げんちゃんの発達障害プロジェクト

発達障害、話しているのは、会話ではなく対話・・・・

 げんちゃんを、K先生やくもんの先生にあずけて、自分が学習などにかかわらないと、一見伸びて、いい感じになった、と思ってしまうのですが、少しでもかかわると、ほんとに、ぞっとすることが多いです。

  今日も、K先生がレッスンできなくて、午前中仕事を休んで私が教えました。チャレンジタッチの算数をやりました。図形の面積や体積をやっていったのですが、そこでまた私は呆然としてしまいました。台形の面積を出すのに、げんちゃんは、まったく無意味な式を書きました。上底+下底、というのと、÷2,というのだけ、どこかに残っているのでしょう。すすすっと、わかったかのごとく式にしたものは、それを使ったでたらめのもので、彼が、台形の面積の出し方の意味など、決して考えることはない、ということがわかります。

 もちろん、自分でもうろ覚えだったと思ったようで、ちょっと頭をかしげるのですが、図を書こうとか、そういう意識は毛頭生まれてこないようです。しかたがないので、私が誘導してやると、彼は、また、理解するというのではなく、私の言葉尻からつかんだことをでっちあげようとするだけです。

「台形は、二つの形をこうやって合わせて、平行四辺形にするんだよね・・・」

 説明してごらん、と言っても、げんちゃんの口からは何も出てきません。ひたすら、沈黙するか、私の言葉尻を覚えて、そこだけを言ってその場逃れをしようとします。もう、何度も何度も繰り返し説明してきたことだし、プリントを続けていると、すらすらできることもあります。つまり、わかっているのかな、と思える答えも出てくるので、そこがやっかいなところです。 
 結局、彼は、自分の言葉を使って、何一つ説明もできないし、ちゃんと理解もできていないようです。悲惨な格闘劇を続けていくうちに、え?もしかして、面積、ってことの意味がわかってないの? 感覚がないのかも・・・・・もしかして、そこまでさかのぼって、わかってないのかも・・・・という、恐ろしい現実にぶち当たりました。

 そして、彼と格闘していて思うのは、げんちゃんは、会話ができない、ということです。日々会話しているようなことは、会話ではなく、単なる対話です。
ママ「昨日のK先生の教室どうだった?」
G「・・・・・」
ママ「がんばれた?」
G「うん、がんばれた。」
ママ「そう、よかったね。先生が、げんちゃんが、国語の問題を解くときに、○○・・・・・・・・×× だったと言ってたよ。その宿題プリントって、どんなのだったの?」
G「・・・・え~っと。普通・・・かな。」
ママ「普通って、文章と漢字?」
G「・・・かな? あ、お母さん、今日、電気がつけっぱなしだったよ~。」
ママ(ふ~・・・疲れる・・・文章になるのは、その程度の会話かい・・・)

 彼のは、会話じゃなくて、対話だよ、とS先生が解説してくれました。一見、会話が成立しているようで、ただの意思表示にすぎないやりとりです。ある意味、意思表示にもなっていない。だから、げんちゃんと会話するのは、ほんとにしんどくて、話題を簡単な浅い内容に落とすだけ落として会話している自分がいます。何か、彼から聞き出そうとすれば、つまり、インタビューすれば、そこには沈黙しかなく、こっちが、会話のリードを根ほり葉ほりしていくことになります。げんちゃんと話すと疲れる・・・・結果的に、私は疲弊します。

 友達ともうまく話が咬むように見えますが、相づちや、一言の返しでしかありません。良く観察すれば、げんちゃんが、意味のあることを言ってることは、まれです。たまに自分の興味のあることを言うときに、たどたどしく、長い話をしますが、それさえ、普通の子にすれば、短いセンテンスにすぎません。

 マインドマップも、ほんとに、行き詰まる時はめいっぱい行き詰まりますし、できても、単語がぼつっ、ぼつっと出てくるにすぎません。「そう、げんちゃんは、○○って思うんだ・・・」とか、つなぎの言葉を入れてやって、会話を埋めてやる必要があります。とうてい、普通のお子さんの、中身のある、なめらかな会話など、遠いかなたです。連絡事項とか、簡単な意思表示とか、そういうものならできるでしょう。それを会話と思いこんで暮らしてきた、そういう言い方もできます。この子たちを自閉症スペクトラムと読んだりするのは、よくわかります。言葉があっても、ほんとに限局された広がりしかありません。

 先の、台形の問題だって、言葉として、意味をつかむこともなく、ただなんとなく、宙を舞う言葉を、しずくのように集めて、理解したというのとすりかえている、なんか、そんな感じです。なんとも、恐ろしいことだ、と、凍り付くような気持ちになりました。色んなところが伸びているのは確かですが、恐ろしいほどの深い淵が横たわっていることを感じます。くもんのプリントを一生懸命やってるげんちゃんですが、単なるプリント学習では、見えてこない、げんちゃんの闇。

この闇を前に、途方にくれる私です。

by glow-gen | 2018-01-26 19:44 | 説明する、会話する力 | Comments(15)
Commented by ゆうママ at 2018-01-26 22:21 x
私と息子の会話(対話)のようです〜。息子との会話はリズムよく進まないし、内容もお粗末すぎて、楽しくないですもん。ほんと、疲れます。こちらの気力がないときは、もう話したくないです。

台形の面積の学習の様子も、なんだかわかります。うちはさっき割合の復習をしていたのですが、え?そこまでわかってなかったの?と思いました。

またまたパターンで回答してました。
つまり、「AはBの何%ですか?」という問題を2〜3問やったあと、「Aの20%は何ですか?」という問題がでてきたら、なんと、A÷20とかしてしまうんですよ。まるで考えてないというのがわかるでしょ?数字の意味をまるでとらえてないんです。血の気がひきましたよ。

同じく、一見できてるように思えるんです。でも理解ではないんですよね。世界のとらえかたも私たちとはまるでちがうのだろうな、と思います。なんだかいやになっちゃいますよね。そして、健気にプリントやってる子もなんだか気の毒ななってきました。突破口があるのでしょうか?
Commented by robo_223 at 2018-01-27 11:51
げんちゃんに算数を教えて得意にさせるチャレンジは本当に壮大なものだと思います。

なぜなら、それはroboに球技を得意にさせようというのと同じだからです。私もroboがサッカーを楽しめるくらいにしてやりたいと思って、さんざん努力しましたが、途中であきらめました⚽💦小学校2年生の夏休みなど、個人指導の先生に月何万も払ったりして、散財しましたが無理でした😭

げんちゃんママさんがおっしゃる通り、げんちゃんの算数が伸びて来たら、発達障害の凸凹は大きく改善できる!という証明になりますね✨

私が諦めてしまっただけに、凄いなぁと思いますし、それに応えようとしているげんちゃんもやっぱり凄いなぁと思います。

また、会話力も自閉症スペクトラムの子は凹の部分ですよね。ここを改善するのも、壮大なプロジェクトになると思います。

1口に会話と言っても、多くの要素から成り立っているからです。

まず、圧倒的なボキャブラリー不足が原因になっている場合が多いです。様々な物の名前から、それらを形容する言葉、自分の感情を理解しそれを言い表す言葉など、不足している場合が多いので、これらを一つ一つ入力していく必要があります。

また、人と会話することの必要性や喜びを知らないため、なかなか会話力が開発されていかないこともあります。

それから、そもそも興味に偏りがあって、幅広く物事を観察して把握することが出来ていないので、ある状況に関して話題にしようにも、全く状況判断ができていないということもあります。

極めつけは、共感性の低さにより、相手が何を話してほしがっているのか、どんな風に説明すれば伝わるのかがわかりにくいです。抽象的な物事への理解力も低いため、今している会話がどこに向かって行っているのかも理解しにくいです。

というわけで、会話は自閉症スペクトラムのお子さんにとっては共通した最難関事項なのではないかと私は考えています。
Commented by robo_223 at 2018-01-27 12:00
roboも会話が苦手なので、日頃から少しでも、会話力がアップするように働きかけてはいます。

本人の好きなことを話題にして、話の内容に広がりを持たせたり、より相手に伝わる説明の仕方を簡単にアドバイスして、なるべく楽しめるようには工夫しています。

また、その一方で、roboにとっては興味のない話題にも付き合う練習もさせています。その友達が興味を持っていることで、会話をするように教えたりもしました。

でも、友達の好きなことを話題に出来るようになるためには、やはり、本人の興味にある程度広がりがないといけないので、まだまだ課題が多くあります。

また、さらりとしたやりとり程度が出来ても、深いところまでには、全く到達していません。今後の課題ですが、どれくらい伸びるかは全くの未知数ですね😨
Commented by glow-gen at 2018-01-27 14:18
ゆうママさん
 >こちらの気力がないときは、もう話したくないです。

私も同じことをS先生に愚痴りました。泣
S先生は、たんたんと、
「わかります。もっと治さなきゃ、親は大変ですよ。ほんと、1年生ではじめて会った時は、わ~・・・これじゃあ将来大変なことになる、って思いました。」
としみじみ言われました。わりと距離のある人は、
「そうですか~。げんちゃん、普通に会話してますけどね~・・」
とかおっしゃいます。一見げんちゃんが、レスポンスするので、そういう風に言って、私をはげまそうとしてくださいます。でもね~・・・違うんですよね。まったく。何かがぜんぜん違う。だから、S先生のように、等身大で受け止めてもらうとほっとします。

>え?そこまでわかってなかったの?と思いました。
子どもの理解の現状をしっかり把握できないんですよ。質問しないし、言わないし、集中力や意識が安定してないし・・・・だから、できてる、と思っていても、すっこぬけてたりして。安心感ゼロです。そのことが、彼への人格への安心感にもつながってしまって、ときに、うんざり感がひどくなって、どうしようもなくなります。
 げんちゃんは、将来私への非難になってくるんでしょうが、こっちも、それなりの理由がありますよ。発達障害の子から受けるストレスフルな母親ライフ、名前つけてもらったらいいんじゃないかな~・・
 発達ママストレス症候群 とかね・・・そうすれば、将来、子どもも、親の苦労が少しはわかるんじゃないかな~。
>突破口
あると思いたいです。アユミンさんをはじめ、多少でこぼこがあった方が、立派に活躍されているのがはげみです。
人生一生学び、と考えれば、もっと長いスパンで取り組むような視点がいりますよね~。かなり、私的には無理なんだけど。できないものだから、そうならざるえなくなってきてる。笑 小学校でなんとか・・・が、今度は中学校でなんとか・・・になってる。笑

 まあ、あきらめずにがんばりましょう。
Commented by glow-gen at 2018-01-27 14:34
ロボママさん
いつもはげましてくださってありがとうございます。
ほんと、どれほどはげみになっているか。泣

>私が諦めてしまっただけに、凄いなぁと思いますし、それに応えようとしているげんちゃんもやっぱり凄いなぁと思います。

さすがに、私も。高校数学までは、もういいかな、と思っていたけど、最近、中学数学も、もういいかな・・・という気力になってきています。とほほ
でも、げんちゃんの最初を考えれば、5年生くらいでも、20までの加減が、いまいち不安定でしたから、5年から突貫工事で、よくここまできたな、と言えるかもと、思って、自分を鼓舞してます・・・

>また、会話力も自閉症スペクトラムの子は凹の部分ですよね。ここを改善するのも、壮大なプロジェクトになると思います。

やはり、自閉症のグループとして分類した最初の博士は、鋭かったんですね~。
>圧倒的なボキャブラリー不足
なるほど、確かにあるようで、ボキャがぜんぜんないです。本を読んでも、意味を取ってないと思います。しかも、6年生レベルの本になると、ちんぷんかんぷんのようですし。ここは、トレーニングでなんとかなるかもですね~

>また、人と会話することの必要性や喜びを知らないため、なかなか会話力が開発されていかないこともあります。
ここ確かにありますね。会話は、今からだよ・・・とS先生は言ってたので、そうかな、と思います。
私に話しても、そうやさしくにこにこかえしてやらないので、大好きなくもんの先生に会話のアップを担当してもらおうかな・・・と思います。
くれぐれも、対話にならないように、会話にもっていってもらうように、今度お願いしようと思います。

>それから、そもそも興味に偏りがあって、幅広く物事を観察して把握することが出来ていないので、ある状況に関して話題にしようにも、全く状況判断ができていないということもあります。

確かに、話題にするほど、そこから情報をとってきてない。さすがですね~。

>今している会話がどこに向かって行っているのかも理解しにくいです。

は~。もう三重苦ってわけですね。読みながら、またどっと疲れてしまいました~。手強すぎますね・・・

最難関事項・・・それでも、げんちゃんにとって、算数よりましかもです。先に国語からどんどんのばしたほうがいいのかもですね~。
Commented by glow-gen at 2018-01-27 14:35
ロボママさん
くもんの6年のテストをためしにやってみたら、国語85点、算数50問中時間内にできたのは12問、時間切れだったようです。国語が少しできるなら、算数の文章題だって同じだろう・・・と思うのですが、どうなんでしょう。もし、お考えがあったらおしえてください。

ロボ君にロボママさんが働きかけている言葉かけは、すごいと思います。私は、彼とからんでいると、すぐにいらっとして、叱ってしまいますからね~。
Commented by robo_223 at 2018-01-28 09:36
今朝も中庭(1週60mくらい)を全力疾走で10本走ってから勉強を始めましたところ、昨日の午後の勉強と比べても、全く取り組みが違います!

私は中庭を走るroboを2階の窓から時々見て、手を振って応援していました。🙋…🏃💨

ところで、算数の文章題についてですが、ただ国語力があっても、なかなか解けないというのが実状のようです。理由は二つあります。

一つ目は、数字と言葉を結びつけて体験したり考えたりする場が日常生活にはほとんどないため、問題に書かれている内容が実感できないからです。

普段は「駅まで歩いて行きましょう!」とは言うし、そういう体験も繰り返していますが、「100m先まで歩いて行きましょう!」などとは言いませんし、そういう体験も繰り返してはいないのです。

ですから、数や単位を実体験する場を多く持つことは大前提として必要だと思います。

例えばroboなら、初代ガンダムのプラモデルを1/100スケールの18cmで作ってから、お台場の実物大初代ガンダム18mを見に行ったりしたこは良かったことだと思います。

本人の好きなことにからめて体験させると、より理解が深まる気がします。

続きます。
Commented by robo_223 at 2018-01-28 10:03
二つ目は、算数で使われている用語には「独特な言葉」が多いからです。特殊な言い回しが多くて、これまた日常生活で体験していない事柄ばかりだからです。

例えば、対称軸の問題で「点Cに対応する点はどれですか?」という問題がありますが、日常生活で使う対応の意味と算数で使う対応の意味は明らかに違いますよね。

これについては、ひたすら、算数の文章問題を解かせて、この言葉はこういう意味で使われているのよ、と教えていくしかないですよね。

独特な算数用語の意味を理解した上で、初めて文章問題を解くことができますし、さらに、応用問題に挑むことができるということになると思います。

単に算数の文章問題を解くと言っても、何段階もの工程が必要で、気が遠くなりそうですね。でも、そこに向かうための学びの一つ一つは、同時に、他のことを成し遂げる下地にもなるので、本人の成長には大きな意味のあることだと思います。

ただ可愛いがられる障害者になるためと言っても、好きに遊ばせていても、そうはなりませんよね。

体幹がしっかりしていたり、清潔感があったり、挨拶が出来たり、意識レベルが高くてしっかり働ける方が、やはり、周囲の方々に好感を持っていただきやすいと思います。

そのためには、運動能力・学力・適応力(社会性)という三つの要素をバランス良く向上させていく必要があると思います。
Commented by みかんまま at 2018-01-28 13:51 x
息子は、相変わらず国語は苦手ですが、算数の文章題はなぜか解けます。
コミュニケーションも幼稚園までは最悪でしたが、今は得意なほうです。
ボキャブラリーはかなり少ないしかなり幼いのですが、いつも笑顔で優しく、共感力も高く、自分の意見もちゃんと主張するし、健常の娘よりもはるかに対応が上手です。娘に、息子の話し方や対応を真似しなさいと何度も言ってます。
親にはあんなにキレるのに、外では、一切ありません。
私も、キレてない息子とお話しをするのは楽しいです。
会話だと問題ないのに、本も大嫌い、読も書きもダメなんですよね⤵︎
少し複雑な人間関係もなぜか理解でき、それに合わせて対応もできてます。
不思議なんですよね。
Commented by glow-gen at 2018-01-29 18:27
ロボママさん
>一つ目は、数字と言葉を結びつけて体験したり考えたりする場が日常生活にはほとんどないため、問題に書かれている内容が実感できないからです。

そうなんですよね~。言葉にしてもらってありがとうございます。なんか、次のアユミンさんのコメントとあわせて読むと少しわかりますよね~。
しかし、どうして、普通の子についていくその能力がついていかないのでしょうね。げんちゃんの場合情報をとってくる海馬が悪いらしいので、幼児の時、外界の情報を何も吸収できなかったということなのでしょうかね。
 今は、少しずつ改善しているので、おそまきながらその頃できてなかったことを追体験しないといけないのでしょうね。
 それと、言葉も、しかりですね。
それぞれ、とか、二つ合わせて、とか、半分にして・・・とか、そう言う言葉でさえ、ピンときてないようなところがあります。ほんとやっかいです。
 昨日、公文の簡単な通分プリントを4枚くらいやったら、もう、きついきつい、と、ぼやいていました。そのくせ、国語はぜんぜんいやじゃなさそうです。
 私にしてみれば、ほんと、意味わからん、というかんじです。
Commented by glow-gen at 2018-01-29 18:33
みかんママさん
以前ロボママさんがおっしゃっていたように、お子さんは、ギフティッドと呼ばれるような、峰がはっきりしたタイプですよね。
それにしても、ソーシャルがどんどん得意になってきてるのは、将来ほんとに、素敵ですよね~。
げんちゃんにも感じる時があるのですが、相手の空気を読めるばかりが好かれるポイントではなく、ちょっと鈍感な方が、ほっとされたりすることもありますよね。そこが人間関係のおもしろいところです。

 げんちゃんも、攻撃的なところが治ってくると、なんか、癒し系になっているようなところがあります。相手がやばい状況でも、たんたんとして、自分の世界をつらぬいていたりして、損なんか、特なんか・・・よくわからないですよ~。
 国語力がないと書かれてましたが、相手が喜ぶこととか、いやがること、とかは、ちゃんとわかるんですよね。それって言葉以前のことなのかもですね。おもしろいですね。
Commented by robo_223 at 2018-01-29 20:29
一般の子も数字と言葉を結びつけた体験をしていないので、数字に普段から興味のないような子は、文章題が苦手な子がいます。

そういう場合は、ひたすら文章題を解いて、数字と言葉を結びつけて考えるトレーニングをしていけば、だんだん慣れて解けるようになるようです。

しかし、発達凸凹の子は、特に言葉だけ得意だったり、数字だけ得意だったりして、認知に偏りがあるため、ただ文章題だけ解いても出来るようにはなりません。

実体験と文章題を解くということの両方をやっていかなければ、なかなか解けるようにならないと思います。

げんちゃんは、くもんの6年生の問題で国語は高得点だったんですね。げんちゃんは本当に伸びていますね。算数も小さい頃に比べれば、飛躍的に伸びていますよね。こんなに伸びているお子さんはやはり稀だと思います。

Commented by glow-gen at 2018-01-30 09:38
ロボママさん
コメントを本文で使用させていただきました。ありがとうございました。
げんちゃんは、国語は好きみたいですね。もちろん、6年のむつかしい問題は、太刀打ちできないのですが、(とくに抽象的なもの)、でも、簡単でとらえやすい題材は一生懸命とりくんでいますね。くもんでテストで客観的に伸びをしらせていただいたのは、すごくはげみになりましたね。くもんは、そういう明確な段階がたくさん分けられているのもいいところですね。げんちゃんも、ずいぶんうれしそうだったようです。
Commented by みかんまま at 2018-01-30 20:56 x
コミュニケーションですが、しいて言えば、出川みたいな感じです。

初対面でもすぐ仲良くなれます。
初めての場所に行ったり、自分以外みんな知り合いというようなところに1人で入ったとしても、ニコニコしながら、入れてと入っていってしまいます。
中には、嫌だよ!とあからさまに嫌がられても、全くめげずに違う子に声かけて、そのうち、この子入れてあげよーとなります。
ボキャブラリーがなくても、海外での出川みたいに話したいことは、通じるようで不思議な感じです。

お笑いが好きで、バカにされたり、笑われるようなことがあったら、おいしい?というような感じの対応します。
例えば、学校で、おならがくさいと笑われたようで、息子は、ケタケタ笑いながら、俺のおならくさいんだよーと言ったみたいで、その後も、自分で、俺のおならはくさいんだよって自慢げに?みんなに言って、笑われてます。

サッカーチームで、コーチからプラスの言葉をかけるように口すっぱく言われているため、仲間のミスで失点されたりしても、決して非難せず、ドンマイドンマイ、大丈夫だよと言います。
同じチームの子達でも、結構非難する子も何人もいますが、息子はどんな時も責めません。

そのおかげか、普段のコミュニケーションもプラスの言葉で、人を傷つけるようなことも言いません。

ボキャブラリーも少ないし、4年にしてはかなり幼いですが、お友達の人間関係の話しをすると、理解してて、同じ日に遊びに呼ばなかったりしていたり、遊んでいるのをみると、言い切りではなく、提案型で話しをしているし、揉めた子達の仲裁もできたりと、コミュニケーション力が自然と身についていることに驚きます。

底辺の底辺の国語力が上がってくれればうれしいのですが、そんな気配は全くなく…
会話力と国語力はリンクしないんですかね?

Commented by glow-gen at 2018-01-30 23:30
みかんママさん
おもしろいですね~・・・国語力ってなんなんでしょうね~。コミュニケーションには必須だけど、そこがたけていても、必ずしも、良い人間関係は作れないということですね。
コミュニケーションは、会話以外の部分もありますね。たしかに、顔色を読む、とか、雰囲気を読む、とか・・・出川ですか~。彼は、タフですよね。もって生まれた性格のところもありますよね。ほかがかなりいけてるのに、どうしても、周りから好かれにくい、というお子さんもいるので、そういうタイプのママからは、ほんとによだれが出るほどうらやましい能力ですね。げんちゃんも、ユーモア大好きですよ。受けたいみたい。ただ、どこでも、爆発、というわけではなく、くもんで炸裂しているようです。

サッカーに育てられたところが大きいのでしょうか、もともとなのでしょうか・・・・私には分析できませんが、すごいことですね~。将来、まわりにどんどん引き上げられそうです。
<< 算数の学習障害 げんちゃんは、... 発達障害の子にくもん(公文)教... >>



中学1年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク
こども整体 頭蓋仙骨療法
げんちゃんママの紹介
中学1年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学1年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
こども整体
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
こんにちは。 クリ..
by とんまま at 09:50
 ロボママさん、ほんとに..
by glow-gen at 23:40
返信をありがとうございま..
by robo_223 at 15:47
ロボ君、バックミラーをつ..
by glow-gen at 23:05
げんちゃんの精神面の成長..
by robo_223 at 08:18
ロボママさん ほんとに..
by glow-gen at 02:57
とんままさん 成長って..
by glow-gen at 02:30
そうこうしているうちに、..
by robo_223 at 09:03
げんちゃんは、自分という..
by robo_223 at 09:02
ママさんの引いた状態がげ..
by とんまま at 01:35
ロボママさん ほんと、..
by glow-gen at 17:16
ロボママさん そうなん..
by glow-gen at 17:15
あつぞーパパさん ご返..
by glow-gen at 16:26
返信をありがとうございま..
by robo_223 at 08:58
とんまま様 ご丁寧..
by あつぞーパパ at 23:42
とんママさん 感覚の過..
by glow-gen at 22:03
とんママさん 考えてみ..
by glow-gen at 18:42
ロボママさん ありがと..
by glow-gen at 18:29
あつぞーパパ様 先..
by とんまま at 13:27
先日の骨折の件ではご心配..
by とんまま at 13:10
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧