げんちゃんの発達障害プロジェクト

発達障害といっても、タイプはまちまち。げんちゃんへの今回の指導

  試験勉強も宴たけなわになってきたのに、げんちゃんの落ち方はひどかったです。

週末から、げんちゃんは、言うことをまったく聞かなくなり、それどころか、自分の好きかってしたいモードに入ってしまいました。これまでも、良かったり悪かったりと、安定していなかったので、この週末こそは、試験勉強に打ち込みたかったのに、・・・


どうも、力関係が上になったような口の利き方で、そういうとき特有の蝋人形ばりの、不感冷徹な態度になっています。私はとうとうあきれて

「あ、そうなの。じゃあ、自分だけで勉強するといいよ。もう試験勉強は手伝わない!」
げんちゃんが寝付いてから始めるテスト準備は、時に、朝5時までかかったりして、もう私もくたくたです。そこを押して、勉強見てやろうと思っていた気持ちはすっかり萎えました。

寝る前に、どうせげんちゃんの共感なんて得られないのはわかりつつ、
「お母さん、あなたの準備で、全然寝てないのよ。そういうのどう思うの?ママ死にそう・・・」

「はあ?別にそういうことは何も思わない。」
冷徹な蝋人形モードのげんちゃん。やれやれです。このモードに入ると、めんどくさいことは、いつにもまして感じないことにする、という特技を、目いっぱい働かせます。もともと感情は動きにくく、それをうごかすために、いつもへとへとになる私とK先生・・・これは、心が動きやすい繊細なお子さんを持つママにはわからないだろうな~と思う、げんちゃんの手ごわさです。

S先生によると、それというのも、げんちゃんは、ほんとに意識が、奥深くに眠っていた子で、やっとそれが、なんとか外に出るようになったものの、意識の中の、浅い部分にあたる感情と、深い部分の理性的な意識がぶつかりあっている状況にあるのだそうです。さらに、空間認知がだめなげんちゃんは、相手の立場になることも、もし、というシュミレーションにたった発想も、なかなかできないと言います。
(以前から私は、ママが死んでもこの子は泣かないだろうな、と感じてしまうのもしかりだそうで、実際ママが死んでみないと、シュミレーションは無理なんだとか・・・ため息)

それに、今までは自分の感情さえ、自分で捉えられなかったのが、多少とらえられるようになって、それが楽しくて、暴走するのだとか。正しい方へ行かねばならない、というのも、少しはつかんでいるけれど、感情が低い方に引っ張っていくのを止められない。感じようとすれば、少しは感じられることでも、めんどくさいことは、感じないことにする。感じたいことだけを感じてにぎっていく行動パターンが暴走していきそうになっています。

意識を目覚めさせたばかりのげんちゃんは、方向性が決まるまでの不安定なステージにいて、どっちにも転がる、危険な状況なのだそうです。

S先生は、私に言いました。
「今が一番大変な時期。ママのつらさわかるよ。この時期に正しい方向に導かないと、感情を優先させる行動パターンを確立していまう。げんちゃんに甘い身内、げんちゃんのそのままを肯定して、寄り添ってしまうような指導者は、今は、さけてほしい。」

 なるほど、私が旅行中に、姑に諫言してくれたのも、そういうことだったようです。

まあ、K先生も私も、げんちゃんのしたたかさ、ずるさは、熟知しているので、肯定感むんむんなんて、できるはずもないので大丈夫ですが、時々ヤツは、人を見て、上手に態度を変えてくるので、相手がつい、げんちゃんを図に乗らせてしまうこともありうるのです。


まあ、そういうわけで、土曜日は、げんちゃんをほっといて寝ました。疲れて爆睡です。

さて、朝になると、げんちゃんは、勝ち誇ったような態度で言い放ちました。

「僕、ちゃんと勉強したよ!」
私が寝た後、しばらく、一人でテスト勉強した様子でした。  ほう・・・・それは今までにはないことかも・・・

でも、チェックすると、なんと、範囲も確認せずに、まったく関係ないとこをやっていたことがわかりました。
にもかかわらず、げんちゃんの顔には、おまえがいなくても、これだけできるんだ・・・という高慢さがあふれています。私は、冷ややかに言いました。

「あのさ~。テスト範囲見たの? 付箋のとこをやったんだろうけど、付箋は、1学期のテスト範囲だよ。あなたは、ぜんぜん違うとこやってますけど。」

とたんに、げんちゃんは、びっくりした表情になりました。すかさず私はつっこみます。

「げんちゃん、自分一人で勉強しても、ぜんぜんまともなことできてないじゃん。普通の子なら、テスト範囲も把握してなくて、やみくもに勉強することなんてないけどね。」

「あー・・・」

その瞬間、先日からの力関係が逆転しました。
「一人で勉強できたって言うけれど、げんちゃんは、今のところ、ぜんぜん一人でできてないわけだよね!」
私は、げんちゃんを横目でにらみつつ、ここぞとばかりに一撃を加えます。

「それなのに、私に偉そうな態度とって、あなた、それで、まともになれるなんて思ってるの? ずれてるよね~。普通と、ぜんぜんずれていることがわかるでしょ・・・」

とうとうげんちゃんは、ここんとこ続く、暴走した態度を収束させました。
私は、ゆっくり間をとりつつ、静かに紙を出して、マインドマップをしてみます。

「テスト。・・・これって、いつ? ・・・じゃあ、今何考えないといけないのかしら?」

「時間・・」
「それで・・・・?」
しばらくして、範囲、という言葉が出てきました。それから、試験前の状況ではどういう風に過ごすべきなのか、また、ママの力あってのテストということをたんたんと教えてやりました。げんちゃんは、平気で、自分はできてる、と勘違いする。またメンタルも強く、暴走すれば止められない・・・しっかり、立ち位置の確認と、歯止めというくぎを打った次第です。

さらに、教会でこういう出来事が重なったのもタイムリーでした。
「うちの家は、狭くてぼろだけど、げんちゃん今度ママとおいで。」
と言ってくれた友人に
「あ、そうだね。犬小屋みたいだよね。」
と言って、みんなに矯められました。実は、教会のみんなに、げんちゃんに、絶対甘くしないでくれ、と頼んだばかりでした。よかったよかった。
 げんちゃんは、言っていいこと悪いこと、まだぜんぜんとらえきれてません。普通の子が甘えからやることとわけが違う。目こぼしして、ジョークの部類に笑ってしまえば、それを、そのまま誤認識してとってしまう。みんなしっかり、細かく指導してほしい・・・と。

この二つの事件がエポックになって、げんちゃんは、なんか、一つ階段を上ったようです。まだ不安定ですが、下に落ちていくのが止まった…そんな感じ。私への態度が、ぐっと改善したのです。
試験前ぎりぎりで、底を打って上昇・・・・時間切れ感はありますが、なんとか、試験スタイルをとって試験に突入することができました。







 

by glow-gen | 2018-11-15 00:37 | Comments(8)
Commented by robo_223 at 2018-11-15 04:08
げんちゃんは、小学校の終わり頃、自分の感情を強く認識出来るようになってきました。そして、自分を認めてほしいという感情が特に強くなったと思います。

普通級に行きたい!というのも、その感情の一種で、自分を向上させたい!という気持ちからではなく、周囲にカッコいい自分を見せて、認めてもらいたい!という気持ちからだったと思います。

だから、普通級に行きたい=勉強や自己管理を頑張る、という構造にはなりにくかったのだと思います。

また、ママさんにも、自分を認めてもらいたくて、しばらくの間、ママさんに靴を並べていることをアピールしたり、自主的に勉強して見せたりしてアピールする時期がありましたよね。

でも、そのアピールもむなしく、自分が思うようには肯定してもらえなかったので、自分は皆に認めてもらえないんだ、と判断してしまい、余計態度を固くしてしまったのではないかな、と思います。

本当は、げんちゃんのことを全否定しているわけではなく、もっと、こうした方がいいよ!と教えて上げているだけなのに、共感性や状況判断能力にまだ課題のあるげんちゃんは、理解できていないのだと思います。

込み入った努力をするよりは、手っ取り早く承認を得たい!と思っているのですが、うまくいかないので、それならもういいよ!という態度を取っているのだと思います。

ですから、普段は、そのような誤解に基づいた、感情を殺したような態度を取るけれど、今回のように、「自分は1人では勉強出来ないのだ。」という正しい認識が出来た時は、急に目が覚めたようにちゃんとした態度が取れるのだと思います。
Commented by robo_223 at 2018-11-15 04:19
このような誤解が解け、しかも、げんちゃんが面倒なことも厭わず、本当の意味で自分を向上させたいと思うようになれば、今のような上がったり下がったりする学習態度が改まって来ると思います。

それには、やはり、もう、しばらく時間がかかるのかもしれませんね。

そんなにすぐに、誰だって、周囲の感情を正解に把握出来るわけではありませんし、意識の力が感情を上回ることも簡単なことではないですものね。

でも、出来るだけ、げんちゃんが周囲の人がげんちゃんを否定しているのではなく、良くして上げようとしているのだということを理解させたり、意識の力が強くなるように働きかけていきたいですよね。

そのために、皆さんで一丸となって、げんちゃんを導いていらっしゃるので、すでに充分、努力はされていると思います。

1番大変な時期ですから、ママさんも体調に気をつけて下さいね。
Commented by あつぞーパパ at 2018-11-15 10:52 x
げんちゃんの幼少期からの飛躍的な学力向上には、ひたすら感心させられます。勉強のように毎日積み上げるられものは、有効に行えば結果が付いてくるんだろうなぁと希望を感じます。

一方で、経験に基づくものは勉強のように毎日積み上げるられものではなく、経験したその都度、説明して指導するより方法はないので、勉強に比べ緩やかな向上になるんでしょうね。
げんちゃんが自分で勉強したけど試験範囲ではなかったことは、自主的に勉強したことは素晴らしかったけど、範囲に対して注意が少し不足していたわけですよね。こういった経験をその都度、説明して積み上げるしかないわけですね。
(自主的に勉強してくれたことだけでも、充分に羨ましいですが、、、)

では「人の死」に対する感情はどう説明したら良いか?、げんママさんのコメントの中で考えてしまいました。
>以前から私は、ママが死んでも〜~~~

うちの子供も「人の死」に対しての理解が曖昧です。自閉症傾向がみられる発達の子供の中には、死の理解が難しい場合があると本で読んだことがあり、私も頭を悩ませています。月並みですがペットを実際に飼って、避けられない死というものを経験させるしかないのですかねぇ。
うちはペット禁止のマンションなので困っているのですが、とほほ、、、
Commented by glow-gen at 2018-11-15 14:16
ロボママさん
意識が出てからの変遷、解説なるほどです。
げんちゃんは、やっとこっちの言おうとしていることを、少しずつ取り始めたように思います。

私にひたすら反発していたのに、今週は、反発しつつも、どこか聞いてるところを感じます。K先生の時も、話を聞いてる、らしいです。

げんちゃんは、不感症のところがある反面強いです。自分が納得すれば、突き進んでくれるのかな、と期待します。
でも、そこまで行くには、まだまだ超えなければならないところがたくさんあるのでしょうね。

できてないのに、一部できているところを取り出して過大に褒めると、げんちゃんは、全体ができている、これでいいんだ、とすぐに勘違いします。
くもんの先生も、それで大失敗したわけです。

やれたところまでは、軽く認める、その程度がげんちゃんには合っています。
しかし、普通の基準でほんとにやれた時は、ちゃんと褒めまくります。たとえば英語の10問テストを10問正解したとか・・(普通の子でもちょっとした快挙なわけですからね・・・まだないですが・・・笑)

 げんちゃんのような手強い子、S先生のアドバイスがなかったら、私も、ほんとに手を焼きまくっていただろう、と思います。

 
Commented by glow-gen at 2018-11-15 14:20
ロボママさん
げんちゃんを否定しているわけではないということは、先日こういうできごとがありました。
「げんちゃん、お母さんは、あなたを、障害児の基準では見てないよ。その基準で見れば、げんちゃんはすごいと思うよ。支援クラスで普通クラスのテストを受けてるのあなただけだし、それだって、障害児の基準では、すごいことなんじゃないの? 
 あなたは、どっちの基準で見てもらいたいの?」
げんちゃんは、ぶすっとして、
「普通の基準!」
と叫びました。げんちゃん自身に目標はある程度設定できているけれど、それにつながる目の前の目的は、まだまだぶれぶれ、そこがテーマです。
Commented by glow-gen at 2018-11-15 14:29
あつぞーパパさん
中学に入ってから、まだまだとはいえ、昔のげんちゃんからすれば、学習能力は飛躍的に伸びているといってもいいかもです。
でもそれは、こつこつやらせてきたから、というのもありますが、意識が働きだしたせいが大きいように思います。

とくに、好きな社会理科は、以前なら、問題の意味をとれるのかさえ、心配していましたが、そういう心配は少なくなりつつあります。げんちゃんは、社会理科は好きなので、少し動き出した意識を合わせやすいようです。
そうなると、進化が、目に見えて感じます。

 意識が出ても、数学英語は、あまり好きではないようで、(どうも、数学英語は、頭の使い方が似ているように思います。)苦戦します。

昨日、英語があまりにわかってないのであきれて、基礎にもどって、文法を図にして教えてやったら、
「あ、考えながら勉強すればいいんだ!」
と、あぜんとすることを言いました。つまり、今まで、考えず、つねにぼ~っとやってたにすぎない、ということでしょう。
この子たちは、意識が出てきて、考えようとしながら勉強すれば、飛躍的にIQは伸びるのだと思います。
ただしかし、意識を出させて、普通の子のように、考えながら学習させる・・・というのは、言うはやすし、実際には、どうすればいいのか、ほんとに難しいですよ!

感じようとする働きがにぶいげんちゃんは、感受性を育てるのは、ほんとに至難の業です。げんちゃんに限って言えば、感じることをめんどくさい・・・・と思っています。
 頭を使うことを、とにかく逃げるのです。

ここは、ほんとに苦戦してます。
Commented by ひつじ at 2018-11-16 11:50 x
先日ある発達ママが主催する勉強会に出席し、たくさんのママと交流する機会がありました。
思春期の発達育児、みなさんもれなく大変な苦労や心配をされていますね。

特に印象に残ったのは、頭の良い 障害の軽いと思われる子などは (ワタシからすると羨ましいくらい)こじらせると もっと大変なのかな、ということです。
頭がいいだけに 障害の受容も難しく、親、先生の言うことさえバカにして聞かず、自分の感情の赴くままに マイナス方向に突っ走ってしまうところもあるようです。

ワタシも げんママさんと同じく息子に思うところは多々ありますが、それでもげんちゃんも息子も 素直で健気で頑張り屋なんだと思います。最近はトップダウン方式もきかないし、生意気な口の聞き方もありますが、まだまだ会話も多く 親の話に納得すれば 耳を傾けてくれますもんね。

げんちゃん、今回のテストもよく努力しましたね。げんちゃんのこれからが楽しみです😃
Commented by glow-gen at 2018-11-16 13:24
ひつじさん
おっしゃるとおり、発達障害の思春期は、ある意味、これからの一生を左右する大切なステージだと感じています。
 今まで、なんとなく、療育をしてきた先生やお母さん方は、そこで、大きく悩みます。
どこにこの子たちを持っていきたいのか・・・そういうことがつきつけられるんじゃないか、と思います。
 障害者施設にかかわらせつつ将来を送る、というイメージを持っているママでも、そう甘いものではなかった・・・と感じることも出てくると思います。
 この子たちが、どう生きていくべきなのか、という指針をしっかり持って、それにそぐわない方向性のものからは、遠ざけ、良いものでできるだけ満たしてあげる。
厳しいこともある程度必要になってくるような気がします。
 うまく書けませんが、普通の子の思春期のように、ただ放置して、育つのを待つ、というのは、ちょっと危険になることもたくさんあると思います。
 げんちゃんも、大変ですが、絶対に負けられない。そんな気迫がいるな、と思います。
<< 3回目の定期試験。考えながら学... 支援クラスに所属して、普通クラ... >>



中学1年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
中学1年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学1年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
とんままさん げんちゃ..
by glow-gen at 17:14
こんにちは。 クリ..
by とんまま at 09:50
 ロボママさん、ほんとに..
by glow-gen at 23:40
返信をありがとうございま..
by robo_223 at 15:47
ロボ君、バックミラーをつ..
by glow-gen at 23:05
げんちゃんの精神面の成長..
by robo_223 at 08:18
ロボママさん ほんとに..
by glow-gen at 02:57
とんままさん 成長って..
by glow-gen at 02:30
そうこうしているうちに、..
by robo_223 at 09:03
げんちゃんは、自分という..
by robo_223 at 09:02
ママさんの引いた状態がげ..
by とんまま at 01:35
ロボママさん ほんと、..
by glow-gen at 17:16
ロボママさん そうなん..
by glow-gen at 17:15
あつぞーパパさん ご返..
by glow-gen at 16:26
返信をありがとうございま..
by robo_223 at 08:58
とんまま様 ご丁寧..
by あつぞーパパ at 23:42
とんママさん 感覚の過..
by glow-gen at 22:03
とんママさん 考えてみ..
by glow-gen at 18:42
ロボママさん ありがと..
by glow-gen at 18:29
あつぞーパパ様 先..
by とんまま at 13:27
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧