げんちゃんの発達障害プロジェクト

清塚信也さんのピアノコンサートに連れて行きました。

a0184225_18421683.jpg
2階の横の席から斜めに鑑賞しました。清塚さんは、アンコールはスマホオーケーなんて言って下さる。なんて、サービス精神旺盛!


ふえ~・・・期末試験が10日にせまりました。やれやれ、今回は、ほんとまったく間に合いません。自分の試験なら、この10日で、9教科のどこを捨てて、どこを拾う。
 集中も、スパートも全力でかけることでしょうけど、げんちゃんですから、もう脱力しかないですよ。とほほ・・・
覚悟はしていたけれど、人生、こんなに準備せずに、定期試験に臨んだことがないので、なんか、とってもいや~なかんじです。
 
落ち着かない・・・中学までは優等生でしたから・・・そういう人生体験が邪魔をしてるんだよね。捨てると言ったら、捨てるの!笑

ゼロ勉に近い状態でテストを受けて、底辺をさまよっていたという、私のある友達は、

「あたしも、そんなもんだったよ~~。」

と平然と言ってのけます。  たった一度の定期試験・・・・ほんと、どうでもいいことなんだけど・・・。捨てると言ったら、捨てるの!
しつこい!

 さて、清塚信也様(あらあら、様になってるよ~。)のコンサート行ってまいりました。

清塚信也さんは、「のだめカンタービレ」では、ピアノの吹き替えをやり、こうのとりでは、テーマ曲を作曲演奏しているそうです。と書いておきながら、私は、らららクラッシックではじめてみて知りました。げんちゃんが、くいついて、きよづかしんやさ~ん。なんて、憧憬をこめて言ったのをひろいあげ、コンサートチケットを買いました。

コンサート、ため息ものでした。彼がイケメンだからではなく、演奏がすごかったです。素人の私でも、もう、泣いちゃいました。素晴らしすぎて。クラッシックなんてぜんぜん興味なかった私でも、あのすごさは伝わってきました。特別な仕掛けも、マイクもないピアノオンリーの会場なのに、もうがんがんハートに伝わってくる音でした。

 げんちゃんも、ほんとに、もう目をきらきら輝かせて、舞台を見つめて聴いていましたよ~。しかも、清塚さんは、楽しい楽曲入門講座を交えて、センスの良い、フレンドリートークをがんがんかましてきて、会場が一体感をもって、いっしょにクラッシックを楽しめました。

「すごいね!」

げんちゃんのため息のような声がもれます。

トークの中で、羽生結弦選手に曲を提供した時の話がありました。一流と一流のコラボレーション。一流とは、努力することが、息をするほど自然なこと・・・そんな人たちなのでしょうか。げんちゃんも、努力することが、それも、スーパー努力することが、しごくナチュラルで、自然なこと。特別努力は要しない・・・(努力に努力を要しない・・・なんて、変な表現だけど。)そんな感覚になってほしいです。

そういうことを受け取ってほしいな~・・・隣のげんちゃんをチラ見しながら、思うげんママです。

 そして、そして、清塚信也さんは、なんと、CDを買うと、コンサート後にサインをしてくださるそうな・・・・お~~!(ほんとに、彼は、いろんな接点をお持ちだよね~。)

もちろん、買って、げんちゃんを並ばせました。げんちゃんは、並んでいる間も、そわそわぞくぞく。

サインしていただいて、握手までしていただいて、もどってきたときには、もう、気絶寸前・・・・そんな感じでした。


帰りは、天神で(福岡の繁華街)で食事して帰りました。

げんちゃんは、心をずいぶんゆさぶられたようです。努力すること、逃げないこと・・・少しうけとってくれたようです。
週末、げんちゃん、マイナスのベクトルが少し切れていたように感じました。

清塚さんありがとう!

by glow-gen | 2019-02-04 18:49 | ピアノレッスン | Comments(5)
Commented by robo_223 at 2019-02-05 09:53
素敵なコンサートだったんですねぇ。しかも、サインや握手までしていただいたなんて凄いですね。

ソワソワしているげんちゃんの様子は、微笑ましくて可愛いですね。きっと、げんちゃんの心にプラスのエネルギーを注ぎこまれる体験だったと思います。

もちろん、普段のたゆまぬ努力があってこそ、このような体験がプラスに働くのでしょうが、こういう命の洗濯的な体験は、絶対に必要ですよね。

その子が何に強く興味を持って、何によって大きく心を揺さぶられるかを、的確に見極めて、体験させて上げることは、成長の糧になると思います。

げんちゃんママさん、ナイスでしたねー!

ところで、使っているピアノも、プロはもちろん違うのですが、ピアノって不思議ですよね。ただ指でたたくだけなのに、音色が叩く人によって全然違うのですよね。涙が出る程、感動的できっとキレイな音色だったのでしょうね。
Commented by glow-gen at 2019-02-05 15:10
ロボママさん
ほんと心をゆさぶる良い体験でした。
でもS先生に残念がられました。サイン会は参加させるべきではなかったそうです。感動がオーバーランして、意識でとらえるレベルをこえて、感情だけ発動してしまったんだそうです。
サイン会に参加してなかったら、もう少し余韻が残ってただろうな~・・・だって。
とほほ~。むつかし~~~!
確かに、舞い上がってしまって、自分の中で、理性をしっかり働かせて分析したり、感じ取ったり、冷静にいろいろ消化させるところをこえてしまったようです。

ほんとに、むつかしいですね~。普通の子ではないので、良かれと思ってやったのですが、オーバーランだったみたいですね。

おかげで、日曜日までは、瞬間的な力でつっぱしって、月曜日は、オーバーランの影響で、つかれはてて、エネルギーがもちませんでした。

なかなか凡人の私には、取り扱いがむつかし~~!
Commented by glow-gen at 2019-02-05 15:12
ロボママさん
まあ、でも、ゼロにはなってないから、大丈夫。だとか、
でも、その前のパイプオルガンコンサートに行っていたので、音楽のハートというのが、よくわかりました。心の底からあふれているエネルギーがある演奏会と、普通の演奏会の違い。
げんちゃんは、その違いを感じ取っていたわけです。まあ、私も、今回、少しわかりました。
発達の子はおもしろいですね。たしかに。
Commented by robo_223 at 2019-02-05 15:49
本物を知るためには、いいものと悪いものの両方を体験しなければならないと思います。

ですから、げんちゃんには両方聴かせることが出来て良かったです!

本物は何があってもゼロにはならないと思います。やりましたねー、げんちゃんママ!アッパレです。
Commented by glow-gen at 2019-02-05 17:47
ロボママさん
なるほどね~。そんなのよくわかってませんでしたが、おっしゃるようなことになったようですね。
私が音楽のことを学べました。笑

音楽や芸術は、その人の心の広がりや、意識そのものなのかもですね~。
<< 発達育児、極端に走らせてはだめ... いやなことはやりたくない。意識... >>



中学1年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
中学1年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学1年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧