げんちゃんの発達障害プロジェクト

発達育児、極端に走らせてはだめ。ことばかけ命!

  げんちゃんの定期試験は、結果は捨てるとしても、定期試験に向かう、普通の人たちの気持ち、、とか行動とかは、やはり、しっかり入れる必要があると思います。
 まったく間に合わないこの状況で、どういうかんじでやるのか、というのは、私も悩みます。

がしかし、ほんとに、1週間にせまってしまったので、気持ち合わせ、英語、社会、理科の、提出義務のドリルくらいしかできなくなってしまいました。(いや、それさえ、出来上がらないだろう!)

なんせ、げんちゃんは、処理スピードがあまりに遅いし、まだまだ逃げる気持ちばかりで、こっちとモチベーションが乖離しています。

 逃げる、という気持ちは、Sさんからも離れておきたい、という気持ちになって現れます。
先生がうちに来ていて、お帰りになるときに、門のところにいるのを、帰宅中のげんちゃんが、先生を遠目に見つけた時、徒歩のスピードをいきなり、遅くする・・・・なんていう行動が出現します。

 S先生は、全部お見通しのようで、上手にげんちゃんを指導します。
 
 圧というのは、外から、マヨネーズを絞るようにかけるだけではなく、中に、あるものをぐぐぐっと引き出すようにかける圧もあるということらしく、今は、後者の圧をがんがんかけています。

 つまり、げんちゃんの逃げたい、でも、それではだめかも・・・・そんなところでゆれているげんちゃんに

「君はもうできるんだよ。逃げていたら、低いところに落ちちゃうよ。そうなりたいの?」
「普通なら、もう相手にしないよ。でも、僕がげんちゃんを指導しているのは、げんちゃんを愛しているからだよ。」
etc・・・全部録音して、書きたいくらい、計算されているようです。

 まあ、こういう感じで、げんちゃんの中にあるプラスの気持ちを大きくしてもらうように圧をかけるるのでしょう。

確かに、外からどかんと力をかけるやりかたは、マヨネーズにたとえれば、中のマヨネーズが、びよんと、変なところに飛び出して、使い物にならなくなるような具合なんでしょう。

「はいはい、わかったわかった。」
も、私に対して、相変わらず飛び出します。

「はいはい、わかったわかった、なんて、君ができていないから言ってるんじゃない。」
「それとも、ちゃんとできているの?」
「できているんなら、言わないよ。できていないから言っているんじゃない。何言ってんの。」
「言われたくないなら、ちゃんとやりなさいよ。」

まあ、特別なことを言ってるわけではないけれど、これも、S先生に教えてもらった言い方で、

あらゆる方向性から、なぜそう指導しているのか、という理由を、しっかり、細かく落としてやる言い方を付け加えるといいようですね。

「お母さんは、そういう子にするために、あなたを生んだんじゃないよ。。ちゃんとした人間になるために、産んだんだからね。」

まあ、あらゆる言葉を駆使して、言葉かけをしないといけないようです。

つーと言って、カーとぜんぜん行かない子供たちです。ほんとに疲れます。

日々、成長したようで、あぜんとするような失敗をしてくれるげんちゃん。もう、そろそろ観念して、プラス方向へ、エネルギーをなだれこませてほしいです。


 それから、前回のブログで書きましたが、げんちゃんをコンサートのあと、清塚さんのサイン会に参加させたことは、失敗だった、とS先生に教えられました。
げんちゃんは、素晴らしい演奏を、意識にとらえて、あれこれ考えるレベルから、オーバーランしてしまって、ただ、感情でつかんで、舞い上がって終わり、となったそうです。

もし、サイン会なしだったら、もっと演奏会のことが、細かく心に落ちてくれて、持続性もあったのだとか。

この子たちは、なんにおいても、”いきすぎたらだめ、”なようです。冷静さを失わせないことが大事なようです。

自分の世界観につっぱしりやすいし、感情に走りやすいし、げんちゃんに関しては、すぐに捨て去りやすいし・・・・
何事も寸止め・・・・・そういう感じのようですね~。
 確かに、先日テレビで見た、発達障害のピアニスト、野田明日香さんも、ご飯の時間も思い出せないほど、ピアノを弾いてしまう・・・と言ってました。普通の世界で生きていくためには、やはり、寸止めして、ちょっと自分を見つめるたり、冷静にフィードバックしたりすることが大事なのかもですね。第一、やれてるからいい、と思ってみても、やりすぎて、あとにどか~んとマイナスがくることも多いはずです。


げんちゃんは、コンサートのあと、二日間は、ややプラスに暴走し、その次の日、今までにないような、へんな放心状態がやってきて、前二日を帳消しにするような感覚でした。

人生は、たんたんと、がんばっていかねばならないわけで、落ちたり上がったり、ジェットコースターのような極端なところに走りやすいわが子たちには、ほんとに、限りない知恵と技がいるんだな~と思います。

まさに、私の発達育児は、ほんと佳境にはいってきたな~・・・・です。発達育児の奥義・・
秘伝の技のかずかず。マスターして、公開できるといいですが~・・・なんせ、道は険しい!(笑)

by glow-gen | 2019-02-06 13:21 | ほめるということ | Comments(7)
Commented by robo_223 at 2019-02-07 08:04
言葉掛けは、とても大切だと私も感じていて、roboには小さい頃から気を付けて声掛けをして来ました。

厳しく反省を促しながら、ヤル気を引き出す。気持ちを鼓舞しながら、自信を持たせる。などなど常に脳をフル回転させて、効果的な言葉を選んで声掛けをして来ました。

なんとなく、感情的に、ということは、この子達には許されないな、という気がしています。

言葉の背後の意味が理解できなくて、言葉の意味をそのまま受け取ってしまうからです。また、言霊ということが言われるようにネガティブな言葉を浴びせ掛けて育ててしまうと、その子の精神世界に暗い影を落としてしまうと考えていたからです。

親子の信頼関係を築くためにも、どんな言葉を掛けるかは、とても重要で、特に思春期以降の関係において、その真価を発揮して来ると思います。

ただほめる、というだけではなく、S先生がされているような子供を納得させるような言葉掛けは、より大切だと思っています。

その根底には、子供を一人の人間として認め、尊重する精神があると私は考えています。その人格を大切にされて育った子は、気持ちが安定し、自分を正しい方向に生かして行こうとするようになると思います。

そのことの方が、定期試験の取り組みよりも、まず優先されるべきで、その後に定期試験や習い事などの取り組みをのせていくと、より効果的に子供を成長させられると思います。
Commented by glow-gen at 2019-02-07 12:39
ロボママさん
 ロボママさんの声かけは、いつもお上手ですよね~。
 私は、あまり上手ではありません。でも、ノウハウだけでもなくて、やはり、心の波動というのは、人に伝わるので、パーフェクトでなくても、お互い育っていってるんだな、と思うとこもあります。
 神さまは、足りない私にいろんな人を備えてくださっているんでしょうね~。ロボママさんはも含めて。
 いつも感謝してます。

しっかし、こいつは、ほんと頭きますよ。
 ただ、前向きなエネルギーをちょこっと出すだけでいいのに、なんで、ここまで逃げるのかな~と思います。

 逃げる態度というのは、目に見えるものは、減ってきてますが、心が逃げてる。
 私も、Sさんもだまされません。

 いけよ~。いけ!いけ!
ってかんじ。
 なんか、逃げ腰で言い訳ばかりで生きてる選手に、かついれる監督みたいな気分ですね。

 ほめるだけでも、すぐにのぼせる。叱れば、蓋をしめる・・・

 げんちゃんは、この大物ぶりを、良い方に発揮すれば、こわいものなしだろうに・・・と思います。

 まあ、確かに、テスト勉強は、形としてやはり、やるってことにしないと、そこでまた、逃げ込むことに味をしめますから、それなりの形だけはさせてます。でも、確かに、優先順位の低いところにもっていっていいんだと思います。

 こっちもめんどくさいので、基本どうでもいいや・・・というとこにいます。身が持たない・・・

 この、一見わからないけど、はげしい”いやいや”は、げんちゃんの強さの裏返しでもあるように思ってます。
 プラス転換したら、・・・という親バカな期待感もあるんですよね~。
親って面白いと思います
Commented by ok_mom at 2019-02-08 09:10
言葉掛け、本当に難しいです。
よく、長いお説教は良くないと言われますが、
げんちゃんのオーバーランの記事を読んで、お説教もやり過ぎずに余韻が残る位で止め、心を動かすように働きかける事が肝なんだと気付けました。ありがとうございます😊
でも、それが本当に難しい…。
我が子ながら、まだまだ何がどうなっているのかよくわからない事があります。
意識メーターのようなものを感じ取る事の出来る、S先生のような方は何という能力なのでしょうか。本当に凄いです。
いつも貴重な話を記事にして頂き、ありがたいです。
これ以上はオーバーラン!という何か目安になるようなものがあれば良いのですが。。。
かめちゃんの場合、話が始まると3秒もせず、ガサゴソし始め、ブツブツと自分の世界へ逃避する事もあります。
そもそも聞きたくないという事のあらわれなんでしょうね^_^;
Commented by glow-gen at 2019-02-08 15:15
かめちゃんママさん
そうなんですよ~。まさか、サイン会が、すべてを台無しにしたなんてこと、誰も想像できませんよね~。しかし、のちの行動を見てると、なんとなく、そうなんだ~、と思えました。
 残念ながら、私は、S先生曰く、大筋では間違ってないよ、と言って下さったので、詳細を、こまめに先生に聞いています。
 できるだけ、記事にしていこうと思って、時々録音させていただいていますが、なんせ、ちゃんと理解して書けるまでになるには、私の能力が未熟すぎます。すみません。

 子供の行動が何に由来するか、しっかりわかれば、おのずと言葉かけも上手になるんでしょうけど、ほんと難しいですね~。
なんたって、生態が、げんちゃんは、ぜんぜん違いますもの~。

それと、本能的なものが、どうしても優先しますから、そこを、理性で動けるようになるためには、あらゆる働きかけがいりますね~。
Commented by ゆうママ at 2019-02-09 14:01 x
こちらは学年末テスト10日前くらいです。
上がったり下がったり、ほんと大変ですよね。私の気持ちも上がったり下がったりしています。小学校とは比べ物にならないくらいのプレッシャーです。

このまま苦手な勉強を無理やりさせることの意味を考え始めたりしています。
年に5回の定期テスト、長期休暇の宿題、長期休暇明けのテスト、市主催の実力テスト…
これらの度に、好きではない勉強をさせ続けるわけです。

逃げだと思ってたんですが、泣いてしまったんです。なんだか追い詰めていたんですかね。
S先生だったらなんておっしゃるでしょう?
狡猾な逃げではないような…。

点数とか評価とか気にしてはダメなんでしょうね。評価のための勉強ではなく、本当の意味での勉強を改めて考えなくては…と感じました。勉強させればさせるほど嫌いにさせてるような気がします。どうしたらいいのかなぁ?
Commented by glow-gen at 2019-02-09 17:12
ゆうママさん
 中学のテストは、目的ではなく、一つの手段と思っているんですよね。
 げんちゃんが、がんばることを覚えたり、忍耐することを覚えたり・・・etcいろいろあります。

でも、時に、目的になってしまいがちですね。ほんと。

今回のテストは、一応、取り組ませてみてますが、げんちゃんの精神状態が、あまりに自己中で、わがまま、逃げ逃げ逃げ・・・なので、手段として使うのは、ちょっと厳しいな、と思い、ほんとに、どうでもいいや、という気持ちです。

 まったく結果など求めるだんじゃない~。これを、どういう風に手段として使うのか・・・、あと1週間ですが、日々、格闘でした。でも、ここまできて、今回は、それ以前の問題が相当手ごわいので、テストを手段として用いる前に、日々、あれこれ、げんちゃんにふりまわされたり、こっちが戦ったり・・・と、大変です。

テストをどんな風に用いるか、というのを、しっかりすえていないと、そこの部分で、すごくふりまわされやすくなりますね~。

私は、内申とか、点数とか、どうでもいい、と思っているのですが、意識をいれず、抜いて、がんばらず、それでいて、私や先生に依存して、それなりの結果だけ、享受しようとする、(つまり、自分は、普通クラスにいるんだ、支援の子ではない。とかいうばかばかしいプライド)それは、許さない、と思っています。立ち向かわず、逃げ続けた結果で、テストがわるいのであれば、やはり、頭に来ますよね。できるはずのものを、あえて、逃げて気持ちを入れない・・・ここだけは、誰しもが、頭にきます。

泣いてしまった・・・これは、どこに由来するのか、っていうところですよね。げんちゃんも、やっと昨日泣きごました。うちの場合は、”やっと泣く”、そんな感じで、泣くことさえ、思いつかないほど、今までは、心が動きませんでした。やっとその気持ちを握った、というところです。やらなきゃ、という気持ちと逃げたい、という気持ちが錯綜しているのでしょう。でも、そろそろ、やってみるか~くらいになるべきなのに、まだ逃げている。
 
 人として、ほんとに育ってほしいです。

S先生にお子さんのことを聞いたので、もしよかったらメルアドください。
Commented at 2019-02-09 18:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 上はどんどん進化しているのに、... 清塚信也さんのピアノコンサート... >>



中学1年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
中学1年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学1年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧