよいよ着手できるのではないでしょうか。
Commented at 2019-05-05 14:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by glow-gen at 2019-05-08 12:16
ロボママさん
コメントありがとうございます。
ロボ君の視野は確かに広がっていますよね。
これは、意識で、まわりをとらえはじめていることで、どの子でも、すぐにできるわけではなりません。性格もあります。
まわりを気にしやすい性格の子は、まわりのことをげんちゃんより気にします。だから、やり方次第で、まわりから圧をかけることができます。外に気持ちが開いているということで、成長段階では、トラブルも多いかもです。なんせ、周りの子ともかかわるわけですから。
 げんちゃんは、あるところからトラブルはほとんどありません。周りの子とは気にしない、というもともとの性格によるものも大きいようですから。
 ロボ君は、周りを気にする、というレベルと、自分を抑えるというレベルが、バランスが取れてきているのではないかな、と思いました。
 自分をおさえられのは、知的な理解もちゃんとできて、気持ちとつなげるようになっているということなのかな、と思います。

 人は、いろんな角度からいろんな見方をして、感情というものをしっかり分析できると心が安定しやすいですよね。そのためには、いろんな角度からの見方を親がもっていなければなりません。
 伝えてあげるおや自身の資質も問われます。ロボ君の成長イコールロボママさんの成長でもあるのだと思います。おもしろいですよね。

げんちゃんの感情炸裂はおちついてきました。やりたくない、でもやらねば、のうち、やらねばの方に、軍配が少しだけ上がるようになってきました。ほんついこの頃ですが。
Commented by glow-gen at 2019-05-08 12:58
Kさん
6年生になったんですね~。
そして、学習がついていけるなんてありがたいですね。
たしかに、げんちゃんは、やることが多すぎて、本質のことは考えていたけれど、伸ばせる部分をやっていれば、そのうち、と考えていました。でも、何ができるようになっても、本質が全然変わらないので、あぜんとしていました。意識のことは、Sさんがいなければ、気づけても、ここまで明確にターゲットとして改善できなかったように思います。

>「コロロ発達療育センター」の「発達プログラム」という冊子を紹介したいと思います。

紹介してくださった本は、意識は私たちは外から探るしかなくて、その集大成なのかな~、と思いました。ありがとうございます。

思春期は、なかなかやっかいな時期です。発達のことを言わなくても、なんとかなるのであれば、ほんとにそれはすごい改善だと思います。

万が一、むつかしいことがおきてきたときは、迷わず、本人にもまわりにも伝えて、立ち位置をしっかりして進む方が楽で、うまくいくこともあります。
本人の伸び次第。期待したいですね。
Commented at 2019-05-11 13:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by glow-gen at 2019-05-12 00:24
Kさん
そうですか~。読ませていただく限り、げんちゃんとは、ぜんぜんタイプ違いますね。お菓子の袋は、そのまま、脱いだ服もそのまま・・・げんちゃんは、終わった行為のあとしまつってものは、なかなかできませんよ。終わると、意識は、そこからなくなるようです。ちゃんと、しゃかしゃかやるなんてすごい。げんちゃんも、最近は、死ぬほど繰り返し言ってるので、やるときも多くなってきてますが。

せかせかとした感じのお子さんって、どんな感じかな~。。小学校の支援クラスにそういう子いましたが、頭良かったですよ。意識が出ているんでしょうね。その子は、障害がよくわからなかったですよ。饒舌にしゃべっていたし。私にお世辞とか言えていた。

中学は、学習も大事ですが、頭をもたげてきた自己を正しい方向性にもっていくことが、最も大事なのかな、と思っています。
 変なことをしまくっているのに、自分はみなと同じ。そう思ってしまうと、今後の方向性が大きくずれてしまいます。

 正しい常識感がついていないのに、学習だけできているので、自分は、ちゃんとやってると思い込む。学習ができるお子さんは、そういう落とし穴に落ち込みやすいです。勉強ができても、そういうことは、たいしたことじゃない。あなたは、正しい常識感をつけなくては、普通とは言えないよ。
 ママ自信が、この子は普通なんだと思いたい。そういう気持ちが、子供にリンクして、助長させることがあります。学習ができるお子さんの、大変なところかな、と思います。
 常識感がばっちりついてきているならば、もう、普通のレベルに入ったと言えるのかもですね。
 これからが、大きな山場ですね~。がんばってくださいね。
<< 気持ちを入れた学習、絵画教室の... 意識障害との闘い。思いが入らな... >>



中学2年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク

げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
支援学校のひさしくん
注意欠陥
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
職業体験、周りの企業やお..
by みかんまま at 08:22
私もげんちゃんママさんと..
by robo_223 at 07:52
とんままさん ほんと、..
by glow-gen at 18:13
普通の子のお母さん方に子..
by とんまま at 10:45
こんにちは。 げんまま..
by とんまま at 10:41
ゆうママさん 学校のプ..
by glow-gen at 07:55
ロボママさん お返事あ..
by glow-gen at 23:26
前回のコメントのお返事あ..
by ゆうママ at 20:32
お忙しい中、返信をありが..
by robo_223 at 08:20
ロボママさん 私は、げ..
by glow-gen at 21:18
しかし、げんちゃんママさ..
by robo_223 at 23:15
私も「母親を無視して改善..
by robo_223 at 22:35
とんままさん コメント..
by glow-gen at 13:59
何が何でも心を使おうとし..
by とんまま at 05:35
kさん >療育をすると..
by glow-gen at 13:23
ゆうママさん プリント..
by glow-gen at 08:23
ロボママさん そうです..
by glow-gen at 08:07
とんままさん  ほんと..
by glow-gen at 08:00
昨日は穏やかな書き方をし..
by ゆうママ at 13:24
同じく、私が離れたらダメ..
by ゆうママ at 12:25
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧