人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

発達障害、本丸決戦か・・・

 さて、いろんな能力があがっているだけに、げんちゃんの本質的な問題があぶりだされてくるようです。

げんちゃんの朝は、ほんとに戦いです。夜10時に寝ているのに、7時に起こすことはほんとに大変です。7時前から起こし始めて、7時30分に起きればましな方で、毎朝、私はくたくたぼろぼろです。

なんとか起きてきたげんちゃんに、
「ねえ、げんちゃん、靴下そこにおいてあるのを使ってね。」
と言いました。
うん、と返事したのに、しばらく見ていたら、げんちゃんは、引き出しから新しい靴下を出して持ってきました。

 やれやれ、また、聞いていない・・・・そうです。げんちゃんは、いまだにこういうことが日常茶飯事。どんなことにしても、聞いて理解したと思ったらとんでもない、そんなことのオンパレードです。なまじ、しっかり聞いているように見えるだけに、深刻です。

げんちゃんは、学生服を着始めます。先にズボンをはいて、きっちりベルトを締めます。それから、おもむろに、トップスを着ます。見ていると、トップスの下をズボンに入れるため、きっちりしめたベルトをまた外し始めます。

なんてこった!  これはもう4月から同じことが続いています。

先にトップスを着れば、ズボンのチャックもベルトも、一回でうまいことセッティングできるというのに、何度言っても、げんちゃんはこの手順に何の疑問も持たないようです。

「何やってんの。一度締めたベルトをまた外すの? 着る順番を考えたら、ベルトをしめるのは一回ですむでしょう。」

私はうんざりします。

 さらに、パジャマをたたんでチェストに入れる、という行為をいやいやながらします。これはもう何度も何度も繰り返しさせてきたので、言えばとりあえずやります。しかし、やりたくないという意思表示をしながら、めちゃくちゃにやって、私が見ていなければ、チェストに押し込むだけ、ということになります。

「きちんと始末しないと、部屋にまき散らしたら、みんな迷惑だよ。」
「また着るんだから別にいいじゃん。」

横柄な態度で開き直る。

 つまり何が言いたいか、って、げんちゃんは、何事もできないわけではなく、そこに価値感をおかなければ、「また着るんだから、別にいいじゃん!」
というふてぶてしさで、まったくやろうとしないわけです。自分が価値をそこにおかなければ、気持ちを入れることを完全放棄する、ということなのです。

寝巻のことはほんの一部で、たいしたことじゃないかもしれませんが、この発想法が、すべてにわたって支配するのです。

 ”必要ない”、なんて、とんでもない! 普通の社会で必要なたくさんのことも、げんちゃんは、独自の世界観で必要ない、と決める。

普通のお子さんなら、やりたくないな~。自分的には価値が薄いな~と思うことでも、まわりを見て、必要なことだと気づけば、しぶしぶでも、それなりの行動に出ることでしょう。
しかし、発達障害で、しかも、鈍感力が半端ないげんちゃんの場合、”必要ない”、”いやだ”、”めんどくさい”、というフィルターがかかってしまったことは、どこまでいっても、気持ちなど入れない。
 気持ちを入れないから、驚くような低いパフォーマンスでいってしまうのです。

 英語だって、数学だって、学習という名のものなら、昔からフィルターかけっぱなしなので、脳の回路はめったに開きません。

 でも、価値を認識した、または、好きだと思った絵画やピアノは、当然のごとく、さっさと開花させる。能力が一気にのびたわけではなくて、フィルターをはずしただけ、なんだと思います。別に開花したわけでもなくて、そこに価値をおいたから、当然出てくる・・・・そういうことなんだと思います。


逆に、逃げ場を作って、
「こんなもん、する必要ないさ。」とか、「無理だよ。」
とか、勝手に決めてしまったものは、なかなかフィルターはとれません。いくら、テストで必要だから、とか、いろいろ理由付けしてみても、わがままなげんちゃんの脳の回路はシャットアウトしたままです。普通の子だってそういう部分はあるものの、げんちゃんは、自分で気づいてない深いところでそれをやってしまう。


げんちゃんが、独自の世界観でフィルター掛けがなされたものは、ほんとに手ごわいです。

 昨日2年生の七田の算数をさせてみたら、え? というできなさでびっくりしました。これがこの子の実力?、とつい思ってしまいますが、能力とは別のところの原因だと思っています。

 彼が作ったわがままなフィルターををはずすことができれば、絵画のような出力がなされると信じます。たくさんの、血のにじむような取り組みのもと、もうほとんどの能力はある程度スタンバイできたのです。

 げんちゃんの障害を、知能指数で表すのは違うように感じます。フィルターをかけていたので、すっかりさびついている能力もあるものの、心のフィルターをとることができれば、IQさえうそのように伸びる。

絵画がいい証拠・・・・

 しかし、おいそれと、フィルターがとれるわけでもなくて、本人のずるがしこさだけ、成長させているようです。Sさんのクライアントの中でも、群を抜いて、動かない心・・・・そんな感じなんじゃないかな、と思います。Sさんが、重症の意識障害という意味がよくわかる・・・

 先日、支援学校に行っているT君が家に来た時に、げんちゃんとは本質が違うと感じました。彼は、何事も気持ちは入れている。学習にしても、生活のことにしても、それらが必要なことも、素直に受け入れているし、努力することが当たり前と思っています。でも、いろんな脳力がそなわっていないので、なかなかできないのです。

 T君は、今まで私がげんちゃんにしてきた多くのトレーニングさえすれば、伸びていく。そう感じました。げんちゃんより、彼を伸ばす方がきっと建設的でストレスが少ないだろうな、と思いました。

 気持ちを入れればできるようになるのに、一切シャットアウトして、ずるく逃げる心の状態、あるいは意識の状態。これぞまさに、げんちゃんの本質的な問題で、大きな壁となって私たちの前に立ちはだかっています。
 げんちゃんは、知的障害ではなく、精神障害だということが、ひしひしと感じられる日々です。

 げんちゃんが、ひどく心を動かさない、と決めてしまった日は、げんちゃんの目は、まるで、精神疾患者が、薬でぼ~っとしているような目に見えます。たとえば、自分のまわりに蚊が飛び交っていて、足や手をかまれそうなのに、目の前の小さな視野に、蚊が飛び込んできた時だけ、突然げんちゃんは目がさめてぱちんとたたく。でも、蚊がまた視野から消えれば、蚊などまったくいないかのごとく心に幕をおろす。

げんちゃんは、そういう感じです。

 蚊を追えないのではなく、認識しようとしない・・・・げんちゃんのトラブルの本質は、なんとも恐ろしいな~と思います。そしてこの部分さえ、改善できれば、げんちゃんは、真っ黒いカードがドミノ式に全部ひっくりかえって白にかわるように、大きな成長を遂げるのではないか、と感じます。

Sさんによると、げんちゃんの根底にある、”逃げ”の心が、マイナスに流れる心が、わがままなスイッチを作っているそうです。




by glow-gen | 2019-03-14 17:47 | 意識のこと | Comments(4)
Commented by ゆうママ at 2019-03-14 18:34 x
げんちゃんママさん!
同じすぎて涙が出てきます。もうお手上げでお話ししたいと思っていたところです。

夫が出張でいない昨日の夜、約束を守らずにずっとスマホで動画を観ていたのでとりあげたら(時間を約束し、何度も予告して)それに気分を損ねて、裸足で家を飛び出しました。

いろんなこと前よりやらなくなりました。時間割、朝起きること、宿題。
もうまともな人間に育つ気がしないです。逃げるためならあらゆる手段を使ってきます。しんどいです〜。発達障害の子でも頼もしく成長して行く子もいるのに。もう私の能力ではどうにもならないです。
Commented by glow-gen at 2019-03-14 19:11
ゆうママさん
今まで、げんちゃんは、あらゆる能力に欠けていたので、私は、げんちゃんの本質をここまでしっかりとらえていなかったようです。
 人形のように自分がなかった子が、自分をとらえだすと、人間のエゴをむき出しにして自我が暴れだしているようです。でも、どこかで、これではいけない、とも思っている。その二つがずっと長いことせめぎあっているのです。

 人の心は、マイナスにもプラスにもいくものですが、この子たちは、意識を自分がしっかり握っていないものだから、どうしても、闇に飲み込まれるのでしょう。今は、ほんとに本丸決戦だと思っています。
 絶対に、マイナスに向かわせてはいけない。

だから、逃げ場をことごとくふさぐ。S先生の言うことはもっともだと思います。

 ゆうママさんも、今は、一番きついのではないか、と思います。逃げることを覚えてしまっているお子さんですから、げんちゃんもそうです。
  
 でも、ここで、どっちに行くか大きな方向が決まると思います。また話しましょう!
Commented by robo_223 at 2019-03-15 08:52
「一般的な子なら価値が薄いな~と思ったことなら、周りを見て必要なことだと気づけば、しぶしぶでも、それなりの行動に出る」

これなんですよね~。おっしゃること、力強く分かります。価値を置かないことには、とことん意識を向けないのですよね。だから、出来ないわけではないのに、出来ないということになってしまうことが多々あると思います。

でも、それは自分で考えて行っているというより、そういう脳の働きを本質的に持っているのだということを常々感じています。ですから、私も周囲の状況や世の中の状況に即して、roboが自分をコントロールして行ける人になれるよう、日々努力しています。

しかし、少しずつ前進しているものの、正にそこが発達障害の核心的な部分だけに、簡単には改善して行きません。

私はそういう発達の子の本質的な部分を「ずるい」とか「逃げ」というようにとらえたり、表現したりしてはいませんが、ターゲットにしている部分は同じなのだろうと思います。

特にげんちゃんは、今自分というものをつかんで
自分の思い通りにしたいという気持ちが強い時期ですから、なおさら周囲や世間の状況を見て、それに自分を寄せて行くということが難しい時期なのでしょうね。これからの1年間は反抗期のピークにもなりますから、S先生のお力も借りながら、げんちゃんが自分に向き合えるように導いて行きたいですね。

以前から繰り返しお伝えしている通り、中2の時期は特に荒れる発達のお子さんが多くて、自宅で過ごせなくなるようなケースも多いです。暴走するのはげんちゃんだけではないので、げんちゃんが落ち着き始めて、自分というものにしっかり向き合える日まで、チームげんちゃんが一丸となって支えて行くことになりますね。

ところで、絵の分野で才能が開花する知的障害の方が多いのは、知的な操作をする脳の部分と絵に向かう時に操作する脳の部分が違うからなのだと思います。でも、げんちゃんの場合は、絵も努力で上達したのですから、絵のための脳も開発されたものなのでしょうし、また、もともと芸術的な分野の脳が開発されやすいお子さんだったからなのでしょうね。脳は本当に不思議ですね。
Commented by glow-gen at 2019-03-15 15:47
ロボママさん
いつもアドバイスありがとうございます。
中2は普通、思春期ピークでたいへんな時期にあたるんですね。自宅で過ごせないなんてことがあるんですね。
 げんちゃんは、幸いはげしい感じはなくなっています。
それも、逃げ場をふさいできたからなのでしょうか。でも、自己葛藤の中にあります。プラスに行かなきゃと思っていないわけではないのに、マイナスに甘んじたい自分がいる。げんちゃんの認知が全部わかっているわけではないので、上手にブログにおこせないとここもあります。
 よかれと思ってやったことが、裏目に出ることもあるし。
 しかし、スイッチを入れる時間も長くなっているはずだし、必要とあらば、気持ちを入れて、いろんなことがちゃんとできるようになっている。あとは、自分の心の思いだけだろうに・・・
 見てるとそんな感じです。だから、周りを囲むすべてのメンバーが、なめらかに、同じ方向性で指導する必要がある。と思っています。学校の先生にも話に行きました。
 
今げんちゃんは、確信にきた・・・そう感じています。中学の2年で、なんとか、方向性をつかませたい・・・そんな感じです。
 いいところもたくさん出てきているのですが、まだまだ油断がなりません。本人の心の中は嵐のようなのかもしれませんね~。傍にはふてぶてしいだけに見えますが・・・

 人間として、正しい方向へ自ら常に向かうようになってほしいです。
<< マインドマップの旬が来た。心の... 発達障害の思春期は薬漬け? >>



中学2年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク

げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧