げんちゃんの発達障害プロジェクト

人の道がわからない。してもらってあたりまえ。

  さっそくげんちゃんのテストが帰ってきました。結果は、思ったよりも、ひどいものでした。結果は、あとから書くとして、私が、一番彼に違和感をおぼえたことは、点数ではありません。
げんちゃんの、人間性みたいなものが、破たんしてるな~・・・と感じたことです。

 私がげんちゃんの待つ姑のところに帰ったら、げんちゃんは、テレビをぼ~っと見てました。さっき、K先生のところから帰ったばかりなので、のんびりしていてもいいのですが、げんちゃんは、私におかえりも言わなければ、
テストのことも話しません。なんか、何もなかったかのような態度です。電話ですでに、げんちゃんのテストのことは、K先生から聞いていたので、知ってはいたのですが、この、げんちゃんの何事もなかったかのごとくの態度は、ほんとに背筋が寒くなるようでした。

 隠している、とかそういうものではなく、私に報告する必要性など、みじんも感じていない様子なのです。自分が何点とったかも、すでに忘れ去っているのかもしれない、と思うほど、げんちゃんの態度に、テストのことは何もないのです。

「普通じゃない!」

しかたないので、
「今日テスト帰ってきたんでしょ。どうだった?」
げんちゃんは、テレビを見ています。
「あ~、うん。帰ってきた。」
何の感慨もないような、そっけなさです。それから、彼が私に言ったこと。

「ねえ、お母さん、今日の水泳のゴーグル、壊れていたよ。何してるんだよ。ちゃんとしてよ!ほら、ここ! 短くなってるでしょ!」

でした。うわ~~・・・これだこれだ。この子の異常性はここなんだよね。
私をはじめ、まわりのすべての人から、いつもやってもらって、与えてもらって、手伝ってもらって・・・・すべてが成り立っているのに、この子は、それを認識すらせず、ひたすら自分が、何か人の上の方にいるような調子でいることなのだ。
 人にやってもらうのがすべて・・・彼が誰かのために、何かをやってあげることは、皆無・・・ひたすらやってもらうことは、当たり前。

げんちゃんって、サイテー・・・

「げんちゃん、なに言ってんの。水泳のゴーグル? そんなのあたしがわかるわけないじゃない。私は、できないあなたのために、ただやってやってんの。壊れている可能性があるんだったら、自分で確認してちょうだい! 長さが変なんだったら、自分でなんとかできないか、考えたら。普通の子なら、そうするでしょうよ!」

 げんちゃんは、それから、まだ、私に暴言を吐いていました。私は、あきれ果て、おばあちゃんのところにほったらかして車で帰ってきました。げんちゃんは、しぶしぶ自転車であとを追って帰ってきました。

 それから、家でも、

「今日テスト帰ったんでしょ。」
ともう一度言うと、
「ああ、これ。」
と言って、ファイルを私の方へぽんと投げました。私を見るでもなく、ただ、投げ捨てるようにぽんと・・・

なんか、おかしい。こいつは、欠落してる!
「げんちゃん。あんた何考えてんの! あなたのテストって、自分一人で受けたくらいに思っていたら大間違いよ。お母さんが、全部、準備してやって、全部助けてあげて、K先生や、ほかの先生がたも、心から応援してがんばってあなたのためにいろいろしてあげたの。あなたは、それがなければ、テストなんてうけられもしないし、普通の小学校も行けてませんよ。

 それに対して感謝もない。あたりまえとしか思っていない。それって、人間として最低だから。そういうところをきちんと感謝できないところが異常なんだって、認識してちょうだい。

 テストがかえってくれば、お母さん、テストが帰ってきました。点数は、悪かったけど、手伝ってくれてありがと。そう言って、私に真っ先にちゃんと見せるべきでしょ。それが礼儀ってもの。

 いつも、いつも、してもらうことが当たり前としか思えないんだったら、今度から、すべて自分でやりなさい。
私は、そういう自己中な人間が大嫌いだから!」

 そう言っても、げんちゃんは、意味がわからないのか、

「ぼくは、がんばったんだ! とか、問題がいつもと違う感じだったからしかたがなかったんだ、とか、自分サイドの言い訳を、考えつくだけ並べ立てていました。私は、ぞっとしました。いつも感じてることだけど、周りに対しての感謝とか、人の思いとか、感じ取ろうとせずに、ひたすら、自分の勝手な価値観の中だけで生きている・・・・テストどころじゃないわ!

周りでおきるいろんな出来事、いろんな人たちが、自分のためにうごいていくれていること、まるで、テレビの向こうの出来事のように、何の実感もなく通り過ぎているんだ、と思います。
自分はしてもらう。でも、人に何かしてあげる、ということは、まるで思いつかない・・・・究極のおこちゃま、ジコチュー・・・自分のことだけ・・・

あ~、なんて、課題の多い子でしょ。

「あなたは、まず、テストをもらったら、お母さんや、先生に、お母さんや先生のおかげで、テストがちゃんと受けられました。これが結果です。どうもありがとう! そう言いなさい。それが礼儀だから! そして、ちゃんと、私の顔を見て、きちんと渡してちょうだい。
それが人の道です! しないのだったら、これからのテストも勉強も、私はあなたから手をひきますよ。いいね! 私のしったこっちゃない!」

なんか、勢いづいて毒づいていたのが、少ししゅんとなりました。

ほんと、テストの結果なんかより、こっちの方が重大だ! ほんと、ぞっとする出来事でした。この子を、人としてまともに育てていくのは、至難のわざです。

周りが心をつくしてやってあげてることが、当然のことで、自分は、ほんとに高いところに陣取る。げんちゃんに、かねがね感じている、違和感・・・・大きくなるにつれて、際立ってくるような感じがしています。
そういえば、支援クラス担当の教師の親戚が言ってました。
自分のクラスにいる、ある女子生徒は、母親を奴隷のようにしていた・・・子供への愛情ゆでに、一生懸命やっていることが、子供に重大な勘違いを与える。やはり、フィフティーフィフティーの感覚をもたないと、甘えは、どこまでもこの子たちの精神を浸食していくような気がします。母親に対しての礼儀、わきまえてほしい!




by glow-gen | 2018-06-19 00:07 | 自己中 | Trackback | Comments(24)
トラックバックURL : https://glowgen.exblog.jp/tb/238608724
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みかんママ at 2018-06-19 05:39 x
たぶん、げんちゃんは、ママが点数悪くて怒ると思ったのではないでしょうか?
本人もショックを受けていると思うし。

×だったところも、わかってるのに今までと違う問題に戸惑って間違えただけ(回答方法がわかれば今後とれるもの)もあったかもしれないし。

今回は、点数関係なく、頑張ったことは確かなので、そこを認めてあげて、次の頑張りにつなげてあげたら、もっと伸びそうな感じが。
Commented by robo_223 at 2018-06-19 07:47
roboも時々、自分でやるべきことなのに、怒り口調で「お母さん、ちゃんとして!」みたいなことを言います。やはり、そこは認知のよがみですよね。

普段から自分に出来ないことが多くて、私に色々やってもらって暮らしているうちに、やってもらうのが当たり前になってしまっているのです。

そういう時は、やはり、質問形式での応答をして、本人に気づかせるのが、一番良いようです。「あれっ、それってお母さんの物だっけ?」と聞くと、「いや、僕の物だ。」「じゃあ、誰が管理するの?」「僕だ。」「どうしても自分で修理できない場合は?」「お母さんにお願いする。」というようなやり取りを、いくつかの場面で繰り返した記憶があります。

そうしているうちに、だんだん、自分で自分の課題はこなすべきだと気づき、認知のゆがみが解消されるようです。

でも、今回のげんちゃんはテスト関連のことで、お母さんに責められそうに思って、攻撃は最大の防御とばかりに、お母さんを責めて、攻撃をかわそうという気持ちだったのかもしれませんね。

それに、げんちゃんは、中学のテストは、小学校のテストより、うんと難しかったり形式も変わってしまって、初めは点数が今までよりは下がるということをあまり認識していなくて、点数に傷ついてしまっているのかもしれませんね。

それで、堂々とお母さんにテストを見せられなかったのかもしれません。

おそらく、げんちゃんママさんも、げんちゃんがテストを受ける前に、中学のテストの目標点数を説明してらしたとは思いますが、やはり、高得点の取れる小学校のテストのイメージがあるのでしょうね。

roboには、roboが中学のテストで取れそうな点数の少し下くらいの点数を伝えて、これくらい取れたら、小学校の100点と同じくらいだよ、と言っておきました。

それでも、やっぱり、初めてのテストでは出題範囲をちゃんと聞いていなくて、低めに設定した目標点数を大幅に下回るテストが一教科あり、かなりガッカリしていました。中学のテストは想像以上にインパクトが強いのですよね。
Commented by robo_223 at 2018-06-19 09:00
それから、今回の定期試験では、まだ、げんちゃんは達成感を味わうことが出来なかったので、少し落胆した後に、自力ですぐに「次はもっといい点をとるぞー!」という動機付けをするには至らないと思います。

普段から、げんちゃんが成功体験をたくさん積んでいるなら、不屈の精神で這い上がろうともしますが、今までのげんちゃんの歴史の中では、努力が成功として実ったという体験が日常的に起こっているわけではないので、まだ、悔しさをエネルギーに変えるというところにまでは、至っていないと思います。

ただ頑張らせるだけではなく、そういった演出や調整まで必要なので、発達育児は本当に骨の折れることですね。
Commented at 2018-06-19 13:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-06-19 14:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-06-19 14:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by とんまま at 2018-06-19 14:58 x
げんちゃんもママさんもテストお疲れ様でした。
周囲への感謝の気持ちについて、げんちゃんは心の底では持っていると思うのです。
毎週きちんと日曜学校へ行き、お祈りして、マリア様の前で感謝の気持ちをお伝えしているのですから。
他の子よりもずっと、自らを省みて感謝をする機会が多いと思うのです。

けれど、テストも終わってそんな気分じゃないというか、気が抜けているというか、上手く言えませんがそんな状態なのではないか?と感じます。

カッター漕ぎの件、教えてくださりありがとうございます。
かなり難しそうです。
体幹がしっかりしていないと無理ですね。
もちろん、空間認知力も必要です。

げんちゃんの絵、とても上手いですね。
立体感あります!
これだけ描ければ凄いですよ。
とんちゃんもお弁当を作ってきた事がありますが、こんなに凄くないです(笑)
いい先生が見つかりましたね。
絵の部分の伸び、楽しみですね。

本日午前中、学校公開でした。
3時間の内、1時間は交流授業でした。
支援級でちゃんと授業を受けられていても、交流に行くと、全く歯が立たないですね。
(一人で道具を持って交流の教室へ行くところはえらかったです。それすら出来るか不安でしたので)
授業の半分は教科書をぺらぺらして遊んでいました。
ホント、ため息&怒りしか出なかったです。
授業終了後、説教したのは言うまでもありません…
Commented by ゆうママ at 2018-06-19 15:20 x
うちの息子ももちろん!自分からテストなんて見せませんよ〜。悪いテストを自分から見せる子の方が少ないんじゃないでしょうか?息子はテストが終わった時点ですべて終了って思ってるんです。その振り返りのなさが腹の立つところですよね。つぎに繋がらないですもん。

テストの結果よりゴーグルが大切…我が家でもすごくあり得るシチュエーションです。

テスト勉強→結果→次の対策、この繋がりが…うちの息子はないです。

前回の記事の絵、すごいですね!対象物をしっかり観察して捉えてるのがすごいし、それだけ仕上げる持続力もすごいと思います。息子は背景を塗りこむのがすごく面倒くさいみたいで、いつもやっつけ仕事です。
Commented by glow-gen at 2018-06-19 18:10
みかんママさん
アドバイスありがとうございます。
でも、残念ながら、げんちゃんは、テストから受けた自分の感情は、その場で、流しています。みかんママさんの言うようなメンタルならば、私はぜんぜん頭にくることはありません。
 でも、長いつきあいから、それは残念ながらありません。テストのことも、一瞬思って、そのあとは、流す・・・・げんちゃんは、意識をもってとらえられるようになってるのですが、それをさけるのです。
だから、そこを何か言われないように、とんちんかんな理由をならべたてて、ひたすら言い訳で防御しました。
 なかなか、そのあたりのニュアンスを文章で伝えられないのですが、S先生に、げんちゃんの意識障害は、ほんとに手ごわい。ほんとに、ずるいよな~・・・と言われるところなんですよね。
 何か、心を動かしていることが、次につながれば、すばらしいです。しょんぼりしてれば、喜んで励ましますが・・・

でも、昨日も、意識をとばしたテストの後半から、状態が続いているんだろうな~・・・と思います。
Commented by glow-gen at 2018-06-19 18:27
ロボママさん
ありがとうございます。げんちゃんが、ママにテストを見せられなかった・・・というのは、残念ながらありません。
もしそうなら、私は、むぎゅっとしたと思います。K先生のところでも、同じだったのですが、彼は、テストの結果は、もらった時は、何か心にかかることがあったかもしれないけれど、そこで、完全受け流したようです。
 そこなんですよ。彼のもっとも悪いところなのは。いろんな発達のお子さんを見て思うのは、自分が何を思う、とか、どう感じるか、とか、一見げんちゃんより障害がひどいように見える子でも、ちゃんと握っているな、と感じることが多いです。げんちゃんは、とにかく、よく言えば大物、いやなことは、消します。自分が興味をいだきたいことだけ、感じ取るけど、悪いことは、ほりさげたり、関係づけたりしません。
 K先生も、怒って電話してくれました。
「手に負えません・・・テストについて、取り組み方について、検証しようとしたけど、しょうがないでしょ・・・ということで、終わろうとします。それを気にしているとかではなく、なんか、どうでもいい・・・適当に終わらせよう・・・それだけに終始してて、・・・びっくりです。言い訳のオンパレード。ふてぶてしいんですよ~。」
まあ、悲鳴でした。わかんないでしょうね~。この感じ。
S先生は、
げんちゃんは、自分の感情さえ、無視して、自分の世界にこもろうとする・・・と表現してましたけどね。

まあ、でも、テストで完全に抜けちゃって、まだ回復してない・・・それだけなのかもですね。意識が抜けた状態のげんちゃんは、別人ですからね~・・・前の記事のげんちゃんのイメージがあると、私が、きついと思われるだろうな・・・と思います。

今日は、意識が回復するのを待つため、ほったらかして、目こぼしすることにしました。ほんと振り回されますね。
Commented by glow-gen at 2018-06-19 18:29
ロボママさん
ロボママさんの演出、マネできることは真似してみます。ありがとうございます。
まあ、私も、ちょっと距離おかないとね~。確かに、距離感テストあとではかわってますよ~。
Commented by glow-gen at 2018-06-19 18:47
Rさん
たくさんアドバイスしてくださってありがとうございます。おっしゃる通り、げんちゃんは、まだまだ、感謝という感情さえ、ほんとにどんなものかよくわかっていないのかもしれません。
 この日は、私は、半ばパニック・・・ブログを書かない方がいい日だったかも・・・と思います。
でも、これも、ママの必死でやっているからおこる感情なので、そのまま書いてます。
しかし、げんちゃんは、今、自分の感情にベクトル向けてそこを掘り下げようとすれば、できる段階に入ったと思っています。でも、かれは、つとめてそうしない。もちろん、意識を出すことが、ほんとに疲れるからだと思います。
でも、できるようになってきたことも確か。
 だから、この日はスルーした方がよかったかもですね~。テスト前に意識を頑張って出して、まだまだ、テストが帰ってきても、幽体離脱・・
そこのコントロールがまだなかなかなんでしょうからね。
 しかし、意識を入れないと、ほんと、傲慢、自己中・・・感情中心の行動で、K先生も、びっくり、パニック・・・そんな感じになるのも確かです。
 あまりおいつめると、よくある発達障害児の犯罪者になる・・・・そういう心配もなるほどかもしれません。
 発達ママは、弾いたり押したり、なかなか技巧をこらしてがんばっていかなければなりませんね。
 上手にそのあたりを、コントロールしておられるんですね~。師匠と呼ばせていただきたいです~・・・

 
Commented by glow-gen at 2018-06-19 18:49
Rさん
ところで、一つ、私が最近感じていること。意識がほんとに出てきたら、絶対かわれない、と言われる、ソーシャルの部分、そこさえも、変われる・・・そういう感触があります。
 ただ、すぐにではありませんね。いつになるのか・・・20歳か、30歳か・・・・もっと先か・・・
 なぜなら、この子たちは、意識世界は、普通の人よりも高いところをもらってきてるような気がするからです。そこが、げんちゃんも、がちがちに感情にくるまれて、感情支配の世界が強いです。 でもやがて、意識が、感情をしっかり支配できてくると、ほんとに、素敵なげんちゃんに変われると信じましょう。
 
 それまでは、私も、忍耐して、押したり引いたり、自己の修行ですね~。
 ありがとうございます。がんばっていきます~。
Commented by glow-gen at 2018-06-19 18:57
とんままさん
ありがとうございます。感謝の気持ちがあるかは、微妙ですが、ママを信頼しているのは確かのようですね~。
まあ、この日は、私も言い過ぎたかな~。だって、今日になって、あ、まだ、幽体離脱続いているのかも・・・そう思われました。
ま、でも、S先生も昨日のげんちゃんを見ていて、
「ひどいな! 自分の感情と向き合わず、すっと捨ててるな。これなんだよね~げんちゃんが突き抜けないのは・・・ある意味、図太くて、改善した暁には、すごい器になるかもしれないけれど、今は、そこが、ほんとに根深く、先にいくことをはばんでるな~・・・」
とか、口走ってました。
ま、でも、疲れがまだのこってんだね・・・とも。

今日は、私も冷静です。ただ、試験のあとから、彼への距離感を離しました。自分でつかめるようになったはず・・・と思って。

それから、クラスの見学されたんですね~。思い出しますよ。普通クラスで、げんちゃんが、ノートをぺらぺらしていたことを。
何も聞いてないし、自分の想像の世界に一人生きてました。
 説教も、虚しいこともありますが、どうしても、やらずにすまないですよね~。でも、それも、ママが、次のステップにいくために大事なことです。だって、発達育児は、子供もママも主役ですもの。子供だけが主役ではありません。なぜなら、ママが成長するために、神様が送ってくるからです。ある意味、ママがキーパーソンですものね。がんばってくださいね~。
Commented by glow-gen at 2018-06-19 19:04
ゆうママさん
そうなんですか~。テストが終わった段階で終わりなんですね~。
私は、そこでびっくりしてしまいましたが、そういうものなのかもしれませんね。
でも、テストの結果を見て、げんちゃんの意識が手に取るようにわかりました。英語は、ほんとに、意識を入れたらしく、89点ですよ・・・名前の字もすごい・・・
でも次の日からは、やりたくない・・・と、意識は封じて感情だけでやったようです。すべて、30点20点切りっぽいです・・・(まだ帰ってきてないです)
点数なんてどうでもよくて、めんどくさそう、で、考えることをストップするこのメンタルが、ほんとによくわかりました。
 これから、どうあとの指導をするか・・・・ですね~。
 わからなくても、母親にどうするべきか、ルールだけは教えようと思います。
 すべてがあたりまえじゃない・・・からね~・・・親はやってやってあたりまえ・・・
それは、違いますから。

テストがんばってくださいね。
Commented by glow-gen at 2018-06-19 19:09
ゆうママさん
それから前回の絵のバック、なるほど、きちんと塗れている、ということを気づかせてくださってありがとうございます。
確かに、げんちゃんも、昔は、バックなど、ぜんぜん眼中になかったような・・・・
指示されてやったと思いますが、とりあえず、指示通り塗れたことは進歩なんですね~。ありがとうございます。
Commented at 2018-06-20 01:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-06-20 01:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by glow-gen at 2018-06-20 11:22
Kさん
励ましてくださってありがとうございます。お子さんのソーシャルの改善のステージを書いてくださりありがとうございます。
げんちゃんは、最初、意識が、S先生の言葉を借りていうなら、硬い硬い感情というからの中にとじこもって、まったく出てない子でした。
 お嬢さんが、人を見て、色々気づくようになった、というような、ステージは、ほんとにずっとずっと後でしたよね。
今でも、実は、人のことには関心はありません。意識が出てきた今も、人のことに関心を向けようとしないのです。
 ここは、げんちゃんのなかなかしぶといところで、自分の感情優位で動こうとします。
お子さんのように、自分のことを棚にあげて、人の失敗を指摘するようなことは、4年生くらいにおこりました。ほんとうっとおしい時代でしたよね。
それから、そういうことをすることが、いけないこと、というのを気づいたのか、あまりなくなりました。

Commented by glow-gen at 2018-06-20 11:22
Kさん
しかし、子供さんが、エバンゲリオンに新幹線を見に行けなかったことのエピソードみたいなことは、まだ少ないですよ。
 自分の気持ちを、自分でしっかりとらえるのをさけるのです。S先生は、いつまで逃げるんだろうね・・・・そう表現しましたけど~。よくわかります。たぶん、お子さんより、どのあたりは、鉄面皮のように、自分からベクトルを出そうとしないのです。
バス酔いの話も、げんちゃんだったら、今おこるかな・・・というようなことで、たぶん、不親切な子ではないけれど、自分から意識して、他人のために動く、ということはなかなかむつかしいんじゃないかな、と思います。

それもこれも、すべて、げんちゃんが、意識をそこに持ってこようとすれば、もう、できるところに来ているのに、無関心・・・という空間に逃げ込むことでおこっています。
お子さんは、げんちゃんより、ずっと意識が活発に動いてるんだな~、と関心してしまいます。
 できるようになってきているのに、考えない・・・まあ、すべてはそこなんでしょうね。

昨日今日は、強弱・・・・手綱をゆるめて、完全に放牧しました。
発達障害の子供だけではなく、育児をしていると、ほんとに、子供がにくったらしくなるときがあります。
まあ、あまり、そういうときはブログを書かないようにしないと、みなさんに心配されてしまいますよね~。
ほんと、色々心配して、アドバイスしてくださって、ありがとうございます。

でも、お子さんは、すごい成長だと思います。げんちゃんに、出てほしい、意識の部分が、ソーシャルでどんと出ていらして、たのもしいです。意識が出てくると、ちょっとうっとおしいところも出てきますが、自分の力で、修正していけますよね。

バス酔いしそうな友達の座席を、意識的に変わってあげるなんて、ほんとに、素晴らしいきざしですね。
一つ一つ獲得して、素敵なお子さんになっていくでしょうね。
 また、今日から、エネルギーをいただいて、がんばります。ありがとうございます。
Commented at 2018-06-26 20:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by glow-gen at 2018-06-27 22:44
Tさん
ほんとにそうですよ。この子たちと向き合ってほんとに疲れるのは、なんか、根本的にわかってない、と感じるからだと思います。
 ずれずれの感じ方、こっちにかぶせてくるのも、は~というベクトルをなげかけてきますし・・・
この子たちの認知のずれはずれとして、正しい価値観や、正しい方向性は、曲げることはできませんから、やはり、そこをしっかりおしえねばなりませんよね~。
 どうして、厳しくなってしまいます。
テストのやりなおしを明日までに、と言われても、問題用紙を、平気で、棚にほうりなげているげんちゃんでした。つながらないのでしょうね。

ここは、なかなか手ごわいですよね~。あきらめるか、あきらめないか…と言われれば、やっぱり、あきらめずやるしかないので、こっちのストレスも膨大になります。ほんと、
コメントありがとうございます。
Commented by 通りすがり at 2018-07-15 08:08 x
またお久しぶりです。
以前漢方のことでコメント書いた主婦です。
うちの子は中学は支援なしでやりきり、
高校は普通受験し、中堅レベルの高校に通っています。

漢方は自制ができるようになったので高校からやめました。代わりにサプリメント飲ませてる程度です。

げんちゃんは漢方続けてますか?

blog見て思うんですが習い事をやらせすぎなきがするので的を二つくらいに絞ったほうがよいのではないかと感じます…あと、できれば学習に重きをつけたほうがと。
Commented by glow-gen at 2018-07-19 11:02
通りすがりさん
コメントありがとうござます。中堅レベルの高校に普通に通っておられるなんてすごいですね~。

アドバイスありがとうございます。
<< チームげんちゃの監督になりましょう。 守破離 まずは、正しい価値感と... >>



中学1年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
中学1年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学1年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて7年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
自己中
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
チャレンジタッチ
未分類
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
以前の記事
最新のコメント
通りすがりさん コメン..
by glow-gen at 11:02
みかんママさん へ~、..
by glow-gen at 08:56
ロボママさん ありがと..
by glow-gen at 08:51
またお久しぶりです。 ..
by 通りすがり at 08:08
まさしくうちの息子です。..
by みかんママ at 05:10
げんちゃんは、着実にステ..
by robo_223 at 21:02
ゆうママさん 先生は、..
by glow-gen at 19:39
ゆうママさん そうだっ..
by glow-gen at 19:39
ここあさん そうなんで..
by glow-gen at 19:10
大変なクラスなんですね。..
by ゆうママ at 18:12
学級参観お疲れ様でした。..
by ここあ at 15:28
ロボママさん マイペー..
by glow-gen at 13:26
授業参観では、げんちゃん..
by robo_223 at 08:16
Kさん おっしゃってい..
by glow-gen at 15:50
ロボママさん レス遅く..
by glow-gen at 12:27
あつぞーパパさん コメ..
by glow-gen at 12:15
roboも数学に関しては..
by robo_223 at 08:25
省エネモードとエネルギー..
by あつぞーパパ at 23:46
ゆうママさん そうです..
by glow-gen at 23:32
状況が容易に想像できてし..
by ゆうママ at 14:17
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧