人気ブログランキング |

げんちゃんの発達障害プロジェクト

片付けられない、やりっぱなし、注意欠陥は意識障害

げんちゃんは、たぶん、意識が少し目覚めたのだと思いますが、彼の行動は、あいかわらず、すさまじい注意欠陥との戦いです。注意欠陥という言葉は、あまり好きではありません。医学の世界でよく見られるように、単純に症状だけ診断名にしたような類で、何の広がりも、すくいもない言い方だと思うからです。

 注意欠陥は、意識障害ゆえにおこるもので、時間軸がとらえられず、目の前の瞬間瞬間だけに意識が向いてしまう現象の結果にすぎません。それとともに、かたずけられない、やりっぱなし、という行動も、しつこいカビのように、ほんとにやっかいです。
 げんちゃんの行く先々で、持ち物や衣服が散乱します。靴もそろえることがなかなかできません。鍵も何度も無くしては、危ういところで出てきたことは、数知れません。

 何度言っても、同じことが繰り返されます。ずっと注意し続けると、たまに、できたりするものの、こっちが気をゆるめれば、また同じようになります。

 宿題も、あいかわらずです。
「今日の宿題はやったの?」
と日曜に聞くと、
「やったよ。」
と言うので?まさか。と思って調べたら、その前の日の宿題と混乱していたこともあります。連絡帳に宿題を書いてきても、ページが書き入れてない、とか、聞いても、どのプリントかわかってない。とか、もう、悲惨としか言いようのないありさまです。

 明日の日課をそろえても、さっきまで必死にやっていた宿題プリントを、平気で入れ忘れていたり、ということも、日常茶飯事です。

 「もう、こいつ、まともじゃね~! 」と絶叫したい日常です。

それから、あいかわらずの算数障害にも手をやいています。先日順列の単元で、20点というひどい点数をとってました。4つのうち2つのものを選ぶのは何通りありますか? とか、赤青黄の並べ方は何通りありますか? といったような問題です。何度か教えたのですが、そもそも意味がわからないようです。
人生で並べ方なんてことを一度も意識したことがないのでしょうね~|。
 計算もあいかわらずひどくて、今日訓練のために、駄菓子屋さんで500円分買う、という実践をやってみましたが、390円に40円をたすと、700円とか意味不明な暗算をしてました。桁どりが混乱するようです。何度か修正させながら買い物をしたら、500円分なのに、1時間近くかかってしまいました。

 こういう部分は、意識障害もあるけれど、本人が、そこに何の価値観も感じていない、ということも原因するんでしょうね。かたづけるの、めんどくさい。計算、やりたくない・・・だから、余計に厄介になる。

 先日は、初めて自分でバスに乗って、福岡市内から、郊外の我が家まで一人で帰らせました。さすがにはじめてだから、私が、バスに乗せてやるところまでやって、あとは、別れました。
そんな計算障害をかかえているので、最も心配なのは、バスに迷惑がかかるほど料金のところで、もたもとすることです。

 なんとか家についたときは、思ったとおり、1000円札をぽんと出したようです。運転手さんが両替しなさい、と言ってくれたようです。ちゃんと、小銭を用意していたのですが、クリアできなかったようです。まあ、でも、彼にとっては緊張する初めてのレッスンでした。

こういう、注意力をフルに働かせないとだめな体験は、意識をゆさぶるのに良いです。私とバスに乗れば、ぼ~っとしていても、なんとかなるけれど、一人なら、できるできないかまわず、とにかく、注意を向けて、頭を働かせる必要があります。

 たぶん、Sさんとの、夏のイルカ合宿も、こういう体験型の2泊3日だったんでしょうね。あえて、親から離し、普段とはまったく別の場所に切り取られて来て、彼の意識は、色んなものをおっかける。意識が目覚めて、いろんなことを意識せざる得ない。

 そして、次は、意識が動き出したら、正しく、認識することをしなくてはなりません。今は、意識は動き出したけど、周りの状況を正確にとらえることはむつかしいし、自分を客観的にとらえることもできていません。そこができれば、まわりのことに広げていける能力につながるのでしょうね。


by glow-gen | 2017-12-18 01:17 | 意識のこと | Comments(10)
Commented by robo_223 at 2017-12-18 11:18
roboも注意欠陥がありますので、状況の厳しさはよくわかります。「目の前の瞬間瞬間だけに意識が向いてしまう」ということは、正にroboの状況です。

しかも、その目の前のことだって、興味がなければ、意識は向きませんから、ほとほと疲れますよね。お気持ちお察しします。私は最近これは、「ダブル意識障害」だと感じています。その場その場も適切に意識を向けられず、しかも、時間軸で過去と未来とをつなげて意識することもできないんですよね💧

でも、げんちゃんママさんは、500円の買い物に1時間も付き合う根気と熱心さがあるんですね。確かに体験を通すことが1番の早道ですから、必要なことですが、なかなかそうはいかないと思います。

また、それにねをあげずに付き合うげんちゃんも偉いですよね。ママさんの気迫のおかげでしょうが、もうすぐ中学生の男の子ですからね。これまた、なかなかそうもいきませんよ。

きっと、お二人の地道な努力が実を結ぶ日が来ると思います。表面上の成長は行きつ戻りつしているように見えて、じわじわ前に進んでいると思います。

ところで、私が「ダブル意識障害」だと感じるようになったのは、最近roboの「その場その場の意識障害」が少し改善して来たからなんです。「今はここに集中してほしい!」ということに、少し意識が向くようになってみると、逆にダブルで意識障害があったんだなと気付きました。

つまり、時間軸の方の意識障害はまだ完璧に残っているということでもあります💦

でも、まずはその瞬間瞬間、何に注目して、何を抽出するべきかがある程度分かってこなければ、時間軸で必要な情報をつなぎ合わせることはできないな、と思いました。まずは、先読みをした計画性のある行動よりも、その場で必要なことに意識を向けて、情報を抽出する練習の方が先だったのだと気付きました。
Commented by robo_223 at 2017-12-18 11:37
そして、意識が向いてみると、今まで出来なかったようなことがすっと出来たりしています。だから、「これくらい出来そうなのに、何で出来ないんだろう?」と思っていたことは、「やっぱり本当は出来たんだな!」と分かって来ましたよ😅

今までは、興味のないことには、意識が向かなかったけれど、興味のないことに取り組む意味を見出したのか何なのかわかりませんが、少しだけですが変わって来ました。

たぶん、精神年齢が上がって来たからなんでしょうね。正直、なんで急にほんの少しとはいえ、変わって来たのかわかりません。単なる精神年齢の成長で、それを周囲が邪魔しなかったというだけのような気がしています。

ですから、げんちゃんもまだまだ変化していくと思います!
Commented by ゆうママ at 2017-12-18 14:24 x
たくさん共感するところがありました。

診断名…本当に広がりが無くてすくわれないですよね。あきらめてしまう親もいらっしゃると思います。なんとかもがいている私も、時々諦めそうになる時があります。

そして、たまにできたりするものの、こちらが気をゆるめれば、また同じようになる…これは学習面でも同じです。え?これ理解してたのに??と思う時が何度もありました。その時じつは理解できてなかったのか?すぐに忘れてしまうのか?どちらなのぇしょうね?

宿題プリントは、やる、持っていく、提出する、といういくつかの段階があって、うちもどこかでひっかかってしまいます。でも大量のプリント全てを把握できてません。提出しても返却されてるのかどうかまで把握しようとすると、ずっと気を張ってなくてはならなくて…正直無理なんです。
Commented by ゆうママ at 2017-12-18 14:31 x
意識障害もあるけれど、本人がそこに何の価値観も感じていない、というのも原因する…その通りだと思います。一般の子は、やること自体に価値観を感じてなくても、評価だったり、いい学校に行くためだったり、をモチベーションにいろんなことに取り組めますが、そこが働かないので、自分の価値基準だけで行動するんですよね。そこを変えて行くのは本当に難しいですよね。むしろ、それが正解とも言い切れないですしね。
難しいです。
Commented by glow-gen at 2017-12-18 18:45
ロボママさん
またまた、なるほど~とうなってしまうコメントありがとうございます。
二つの意識障害と分けて考えるとよくわかりますよね~。
確かに、その場の意識障害の改善のあとに、時間軸の意識障害が改善するような気がします。
げんちゃんも、昨日、とほうもなくがっかりする場面があったけれど、47都道府県を書き込む宿題があって、一生懸命、休まずに全部書き込めてました。へ~・・・そんな根気は、昔はなかったな、と思いました。とくに社会は好きなので、できたのでしょうが、その場の集中をさまたげる意識障害は、明らかに改善しているわけですよね。

この積み上げの上に、次なるは、時間軸の意識が高まってくればうれしいですね。高校生になるときは、自分で組み立ててテスト勉強ができる、というのが目標です。
でなければ、親元からはなせませんものね~・・・

バスの初体験をはじめ、あらゆることを自分でやらせるように、今、もっていこうとしています。
買い物もそうだし、問い合わせ、とか、他人への説明とか・・
そういうことを、やらせようかな、という気持ちが私におこっているということは、それだけ、いけるという気持ちが出てきたんでしょうね。それを考えると、やはり、進歩しているのでしょうね~。

ロボ君の後ろをついていきますね~。
Commented by glow-gen at 2017-12-18 20:58
ゆうママさん
やっぱりいっしょなんですね~。
鍵はなくすから、ここに置くんだよ、と、もう何回言ったことか・・・・
チェアーにほうりっぱなしとか、たったそれだけのことをしませんからね~。
脳の機能おかしいんだね、と、認識せざるえないですよね。
宿題も、クラスの先生にノートに書いてもらいたいくらいだけど、そこまでしてフォローしなくてもいいか、と思って、7割主義にしてます。先生は先生で、げんちゃんの言ってることがわからず、ノートで確認し合って、はじめて、そういうこと~、とわかったりします。
 だから、中学、まったく他の子と同じステージで学校生活を送るなんて、まだまだ無理ですよね。

 でも、ほんにんは、なんか、その気になっていて、いかに、自分のことを把握できないかわかります。

 でも、私は、ここに挑戦するぞ~~・・・と思います。
ここを治して、はじめて発達障害は、問題がなくなるのです。がんばりましょう。ファイトです~。
もう日々どっと疲れてますが・・・
 しかし、ゆるい歩みだけど、進化してないか、というとやっぱりしてるわけで、あきらめそうになるのをふるいたたせて、がんばるしかないかな~・・・
 ここで愚痴りながら、がんばっていきましょうね~。泣
Commented by ito at 2017-12-21 17:10 x
げんちゃんママさま
いつもありがとうございます。
げんちゃんのように自立にむけて動き出せたらこんな嬉しいことはないな~と毎回楽しみにブログを拝見しています。
確かに息子は低次の脳の時と高次の脳をつかっている時がありますね。低次の脳の時は完全に自分の世界です。楽しそうに穏やかには過ごせ傍目には良い時間の過ごし方に見えますが、なるべく低次の時間は少なくしなければ脳がそれに慣れてしまうと思っています。常に無理しすぎない付加を与えないといけないです。
本日はまた違う病院での主治医に診察してもらいましたが、いつもより人との関わり方を気にされて診察をされていらっしゃいました。
同じような先生の問いかけに対して、健常児の子供らしく反応するときと、自分の世界の中で答えているときとありました。マイワールドの時も私たち親がフォローすると先生とやり取りをはじめます。そのような個別対応をしなければいけないことが弱いところなんですよね。家庭ではある意味,
個別対応ばかりで済ませているので、すごく成長したとか、普通の子と変わらないまでになったとか思うときもありますが、こうした普段とは違う人と場所では明らかに彼の障害がわかりますね。
幼稚園も今はまだ個別対応も大切にしてくださっているので何とかついていけるんでしょうね。先日の先生は普通級かな~ということでしたが、今回は支援級かな~という判断でした。それぞれの先生が一生懸命考えてくださっているのでこの1年私たちも息子に対してのベストを見つけ、またそれが違っていくようでしたら変更することも当然と考え、彼が元気に楽しく成長できる居場所を見つけてあげたいと思います。それが難しいんですけどね(+o+)
Commented by glow-gen at 2017-12-22 15:23
itoさん
色々お医者さんの意見を参考にされているんですね~。
ドクターをぜんぜん利用していない私とは対照的です。私は、お医者さんの意見をあまり聞いたことがなかったので、よくわかりませんが、たくさんみている先生なら、客観的なことはわかるかもですね。
 確かに、我が子を、いつもの環境において見ていると、一見普通に近づいた、と見えることも多いですよね。でも、まったく初めての環境、初めての人を前にしたら、え?と思う場面に遭遇するのもよくわかります。
 意識障害という面で考えれば、意識をしっかり働かせて、どこに焦点をあてるか、しっかり持っていないと、能力があっても、初めての場面は対応できません。意識を働かせなくても、ルーティンにできることは、あまり目立った欠点が見えないのです。
 げんちゃんも、いまだに、普段とはちょっと違ったスケジュールとか、変化があると、ぜんぜん対応できません。

 普通クラスか支援クラスか、というのは悩みますよね。私もなやみましたが、ここは、いっぱい発達障害児を診ている専門家のアドバイスに従いました。
結果、支援クラスがなくて、1年生は普通クラスでしたけどね。
 私の考えは、普通クラスに入れるのなら、やはり、ホームスクールをするのがいいかな、と思ってます。何かしら、特別プログラムを取り出してやるのが効率がいいです。
 普通クラスの刺激が、普通の子は、どんどん肥やしになるのですが、げんちゃんの昔は、ただ、ぼ~っと過ごすだけで、時間のロスだったからです。
 itoさんは、私より、熱心に取り組まれているので、どっちのクラスになっても、ちゃんと導いていけると思います。
Commented by とんまま at 2017-12-25 09:11 x
注意欠陥は意識障害…
本当にその通り、上手い表現ですね。

とんちゃんもウイスク検査員から、意識を合わせる事ができれば伸びると思うんだけどね~と言われました。
が、そう簡単に意識を合わせられないんですよね。
こちらも苦戦しています。

テストの様子、日常の様子、同じですね。
彼の周りは物が散乱。
しかし、靴だけは揃えられる(笑)
(興味のない事以外)何の価値観も感じていないという表現、全くその通りだなと思いました。

バスの件、いい経験でしたね。
とんちゃんはICカードを使っている(手帳で地下鉄、バス無料)ので、支払っていません。
私鉄に乗るときだけ、切符を買いますが、切符買うときは楽しそうです。
ただ、まだ一人では買えないですね…
運賃表を見て、目的地を探すところからですね。

この子達が大人になるときは、もっとIC化が進んでいるでしょうね。
「計算なんかしなくても生きていける」と言われそうです。

とんちゃんは電車好きですので、道中ぼーっとしていることはないです。
覚醒しているのでしょうね。
いつもこうならいいのに。
ですので、私が寝ていても、降車駅で起こしてくれます(笑)

冬休みには、ぼーっとする時間がないよう、取り組まねばと意気込んでいます。

余談ですが、お友達の小学校(私立カトリック)の聖歌隊の歌を聴きに行きました。
心洗われました。


Commented by glow-gen at 2017-12-25 23:39
とんままさん
コメントありがとうございます。
意識障害、って言葉をもらってからは、発達障害の本質が見つめられるようになりました。とはいえ、なかなか手強いです。
興味のあることは、意識が揺り動かされるので、ましな方向性になるんですよね。心が揺り動かされて、それによって、意識が揺り動かされる。
 じゃあ、興味のないものはどうするか・・・やはり、心に働きかけることをしないといけないんでしょうね。
算数なら、数字のられつではなく、生活に密接にかかわるテーマにおきかえるとか・・・
 バスの経験も、心が揺り動かされて、やらなくちゃ、という意識が発動する。
 各論で、知っていて、各論で取り組んでいたことも、本質がわかることで、なるほど、という気づきが生まれてます。
 聖歌隊・・いいですね。私も、クリスマス礼拝では、たんまり、賛美歌を歌いましたよ~・・
<< 意識が出てきたから、1年生みた... 合宿の快挙。 >>



中学2年生の息子。5歳の時に、発達障害とわかり、ママの格闘と改善の記録。
ピックアップ 
 エジソンアインシュタイン協会詳細HP
ブレインジム 
灰谷先生リンク
c.a.space
ゆりえピアノ教室
安曇野式算数 矢ヶ崎先生詳細リンク

げんちゃんママの紹介
中学2年になる息子げんちゃん。5歳の秋に、発達障害が発覚。最初はショックだったけれど、脳はまだまだ未知数。ママがなんとか素敵な子供に育ててみせるぞ~。最初はIQ60、・・コミュニケーションも微妙。身体もふらふら、はさみもにぎれず・・・もちろん絵もまったく描けず、5歳なのに、ほとんど2歳児みたいでした。いや、それ以下の機能もたくさんありました。
 「子供の脳に良いこと」を書かれた鈴木昭平先生が主催する、エジソンアインシュタインメソッドに出会って、ママが改善をさせることを学びました。そこを皮切りに、日々研究を積み重ね色々取り組み、相当改善してきました。、たまたま支援クラスができなくて、普通クラスの1年生に入学しました。2年の2学期から、支援クラスができて入ってます。算数の学習障害は、ひどく、相当苦労してますが、毎月毎月、必ず進化しています。日々はらはらどきどき。 天才ぼうやに育てるべく、奮闘中。パパと一人暮らしをしている大学2年生の娘と、医療関係に働くワーキングママ。
 近くに住む、お姑さんに手伝ってもらいつつ、がんばっています。
1年生の2学期から週に1.5日学校を休ませて、ママがおうちでホームスクールをやりました。4年からは週二日になりました。さらに、5年の9月からは、2.5日に増え、3学期からまた、週2日にもどし、6年の後半からは、週に1日に減らしました。
近くに住む、主婦のK先生のおうちで、ママが仕事でできない日は、ホーム学習のお手伝いをしてもらっています。
 5年生からは、算数以外、試験的に普通クラスにシフトという快挙です。6年生は、すべて、普通クラスですごすようになりました。発達の改善に取り組みはじめて8年の歳月は、子どもをどんどん改善していきました。
 6年になって、不思議なセラピストのS先生に出会い、発達障害は意識の障害だ、ということを認識しました。意識が抜けたような状態のげんちゃん。その部分が改善されれば、発達障害のコアな改善につながると、がんばっています。中学は、地元の公立中学へ入学。国語と算数だけ、支援クラスで、マンツー指導を受けています。ホームスクールは中学からは中止しています。
IQは80台に改善

  リンク
聖書と福音
エジソンアインシュタイン協会
MANAの成長記録
御陽女様のいえ
飯田医院
道草日記2
チンジンさんjinjinのブログ
無くて七癖のブログ
LD?ディスクレシア?
かいすみママのブログ
プチトマトの発達障害克服するためのブログ
鹿児島のまゆたんのブログ
ぷりんときっず
ぼくの感覚過敏について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
カテゴリ
全体
一人で学習する
思春期
睡眠
中学数学
中学入学
説明する、会話する力
公文教室
ライター紹介
ゆうゆうさんの手記
ゆうゆうさんyou tube
発達障害治療プログラム
お手玉トレーニング
視覚機能障害
無認可保育園、幼稚園
ビジョントレーニング
ギフテッド天才の育て方
おもちゃ
障害児の親
くもん(公文教室)
自治体の発達支援部署
体遊び
ワーキングママ
トレーニングの効果
本の紹介
鈴木昭平先生
ママ考案トレーニング
ピアノレッスン
ハンディキャップの子供たち
トレーニング法
ママのホームスクール
コウ君とカナちゃん
エジソンアインシュタイン
コーヒーブレーク
気功
特別支援学級
脳への考察
幼稚園でのできごと
教材
合気道
ブレインジム
ソーシャルスキル
発達障害改善プログラム
抑肝散
げんちゃんの体の機能
小学校生活
発達障害をとりまく社会
遅発性アレルギー
ラフマ アルファーGPC
たいそう教室

1年生夏休み
登山
サッカー
算数の学習障害
このブログのサマリー
ホームスクール
算数の学習障害
モンテッソーリ
お漏らし尿漏れ
天候と発達障害児
2年の夏休み
知能検査
体幹を鍛える
頭蓋骨と筋肉 頭蓋仙骨療法
発達障害改善の段階
プリント学習
3年生1学期
ママ会
運動会
夏休み
まわりを読む
ワーキングメモリー
会話力
高圧酸素療法
普通クラスでの様子
教室見学
指示通りに動くことができない
安曇野方式算数
身体能力、原始反射
マッサージ
連絡帳
学習用ソフトを使って
発音障害、言葉が出ない
思春期自主性
聞く力
お絵描き工作
指先能力
段取り力
ゲームとの付き合い方
国語の授業
イルカによる介在療法
知能検査
意識のこと
時間
抽象的な思考を作る
英語
未分類
チャレンジタッチ
できたことができなくなる
認知のゆがみに対して
定期試験
絵画教室
野球教室
中学の成績
父親の発達育児参加
中学校のカリキュラム
自己中心
ほめるということ
中学1年の家庭学習
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧