げんちゃんの発達障害プロジェクト

NHKの発達障害キャンペーン 発達障害は虐待をうけやすい

テストが帰ってきています。あいかわらず、げ~・・・あれほどやったのに・・・という衝撃が伴いますね。毎回。
英語は62点、音楽は52点、技術家庭は、それぞれ、46点48点。あの捨てた体育も38点 国語は33点、社会は31点、数学は25点、他はまだ帰ってきてません。

 数学以外は30点越え・・・この目標は達成したのかな?? 英語は、
She cleans room her.
こんなこと書いてますから、根本的に文法はわかってない感じです。でも、単語のつづりの問題とか、記号選択とか、ヒアリングとか、なんとなくばらばら正解していて、急降下を免れました。

 一番成長したな、と思ったのは、時間内に大量にある(げんちゃんにとって)問題を、ある程度最後まで取り組めていることです。当然わかっている、と思った問題がぜんぜん書けない。毎回同じショックは受けますが、おおむね、進化していると思うことにしましょう。
 
 S先生いわく、
「後半完全抜けていたのに、そのわりにはできた、というのがもっともふさわしい。」
だそうです。テスト準備から何から、すべて下駄をはかせているげんちゃんは、ほんとは、テストの入り口にも入っていない、というのがリアルなところでしょうが、お膳立てしたにしても、普通の子に交じって、普通の頭の悪い子のような点数をとってきたのは、とりあえずほっとします。

 さて、NHKは、最近発達障害キャンペーンをやっているのだそうです。番組を見たら、発達障害の文字が躍っています。とりあえず、ここ数日のものを録画して見ました。
 その中でちょっと気になったのは、発達障害の子が、親の虐待のリスクにさらされやすい、というくくりの番組でした。(ハートネットTV「障害と心の傷と~見落とされた虐待」)
 なるほど、確かにな~と思いました。なんせ、げんちゃんも、小さい頃は、会話もかまず、何の反応もない、やることといったら、とんちんかん。こっちと心の交流ができてない感じに、私は時々とても虚しさを感じました。お姉ちゃんの育児は楽しくて、ほんとにかわいい子だと、愛情いっぱい感じましたが、げんちゃんは、なんというか、独り相撲です。
 やってもやってもやっても! わからない学習、できない生活スキル・・・まあね~。ついつい厳しくあたってしまうこともありましたし、今もありますよ! 真剣に取り組めば取り組むほど、心がむしばまれるような感触は、発達ママには、つきものでしょう。

 つまり、発達ママの多くは、子供に愛情を感じることができない、腹だたしい・・・と思ってしまってもしかたのないようなところがあります。親も人間だから、そういう感情を持つな、と言われても持ってしまうことはあるのです。もちろん私もあります。今でもあります。
「ちょっと、げんちゃん、ママ、あんたに愛情感じないんだけど・・・そんなことばっかりしてると、だれからも愛されないよ!」
先日も、ふてぶてしく言いました。

「あ、そう・・・」

たぶんね。私がそう言っても、愛されてるって思ってるんでしょうね~。へともない様子です。けっこう私も本音をぶつけてます。絶対あんたから逃げないからね。そういうスタンスがあるから、互いにどこか、平然としてられるんでしょうね。私も、自分のそういう負の気持ちに傷つきません。だって、しかたないじゃん。普通の人間は、そういう態度とられて、そうそう愛してる~なんて言えませんって! 
 
 まあ、それくらいげんちゃんは、こっちの気持ちをさかなでしてきますから。すべてやってもらって、感謝一つなく、超絶あたりまえって思っている。ふてぶてしい・・・

 かわいくね~って思ってるのに、にこにこなんてできないし、お前ずれてるよ。相当こっちにストレスかけてるよ、っていうのに、
「障害だから仕方ないね~。いいよいいよ。」
なんて、私は口が裂けても言えませんし。

 つまり、そういう感情がわいてくるのが悪いのではなくて、もっていきかたの問題なんでしょうね~。一人だけで、孤独にかかえてしまって、子供と二人っきりで煮詰まっていくのは危険です。私は、仕事をしていたので、長時間かかわれなくて、K先生やいろんなかたに参加していただいていたことや、職場で、誰かれなく、しゃべりまくっていたことで、煮詰まりながらも、リセットしながらやってこれたようです。

 げんちゃんの今は、大変です。自我が出てきたことで、やりたくない!という感情も強くて、目標に向かいたいという建設的な思いとのはざまでゆれています。それゆえに、私に当たってくる。やれやれ、私は満身創痍。前は、マイナスの行動のあとには、多少は子供っぽいかわいいところがあったけれど、最近は、ほんとかわいくないですよ~・・・

 S先生とK先生と私で、
「ほんと、あの野郎、こういうこと言いやがったからね~。」
とぶつくさ言ってます。もちろんK先生も言いますよ。でも、それは、真剣に取り組んでいるからこそ出る気持ちだし言葉です。絶対、やつから逃げない。絶対げんちゃんを向上させる。どこまでも向き合う。その覚悟こそ親の愛なんだと思います。満身創痍でもがんばるしかない。

向き合わない、逃げるという虐待・・・これは、やはりよくない。できなくても、つらくても、なんでもいいから、とにかく向き合い続ける。そうすれば道が開けてくるんだと思います。なぜなら、げんちゃんのような子は、まわりを成長させるために生まれてきているからなんでしょうね。うちの場合、パパは、もう少し向き合ってよね・・・かな。

 

 

by glow-gen | 2018-11-23 02:51 | 障害児の親 | Comments(5)
Commented by robo_223 at 2018-11-23 11:34
やっぱり、げんちゃん、期末試験の点数は色々とアップしたのですね。技能教科は全てアップしたのではないでしょうか。今回は数学もずいぶん上がったのですね。本当に成長していますね。

次の1年生最後の試験も、アップしている教科があるでしょうね。中学のテストは難しいので、勉強の苦手なお子さんが30点を越えるというのは、大変なことだと思っています。

げんちゃんは、芸術方面の方が凸のお子さんですから、健闘されていると思いますし、まだまだじわじわ伸びて行きそうですよね。

ところで、以前も書かせていただいた通り、全員ではありませんが、発達障害のお子さんをお持ちの方は、「我が子が可愛いと思えない。」という悩みをかかえていることが多いと思います。

でも、それ、親のせいではないので、自分を責める必要はないと思います。もちろん、子供のせいでもないので、子供を責める必要もないと思います。

発達障害の子供を可愛く思えない場合の理由は、げんちゃんママさんがおっしゃるように2つあるようですね。

①子供の共感性が低くて心が通わない。

②可愛い、優秀、普通という条件がないと愛せない。

①については、親が愛情を注いでいくうちに、親が自分にとって、特別な存在だと子供が気づいて愛情を返してくれるようになる。

②障害のある子を育てていく中で、親が成長して、我が子は、何の条件もなしに、唯一無二の存在だということに気付き、条件なしに愛せるようになる。

ということだと思います。しかし、①②とも、なかなか難しい場合もありますよね。お子さんのタイプ、親のタイプにもよると思います。
Commented by robo_223 at 2018-11-23 11:46
ですから、①②ともに難しい場合は、げんちゃんママさんの対処方法がベストだと思います。ママが1人でかかえずに、周囲の方々の助けを得ながら育てていくことです。

また、もう1つ、さすが、げんちゃんママさんだな、と思ったのは、障害のある子から逃げずに、向き合い続ける、ということです。これは、とても大切なことだと思います。

特に能力面のことで、我が子の状態を受け入れられずにいる方は、小さい頃から、非常に努力をされて、障害の克服を目指している場合があります。しかし、高校生くらいになると、努力だけでは、親が思うほど充分に変化しない場合があり、急に投げ出してしまうことがあるようです。

そうなると、子供の方は自分が見捨てられたように思い、精神的に荒れてしまうということがあります。対応は成長に伴って変えていかなければなりませんが、突然方針を大きく変えて、子供を混乱させたり、落胆させてしまうのも良くないと思います。

また、初めから、向き合えずにいる方もいらっしゃるわけですから、一貫して子供に向き合って行こうという姿勢はいいな、と思います。
Commented by glow-gen at 2018-11-24 10:22
ロボママさん
そうですか~。げんちゃんのような子が30点を全体的に切らない、というのは、やはり、なかなか大変なことですよね。
日々の生活を見ていると、まだまだ、学校のスケジュール管理や、プリント管理などは、一人では難しく、そこには意識も入れてくれないです。
でも、テストは、意識を入れれるようになったんでしょうね。音楽のテストも、ずら~っと回答欄があって、45分間のなかでよく埋めたな・・と思いました。日頃のげんちゃんの生活様式からは、想像できないんですよ。でも、テストは、入れているんでしょうね。

終わった後は、疲れた~と言って、勉強ができないようです。この落ち方もいかにも発達君です。ちぐはぐで、どうかしたら気味悪い・・・目的がはっきりしないような奇行があります。たいしたことではないのですが、トイレの装飾品を、こっそり玄関にもっていってる、とか、ささいなことなんですが・・・・なぜ?とか聞いてもよくわかりません。それを数度やる、とか。
 テストだけ焦点があったのは、色々な圧がかかるからなんでしょうね~。まだまだ私には不思議です。

 子どもを愛せない、というのは、愛したい、と言うことの裏返しなんでしょうね。親も傷ついているんだと思います。私は、根はすごく大好き、愛してる、というのがわかりますが、表面的には、ほんとにくったらしくなりますよね。
 時々、それが大きくふくらみます。まあ~、旦那に対しても、時々あるので(笑)無償の愛は、人間には無理ということでしょう。

 心の中と外がばらばらだったりすると、自分がきついので、中と外がいつもいっしょにしています。笑
だから、あまりストレスがたまらないかもしれません。たま~に、自分の考えが自分でもわからなくなるとき、ああいうときは、ちょっときついですね。でも、しばらくすると、自分の心がはっきりしてきます。そうすると、外に出してバランスをとります。

発達障害育児は、基本、ストレスフルなところがありますから、セルフケアの仕方もつかんでおいたほうがいいのでしょう。
ロボママさんは、ロボ君も素直だし、上手にされてますよね~。
Commented by ゆうママ at 2018-11-26 15:09 x
げんちゃん、学習面も順調に伸びてますね。

我が家はまさに、私と息子、時々夫という煮詰まりやすい状態です。

テスト前はどんどん厳しい口調になってしまいます。でもそれは、できると思ってるからなんですよね〜。
にもかかわらず、息子は学校の先生に告げ口(?)をして、先生から電話がかかってくる始末です。

点数が悪いと「お母さんに怒られるから帰りたくない」と言ったり…頑張れば頑張るほど私が悪者になってしまいます。
「障害があるから仕方ないよね〜。いいよいいよ。障害がある割には頑張ってるよね〜」って言ってあげればいいのでしょうかね??

げんちゃんともまたタイプが違っていて、今だに圧のかけ方がわかりません。

テストの点数はげんちゃんとは逆に下降していってます。(まだ返ってきてないのですが…)英語と理科だけでも、と踏ん張っている状態です。
国語、社会は記述の問題は最初からやる気なし。「僕はこれはできないんだ」と決めてかかってるようです。

ひいき目なんでしょうかね〜。どうしてももう少しできるはずなのに、と思ってしまいます。でもチームげんちゃんと違って、孤軍奮闘なので、私一人頑張ってる状況です。
Commented by glow-gen at 2018-11-26 19:01
ゆうママさん
つらいですよね~。よ~くわかりますよ。私も昨日は、ほとほとげんちゃんの横柄さにうんざりしました。
この子たちは、ただ知的障害のお子さんと違っているように思います。自分は、発達障害で普通とは違う、と感じているけれど、自分は、決して下ではない。むしろえらい、くらいの感覚でいるような気がします。魂のどこかは確かに高いところを持っているように思うけれど、それを評価するには、あまりにも、常識レベルで水準に行ってないです。人間性も、思いやりも、すべて、まったく水準以下です。(げんちゃんに限って言うとかもしれないですが)
 そのちぐはぐさが大きくなって続くと、ほんとに社会適応できなくなります。

お子さんの担任の先生は、ちょっと困りますね。こちらの意図にさからって、学校で、やたら甘やかされたりするのはほんとに困ります。一度、担任としっかり話し合われて、あなたが、彼の逃げ場を作っているのだ、ということをわかってもらったらどうかな、と思いました。
 お子さんを、ちゃんと、社会に出すためには、しっかりテストに向かうことも必要だし、逃げ場を作って、逃げる癖をつけさせてはいけない。その先生は、結局、障害者という目でしか見てない、実は差別している、ということを、わかってもらえるといいですね。
 げんちゃんは、ほんと、逃げ場をつぶして、ずるく立ち回ることを、今は、極力封鎖しています。それでも、ちょっとしたとこが、逃げ場になって、狡猾にするすると低い方へなだれ込む。何度も経験しました。
 ちょっとの逃げ場でも、時と場合によっては、大きな抜け穴となることがあります。ママが一生懸命ふんばっていることが無駄にならないように・・・と思います。
<< 中身が変わって、テストに反映す... 野田あすかさんの楽譜が読めない... >>



中学1年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
中学1年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学1年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
とんままさん げんちゃ..
by glow-gen at 17:14
こんにちは。 クリ..
by とんまま at 09:50
 ロボママさん、ほんとに..
by glow-gen at 23:40
返信をありがとうございま..
by robo_223 at 15:47
ロボ君、バックミラーをつ..
by glow-gen at 23:05
げんちゃんの精神面の成長..
by robo_223 at 08:18
ロボママさん ほんとに..
by glow-gen at 02:57
とんままさん 成長って..
by glow-gen at 02:30
そうこうしているうちに、..
by robo_223 at 09:03
げんちゃんは、自分という..
by robo_223 at 09:02
ママさんの引いた状態がげ..
by とんまま at 01:35
ロボママさん ほんと、..
by glow-gen at 17:16
ロボママさん そうなん..
by glow-gen at 17:15
あつぞーパパさん ご返..
by glow-gen at 16:26
返信をありがとうございま..
by robo_223 at 08:58
とんまま様 ご丁寧..
by あつぞーパパ at 23:42
とんママさん 感覚の過..
by glow-gen at 22:03
とんママさん 考えてみ..
by glow-gen at 18:42
ロボママさん ありがと..
by glow-gen at 18:29
あつぞーパパ様 先..
by とんまま at 13:27
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧